2018年05月15日

学校で避妊教育?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000069-san-soci

yahoo:「中3に避妊教育…適切? 都教委「性交渉助長恐れ」 識者「行動慎重になる」

東京都足立区立中学校で行われた性教育が都議会で「不適切だ」と指摘されたことをめぐり、性教育の在り方が注目を集めている。学習指導要領を超えて避妊や人工妊娠中絶に言及した内容を問題視し「性交渉を助長する可能性がある」と、“行きすぎた性教育”を懸念する声が出る一方、識者らからは「正確な情報は行動を慎重にする」といった意見も。「学校で何をどこまで教えるべきか」をめぐって議論が噴出している。(高橋裕子)

 「生徒や保護者の多様性に配慮し、現場は萎縮せず積極的に性教育を行ってほしい」「時代を先取りして教えるのがベストなのか」。授業の経緯が報告された4月26日の都教委定例会では、教育委員から賛否両方の意見が出た。この会合では、「今後、学習指導要領を超える内容を扱う場合には、保護者の了解を得た生徒を対象に個別やグループで指導を行う」とする方針が確認された。

 足立区教委によると、授業は3月、3年生の総合的な学習の時間に「自分の性行動を考える」と題して実施された。「高校生の性交は許されるか」などについて数人の生徒が意見を述べ、養護教諭らが避妊や人工妊娠中絶に関する正しい知識を説明。コンドームや緊急避妊薬などの特徴や使い方、入手方法を明記した資料も配布した。学校は事前に保護者会などで周知し、授業を保護者らに公開したが、否定的な意見はなかったとしている。

 この授業を問題視したのは都教委だった。生徒全員を対象とした授業で、小中高いずれの学習指導要領でも扱わないことになっている性交渉を取り上げ、本来高校で扱う避妊や人工妊娠中絶について具体的に説明したためだ。都教委は「性交をしてもよいかのような内容で、かえって助長する可能性がある」と指摘。保護者への説明も不十分だったとする見解も示した。

 授業は都議会文教委員会でも批判を受けた。「不適切ではないか」と質問した古賀俊昭都議(自民)は、学習指導要領を超えた内容を扱ったことのほか、「ほかの生徒や参観者の前で性に関する自分の意見を述べさせるのは、生徒の心の中に踏み込むことで配慮が足りない。また、生命の誕生につながる妊娠を性交のリスクのようにとらえてよいのか」と疑問視する。

 一方、学校で性教育の出張授業などを行うNPO法人ピルコンの染矢明日香理事長は、「『発達段階に応じた科学的な情報を伝えることが性行動を慎重化させる』という研究結果が、ユネスコの国際セクシュアリティ教育ガイダンスなどに示されている」と指摘する。

 同法人によると、同法人の授業を受けた後、生徒からは「多くの間違った知識が出回っているので冷静に読み取り、判断していくことが大切だと分かった」(中3男子)、「大切な話が聞けてよかった」(中3女子)−といった声が上がった。

 アンケートで「今後、妊娠を希望しないときは必ず避妊が実行できる」と答えた生徒は、授業前の44%から授業後には67%に増加したという。

 厚生労働省の調査では、平成13年ごろから人工妊娠中絶の実施率は全年代で低下傾向にあるが、28年度には15〜19歳の女性1千人当たり5・0件の中絶が行われた。東京都の小池百合子知事は4月27日の定例会見で、今回の議論について「教委や学校現場がどこまで何を教えるか、しっかりと対応策を考えていただくきっかけでもあると思う」と述べた。


以前問題になった「女性手帳」を作り配布することで性行為がもたらすものについて知るって事は大事だと思うし
何も知らないまま行為に至るのは男女共々不幸なことだと思うので
教育することは大事だとは思うものの
学校ですることなのかなと思わなくも無い
親じゃダメなのかなとか考えなくもないけど、親もまともな知識を持っているかどうか問題だろうから
学校でせざるを得ないのかなぁ

なんにしても男子、女子共々人間としていずれはそういうことになっていくわけですから、知るべきは知らないといけないので、きちんと教育し、過ちが起こりにくくなるようにしてあげて欲しいですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000069-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヤイヤ期で何がだめなの?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000058-asahi-soci

yahoo:「「イヤイヤ期」別名募集、思い様々 共感できる環境大事

何をするのにも嫌がる2歳前後の時期を指す「イヤイヤ期」。呼び方を変えませんか、という4月3日付朝日新聞「声」欄の投稿をきっかけに、同21日付朝刊で別名を募集したところ、20日間で500件近い投稿が届きました。寄せてくれたのは、育児に悩む親や祖父母世代、保育士のみなさんです。新しい呼び方は? それに込めた思いとは?(田渕紫織、中井なつみ)

 富山県射水市の松崎真祐美さん(26)は、イヤイヤ期の別名について「『ママ(パパ)あのね期』はどうでしょうか」と提案するメールを寄せた。イヤイヤ期真っ最中の長男(2)を子育て中だ。

 1歳8カ月の時、長男が初めてスーパーで座り込んで泣き出した。当時、まだほとんど言葉をしゃべっておらず、要求がわからない。「以前、同じような子を見て『行儀が悪い子だな』と思っていましたが、どこにスイッチがあるか、何がきっかけかもつかめない。想像を絶する苦しさでした」。床に寝て、じたばたする息子を見た客に舌打ちされたこともある。ギャーッと泣いて、えびぞりになる息子を無理やり抱きかかえて売り場を見て回った。

 隣の富山市で働く自営業の夫は毎晩帰りが遅く、朝から寝かしつけまでワンオペ育児。子どものいる同級生の大半は共働きで、日中に外出しても会えない。母親にも「子どもとずっといられるのは幸せでしょ」と言われ、「1対1で24時間育児する毎日の大変さを、誰にもわかってもらえない」とふさぎこんでいた時期に、イヤイヤ期が始まった。

 習い事のベビースイミングで、突然プールに入るのをいやだと言い始め、プールサイドで1時間泣いた時にも困り果てた。隣に座り、太ももを軽くつねったりして「なんで?」と責めるように聞いてしまったのを後悔し、帰りの車中で息子の寝顔を見ながら涙が止まらなかった。

 そんななか、息子の本心が垣間見えたことがあった。言葉をしゃべり始めたある日、息子は寝つかずに泣きわめいていた。「どうして寝たくないの?」と聞いてみると、「あのね」と切り出した後、覚えたての単語をつなげ、午前中に作った工作の続きをやりたい、と教えてくれた。机で続きを始めるとすぐ寝入った。「話を聞いてほしかったんだ」と気づいた。

 息子の本心はわからないことの方が多く、試行錯誤の日々だ。それでも今回、息子の昼寝中にスマートフォンで記事を読み、当時のはっとした気持ちを思い出して投稿した。

■「わけわからん期」提案も

 大阪府の谷口正和さん(42)は「一家全員で名称を考えました」。次女(2)がイヤイヤ期真っ盛り。おとなしかった長女(9)に比べ、やんちゃな次女は自己主張が強め。服を着るのをいやがったり、ごはんをいやがったりする姿に困惑していた。

 妻は、大変さが素直に出た「わけわからん期」、長女は、年の離れた妹の行動を楽しんでいるところもあり、「はちゃめちゃ期」。谷口さんは、次女の行動をポジティブに捉えたいと「わくわく期」と名付けた。「家族でも違って面白い。イヤイヤ期の話題を共有できることで悩みや不安が軽くなると思う」

 子育て経験のある祖父母世代からも多くの声が寄せられた。

 2歳半の孫がいる都内の60代の女性は「のびのび期」を提案。自身の子育て中と比べ、子どもへの周囲の視線が冷たいことが気になる。「子どもはのびやかに育ってほしい」との思いから名付けた。

 孫もだっこひもをいやがって泣いたり、保育園の帰りに寄り道をせがんだり、自己主張が強くなっている。母親である娘には「おとなしいのが正解じゃない」「意思を表せるのはすてきなことだよ」と繰り返し伝えている。

 妊娠中、「イヤイヤ期」という言葉で育児への不安が膨らんだという意見もあった。

 東京都内の妊娠9カ月の30代女性は「イヤイヤ期を想像すると、楽しさより、怖さが上回る」。明るく前向きにと、成長する植物の芽をイメージ。「ふたばのシーズン」と名付けた。

 一方で、イヤイヤ期を言い換えることへの違和感も17件寄せられた。

 大阪府堺市で3児を子育て中の公務員の女性(37)は「たしかにイヤイヤ期にはネガティブなイメージがあります。だって大変ですもん。仕方ないと思う」と打ち明けた。第2子は3歳になったばかり。帰宅、手洗い、おむつがえ、就寝。何をしようと言ってもイヤを連発し、泣く。「言葉が通じない、でも愛する子どもの相手をするのは本当に根気も時間もいり、家の中では孤独なたたかい」だという。

 女性は「親も子どもも『イヤイヤ』って思う時期。このままでいいんじゃないでしょうか」と結論。「その上で、親にイヤイヤ期を乗り越える知識と自信を与えてくれるアナウンスがあればいいな、って思います」と結んだ。

 東京都内の保育士(47)も「呼び方を変える必要はない」と投稿。昨年度まで2歳児クラスの担任をしていた。「苦しい時期ですが、『イヤイヤ期だからねー』とわかりやすい言葉で保護者と共感しあい、笑いあえる環境こそが大切だと思う」と話した。

     ◇

 朝日新聞4月3日付「声」欄(東京本社版など)に、「イヤイヤ期」という大人の側から見た呼び方を、子どもの気持ちに添ったものに変えませんか、と提案する永瀬春美さんの投書が掲載された。認知症当事者の思いに添って「徘徊(はいかい)」という言葉を見直す動きがあることを受けてのものだった。これを機に、同21日付の子育て面でイヤイヤ期について特集。合わせて別名も募集したところ、子育て中の親たちを中心に、経験談や新たな名前の案が多数寄せられている。


変えないといけないのかな?ただの言葉狩りにしかみえない
今までこれで来たわけだし、こういう言い換えをしたがる事例が出てくるけど、いままでどおりで何でいけないのかなぁ
不思議でしょうがない


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000058-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

なんで保育士が叩かれる?>一斉移籍https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00000013-pseven-soci

yahoo:「横浜の保育士“一斉移籍”、保護者の涙と怒りとその顛末

63人──これは神奈川県横浜市が2018年4月に発表した待機児童の数である。約1070世帯に1人の子供が保育園に入れない計算になる。同市は対応策として今年度は予算1462億円を投じ、約2800人分の児童受け入れ枠を拡大する計画を実施した。この4月から新たに認可保育園32園が新設され、「待機児童ゼロ」に向けて大きく舵を切った形となった。

しかし、その中の1つ「鶴見中央はなかご保育園」は前代未聞の形で誕生している。

「職員のかたがただけでなく、私たち親子も、この保育園にかかわる人みんなが裏切られた、その一言です」

涙ながらに語るのは、横浜市鶴見区にある認可保育園「寺谷にこにこ保育園」に子供を通わせていた保護者だ。

3月末、同園は、園長と主任を含む保育士11人が一気に退職した。その結果、4月からは認可保育園にもかかわらず、運営を縮小せざるを得ない状況に陥っている。新3〜5才児クラスが廃止され、37人の園児たちは市内の別の保育園への転園を余儀なくされた。多くの被害者が生まれる中、思わぬ事実が発覚した。

「寺谷にこにこ保育園」を退職した11人のうち、園長と主任を含む7人は、前述した4月に新設されたばかりの「鶴見中央はなかご保育園」で働いているというのだ。

この問題を市議会で取り上げた横浜市議の古谷やすひこ氏が解説する。

「最初に辞職を申し出た園長に続いて、1か月もしないうちに主任も辞めると宣言し、その後、数名が同じように退職願を出しました。今回の問題は、単に保育士が辞めたから保育園を縮小するという単純な問題ではない。新しい保育園を開設するにあたって既存の保育園からごっそり職員を引き抜いたということが、騒動の発端だと聞いています」

◆「子供に、『早く帰りたい。いつ元の保育園に戻れるの?』と聞かれて…」

園長をはじめとする保育士たちはなぜ子供たちを置いて新しい保育園に移ってしまったのか。「寺谷にこにこ保育園」の前園長で「鶴見中央はなかご保育園」の新園長を務めるA子さんは、本誌の取材に対し、頭を下げながらこう語った。



「途中で園を移ってしまったことでお子さんや親御さんには迷惑をかけて申し訳ないと思っています。保護者のかたからも『子供たちに一生消えない傷を残した』と言われましたし、それは本当におっしゃる通りで、恨まれても仕方ないことをしたと思っています」

だが、「引き抜きがあった」という指摘に対しては否定する。

「私は筋を通して辞めたつもりですし、辞めた理由も決して引き抜きではありません。『寺谷にこにこ保育園』には10年勤めましたが、その中で代表と育児法をめぐって意見の食い違いがあり、心機一転して新しい場所で仕事をしたいと思っていました。

そんな時に『鶴見中央はなかご保育園』の募集を知って、転職しただけです。一緒に転園した他の保育士たちも無理矢理引き連れていった訳ではなく、私と同じ気持ちで、新しい場所で働きたかったのだと思います」

たとえ引き抜きではなかったとしても、園長らの行動によって子供たちや保護者に大きな負担が強いられていることは紛れもない事実だ。4月から市内の別の保育園に転園した4才児の母が憤る。

「新しい保育園は『寺谷にこにこ保育園』よりも自宅から遠いうえ、子供は転園を受け入れることができていない。元の園に帰りたいと思うあまり、教室を飛び出してしまったり、お散歩先の公園から走って出て行こうとしたり…。『いつになったら元の保育園に戻れるの?』『〇〇ちゃんにはいつ会えるの?』と聞かれるたびに胸が痛みます」

転園先で悩みを抱えているのはこの親子だけではない。「寺谷にこにこ保育園」関係者が言う。

「37人が転園したということは、37世帯に影響が出たということです。これまで通っていた保育園から転園するのは、親子ともども負担が増す。子供が情緒不安定になって、そばについていなければならず仕事を辞めざるを得なくなったお母さんの話や、子供のことで言い合いになって夫婦関係が破綻し離婚に至ったご夫婦の話を聞きました」



また、保育園が縮小する旨を伝える説明会でも、保護者たちには前園長に対して、ぬぐいきれぬ不信感が残った。前出の母親が言う。

「私たちは閉園することを1か月前の3月に知らされたんです。驚き、これからどうなるんだろうと不安になる私たちを見ても、園長は一言も口を開かなかった。私たちが『園長に経緯を聞きたい』と申し出ても、それに応えてくれることはありませんでした。そればかりか、閉園前最後の1週間に至っては『過労で入院した』と言って園に来ることもなかった」

行政の管理下にある認可保育園にもかかわらず、ここまで大きな騒動になったのはなぜなのか。長年保育園問題を取材してきたジャーナリストの猪熊弘子氏が言う。

「認可保育園とは、施設の広さや職員数など国が定めた認可基準をクリアした保育園のことですが、私立の場合は経営母体は民間です。そのため、運営や人事は保育園を経営する民間の事業者と園長に一任されています」

◆市は“引き抜き”と解釈していたか?

今回の2つの園はともに私立である。

「また、職業選択の自由が憲法で保障されている以上、保育士が別の保育園に転園すること自体に規制をかけることはできませんが、同園のように大量に保育士が転園するケースは前代未聞でしょう。事業者の責任も大きいですが、保育の実施責任は市にあり、監査も行っているはず。閉鎖する前に行政が真摯に対応すべきだったと思います」(猪熊氏)

「寺谷にこにこ保育園」では、大人数の退園が判明した時点で、この事態を打開すべく、同園の代表が、横浜市に園を運営する方法を探してほしいと掛け合った。

しかし実際に横浜市が動いたのは相談から2か月たった後だったという。前出の同園関係者が言う。

「それも『新しく保育士を採用するならば、こんなふうにしたらいい』などのアドバイスを少しくれた程度で、何の解決にもなりませんでした。そのうえ、市からは引き抜きのことは隠してほしいと言われてしまったのです」

前出のA子さんは“引き抜き”を否定していたが、横浜市は“引き抜き”と認識していたことになる。前出の同園関係者が続ける。

「市が引き抜きを隠そうとしたのは、この事実が明らかになって、市が掲げた保育園の数を増やし、児童受け入れ枠を拡大する計画が頓挫してしまうことを懸念したからではないでしょうか」

市内の保育園を管理、運営する横浜市保育・教育運営課に今回の一件について話を聞いた。

「鶴見中央はなかご保育園に関しては、引き抜きではないと聞いています。また市が寺谷にこにこ保育園に引き抜きの隠蔽を依頼したということは、一切把握しておりません」


横浜市の対応はまずかったと思いますけど

保育士が、よりよい待遇を求めて良いところへ転職すること自体は何ら問題ないと思いますよ
何でこういう記事になってしまうのか不思議でしょうがない

労働者として考えれば、劣悪な環境で働くより、良いところへ移りたいと考えるのは至極当然のことだし、実際に移籍しても問題があるわけ無いでしょ?

なんとかしたいなら保育士の労働環境を良くすることを第一とすべき
賃金をはじめとした福利厚生を今の数倍にしたら良い人材も集まるし、突然転職って事も減っていくのでは無いか?
あわせていえば、介護士も同様。大事な仕事なのに軽く見られているのは保育士、介護士とかトップクラスでしょう

これらの待遇改善を図るべきですよね。もちろん相応に月謝(という言い方で良い?)は高くなると思うけど、良い条件を手に入れるには金がかかるのが当然なので仕方が無いでしょう。あとは行政がどれだけ負担してくれるか、ですが。財政出動すれば何ら問題は無いと思うし、彼らが大人になったときに納税という形で返していけば良いと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00000013-pseven-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは無理でしょ>町に24時間訪問介護を要求https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00328383-sbcv-l20

yahoo:「信濃町のALS患者の女性が24時間の訪問介護求め提訴・町は争う姿勢示す

全身の筋肉が動かなくなる難病=ALSを患う信濃町の女性が、町に24時間態勢での訪問介護を求める訴えを起こしました。
町はきょうの裁判で、争う姿勢を示しました。
訴えているのは信濃町に住む小林さゆりさん・53歳で、2006年に難病のALS=筋萎縮性側索硬化症を患い、現在は体をほとんど動かせず会話もできません。
小林さんは80歳の母親と弟との3人暮らしで1日およそ4時間の介護サービスを受けていますが、24時間態勢の介護を求めて今年3月に提訴しました。
長野地方裁判所で開かれた第1回の口頭弁論で、被告の町は提訴の5日後に1日およそ9時間の介護サービスを認める決定を行っているとして、訴えの棄却を求めました。
意見陳述で小林さんは「夜中にむせて、死ぬかと思ったこともある」などと、目で文字を追う「文字盤」を使って訴えました。
一方、信濃町住民福祉課の松木哲也課長は終了後の取材に「状況が変われば変更もあるが、現状では9時間が妥当」と述べました。


町に望んでも出来るわけが無いでしょ
それだけの人材を用意するのに、どのくらい金がかかるのか?
それを一人のためだけに、町が用意することが妥当かどうか?
無理も無理じゃ無いですか?

記事だけではなんとも言えないですけど
どこか介護施設に入るわけにはいかないのか?
一人に介護士をはり付けにするのは無理でも、施設で何人かに一人という割り当てでなら、介護を求めることは可能だよね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00328383-sbcv-l20


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お互い様でしょ>電車内のベビーカーhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00010003-chibatopi-l12

yahoo:「ベビーカー注意喚起に波紋 「配慮すべきは周囲の乗客」「横柄な親いる」 東武鉄道、文言変更も検討

「ベビーカーをご利用になるお客さまは周りのお客さまに配慮し、十分ご注意ください」−。東武鉄道が千葉県北西部を走行する東武野田線などの電車内で表示するこんな注意喚起が3月末以降、ツイッター上で波紋を広げた。「配慮すべきは周囲の乗客だ」「横柄な親がいるのは事実」などと議論は白熱。同社は、文言が一方的だったとして変更を検討しているという。

 東武鉄道によると、注意喚起は東武野田線と東武東上線の一部車両内で、ドアの上にあるディスプレーに表示。東武野田線では2013年から、18編成で導入している。担当者は、呼び掛け方が偏っていたと認め「駅や車内での配慮は、双方にお願いしてきたつもり」と釈明する。利用者からは賛否、さまざまな意見が寄せられており「改善のため、活用していく」としている。

 議論の発端になった投稿をしたのは埼玉県鶴ケ島市の男性(56)。今年3月末、ディスプレーの写真を添え「子連れで移動する人に配慮するのは周りの人であるべきでしょ」などと声を上げた。

 男性は、障害者の車いすを押して電車に乗ることがあるといい、取材に「弱い立場の人が萎縮してしまうような状況は良くない」と訴える。

 男性のツイートは4月下旬までに1万5千回以上転載された。「日頃から神経をすり減らしている親が、ますます乗車しづらくなる」などと賛同する意見の一方、「ベビーカーにぶつかられて謝罪もなかった」「席を譲られて当然という態度が悪い」といった反論もあった。

 国土交通省などは14年3月、ベビーカーの優先マークを作るなど安全利用や理解促進のためのルールを策定。交通各社も、優先スペースを車内に設けるなどハード面の整備を進め、車内放送や駅のポスターで相互協力を求めている。東武野田線の対象車両でもベビーカーや車いす利用者のフリースペースが設置されている。

 東武鉄道によると、現行の注意喚起を始めたのは11年ごろからという。宇都宮大の大森宣暁教授(都市交通計画)は「日本では公共交通機関で優先対象者に席を譲ったり、手助けをしたりする意識が低いが、近年それが変わってきて文言が注目されたのではないか。公共の場所では、全員が周囲に思いやりを持つことが大切だ」としている。


記事の末尾の通りって事でしょ
お互い様、そのとき車内にいる人たち全員が、配慮し合うべき。弱者だからといって守られて当然ということはない

最近は弱者が守られて当たり前って人が多くて閉口
そんなことは無いでしょ、お互い様だと思う


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00010003-chibatopi-l12


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:電車 ベビーカー
posted by ! at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

2018年05月12日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする