2018年12月31日

社会が人をリストラし続けるから余裕なんてないよねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000018-mai-soci

Yahoo:「パイロット飲酒 人員不足、余裕のない勤務……現場の声を聞いた

国内の航空会社でパイロットによる飲酒の不祥事が相次いでいる。10月には基準値を大幅に上回るアルコールが検出されたなどとして、ロンドン発羽田行きの便に搭乗予定だった日本航空の男性副操縦士が英警察当局に逮捕され、禁錮10月の実刑判決を言い渡された。国内でも機長の搭乗前日の深酒で、多くの便の発着が遅れる事態も起きている。一般よりも厳しい規律の下にあるはずの航空業界でいま、何が起きているのか。現役やOBのパイロットに話を聞いた。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

 ◇徹夜でフライト/「疲れたね」

 「時差がある中で長時間勤務する国際線は特に疲れがたまりやすい。路線や運航回数の増加に伴い、最近は1人当たりの勤務がタイトになっているのが実情です」

 大手航空会社の国際線で操縦かんを握る40代の男性機長は打ち明ける。今月のある日には午前11時過ぎにインドのムンバイに向け成田空港を出発。日本との時差は3時間半で、現地時間午後6時半(日本時間午後10時)ごろに着陸した。同僚と食事を済ませ、ホテルで床に就いたのは午後10時半(同翌日午前2時)ごろだった。

 この日は幸い7時間ほど眠れ、疲れを取ることができた。だが、日本では子どもを保育園に送るため午前5時ごろに起床するリズムが体に定着しており、海外にいてもその時間になると、はっと目が覚めてしまうことがあるという。

 さらに過酷なのは帰りの便だ。ムンバイ発成田行きは午後8時(同午後11時半)に出発し、到着は翌日午前7時過ぎだ。交代の操縦士はおらず、副操縦士との2人体制のため徹夜でコックピットに座り、8時間近いフライトでトイレ以外の休憩は取れなかった。「眠い」「疲れたね」。副操縦士との間でそう声を掛け合うこともあるという。

 ◇国際線の月間搭乗回数は以前の倍に

 男性機長は日本と世界の各都市を月4〜5往復する。乗務時間は最大90時間に上り、フライトの間に1〜3日の休日を挟むサイクルを繰り返している。

 この会社では、月に20日間出勤して10日間休むという勤務自体は以前と変わっていない。しかし8年前に同社を退職した元機長の男性によると、現役時代の長距離国際線の搭乗回数は月に2往復から2往復半程度。それ以外は体力的に負担の少ない国内線に搭乗したり、交代要員として空港で待機したりしていたという。「昔は乗務時間が月80時間を超えるようなことはなかった。不規則な勤務は国際線パイロットの宿命だが、だからこそ体調管理は重要で、勤務に余裕がないのは問題だ」

 ◇パイロット不足、男性機長「限界ぎりぎり」

 羽田空港では2010年に4番目の滑走路がオープンし、長期的な航空需要の増大に対応するため24時間運用も本格化した。これに伴い、地方空港も羽田とのネットワークで柔軟なダイヤ編成を行って外国人観光客を誘致しようと、次々と運用時間を延長している。パイロットの勤務がタイトになったのはそんな事情が背景にあるとみられる。

 国土交通省によると、17年の旅客輸送人数は国際線が約2214万人で09年(約1539万人)より44%、国内線は約1億185万人で同年(約8398万人)より21%増えた。国内主要航空会社のパイロット数も、11年1月時点の5522人から今年1月時点は6538人に増加したが、国交省の関係者は「不足感がある」と言う。

 別の航空会社に勤める50代の男性機長は「運航回数が増えただけでなく、羽田の24時間化などで深夜や早朝の勤務も増えた。パイロット不足の影響で一人一人が限界ぎりぎりまで働いているのが現状だ」と訴える。

 ◇「昼と夜の勤務で疲労が違う」

 国内の航空会社にある13の労働組合で組織する「日本乗員組合連絡会議」が16年に実施したパイロット対象のアンケートによると、回答者222人のうち98%の217人が「昼間と夜間・深夜の勤務では疲労が違う」と答えた。その理由として「勤務前に眠れず疲労を持ち越したまま乗務せざるを得ない」「乗務環境が日中と違うため緊張を強いられる」などが挙げられた。

 同会議は「需要増に合わせて利用者の利便性を高めることはいいことだが、ストレスの要因は疲労以外にもさまざまな背景がある。パイロットの置かれた環境をきちんと分析し、対策を講じる必要がある」と指摘する。

 ◇ロンドンで逮捕の副操縦士「酒で解決しようとした」

 国交省によると、乗務前のパイロットに飲酒の影響が残っていることが発覚したケースは13年1月から今年11月末までに計41件に上り、1件が欠航、22件に遅れが生じた。全てにおいて勤務との因果関係があるわけではないが、ロンドンで逮捕された日航副操縦士の弁護人は現地の裁判で、「仕事で家族と長期間離れる寂しさに加え、不規則な勤務時間などによって不眠症に陥り、酒を飲んで解決しようとした」などと主張した。

 こうした事態を受け、国交省は11月、飲酒基準を巡る有識者検討会を設置。国内の航空会社に乗務前のアルコール呼気検査を義務付け、反応が出た場合は数値にかかわらず乗務禁止とするルールを導入する方針だ。

 ◇専門家「疲労、ストレス、睡眠を含む総合的な対策を」

 元日航機長で航空評論家の小林宏之さんは「乗務前に飲酒の影響を残すのは自己管理ができていない証拠。安全を考えれば基準の導入は必要だ」と語る。

 ただ、パイロットは着陸時に強い緊張を強いられ、乗務後も神経が高ぶって眠れなくなることがよくあるという。「基準に抵触しない時間と量であれば、お酒はリラックスのために有効な側面もある。睡眠不足になってしまっては次のフライトで判断力が低下しかねない」と語る。そのうえで「飲酒問題の背景には、パイロットに過酷な勤務を求めている構造的な課題がある。飲酒の管理にとどまらず、疲労やストレス、睡眠などの管理も含めた総合的な安全対策が求められる」と指摘した。


人件費とか安全に関する経費とか、大事なものが無駄と称されて削除されているんだから余裕なんてあるはずがない

その辺は国民自身が求めたもので、国はそれに応じたって事の訳で
まぁ自業自得かなとか
もっともその前にマスコミなどのゆがんだ報道も国民に判断を誤らせている面は捨てがたいので、一部そういう方向へ誘導したがっている連中がいるのは忘れたらダメかも(パソナの会長とか)


無駄とか言われるけど、それがあることで安定性が確保される面は捨てがたいんで、何が何でも無駄を省いてコストダウンで価格を落とすって方法はもう止めるべきでしょうね
必要なものは必要と減らさず増やすってことにしないと、いずれ国自身がリストラされてしまうかもしれませんですね

子供がリストラされているので、国が維持出来なくなる可能性もなくはない(大袈裟ですけどね)

外人を連れてくるんじゃなくて、その仕事に対してやる気が出るような給料、福利厚生を提供すれば良いだけのことなんだけどね
貧すれば鈍すると言いますから、逆に余裕を持たせれば良くなる可能性は大きいかと思います
デフレのまんまじゃ駄目って事です


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000018-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:52| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり主原因は少子化でしょ?>野球人口減https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000088-sph-base

Yahoo:「巨人・菅野が危機感を抱く野球人口の減少…中学野球部員は10年間で14万人減

巨人・菅野智之投手(29)は野球人口の減少に危機感を抱いている。それは日頃の言動にも表れている。来季、背番号「19」から「18」への変更が決定。そのことに関する取材で「野球人口も減っている中で、巨人の18番といったら菅野と思ってもらえるような活躍をしていきたいなと思います」と話した。野球人口の減少について常に考えているからこそのコメントだった。

 今オフ、プロ野球選手が開催する野球教室に何度か取材に行った。どの会場でも、憧れの選手との交流に目を輝かせる子どもたちの姿が印象に残った。同時に現場の「生の声」を聞ける場でもあった。「昔はもっとたくさん少年野球チームがあったんですけどね。どんどんチーム数が減っていますよ」という指導者、協会関係者が多かった。

 全日本軟式野球連盟によると、学童の全国加盟チーム数は平成23年度に1万4221だったが、平成29年度は1万1792。6年間で2000以上減少している。小学生の野球人口低下は中学校の部活にも影響しているという。ある中学校の軟式野球部監督の先生はこんな話をしていた。

 「最近は、以前と違って野球部に生徒があまり入ってこないんです。球技だとバスケットボールが人気。卓球などの個人競技、文化部の人数も増えています。地域に子どもが野球をやる環境がない。これが一番の問題ではないでしょうか」

 日本中学校体育連盟(中体連)のデータでは、平成20年度の軟式野球部員は全国で30万5958人だったが、今年度は16万6800人。10年間で約14万人も減っている。人気と言われるバスケットボールは平成20年度が約17万人で今年度は約16万人。少子化、中学校から硬式のシニアリーグやボーイズリーグでプレーして学校の野球部に所属しない選手がいることを踏まえても、野球人口は急速に減っていると言えるだろう。

 菅野のように、野球人口減少について真剣に考えるプロ野球選手は多い。選手会総会でも議題に挙がり、12球団の代表選手が意見を出し合った。小学校だけでなく幼稚園、保育園にも選手が訪問することになり、今年12月、大阪・堺市で全国で初の現役プロ野球選手と未就学児の交流イベント「キッズ・ボールパーク」が開催された。

 このようなイベントや野球教室は、子どもたちが野球を好きになったり、野球選手に憧れを抱くには最高の機会だ。それでも、先ほどの中学校の先生の話のように、危ないとの理由で「キャッチボール禁止」という公園が増え、自宅の周りに野球をやる場所がなければ、野球をやりたくてもできない。環境だけが野球人口減少の理由ではないだろうが、野球を始めようとする子も増えないだろう。

 自治体によっては、公園の中にネットを張って球技専用のスペースをつくったり、危険性の低い柔らかいボールやグラブを貸し出したり、工夫しているところもあるという。野球人口減少という課題は、プロ野球選手が発信したり行動したりするだけではなく、環境整備など、野球選手以外でも意識を高めて行動に移すことが不可欠だろう。

 菅野は17年WBCで「野球人口が減少している。ここで世界一になれば、野球を始めてみようと思う子どもたちがたくさん出てくるかもしれない」と強い気持ちで臨んで快投した。選手会長として球団内で意識を共有し、グラウンドでは子どもたちと握手、サインを書いてあげたりしている。

 「自分たちができることは微々たるものですが、これがプロ野球選手じゃなくてもいいと思いますし、大学生でも高校生でもそういうものに興味を持ってもらえれば。(野球教室などを)小さい子にやってあげて、小さい子が何か野球界に恩返ししたい、と思って上のステージにどんどん上がってきてくれればすごくいい流れだと思う。そういうものが必要かなと思います」

 NPB各球団の収益は上がっているという。球団によっては入場者数も大きく伸びている。野球人気は根強いが、今の子どもが大人になる10年後、20年後、30年後は…。プロ野球選手だけでなく、野球人口拡大のために活動している人はたくさんいる。その輪が少しでも広がることが将来の球界発展につながっていく。(巨人担当・片岡優帆)


減ってない競技もあるというので、野球が敬遠されているという見方も出来るんだろうとは思いますけど
このまま少子化が進んでいけば、どのスポーツもやっぱり減っていくだけだと思いますよ

いまでこそオリンピックに数百人規模で送り込んでいますけど、近い将来数十人とかそういうレベルになってしまうんじゃないですか?


それだけ国力が衰え、現代社会で出来ることが未来の社会では出来なくなる可能性はいろいろ出てきますよね
こんな状況ですし一時的に減ることになるのは仕方ないとは思いますが、増やす方策を真剣に考えてほしいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000088-sph-base


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働き方改革というか会社が労働者に無理をさせないように使う事が出来るようになるための改革は可能なのか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000032-kyodonews-soci

Yahoo:「エーザイ部長自殺、遺族労災申請

製薬大手エーザイの部長だった男性=当時(50)=がうつ病になって2016年に自殺し、大阪市の妻(51)が原因は昇進に伴う業務量増加や慢性的な長時間労働だったとして天満労働基準監督署に労災申請したことが30日分かった。

 部長昇進から自殺までの8年で約8千時間残業し、過労死の労災認定基準となる「過労死ライン」(月平均80時間)越えが計56カ月に達したと遺族は指摘。長期間の過重労働で自殺に追い込まれたと訴えた。

 エーザイは「長時間労働と死亡との関係を会社として判断する十分な根拠を持ち合わせていないが、遺族の申請を真摯に受け止め誠実に対応したい」とコメントした。


とにもかくにも会社が労働基準法を厳守出来るかどうかでしょう
加えて、給付する給料で家族四人が食べていかれるかどうか、かな

そういう社会に出来なきゃ、日本がいずれ来る外人に食いつぶされるだけ
日本人の将来はないよね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000032-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

やっぱり介護施設は国で経営した方が良いと思うhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00032317-kana-l14

Yahoo:「わが家がなくなる 社会福祉法人破産、無念のホーム入所者

神奈川県大磯、二宮両町で高齢者介護施設などを運営する社会福祉法人「大磯恒道会」(大磯町)が12月、東京地裁に破産を申し立てた。帝国データバンクによると、負債額は6億4400万円。別法人が事業を継承することとなったが、両町の2事業所は休止する方針だ。このうちグループホーム「かわわの家」(二宮町川匂)では年内の休止に向け、入所者の他施設への移動が慌ただしく進んでいた。「わが家がなくなる」−。入所者や家族、職員たちは無念の思いを抱えたまま、年越しを迎えようとしている。

 12月24日、冷え切った朝だった。クリスマスツリーが飾られた「かわわの家」のリビング。この日限りで施設を退去する入所者の遠藤純子さん(89)=仮名=に、職員の山西志保さん=仮名=が寄り添って、語りかけた。

 「この家は古いから工事をするの。ちょっとの間の引っ越しだから。私たちも後から必ず行くからね。大丈夫だよ」

 心配をかけまいとする精いっぱいのうそだった。認知症がある遠藤さんは外に運び出される衣装ケースやクリスマスツリーを見ながら動揺した様子を見せる。

 「不安だよね。私も不安だよ」

 山西さんはぽつりとつぶやいた。
  ■■
 破産の知らせから間もなく、施設を年内で休止させることが法人から伝えられた。11月に14人いた入所者は受け入れ先が決まった順に施設を去り、遠藤さんも同町内の特別養護老人ホームへの移動となった。

 「ここが終(つい)のすみかと思っていたのに」と憤るのは遠藤さんの長女・伸代さん=仮名。遠藤さんは3年ほど前から認知症の症状が進み、家族が受け入れ先の施設を探したものの、満床などを理由に断られることもあった。

 最終的にかわわの家に決めたのはアットホームな雰囲気に引かれたからだ。小さな平屋建てに、リビングから直接、庭に出ることができる間取り。料理も裁縫もできる。「母は庭いじりも家事も好きな人だったから」。そんな環境だからこそ家族の最後の時間を託すことができたはずだった。

 入所して1年半がたってからの退去の通告。「母は物ではない。特別養護老人ホームでこれまでのようなきめ細かいサポートが受けられるかどうか」と伸代さんは不安を募らす。別の職員も「認知症には環境の変化が一番良くない。健康状態にも影響がなければいいが」と懸念する。

 最後に残った入所者の女性も27日に移動を終えた。「職員も入所者もみんな家族のような場所。その家があっという間に全部なくなってしまった。今は喪失感しかない」。閑散としたリビングを見つめる山西さんは、使命感だけで乗り越えてきたここ数年の苦悩を振り返り、声を詰まらせた。


入居者本人もだし、その家族にとっても最後のよりどころ
それが経営者がどういうつもりか知りませんけど、破産から閉鎖ではいたたまれませんね

やはりそれぞれのためにもこのような介護施設は国営とか公営であるべきですね
民営では職員の給料がままならないし、簡単に破産されたのでは誰にとっても大変不幸ですから

公営にし、職員を公務員、準公務員扱いにし、となれば福利厚生がアップするわけですから、不当な長時間労働も減るだろうし
有能な人材もあつまってきましょう

その方が被介護者のためになると思うんだけどなぁ
もちろん労働者にとっても良いことだと思うんだけどね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00032317-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

あっちの言い分なんか記事にしなくても良いと思いますよhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000015-jij-kr

Yahoo:「「摩擦激化」「感情対立に」=レーダー照射問題―韓国紙

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、29日付の韓国各紙は、防衛省の映像公開を受け、韓国国防省が「客観的証拠と見なせない」と即座に反論したことについて「外交摩擦が激化」「感情的対立に拡大」などと報じた。

 
 東亜日報は、徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた最高裁判決に続き、レーダー照射をめぐる対立で「韓日間の外交摩擦が増幅している」と伝え、「泥沼に陥っているという懸念が出ている」と報じた。また、日本の「過剰反応」の背景として、「支持率が急落している安倍晋三首相が外交摩擦を支持層結集に利用しているのではないか」という分析も紹介した。

 一方、中央日報によれば、哨戒機の乗員が無線で駆逐艦に対し、英語で「Korean South Naval Ship」と再三呼び掛けたにもかかわらず、応答がなかった点に関し、韓国軍関係者は「通信状態が良好でなかった上、英語の発音が悪く、SouthがCoastに聞こえ、海洋警察を呼んでいると思った」と説明したという。


映像という客観的な証拠が出てきたことで、言い訳が通らなくなって
もう騒ぐだけになってしまったみっともない連中の言い分を記事にするなんて恥の上塗りでしかないんじゃない?
つくづくメディアは阿呆だと思う

もしも嘘だとあくまで言い張るなら同様に客観的な証拠を出してきて付き合わせれば良いだけのこと
それが出来ないって事は、言っていることはすべて嘘って事じゃないですか

また単に日本だけではなく、世界中が見ているって事を踏まえて行動しないと、南鮮の立ち位置がどんどん下がっていくだけだと思います

日本に頭を下げたくないから必死で言い訳を探しているのかもしれませんけど、もうどうしようもない段階じゃないですかねぇ
つくづくバカな国だなぁと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000015-jij-kr


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯人の罪をもっと重くするために検察には控訴して欲しかったなhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181229-00000064-jnn-soci

Yahoo:「東名あおり事故、検察側 控訴せず

東名高速であおり運転の末、夫婦を死亡させた男に対する懲役18年の判決について、検察側は28日の期限までに控訴しなかったことを明らかにしました。弁護側はすでに控訴しています。

 この事故は去年6月、東名高速で石橋和歩被告(27)が執拗なあおり運転の末、夫婦の車を無理やり停車させ、後続車の追突を招いて死亡させたものです。車を止めた後の事故に危険運転致死傷罪が適用できるかどうかが大きな争点となりましたが、横浜地裁は今月14日、危険運転致死傷罪が成立すると認め、懲役18年の判決を言い渡しました。

 石橋被告の弁護人は判決を不服として、すでに控訴していますが、検察側は28日の期限までに控訴しなかったことを明らかにしました。

 検察側は、理由は明らかにしていませんが、亡くなった萩山嘉久さんの母・文子さんは判決後のコメントで「量刑について全面的に納得はできないが、危険運転と認められたことは良かった」としていました。


第二第三の犠牲者を出さないためにも、少しでも罪を重く出来るように控訴して欲しかったかな

45歳くらいで出所してくるんでしょ、また殺るよ?こいつは
法が甘いからどうしようもないけど死刑でも良いと思いますね


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181229-00000064-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可能な限り自助努力はしないと!>チェーン装備問題https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010000-sanyo-l33

Yahoo:「チェーン装着義務化に歓迎と戸惑い 大雪時の米子道湯原―江府IC

国土交通省は今冬、全国の高速道路や国道で大雪時にタイヤチェーン装着を義務付ける制度を導入した。全国13区間のうち、岡山・鳥取県境の米子自動車道湯原インターチェンジ(IC、岡山県真庭市禾津)―江府IC(鳥取県江府町)の33・3キロも対象となった。過去5年間に3件の立ち往生が発生していることなどが理由で、運送関係者はトラブル防止につながるとして歓迎する一方、一般ドライバーや観光業者からは新たな規制に戸惑いの声も聞かれる。

 同区間では、2013〜17年度に起きた立ち往生のうち、17年1月のケースは急な坂道で発生。冬用タイヤ(スタッドレス)の大型トラックがスリップし約300台が滞留。通行止め解除まで約45時間を要した。

 米子自動車道を大型トラックで毎日利用する男性(54)は約2年前の経験を振り返り、「チェーン走行による時間の遅れよりも、物流が止まる方が怖い」と規制強化を好意的に受け止める。山陰方面への長距離バスを他社と共同運行する中鉄バス(岡山市北区中山下)も「安全運行の観点からも理解できる」とする。

 一般ドライバーらの反応は複雑だ。

 今月10日に対象区間が公表され1週間後の17日、蒜山高原サービスエリア(SA、真庭市蒜山西茅部)で休憩していた岡山県美咲町の男性団体職員(42)は「規制自体を知らなかった。チェーンを持っていないし、着脱方法も分からない」と話す。岡山市に実家がある島根大4年の女性(22)も「着脱作業で渋滞や事故が起きないだろうか」と心配する。
チェーン装着義務化に歓迎と戸惑い 大雪時の米子道湯原―江府IC

米子自動車道の地図

 観光業者はチェーン購入や装着の手間から客が近隣施設に流れる可能性を指摘。ひるぜんベアバレースキー場(真庭市蒜山本茅部)を運営するグリーンピア蒜山の亀山秀雄支配人は、蒜山IC(同市蒜山西茅部)を利用して訪れる客への影響を懸念するほか、湯原町旅館協同組合(同市湯原温泉)の池田博昭組合長は「湯原が豪雪地域と勘違いされる恐れがあり、営業面ではマイナス」と顔を曇らせる。

 国交省が11月に行ったパブリックコメント(意見公募)では「規制前にスタッドレスタイヤの装着を義務化すべき」「全車両への規制に反対」といった反対意見が相次いだ。

 ただ、同省の調べでは、国道で15年度に雪のため立ち往生した車の75%は冬用タイヤで、このうち89%がチェーン未装着だった。

 米子自動車道を管理する西日本高速道路(大阪市)は27日、湯原IC―江府ICを規制区間に正式決定。今週、県内でも降雪が予想される中、SAやパーキングエリア(PA)に規制導入を知らせるポスターの掲示を始めた。同社は「大規模な立ち往生にならないよう、冬用タイヤの装着とチェーン携行をぜひお願いしたい」と呼び掛けている。

  ◇

 【大雪時のタイヤチェーン装着義務化】近年の記録的大雪で長時間の立ち往生が多発していることを踏まえた措置。気象庁が特別警報や緊急発表を出すような異例の降雪時に、道路管理者と警察が規制区間の手前でチェーンを装着しているかどうかを確認する。違反すると道路法に基づき、6月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性がある。


チェーンを付けても走れない状態ならまだしも
チェーンを付ければ、渋滞などのトラブルを減らすことが出来る可能性を、対処出来ませんって投げ出しちゃうのは駄目だよね

車に乗るからには最低限の対処法を知っているべきだし、それが少しでも実行出来るように身につけておくべきじゃなかろうか
困ったら救援要請では、国も面倒みきれないでしょうに

免許更新時に、そういう講習およびテストをするのも必要かもしれませんね
もちろん地域性もあるので必ず必要じゃないのかもしれませんが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010000-sanyo-l33


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:11| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

コツコツと減らしましょう>死刑囚https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000110-kyodonews-soci

Yahoo:「未執行の確定死刑囚110人

死刑判決が確定した後に執行されていない死刑囚が今月末時点で110人となる見通しであることが28日、法務省への取材で分かった。今年はオウム真理教を巡る一連の事件の松本智津夫元死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=ら13人を含む計15人が執行された一方、新たに2人の死刑判決が確定。病死者はおらず、昨年末時点の123人から13人減る見込みだ。減少は2年連続。

 平成に入って以降、15人の執行は、2008年に並び最多だった。

 オウム事件は上川陽子前法相が命令し、7月6日に松本元死刑囚を含む7人、同26日に6人の刑が執行された。


死刑判決を受けるようなバカが増えないことも大事ですが、

執行をコツコツと進めて、減らしていくことも大事ですね

もちろん誤審があったら困りますけど確定している以上執行していくしかないんじゃないですか?

生命は大事かもしれませんが、その生命を安易に奪った連中の生命が大事だとは思いません


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000110-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:死刑
posted by ! at 21:41| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする