2020年01月07日

儲からなければ、誰もやらんがなhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010003-biz_shoko-bus_all

Yahoo:「「理容業・美容業」の倒産が急増、過去最多を更新

過去最多の119件、過当競争で淘汰進む

 2019年(1-12月)の「理容業・美容業」倒産は、バブル末期の1989年以降の30年間で最多の119件に達した。これまで過去最多だった2011年の118件を8年ぶりに上回った。件数は2016年の82件から4年連続で増加し、増勢が強まっている。
 2019年の理容業の倒産は14件(前年比6.6%減)で前年から1件減少したが、美容業は105件(同10.5%増)と大幅に増加し、明暗を分けた。
 理・美容業は、大都市を中心に店舗が乱立し、過当競争が続く。人口減少や顧客の高齢化などで顧客囲い込みが激しさを増すなか、1000円カットなど低価格チェーンも台頭し競争が過熱化している。小資本でも独立できる業界なため、参入障壁も低く、既存店舗と相次ぐ新規参入組との間で熾烈な競争が繰り広げられている。
 生き残り競争には、新規顧客の獲得に向けたPRやクーポンなどのアイデアだけでなく、技術や価格競争力も必要になっている。また、予約システム、顧客のヘアーデザインのデータ化など、顧客獲得にはIT化と利便性も求められる時代を迎えている。
 倒産ではないが、事業停止した休廃業・解散も2018年は317件(前年264件)と増加した。1社で複数店舗を経営しているケースも多く、店舗数ではかなりの数が休廃業・解散で閉店し、一般的な閉店も含めると数千店舗に達する可能性もある。 
 経営者の高齢化や人材確保の問題などの問題もあり、理・美容業は小・零細規模を中心に淘汰を余儀なくされている。「理容業・美容業」の倒産は、今後も増加する可能性が高まっている。
「理・美容業」の倒産は今後も増加の可能性

 2019年の「理容業・美容業」の倒産は119件(前年比8.1%増)に達し、1989年以降では東日本大震災が発生した2011年の118件を上回り、最多記録を更新した。また、2016年以降、4年連続で増加している。
 このうち、「理容業」は14件(同6.6%減)と、8年連続10件台で落ち着いて推移している。一方、「美容業」は105件(同10.5%増)で、過去最多だった2018年の95件を上回り、最多記録を塗り替えた。最近は男性客も多い「美容業」は新規参入が多く、淘汰の波はしばらく続くとみられる。


デフレの影響で価格が下がる一方だもんね

理容師さん、美容師さんの料金と
昨今増えてる1000円前後のカット屋さんの差を考えたら理容業・美容業は著しく不利だよね

まぁたくさん給料をもらえれば床屋とかを使う人もそこそこいるんでしょうけど、今はなるべく使うお金を減らさないとならないからねー

世間での給料が増えれば、理容師美容師に限らず生き延びられる職業も多いんでしょうけど、デフレのおかげで酷いことになってますよね
使いたくても使えるお金を持ってないから、ある意味無駄を省くことで、こういう職業も絶滅していくしか無いって事かな


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010003-biz_shoko-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:20| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルト集団のボスが殺されただけのことでしょhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010001-reutv-int

Yahoo:「イランで司令官の葬儀、娘は米国に「暗黒の日々」を警告

司令官が米国の空爆攻撃で殺害されてから4日後、ついに別れを告げる機会が訪れた。イランの聖職者統治を熱心に支持しない人も含め、ソレイマニ司令官は多くのイラン人にとって国民的英雄だった。

 集まった群衆の列は約3キロに及び、同司令官が高く評価されていたことを示している。

 ソレイマニ司令官ら空爆で殺害された人物の葬儀は、最高指導者ハメネイ師の主宰で執り行われた。ハメネイ師は時に涙をこらえきれず、また感情が高ぶり声が震える場面もあった。

 トランプ米大統領は司令官殺害を承認して以降、米国人や米国の施設が攻撃されれば、イランは再び標的にされると警告している。

 一方で、ソレイマニ司令官の娘のゼイナブ氏は葬儀で群衆に演説し、司令官殺害は米国に暗黒の日々をもたらすと述べた。「米国とシオニズムは、父の殉教がレジスタンスの前線を覚醒し、自分たちに暗黒の日がもたらされることを知るべきだ」

 「コッズ部隊」の司令官に新たに指名されたガアニ氏は、ひつぎにキスをしながら涙を流した。

 ソレイマニ司令官は故郷の南部カーマンで埋葬され、儀式は幕を閉じる。


穏やかなイスラム教徒の人たちには悪いけど
殺された奴って、要するにオウム真理教の麻原が殺されたような話でしょ?
なんで、アメリカが非難されるのかわからない

イスラム過激派によって、何の罪も無い人たちが虐殺されてきたわけで、それを踏まえれば
このような処置も当然では無いかと考えますね
一方的にアメリカが悪いって発想はあり得ないな


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010001-reutv-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

もっと早く声明を出して欲しかったかなぁhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-77482215-bloom_st-bus_all

Yahoo:「森法相、ゴーン被告の出国記録ない−不法出国は犯罪で正当化できず

森雅子法務相は6日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに逃亡した問題をめぐり、詳細な出国方法については捜査中の案件で具体的な言及は控えるとした上で「出国した記録はなく、不正な手段を用いて不法に出国したものと考えている」と述べた。

ゴーン被告の逃亡後、森法相は初めて記者会見し、不正な出国は犯罪であり、司法制度への批判があったとしても逃亡を正当化することはできないと述べた。

日本の刑事手続きに対する批判があることは承知しているとした上で、「各国の刑事司法制度にはさまざまな違いがあり、それぞれの国において制度全体として機能するように成り立っているので、制度全体の在り方を考慮せずに個々の制度にだけ焦点を当てて単純に比較することは適切でない」との認識を示した。

同被告が出国する際、プライベートジェット機の機内持ち込み荷物が空港でのエックス線検査を受けておらず、積み込まれたケースに隠れて出国した可能性があると報じられたことに関し、法務省の所管の範囲外としてコメントを控えたが、「同様の事態を招くことがないよう措置を取っている」とも述べた。

今春にも開かれる見通しだった初公判に備えていたゴーン被告は、保釈条件で海外渡航が禁止されているにも関わらず、先月末ひそかに日本を出国した。同被告は日本出国後の声明で、「私は正義から逃れたわけではない」とし、「不公正と政治的迫害から逃れたのだ」と表明した。

森法相は5日、ゴーン被告について「何らかの不正な手段を用いて不法に出国したものと考えられ、このような事態に至ったことは誠に遺憾」とのコメントを発表。関係当局や関係国、国際機関と連携し日本での刑事手続きが適正に行われるよう措置を講じる方針を示していた。

また、同相はゴーン被告に対する保釈がすでに取り消されているとともに、日本政府の要請で国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)がゴーン被告の身柄拘束を求める「赤手配書」を発行したことも明らかにしていた。

一方、日本と犯罪人引き渡し条約を結んでいないレバノンはゴーン被告の身柄引き渡しを拒否する姿勢を示している。レバノンのセルハン暫定法相はインタビューでゴーン被告の不正疑惑はレバノン当局が捜査することになるとの考えを示した。ICPOが手配書を出したことを受け、レバノン検察は今週ゴーン被告の事情聴取を行う見通しだと時事通信が報じた。

ゴーン被告の広報担当者は、同被告が日本時間の8日午後10時にベイルートで記者会見を開く予定であることを明らかにした。

与野党の幹部も反応

自民党税制調査会の甘利明会長は5日のフジテレビ番組で、ゴーン被告が「日本の司法が間違っている。だから違法な行為をして出てもいいんだ」という感覚でやっているように感じると発言。「こんなことが許されたら日本の司法制度が冒瀆(ぼうとく)される」とし、「情緒論に流れないよう、論理的、理性的にきちっと説明する必要がある」と強調した。

国民民主党のウェブサイトによると、玉木雄一郎代表は4日の年頭会見で、ゴーン被告の逃亡について「日本の出入国管理はいったいどうなっているのか。司法のあり方はどうなっているのかということの根本に疑問を投げかける問題」だと述べ、政府に事実関係の説明を求める考えを明らかにした。

立憲民主党のウェブサイトに掲載された記録によると、枝野幸男代表も同日の会見で、「こうしたことを許してしまったことは日本の出入国管理体制にとって大変恥ずかしい事態」だとし、早急に対応するよう求めていく方針を示した。


もっとはやく声明を出して欲しかったですよね
トルコなんて関係者を逮捕するという結果すでに出しているわけですし
被害者たる日本としても、言うべきことをもっと早く言ってほしかった感じです
ここは非常に残念

で、これから先外人の管理を厳しくするとか、一部の国に許可しているビザ無しの入国を止めるとかなど
日本への入出国を厳しくするって方針を打ち出してほしいものです

また国内の治安を良くするために、関係する公務員の増員も決めて欲しいですね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-77482215-bloom_st-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

交通安全教育の強化が必要https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00213145-kurumans-bus_all

Yahoo:「「道を譲ってください!」交差点で連呼する救急車 なぜ協力しない歩行者多い?

緊急自動車が接近も対処がわからない…

先日、別件で取材したベテラン消防署員から「緊急自動車の運転が難しくなり困っています。特に横断歩道を渡っている歩行者はなかなか協力していただけません」。いったいどういうことでしょうか? この状況、私(国沢光宏)も常々感じています。「救急車に対しての道の譲り方が不十分」とか「救急車が来ているのに全く気にせず横断歩道を歩く人」を見かけます。

「道を譲ってください!」交差点で連呼する救急車 なぜ協力しない歩行者多い?

一刻を争う場合も。緊急で患者などを病院へ運ぶ救急車

 改めて説明するまでもなく赤色回転灯とサイレンを鳴らして走る緊急自動車(以下、緊急車両)は、急病や火災など秒単位で状況が悪くなる事態のため目的地に急いでいます。

 年末年始の場合、お餅がノドに詰まるなど救急車の稼働状況は普段の10倍程度になります。脳や心臓の急な疾病、出血量の多いケガなども、救急搬送の遅れは致命的になります。

 もう少し具体的に紹介しましょう。まずクルマ。中央分離帯のある道路であっても、信号待ち中に緊急車両が接近してきた際、赤信号だと全く動こうとしない先頭車両が多いです。

 当然ながら緊急車両は信号変わるまで待たなければなりません。緊急車両を通すため停止線を越えたら交通違反か? 「緊急避難」とされ違法性は無いです。

 2mでもハンドルを切りながら前に進んでやれば、緊急車両は通れます。実際、緊急車両が接近しているにもかかわらず道を譲ろうとしなかった車両のドライバーに「なぜ道を譲らないのか?」と聞くと、「どう対処していいのか解らなかったんです」。

 調べてみると教習所では教本通り「緊急車両が接近した際は、左に寄って譲りなさい」と教えるのみ。実際の道路は複雑で、そもそも赤信号中の対応は教えていません。

 路肩のない東京の首都高など、平日は走り慣れている人が多くサイレンの音を聞いただけで「モーゼの十戒」の如く左右に道を譲るため、渋滞中であっても緊急自動車は中央を走行出来ます。

 しかし休日や正月休みなど、運転経験が少ないいわゆるサンデードライバーが多い時は、緊急車両が目的地に到着するのに普段の何倍もの時間が掛かるといいます。こんな酷い状況、先進国とは思えません。

 アメリカでもヨーロッパでも緊急車両が来たら最優先で道を譲るし、緊急車両も日本とは桁違いの速さで目的地に向かいます。同じ先進国である我が国を見ると、都市部では交差点の度に徐行しノロノロ走っている緊急車両が多いです。

 そんな原因を作っているのが文頭に書いた通り、横断歩道の歩行者です。緊急車両が接近してきても、止まらない人が多いのです。

 緊急車両も歩行者と接触したら社会問題になるため、やむをえず最徐行しマイクで歩行者に「道を譲ってください!」とお願いしなければならない状況です。

 他の先進国なら歩行者もすぐに道を譲り、新興国であれば歩行者が居ても緊急車両は凄い勢いで走ってきます。緊急車両が「譲ってください、お願いします!」を連呼しながら徐行しなければならないのは、悲しいことに日本だけです。


「左に寄って譲る」が対処方法を困惑させている?

 この状況、どうしたらいいものか? 一つは教習所&免許更新時に緊急車両への正しい対応方法を教えること。「左に寄って譲る」でなく「どんな方法でも良いから緊急車両の通行を最優先させる」でいいです。もう一つは小中学校で緊急車両に遭遇した時の対応を教えること。少し時間は掛かるでしょうが、確実に効果が出てくると考えます。
「道を譲ってください!」交差点で連呼する救急車 なぜ協力しない歩行者多い?

栃木県警のGT-R(R35)パトカー

それまでの間、救急救命の搬送など1秒を争う状況なら、白バイなどへの緊急通報システムを作り、先導させることを考えたらいかがだろうか。消防署の車両だと緊急車両であっても、道を譲ってもらうときの言葉遣いが悪ければ消防署にクレームが入ることもあるといいます。白バイなら怒鳴られても皆さんガマンするでしょう。

 緊急車両が来ているのに横断歩道を渡ろうとしている人など、白バイ警官がマイクのボリュームを上げ思い切り叱ってもいいでしょう。こうした地道なことを何年かやっていれば、緊急車両に道を譲るというマナーが日本でも定着するはずです。

 いまのままでは大変困ることになります。それは緊急搬送されることになるかもしれない皆さん自身のためでもあります。


免許を持っている以上、本来なら対処法を知っていて当然のはずです
が、知らないって言い張るなら
免許更新最近は5年になってますけど、3年に戻して、その都度交通法規、マナーなどの再教育を行うべきでしょうね
簡単な試験も必要かもしれません
あとで知らなかったという言い訳が出来なくなるくらいのことはしても良いと思いますね
ついでに煽り運転をする連中が増えていることも踏まえて
スピード違反が駄目なこととか、その辺からも教育していくべきでは無いでしょうか?


また救急車にもドライブレコーダーついているかと思いますけど、それに基づいて譲らなかった車両を洗い出して逮捕なりして、再教育するのも良いかもしれません


ただ免許を持っている人は免許更新などの時に再教育は可能なものの
単なる歩行者は免許を持ってない可能性が高いので、どんなタイミングですれば良いんでしょうかねぇ
なんにしても知らなかった、では済まないように金はかかっても交通事故で死ぬよりはマシとして教育に金をかけるのは悪くないと考えますよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00213145-kurumans-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入国も厳しくしてくれないとhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000024-kyodonews-soci

Yahoo:「法相、出国手続きの厳格化を指示 ゴーン被告の海外逃亡受け

保釈中の前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した事件を受け、森雅子法相は5日、出入国在留管理庁に対し出国手続きを一層厳格化するよう指示したと明らかにし「同様の事態を招かないよう、今後とも必要な対応を行いたい」とのコメントを出した。東京地検の斎藤隆博次席検事も同日、「迅速かつ適正な捜査で逃亡の経緯を明らかにし、適切に対処する」とコメントを発表した。

 森氏は、ゴーン被告の出国記録はなく「何らかの不正な手段を用いて不法に出国したものと考えられ、誠に遺憾だ」と強調。関係国や国際機関とも連携し、できる限りの措置を講じるとしている。


出国を厳しく管理するのも当然ですけども
入国はよりいっそう厳しくしてほしいものです
テロリストや犯罪者などの悪党の入国を禁じるのは当然として、反日活動家の入国も認めない方向にすべきでは無いでしょうか?
反日的な活動家かが多い国からの一般人の入国も厳しくすべきでしょう
当然、国内で何かやらかしたら日本の法で罰した上で送還、もしくは即送還でしょうね

また入国を認めても指紋押捺をはじめとして個人の識別が出来るものは一通り採取しておくべきでしょう

日本国民の治安を守るためです。いくら厳しくても厳しすぎるって事は無いでしょう
いつもの事ながら治安に関する部門の公務員の増員、教育などをしっかりとして欲しいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000024-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

緊縮財政がもたらした弊害https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-03472701-saga-l41

Yahoo:「佐賀豪雨後の武雄、大町職員 過労死ライン超え82人 3カ月連続100時間超は9人 負担軽減へ、自治体間の連携課題

昨年8月末に記録的豪雨に見舞われた佐賀県武雄市と杵島郡大町町で、市町職員の少なくとも82人が月100時間を超える時間外勤務(残業)を強いられていたことが分かった。月100時間は過労死の労災認定の目安とされる。全国で大規模災害が相次ぐ中、自治体間の連携強化など職員の過重負担を軽減する取り組みが課題になっている。

 両市町が管理職を除く正職員の9〜11月の月ごとの残業時間を明らかにした。発生当日の8月28日から31日までの分は算出していないが、両市町の総務課は「勤務可能な職員のほとんどが不眠不休に近い状態で働いた」としている。

 9月の時間外勤務が100時間を超えたのは武雄市46人、大町町36人で、全正職員(管理職を除く)に占める割合は武雄市15%、大町町46%だった。両市町とも防災担当の職員が最も長く働き、残業時間は9月だけで約220時間に上った。

 11月まで3カ月続けて100時間を超えたのは武雄市7人、大町町2人。発生直後は災害ごみの処理や罹災(りさい)証明の発行など応急対応に負担が集中したが、現在はインフラ復旧や被災者の生活再建に携わる職員が業務に追われ、過重労働が長期化している。

 厚生労働省は働きすぎて病気や死亡に至る残業時間の目安(過労死ライン)を単月で100時間、2〜6カ月間で月平均80時間としている。両市町によると、心身の不調を訴える職員は把握していないという。

 大規模災害の際、被災自治体は膨大な業務を担うことになる一方で、行政の効率化で職員は減少傾向にある。自治体間の連携が重要になり、国は各自治体に応援職員を円滑に受け入れるための「受援計画」を策定するよう促しているが、大町町は策定していなかった。

 坂井清英総務課長は「防災担当の職員が消防や交通安全も兼務し、計画の策定まで手が回らない事情はあったものの、今は必要性を痛感している」と述べ、近隣市町以外に県内の小規模自治体同士で応援協定を結ぶ考えを示した。

 武雄市は昨年2月に策定した「受援マニュアル」に沿って、7人の受援班が多方面から寄せられる人的・物的支援の受け入れの調整に当たった。後藤英明総務課長は「マニュアルのおかげで受け入れはスムーズにできた」と振り返りつつ「それでも人手は足りなかった」と話し、他の自治体との一層の連携を模索していく。


緊縮財政がもたらしてるダメダメな事態
普段から人員に余裕を持っておくのは公務員であっても民間であっても、求められるべき事では無いかと
そのために国は財政出動を行って雇用に余裕を持てるようにすることが大事
雇用に余裕が持てれば、生活にも余裕が出てくるわけで

カツカツの給料、カツカツの労働時間では心にゆとりが持てなくなりますからねぇ

心にゆとりが出来なければ、惨めな人生になるだけじゃ無いですか?

まぁ、昨今の国民が公務員に求めているのはそういうことのようですが
結果社会全体がすさんだものになっているわけですが


なんにしたっていざって時に余裕を持って行動できるようにするには、通常時から余裕が無ければ駄目なわけで
通常時からして非常勤を置いているようでは、いざって時に非常勤の人たちが対応できるわけ無いですから、人手不足になって、あちこちで仕事が滞るようになるわけです
近隣の自治体から融通してもらうのは有りにしたって、来てくれる方もカツカツなわけで、今度はそちらが人手不足で大変なことになるとかバカバカしい話ですよね


労働者が余裕を持つことを無駄だと言っている限り、この日本社会が豊かになるのはあり得ないでしょうね
このブラックな国民性を正すにはどうしたら良いんでしょうかねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-03472701-saga-l41


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコの動きで、ゴーンの悪質さが世界に伝わってる感じhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000036-kyodonews-int

Yahoo:「ゴーン被告は非合法に入出国 トルコ検察、手助けの5人逮捕

前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がトルコ経由でレバノンに逃亡した事件で、トルコの検察当局は3日、拘束中の容疑者らの手助けで、ゴーン被告が民間機で非合法にトルコに入出国していたことが確認されたと発表した。拘束していた7人のうち5人について裁判所が逮捕を決定し、2人は釈放されたと明らかにした。

 逮捕されたのは、ゴーン被告を運んだジェット機2機のパイロット4人とジェット機の運航会社幹部1人。

 アナトリア通信によると、運航会社幹部は事情聴取に対して「レバノンの知り合いから頼まれた。『助けなければ家族に被害が及ぶ』と脅された」と説明した。


カルロス・ゴーンの悪質な行動が伝わってくるのはトルコの方って感じ
日本ではカルロス・ゴーンを擁護する連中が多くて異常性が目立つ印象


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000036-kyodonews-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保釈中に逃げたら代わりに弁護士が責任とるってことにしたらhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000522-san-soci

Yahoo:「「逃亡、全否定できない」ゴーン被告弁護人、ブログで理解示す

保釈中にレバノンへ逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反罪などで起訴=の弁護人だった高野隆弁護士が4日、自身のブログでゴーン被告が海外逃亡したことについて見解を明らかにした。高野氏は主な原因は保釈条件で妻、キャロルさんとの面会を原則禁止されたことにあるとし、「この密出国を全否定することはできない」と一定の理解を示した。

 ブログによると、ゴーン被告は東京拘置所に身柄を拘束されていたときから、「そんなことで公正な裁判は期待できるんだろうか」との疑問を度々、口にしていたという。

 高野氏はゴーン被告に「公正な裁判は期待できない。しかし、無罪判決の可能性は大いにある」と説明。しかし、「手続きが進むにつれて、彼の疑問や不安は膨らんでいったようだ」という。

 東京地検はキャロルさんが事件関係者と接触していたことなどを理由に「証拠隠滅の恐れがある」と主張。東京地裁はゴーン被告の保釈に際し、キャロルさん自身も事件関係者であることから接触を制限した。

 高野氏は「国際人権規約に違反することが明白な保釈条件が、どんなに手を尽くしても解除されないことに彼は絶望を感じていた」とし、ゴーン被告は「これは刑罰じゃないか。一体いつになったらノーマルな家族生活を送ることができるんだ」と不満を述べていたという。

 弁護側はキャロルさんとの面会をこれまで数回申し入れ、昨年11月と12月の2回、テレビ会議システムによる面会が許可された。

 高野氏は12月24日に1時間ほど許可された面談に立ち会ったといい、2人は子供たちや親族、友人、知人の近況や思い出話をし、最後にゴーン被告は「君はかけがえのない存在だ。愛してるよ」と言ったという。

 高野氏は「日本の司法制度への絶望をこのときほど強く感じたことはない」とし、ゴーン被告に「一刻も早くこの状況を改善するために私は全力を尽くす」と述べたが、ゴーン被告から返事はなかった。

 この5日後に、ゴーン被告は日本から無断で出国したとみられる。高野氏は報道で海外逃亡を知り、「まず激しい怒りの感情がこみ上げた。裏切られたという思いである。しかし、彼がこの国の司法によって扱われてきたことを思い返すと、怒りの感情は別の方向へ向かった」「彼がこの1年あまりの間に見てきた日本の司法とそれを取り巻く環境を考えると、この密出国を『暴挙』『裏切り』『犯罪』と言って全否定することはできない」とした。

 最後に高野氏は「確かに私は裏切られた。しかし、裏切ったのはカルロス・ゴーンではない」と綴り、日本の司法制度の実態に原因があるとの見解を示した。

 高野氏は昨年3月、ゴーン被告が保釈されて東京拘置所を出る際、作業員の姿に変装するよう計画したことをブログで明かし、「名声に泥を塗る結果となった。申し訳なく思っている」と謝罪していた。


こんなことを弁護士は言わなくなるよねー
事情はどうであれ、法に従わなければ事は成立しないわけで、気に入らないなら法を無視しても良いって弁護士が言っちゃまずいでしょう
悪法でも法は法、良くないものなら改正すればいいわけで、破って良いことにはならないんじゃ無いでしょうか?

こんな弁護士だからきっと逃亡を知らなかったでは無く、加担していたんじゃ無いかなぁと感じるわけです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000522-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする