2017年09月12日

自由にものを言えない雰囲気がとても怖いhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000009-jct-soci

yahoo:「秩父市議「いい女を求めるなら金を稼がないと」 「女性蔑視」批判出て委員長を辞任

「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」。埼玉県秩父市の冨田俊和市議(70)が会合でそう発言したところ、「女性蔑視」との指摘があがった。冨田氏は責任を取って2017年9月11日、常任委員会の委員長を辞任した。

 インターネット上では発言を「下品だな」と非難する書き込みもあるが、「揚げ足取りだよね」といった疑問の声も少なくない。冨田氏はJ-CASTニュースの取材に「表現として不適切だった」と認めるとともに、発言の真意を語った。

■「この程度で言葉狩りに遭うの?」

 発言は、地元企業などで構成される地域振興団体「FIND Chichibu」の会員9人と市議全22人による、8月7日の意見交換会でのもの。議会内で「女性蔑視」などと批判され、各会派代表が集まって協議された。約1か月後の9月11日、冨田氏は「まちづくり委員会」委員長を辞任した。所属会派の新井重一郎会長からは注意を受けた。

 「いい女を求めるならば、金を稼がないと」発言をめぐって、インターネット掲示板では「下品だなとは思う」「情けない」「分別を弁えろや」と批判の声が出た。一方で、「揚げ足取りだよね」「息苦しい世の中になってきたな」「この程度で言葉狩りに遭うの?」という向きも目立つ。

 J-CASTニュースは12日、冨田氏に発言の真意を聞いた。冨田氏は団体会員の自己紹介の後で発言。

  「団体が『ファインド』や『イノベーション』を掲げていたが、それにしては大人しすぎるのではないかと感じました。地元の経済発展に向けて発奮してもらうため、刺激のある例示を出そうと思ったのです」
「過激な言い方になってしまいますが」と前置き

 そこで「過激な言い方になってしまいますが」と前置きしてから、「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」と述べたという。

  「例え話で耳目を集めようとして、こういう表現になりました。趣旨は、既存の枠からはみ出してもらうような施策を打っていこう、ということです。女性をお金で買おうなどとは思っていませんし、女性を蔑視する意図はまったくありません。しかし、表現は不適切で軽率だったと反省しています」

 会合は「フリートーク」の形でなされたため、「前後の詳しい文脈は覚えていない」という。参加した団体会員は全員男性で、「団体側からの批判は特にありませんでしたが、議会の他の会派側から指摘を受けました」としている。

 今後は「失態を認め、プラスに変えていきたい」と話していた。


現状をしっかり認識した上での発言じゃないですか?
金を持たない男に女がなびかないという極めて現実的な発言でしかないのに
一部で騒ぎ立てての言葉狩り、ものすごく怖い世の中になったものだと思います
結局被害者サイドが言い立てれれば、いくらでも相手を失脚させることができるという何でもありの世の中なんですよね、しかも法に関係なく

人権擁護法案で恐れられていたのは法によって、差別を作ったり、言葉狩りが行われるような世の中になることでしたけど
いまやマスコミとか一部声の大きな団体が、差別を作り、言葉狩りを行ってます
そしてそれを取り締まることができない世の中、というのが本当に恐ろしい
たかが事実の指摘で逆ギレして、言葉狩りなんて恐ろしすぎます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000009-jct-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただの越権行為>沖縄県の地位協定見直し案https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000079-mai-pol

yahoo:「<沖縄知事>日米地位協定、見直し案を提出 県が独自作成

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は11日、防衛省で小野寺五典防衛相と会談し、県が策定した、在日米軍の法的地位などを定めた日米地位協定の見直し案を提出した。施設の用途変更など重要事項を協議する際に地元の公共団体から意見聴取することや、米軍基地外で事件や事故が起きた場合、日本の捜査当局が現場規制を主導することを協定に明記するよう求める内容。県が独自の協定見直し案を作成したのは17年ぶり。

 翁長氏は会談で「米軍基地に起因する事件や事故、環境問題を抜本的に解決するためには改定が必要だ」と訴え、小野寺氏は「沖縄の負担軽減のため知恵を出していきたい」などと応じた。


どうみても沖縄県民の安心安全から遠のくようなことばかりをしてますよね
そんなに侵略国家支那(中華人民共和国)にこびを売りたいのでしょうか?

日本国内におけるアメリカの力が弱くなれば、それだけ支那が侵略しやすくなるわけで
そういうことを沖縄県政で繰り返している知事をはじめとした行政関係者は、どう考えても反国家の活動家にしか見えません

とはいえ、こいつらに選挙で勝てない自民党も困ったものだと思います
支那の侵略をしっかり伝えて、沖縄が攻防の大きな拠点であることを示し、理解を求め続けるしかないと思います
要するに沖縄の負担軽減策の一番大きなものは支那に侵略させないことだって事をわからせるべきです
支那が攻めてくるのだから守るしかない
その原因が日本にあるって言い張る連中がいるのも困りものですけどね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000079-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日のつぶやき












posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

この発言は差別なの?http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1939200.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「 【埼玉】 冨田市議(70)「いい女求めるならば、金を稼がないと」 → 女性蔑視で厳重注意処分

1 名前:岩海苔ジョニー ★:2017/09/09(土) 15:35:18.56 ID:CAP_USER9
ritera2埼玉県秩父市の冨田俊和市議(70)=無所属=が、市議全員が出席した勉強会で、「いい女を求めるならば、金を稼がないと」などと女性蔑視とも受け取られる発言をしていたことが市議らへの取材でわかった。

市議会では全5会派の代表者が話し合い、所属会派の会長が冨田氏に厳重注意した。

会合は、8月7日に市議22人全員が参加して市庁舎内の委員会室で開かれた「議員クラブ研修会」。秩父地域の活性化を目指す産官学などの団体で構成された「FIND Chichibu(ファインドチチブ)」の会員らを招いて意見交換をした。

関係者によると、冨田氏は意見交換で、「一つの流れの中にいるんじゃなくて、いい女を求めるなら金を稼がないと。負けずに行くのなら発奮してほしい」などと話したという。

研修会の後、発言を問題視する意見が市議の間から出たため協議のうえ、冨田氏の所属会派「サンライズ秩父」の新井重一郎会長が今月5日、「議員として過激すぎる発言だった」として、冨田氏に厳重注意した。

冨田氏は読売新聞の取材に対し、「ファインドチチブの人たちを啓発するつもりで言ったが、今の時代、女性蔑視と受け止められても仕方ない。軽率だったかもしれない」と話している。
http://yomiuri.co.jp/national/20170908-OYT1T50150.html


それじゃ、金を持ってない男性でも結婚できそうなものですけどね
結婚できないのは先立つものがないから
まさにこの発言の通り

逆はまずないでしょ?金を持った女性が金のない男性を養うという形になるのはごくまれだと感じてますけどねぇ
何でもかんでも差別にしてしまって厳重注意とか言葉狩りというか女尊男卑の風潮が怖すぎます
別に間違ったことはいってなくて、事実を指摘しただけなのにね!


ブログランキング にほんブログ村
ラベル: 女尊男卑 差別
posted by ! at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のためにならない地方紙が増えている中、骨がある新聞社ですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000522-san-soci

yahoo:「八重山日報が「尖閣」の天気予報を独自掲載 国有化5年、要望に応え

沖縄県石垣島(石垣市)を拠点とする日刊紙「八重山日報」が8日付から、尖閣諸島周辺海上の天気予報の掲載を開始した。11日に国有化5年を迎える尖閣諸島は同市の行政区域にあり、同紙は、天気予報の掲載を求める多数の読者の声に応えたとしている。

 気象庁は尖閣諸島に特化した天気予報は出さず、周辺海域を「東シナ海南部」として発表している。このため八重山日報は、尖閣諸島周辺海域を東シナ海南部とみなし、気象庁のデータをもとに独自に天気予報のコーナーを設けたという。

 紙面では当日の尖閣諸島周辺海域の天候や風向風速、波の高さをイラストとともに伝えている。

 尖閣諸島を自国領と主張する中国は、「領有権」を内外にアピールするために一方的に尖閣諸島の天気予報を発表している。

 日本でも自民党の山田宏参院議員が今年6月5日の参院決算委員会で、尖閣諸島のみを対象にした天気予報を気象庁が実施するよう訴えた。これに対し安倍晋三首相は「政治的にではなく、気象庁に検討させたい」と応じていた。

 米軍基地問題などをめぐって偏向報道が著しい「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄県にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる八重山日報は今年4月、沖縄本島に進出し“第3の県紙”として硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。


良いことです
尖閣諸島に限らず、他の領土についても実効支配をアピール必要があるところについては
天気予報などいろいろ情報を提供すべきですね!

クズな地方紙が多い中頑張ってほしい新聞社です
支那の襲撃には気をつけてほしいと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000522-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護は国でやりましょう!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000023-mai-soci

yahoo:「<医療>明日は我が身 親の介護で半生を失った女性

親の介護をきっかけに生活が激変する人がいます。千葉・房総半島に暮らす女性もその一人。リタイヤして故郷で暮らす両親を介護するため都会を離れましたが、両親をみとった後、女性を待ち受けていたのは、蓄えを使い果たして職もない孤独な老後でした。亀田総合病院(千葉県鴨川市)で長く在宅医療に従事し、現在は在宅医療専門「みその生活支援クリニック」の院長を務める小野沢滋医師が、超高齢社会に潜む医療、介護のリスクを紹介します。【毎日新聞医療プレミア】

 ◇故郷に帰り脳梗塞になった父親

 今から10年ほど前、千葉県南房総のある町で長年、私たちが訪問診療を担当していた認知症の男性患者さんが亡くなられました。男性の介護は、長らく娘さんがなさっていました。訃報を聞き、私たちがお悔やみに伺った際の娘さんの言葉を私は今も忘れられません。

 私たちが、男性の訪問診療を始めたのは、介護保険制度が導入される前の1990年代半ば。剣道の有段者でかくしゃくとしていたその方が脳梗塞に倒れたのは、私たちが初めて訪問した日からさかのぼって1年前のことでした。元々、男性は東京都内で奥さんと娘さんの3人で暮らしていました。しかし男性の実家を継ぐため、定年退職後に南房総の小さな海辺の町に戻ってこられたのです。

 移り住んで約10年。生まれ故郷の田舎町に溶け込んで、楽しく過ごされていた男性は95年、70代半ばで脳梗塞を発症されました。重い右半身のまひと失語症、嚥下(えんげ)障害が生じ、胃ろうを造設しました。当時は入所施設の数も十分ではありません。ホームヘルパーが派遣されるのは独居の高齢者に限られ、そもそもその町にはホームヘルパーが数人しかいませんでした。娘さんは、両親を心配し、東京での仕事を辞めて同居して介護をする選択をされました。当時、娘さんは50歳代半ばでした。

 ◇両親の介護を終えたら…

 娘さんによる男性の介護は7年に及びました。その間に、元気だった男性の奥さんは変形性膝関節症のため歩行が難しくなり、80歳を超えた頃から徐々に認知機能障害の兆候が表れてきました。そして男性が亡くなられた後、60歳を超えた娘さんは、続いて母親の認知症と向き合うこととなりました。

 その後、亡くなった男性の奥さん、つまり介護をしていた娘さんのお母さんは、肺炎などで入退院を繰り返して2000年台半ばに亡くなりました。お母さんが亡くなられた時、娘さんは65歳になっていました。

 「長い間、本当によくみられましたね」。私たちがお悔やみに訪れ、娘さんにねぎらいの言葉をかけた時のことです。「先生。この後、私はどうなるのでしょうか。蓄えもあまり無くなってしまったし、これからの生活が不安なんです」。娘さんがそう話されました。

 「……しばらくは、ご自分の時間をゆっくり過ごされたらどうでしょうか」。あまりの衝撃に私は、答えにならない答えを返してしまいました。暗たんたる気持ちでその場を去ったことをはっきり覚えています。

 東京生まれの彼女は両親をみとった後、父親が生まれ育った海辺の町に一人残され、仕事も無く、年を取ってしまいました。彼女が両親を介護したように、彼女自身が家族から介護されることは無く、最後は特別養護老人ホームでその生涯を閉じるであろう−−という推測が、私をそんな気持ちにさせたのです。

 ◇2060年には65歳以上が人口の4割

 現在、私が長年勤めてきた亀田総合病院がある鴨川市やその周辺にある自治体の高齢化率は40%前後です。私が勤め始めた1990年ごろの鴨川市の高齢化率は20%台前半でした。そして今まさしく数字を比べてみると、私が住んでいる相模原市が、90年当時の鴨川市と同じ状況にあります。これからの数十年間で、鴨川市やその周辺で起きたことが規模を数十倍に大きくして相模原市周辺で起ころうとしているのです。そして、私が見る限り、その事態に最も敏感に対処せねばならない多くの自治体や医師会の危機感はきわめて希薄だといわざるを得ません。

 「厚生労働白書」(2016年版)によると、1950年時点で4.9%だった高齢化率(人口に占める65歳以上の人の割合)は、85年には10.3%、2005年には20.2%と急速に上昇しました。15年には26.7%に達しています。今後も上昇傾向は止まらず、2060年には推計39.9%に達するとされています。これまで比較的、高齢化率が低かった大都市圏でも、2040年には、65歳の人口が、10年の1.5倍となることが予測されています。

 「『超高齢化の時代がやってくる』と言っていても、どうせまた何らかの制度ができて、そのうち誰かが何とかしてくれるさ」とのんきに考えている人がいるならば、その発想はあまりにも楽観的です。私たち一人一人が、自分の問題として、主体的に対策を練っていかねばならない時代を迎えているのです。


介護は本当に人ごとじゃないです
明日は我が身
いつ降りかかってくるかわかりません
お金もかかるし、時間も無くなります
人生終わったになるのは当然のこと

ならば国で負うしかないのでは?
生産できる年齢層が介護に追われて何もできない、かつ生活保護費などが増大化するくらいなら
介護職を公務として取り扱えば良いのです
仕事として発生させれば良いはずだと思うのですがねぇ

介護を家庭から切り離し、時間にメリハリを付けられれば
ものすごく生活が楽になるし、家庭も仕事もきちんとこなせるようになれば国にとってもメリットはあるはず

ただひたすらに介護費、生活保護費などを垂れ流すよりは良いはずです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000023-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:介護
posted by ! at 22:11| 東京 ☁| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来種の処分https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00020488-kana-l14

yahoo:「外来生物、食べてみない? 横須賀で居酒屋開店

日本の生態系を壊す「外来生物」を食べて、問題を考えるきっかけに−。そんなコンセプトを掲げるユニークな居酒屋が横須賀市汐入町にオープンした。メニューには、水生生物や水草を根こそぎ食べるアメリカザリガニやコイが並び、ソースに絡めるなど食べやすくアレンジ。2カ月の期間限定の営業で、経営するNPO法人「三浦半島生物多様性保全」の天白牧夫理事長(31)=同市阿部倉=は「まずは目に触れることで外来生物の問題を知ってほしい」と話している。

 ザリガニの身をバジルソースで炒めた「ジェノバ風」に、コイの切り身を使ったピリ辛の「麻婆鯉(マーボーゴイ)」。中でもジェノバ風はザリガニ丸々1匹が“飾り”として添えられ、見た目のインパクトも絶大だ。「ザリガニは思ったよりも臭みがなくてぷりぷり。コイも柔らかい」。来店していたカウンセラーの女性(65)が笑顔を見せる。

 環境省によると、日本の野外に生息する外国起源の生物は分かっているだけでも約2千種。中でも生態系に大きな影響を及ぼすものは「侵略的外来種」と呼ばれ、最近では「ヒアリ」が注目を集める。北米原産のアメリカザリガニも昭和初期に日本に持ち込まれ、分布を拡大。川や池などで泳ぐ姿がおなじみのコイも、国際自然保護連合(IUCN)の「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれている。

 同法人も普段は谷戸の田んぼを再生させ保全する活動を中心に行うが、「本当はトンボが飛び回ったり、ゲンゴロウが泳いでいたりという環境を目指していたのに、『外来生物だらけ』になることがある」と天白理事長。「生物を殺すことはつらいことなのでやりたくはないが、やらざるを得ない」と頭を悩ませる。

 駆除した生物は研究機関に検体として送るなどの方法はあるが、「一つの選択肢として『食べる』があってもいいのでは」と、空いていた知人のビルの1階部分を借りて8月中旬に開業。2カ月の期間限定にちなみ、店名は「ふたTSUKI」とした。水質検査で問題がないとされた横須賀市内の池などで駆除したものを使い、味付けを濃いめにして特有の臭みを消した。

 「本当は市民一人一人が避けては通れない問題。当事者意識を持って関わってもらえれば」と天白理事長。「今は里山活動をしている人が店に来る、という流れだが、ゆくゆくは店に来た人が『こんな大事なことがあるんだな』と思って、活動に参加してくれたらうれしい」と話す。

 店では同法人が横須賀市内で栽培するトウモロコシやナスといった無農薬野菜のほか、自家製の甘酒や梅ジュースなども提供する。10月17日までで、営業時間は火、木、日曜日の午後6〜11時。問い合わせは、同店電話


こうやって食べられる外来種には一つの駆除方法として有効かもしれませんね
食べ慣れてないものだけに、手を出すのには勇気が必要そうですが


しかし、食べられない外来生物
特に人間社会に溶け込んでいる特定の外来生物の駆除の方法はないものだろうか?
アレを駆除できれば日本社会は結構良くなると思うんですけどねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00020488-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:駆除 処分 外来種
posted by ! at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする