2017年03月19日

田舎って怖い>移住促進、農家の嫁っていうのは気をつけたほうがいいね!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00089168-okinawat-oki

yahoo:「島で唯一の医者が脅迫され避難 沖縄・北大東島 常勤医が不在に

沖縄県北大東村(人口約600人)の県立北大東診療所の常勤医師が2月上旬から1カ月以上、不在となっていることが17日までに分かった。常勤の女性医師が村内で男に脅迫される事件が起き、村外へ避難したのが理由。診療所は現在、本島の県立病院からの代診派遣でやりくりしているが、県病院事業局の伊江朝次局長は「やる気のある医師がこんな形で島を離れざるを得なかったことを、もっと重く受け止めてほしい」と村に要望する。村は役場や駐在所と連携した医師の安全確保策などに取り組むとし、常勤配置を求めている。

 那覇署によると事件は2月7日夜に発生。男が酒気帯び状態で運転する車が対向車線に進入し、医師の乗る車と正面衝突した。男は「通報したらどうなるか分かるよな」などと医師を脅し、後に脅迫の疑いで逮捕された。「示談にしたかった」と供述したが、医師は事件翌日に村外へ避難し、その後に離任が決定した。

 現在は県立南部医療センター・こども医療センターや中部病院の医師らが数日ずつ代診を務めている。航空機の手配や医師確保が間に合わない日があり、患者の経過を継続して診られないなどの影響も出ている。

 病院事業局は事件後、村が村民に対し、常勤医師不在の理由について十分な情報を提供せず、危機感が薄いことなどを指摘。後任を4月から配置する方向で調整中だが「赴任後の安全が担保できなければ、延期もあり得る」とする。

 宮城光正村長は「事件は診療時間外の発生。県警が捜査していることもあり、村としても対応が難しい面があった」と説明する。

 事業局には「島の医療を守る連絡会議(仮称)」を立ち上げて医師住宅への防犯カメラ設置を含めた安全確保策を講じ、村議会で飲酒運転撲滅決議を提案することなどを提示。村長は「関係機関との調整が必要な部分もある。常勤医師がいてこそ住民の安心が得られるので、県や地域と連携しながら再発防止に取り組みたい」と語った。


何年か前にも秋田の無医村で医者へのいじめがどうこうという話がありました
検索してみたら一概にそうでもないような印象を受けましたが、いずれにしても一つの村といえども一人の医師で診るのは無理というものでしょう。1年365日休暇なし、しかも24時間対応可能にしておかないとならない。無茶ってものでしょ?
ニコニコニュース:「秋田県・上小阿仁村の“医者いじめ伝説”を追え!」

さておき、今回の場合は
医師への脅迫
警察の対応のまずさ
村長他は?って感じですが、
こういうのこそ、田舎特有の恐怖じゃないかしらね?

いずれにしても、女性一人で田舎へ行くものじゃないでしょう
なにされるかわからないですし・・・

田舎の恐怖について語るシャーロックホームズ「ぶなの木屋敷の怪」から
でも、その理由はきわめて明瞭なんだ。都会では世論の監視があって、法律の手がとどかないところを見はっている。ひどく下劣な裏通りでも、子供がいじめられて泣きわめくとか、酔っぱらいがなぐりつける音が聞こえるとかすれば、隣近所の連中が、かならず同情したり、憤慨したりするにきまってる。それに警察機構がすっかりゆきわたっているから、一ことでも訴え出ようものなら、すぐと活動開始で、犯罪から被告席まではほんの一歩にすぎない。だが、ああして孤立している家を見てごらん。それぞれ周囲に自分の農地をめぐらしていて、家の中にはまるで法律を知らない無知なあわれな連中が住んでいるのだ。こんなところでは、毎年毎年、凶悪残忍な犯罪が目に立たず行われて、それとわからず、すんでしまっているかもしれないじゃないか。

これは現代でも通じるように自分には感じられます
田舎への移住とか田舎の農家の嫁なんて聞くとやめたほうがいいよって言いたい気もしますね
山形県のマット殺人事件だって、そういう系統の事件とも言えますし・・・


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00089168-okinawat-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日のつぶやき




posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

嬉々として他人に寄生しないでください>働かなくていいじゃないhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010003-houdouk-life

yahoo:「「働けなくてもいいじゃないか!」働けない=無価値という“思い込み”を疑え

病気や怪我など、様々な理由で働けない状況に陥ったとき、多くの人が後ろめたさや不安、劣等感にさいなまれるかもしれない。だが「そんな思いは不要」、むしろ「働かないほうがいい」と考える政治学者がいる。『はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言』(タバブックス刊)という衝撃的なタイトルの書籍を上梓した、栗原 康先生に話を伺った。
会社で働いてお金を稼いで食べる…それは本当に当たり前?

「今でこそ本を出したりして、ちょっと食えるくらいのお金をもらっていますけど、それこそ10年くらい前、大学院を卒業したくらいから5年ほどは年収10万円くらいでした。完全に実家のお世話になっていて、それこそ父親の年金で暮らす、みたいな。昼間に外でタバコを吸っていたら、母親から『恥ずかしいから外に出るな』と言われたり。でもテレビ見放題だし本も読み放題だし、しまいには写経を始めたりして、けっこう充実していましたよ」

ほかならぬ栗原先生自身が、“働かない”を地で行っていたのだ。「いったん開き直ってしまうとラクだぞ、と思います」。ではなぜ、そんな生活をおくっていたのか。

「使おうと思えば救済措置はいくらでもあります。生活保護や、炊き出しのような支援活動もありますから。飢え死にする前に利用できる仕組みはたくさんあるんです。日本の場合、生活保護を取りに行くと『親や親戚を頼れ』と行政に嫌みを言われたりします。ダメ人間とのレッテルを貼られてしまう。でも、ヨーロッパなんかではまったく違って、収入が少なければ生活保護で暮らすのはあたりまえです」

日本は、“自立すべき”という精神が過剰に強い社会なのだとか。

「高度成長期あたりからの風潮だと思いますが、定年まで会社で働いてお金を稼いで食べるのが当たり前だという意識でしょう?」

確かに多くの人がそうしているし、それが社会を生きるためのセオリーだと信じて疑わないことだろう。

「終身雇用は崩壊しているのに、終身雇用マインドは崩壊していないですよね。でも非正規雇用で暮らすのは限界で、それで頑張っても年収300万円を超えにくい世の中です。さらにやたらと高い税金に、国民健康保険に国民年金も払えというのだから、手元にはあまり残らない。病気やケガで体を壊し、家賃でも払えなくなれば、すぐに生活は破綻しますよね」

働くということは、古来の奴隷制度に由来していた?

こうした現状に、多くの人がやっていけなくなっている。だからこそ、セーフティネットとして使えるものは使えるだけ使ってしまったほうがいい、というのが栗原先生の考えだ。

「僕は大正時代のアナキスト・大杉 栄の研究をしています。『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』(角川新書)という本でも書いたのですが、大杉 栄は、自分の体を労働力商品として売り出す発想の起源は、奴隷制にあると言っています。普通、人は人を“商品”とは考えないですよね。モノじゃないんだから。でも奴隷制は少数の支配者が富を貪るために他の部族を制圧し、奴隷にして農業などに従事させます。そこで奴隷たちに強要する考えが『殺されたくなかったら働け』なんです。一度人格を奪われて、家畜のように働かされる。人間であって人間じゃない。交換可能なモノ、労働力“商品”になるわけですね。現在も同じ。支配者目線で“使えるかどうか”で、その人の商品価値が決まるし、労働者もそう信じているでしょう。それを大杉は“奴隷根性”と呼んでいます」

つまり有史以来、多くの人が奴隷根性を抱え、無意識的に自身を当てはめているということだ。その枠組みのなかで考えるからこそ、上手に働けない自分を悲観するなどしてメンタルを崩してしまう人もいる。「働けないヤツがダメなヤツだというのは、奴隷制度の発想なんです」と栗原先生は続ける。

「この発想に慣れてしまうと、経営者が会社をつくってくれたから、自分たちを守ってくれているから生活が安定する…とかみんな考えちゃうでしょう? だからある種、働けない・働かないということは奴隷制度からの解放でもあるんです」
「働けなくてもいいじゃないか!」働けない=無価値という“思い込み”を疑え

(画像:ホウドウキョク)
“仕組み”がわかれば、「働けない」=「無価値」ではないとわかる

実際、働くという枠組みから離れる選択を選んだ人は、枚挙にいとまがないことは事実だ。

「古代は逃散農民といって逃げ出す農民はたくさんいました。そういう人たちは徴税システムから脱却して、海や山に出て自分たちだけのために暮らすわけです。彼らは山賊や海賊と呼ばれ、安易に悪者のレッテルを貼られてしまうことも多かったわけですが…。ただ現在でも、自発的に可能な限り貨幣システムから脱却して、悠々自適な生活を送る人も多くいますよね」

栗原先生以外にも、周囲にそんな例はあるという。

「友人のアナキズム研究者が、東京を出て九州で暮らしています。彼は定期的な収入が年間40万円ほどだそうですが、結婚してお子さんも2人いて、決してキレイではないけど大きな家を借りて暮らしているんですね。空き家をもっていそうなお宅を訪問してまわり、激安で貸してもらったんだそうです。ちょっと郊外に出れば、そういう空き家もあるし、近所の畑を手伝って野菜をもらうことで、割と食べていけるそうなんですよ」

たとえそういった考えに賛成できたとしても、なかなか実践できるものではないだろう。なぜなら、たとえ労働の根底に奴隷制度があったとしても、自ら道を切り拓くより、現行の社会システムのなかで安寧を得ることの方が圧倒的に近道だからだ。

「仮に正社員になれた人でも、奴隷根性だけでは辛くなってくると思いますよ。クビになりたくない、もっと役にたたなければ、もっともっとと精神的に追い詰められる。でも一度“使役されている(働かされている)”ことがわかれば、随分と気持ちが楽になるはずです。そういう気楽さがもっと広がっていけば、社会も変わってくるんだと思います」

多くの人が現実的に生活水準の向上を考えるなら、その枠組みを完全に捨て去るのは難しいことだろう。しかし、「働けない」ということが、必ずしも「無価値」ということではないと考えるための、ひとつの糸口と言えるのではないだろうか。


アナキズムを名乗る人が国から生活保護とかもらっちゃダメでしょ(笑)

また、働かなくても食べていかれるのは、他人が働いて稼ぐ、物を生産するから可能なわけでしょ?
百人いて、百人が働かなければ誰も食べていけませんよ?
働かなくていいという発想はあり得ませんね

皆が安寧な生活を求めるから働くわけで、働かなくて楽な生活が存在しうるわけないでしょうに

いい歳して、そんなガキみたいな発想をすることを恥ずかしいと思って欲しい
他人にたかることを当然のことのように言うなよって思います
親御さんがいった通り、恥ずかしいことなのです

ただし、病気怪我などで全く働くことができないのなら食べさせてもらうのは問題ないと思いますよ
働く能力があって、働かないのは許されることではありません
悩ましいのは働く気力があるのに、働く場所を確保できない場合ですね
働けるように、国に調整してもらえたらなって思いますが、無理かなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010003-houdouk-life


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

JRが謝っちゃいかんでしょhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010001-fukui-l18

yahoo:「JR車掌「言葉遣いに気を付けろ」 北陸線、乗客の胸ぐらつかみ暴言

JR北陸線普通列車の車掌が、切符の販売を巡って乗客の10代男子学生の胸ぐらをつかんだり、暴言を吐いたりするなどのトラブルを起こしていたことが16日、JR西日本金沢支社などへの取材で分かった。JR側は事実を認め、男子学生に謝罪。同支社は「行きすぎた対応がありおわびいたします」と話している。

 トラブルを起こしたのはJR西日本金沢支社福井運転センターに所属する30代の男性乗務員。学生側によると、男子学生は11日午後6時ごろ、無人の王子保駅(福井県越前市)から乗車。敦賀駅(同県敦賀市)に向かう途中で切符の有無を車掌に確認され、購入しようと「いくらっすか?」と尋ねたところ、車掌が学生の胸ぐらをつかみ「言葉遣いに気を付けろ」とにらみつけたという。また、音楽を聴いていたイヤホンを引き抜かれたり、購入後に再び胸ぐらをつかまれ「こっちに来いや」と引っ張られたりしたという。

 この学生は「いきなり胸ぐらをつかまれびっくりした。JRに乗るのが怖い。許せない」と話している。

 同支社広報室は「車掌からは、学生が車内改札時に寝たふり、聞こえないふりをしているように見えて、イヤホンを外して声かけしたと聞いている。乗車駅を聞いてもなかなか答えないと思ったようだ」としている。一方、胸ぐらをつかんだり、暴言を吐いたりしたことについて「行きすぎた不適切な対応と認識しており、おわび申し上げます。再発防止に向け社員指導をしていきます」と話している。





この通りの流れなら、車掌さんは悪くないし
逆ギレした学生の方が悪いと思いますけどね
そもそも人と話をするときにイヤホンをしっぱなしというのがダメ
外すして、ちゃんと相手の話を聞く姿勢を取れないという点でも人として終わってる
親はどんな教育をしているのか?

なんというか正直一発張り手をくれてやっても罪にならないってしてやらないと、こういう悪ガキはまたやりますよ
会社が社員を守らなかったという点で、味をしめてまたやるに決まってます
まともな人じゃないからね!

西日本は社員を大事にしないね!!







これほんとかなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010001-fukui-l18


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保育園が増えない理由を考えればいいし、対応すべきは国ではなく各自治体ではないの?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000533-san-soci

yahoo:「「日本死ね」から1年 不毛なイス取りゲームは終わらない…今年も「保育園入れない!」悲鳴続々、怒りのママたち

「子供を持つのがこんなに大変なんて」「働くことはぜいたくなのか」−。保育園に4月の入園希望の結果通知が、保護者に続々と送られてきている。昨年2月に「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログがアップされて1年超。今年も落選した親の悲鳴と嘆きが聞こえる。国は15年以上前に「待機児童ゼロ作戦」に着手して以来、その目標は達成されたことがない。怒りの母親たちが3月7日、国会近くの衆議院第二議員会館(東京・永田町)に集まり、国に早急な改善を訴えた。

 ■保育園は“戦場”

 「にっちもさっちもいかない。今年も何通もの(入園)不承諾通知をもらった」。議員会館に訪れた、4歳と2歳と0歳の3人の子供を持つ東京都港区の女性はこう話した。上の子供は辛うじて認可外の保育園に入っていたものの、駅の再開発で取り壊されてしまうという。だが、その受け皿さえ決まっておらず「引っ越しもできず、どうにもならない」と深刻な状況に顔をしかめた。

 東京都江戸川区の女性も「保育園に見学に行くとき、戦いが待っていると考えてしまう。同じ母親と本当は仲良くしたいのにライバルと見てしまうのが悔しい」と語った。

 集会を主催した「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」の天野妙代表は、「不毛なイス取りゲームはもうやめよう。保育政策を国の政策の中心に置かなくてはいけない」と訴える。昨年は「日本死ね」というマイナスの言葉が出てしまったため、今年は「保育園入りたい」というスローガンに期待を込めた。

 ■「待機児童」を死語に

 参加者らは4つのグループに分かれて、互いの窮状を打ち明け合った。国会議員も輪に加わり、提案に耳を傾ける場面もあった。集会では専門家も声を上げた。

 病児保育などに取り組むNPO法人「フローレンス」の駒崎弘樹代表は「ふつふつと怒りがたまって、それを吐き出しまくっている。待機児童という問題ではない。行政側によって失業させられている“官製失業”だ。『待機児童』という言葉を死語にしなければいけない」と主張した。

 日本総研調査部の池本美香主任研究員は「海外で保育園は子供を預ける場所ではなく、教育の場所としてつくっている。保育園へ来たくない人も呼び込んでいる」と語った。

 ■掛け声は勇ましいが…

 厚生労働省によると、平成28年4月時点、待機児童は全国で2万3553人で、2年連続で増加している。政府はこれまで何をしてきたのか。

 「待機児童をゼロ」にすると政府が明言したのは、平成13年5月。その後、20年には「待機児童ゼロ作戦」、22年に「待機児童解消『先取り』プロジェクト」など掛け声だけは勇ましかった。25年4月に「待機児童解消加速化プラン」を策定し、5年後の29年度末までに待機児童をなくすと掲げた。

 保育士の待遇改善や施設整備も進んでいる。想定以上に働く女性が増えて保育需要が上回ったのも事実だ。

 しかし、安倍晋三首相は2月の衆院予算委員会で「非常に厳しい状況になっているのは事実」と述べ、29年度の「待機児童ゼロ」の達成は難しいとの認識を示した。現在、新しいプランの6月までの策定が進んでいるが、達成期限の先送りが盛り込まれるとみられる。


安倍総理がどうこうではなくて、住んでいる地域の自治体の問題でしょ?
保育園不足というのは
そして、保育園を作ろうにも地元の理解を得られないとか
そもそも保育士が集まらないとか、どうにもならない理由もあるわけで
そこをどう解決したらいいんでしょうかね?

それから、保育士が集まらないっていうのも
給料が安いとか
クレーマーな親がいるとか
預ける側にも問題があるわけでしょ?

安く子供も下請けに出せば、やってられないって保育士が出て来ても当然だと思うし
やることなすことに苦情が来れば、これもやってられないと思われてもしょうがない
子育てをアウトソーシングする親はどういうつもりなのか?
安く子育てを他人に任せようっていうのはおかしいと思わないのかな?

もし国に責任があるとしたら夫、父親の給料を安くして
妻、子供を養うだけの給料を出させていないってことでしょう
そうすれば、子育てを下請けに出すこともないですもんね、自分でできるから

子育てが大変だと言いながら、安く他人に任せようていうのは虫が良すぎるんじゃなかろうか?
行政だって、少ない税収でそこまでやりきれないっていうのもあるかもしれませんね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000533-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫を飼う人、餌をやる人の責任でしかないhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010000-sippo-life

yahoo:「人より多い猫が住む仮設住宅 エサやりに通う夫婦 「仮設が廃止されたら…」

被災者の心の支えに

 東北3県で、いまも3万5千人余りの被災者がプレハブの仮設住宅で暮らしている。住民の数よりネコの数の方が多い仮設住宅があると聞いて、訪ねた。

【写真特集】熊本地震で保護された猫や犬たち

◇  ◇

 637人が犠牲になった宮城県山元町。その山あいにプレハブの建物が並ぶ。「高瀬西石山原(たかせにしいしやまはら)仮設住宅」の看板が入り口に立つ。

 朝6時半、軽ワゴン車が駐車場に滑り込んだ。エンジン音を聞きつけた10匹以上のネコの群れが、脇の竹やぶから飛び出してきた。

 引地(ひきち)とも子さん(69)と夫の構三さん(66)が、敷地内の12枚の皿に、キャットフードと牛乳を注いで回る。黒いのはクーちゃん。顔に星の模様があるのはホッちゃん。いまご飯あげるから、ちょっと待ってね。

 夫妻がここで暮らし始めたのは震災の1年3カ月後。町は「心の支えになる」とペットを認め、飼っていたネコ1匹を連れてきた。

 ある日、部屋の前でトラ柄のネコを見つけた。やがて5匹の子を産んだ。広場で子ネコたちがじゃれ合っていると、お年寄りや仕事のない若者が外に出てきた。エサを与えて目を細める人もいた。とも子さんは「あんな震災があって、みんなすさんでいたから」。
人より多い猫が住む仮設住宅 エサやりに通う夫婦 「仮設が廃止されたら…」

仮設住宅で暮らす猫たち
連れて行きたいが…

 震災後、東北3県には最大時で11万6千人が仮設住宅で暮らし、この仮設にも219人が暮らしていた。

 ただ、新しく建てられた災害公営住宅では、原則としてペットの飼育はできない。「連れていきたいけど、ダメって言われてるから」。ネコの面倒を見ていた入居者たちは、自治会長だったとも子さんにそう告げて、つぎつぎと去った。

 引地さん夫妻も、津波で全壊した町内の家を直して、昨年5月に仮設を出た。元気な数匹を残して、十数匹を連れて行った。

 数カ月後。仮設を訪ねると、自治会長の遠藤みよ子さん(83)から「ネコが増えてるよ」と声をかけられた。目が開いたばかりの子ネコ2匹がよちよち歩いていた。数日後、駐輪場で別の赤ちゃん3匹を見つけた。軒下では5匹の子ネコが身を寄せ合っていた。

 いずれも親ネコの姿はない。「処分に困った人が勝手に置いていったのでは」と、とも子さんは思う。

再建先から餌やり

 いまでは30匹ほどのネコが、すみついている。住民は20人。引地さん夫妻は毎朝、毎夕、車で10分ほどの自宅から通い続ける。1袋4キロのキャットフードは3日で底をつく。年金暮らしの夫妻に、月2万円の餌代は軽くはない。

 この春、仮設住宅を出る70代の女性は、昨年秋に玄関のそばで見つけた子ネコと暮らしている。一日の多くを室内で過ごし、一緒に寝起きするネコはかわいい。でも、災害公営住宅では飼えない。「結局、置いていくしかないかねぇ」

 地元の女性は、昨年から納屋の中をネコに荒らされるようになったと話す。苦情を言いたくなるが、ネコを飼うのが被災者だと思うと文句は言いづらい。「もうじき仮設はなくなる。それまで我慢します」

 山元町の災害公営住宅は3月中にすべて完成し、5月の大型連休までに全員が仮設住宅を退去する見通しだ。仮設住宅が封鎖されても、ネコたちにエサをやれるように、せめて敷地内に入れるようにしてほしいと、とも子さんは願う。無邪気にじゃれ合うネコを見ると放っておけない。

「このまま面倒を見るしかないのかな」

 今は、そう考えている。


兎にも角にも猫を飼う人、餌をやる人たちの責任でしかないと思います

これについて行政の支援をって声も出てきますけど
それは違う
あくまで愛玩動物として、可愛がる人の責任でしょうに
行政にできるのはせいぜい法を整備して、猫の飼い方とかその辺を決めるくらいじゃないの?
お金まで要求するのはワガママだと思います


また公営住宅で飼えないのをおかしいっていうのも
公営である以上いろんな人が住む可能性を考えるとしょうがないのでは?
動物を嫌いな人、アレルギー持ち
いろいろな可能性を踏まえれば一括で禁止せざるを得ないと思います
なんとかしろっていっても公営だからしょうがないというしかないんじゃないのかぁ
一例を認めてしまえば、あちこちへ飛び火するだそうし、それへの対処の面倒を考えたらできないでしょうね
猫の愛好家同士でなんとかするしかないんじゃないでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010000-sippo-life


ブログランキング にほんブログ村
タグ:
posted by ! at 21:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする