2017年11月14日

そもそも加計学園の文科省文書は公文書なのか?https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00053433-gendaibiz-pol

yahoo:「なぜ安倍政権の「公文書隠し」は起きたのか、ゼロから解説する

抜け穴と解釈で「廃棄してOK」に

 衆議院選挙では、各政党が公約で公文書管理制度の見直しを掲げるという、これまでにない政治的注目が集まった。政府は、公文書管理法のガイドラインの見直しの検討に着手し、11月8日の公文書管理委員会でガイドライン改正案がおおむね了承された。

 このきっかけになっているのが、南スーダンPKO日報問題、森友学園問題、加計学園問題だ。

 南スーダンPKO日報問題は日報を廃棄したとして情報公開請求に対して不存在決定をしたことが、森友学園問題は国有地売却金額を不開示としたことが、加計学園問題は文科省内で記録されていた文書の存在が発端になっている。

 政府は行政文書の廃棄は問題ない、加計学園問題の文科省文書を「怪文書」や「個人文書」と主張してきた。なぜ、このような説明がまかり通るのか。

 政府の問題を隠すために行政文書を廃棄・隠ぺいしているかのようであり、記録がなければ言い訳をしているようにしか見えないのだが、政府はそれでも違法でなければ問題ないという姿勢で一貫している。

 このような実態は、公文書管理法とそれを実施するために策定されている行政文書管理ガイドラインなどからある程度説明ができる。

 公文書管理制度の抜け穴や裁量的な解釈運用を「駆使」して、政府が違法ではないと主張するそれなりの理屈を作り出しているからだ。
そもそも「行政文書」の範囲が曖昧

 公文書管理法は2011年4月1日に施行された。情報公開法から10年遅れての施行だった。

 公文書管理法は、行政機関の保有する「行政文書」、独立行政法人等の保有する「法人文書」、国立公文書館等に移管された「特定歴史公文書等」の管理などを定めており、この3つの文書を総称して「公文書等」と定義している。行政文書の定義は、情報公開法で定義されたものをそのまま用いている。

 行政文書が定義され、統一的基準で管理されるようになったのは情報公開法の制定以降で、それ以前は「公文書」を定義した法制度はなかった。

 各省庁が規則等でそれぞれ「文書」を独自に定義していたので、管理される文書の範囲もまちまちだった。情報公開法以降、行政文書を管理する規則が制定されたが、さまざまな問題があり統一的管理を徹底するために公文書管理法が制定された。

 行政組織の歴史と比べると、ごく最近のことなのだ。

 行政文書管理の基本的枠組みは、公文書管理法では以下のようになっている。

 1. 意思決定過程や事務事業の実績を合理的に跡付け、検証可能な文書の作成義務(4条)
2. 行政文書は保存期間を設定し、原則として密接に関連するもので行政文書ファイルを構成し適切に保存(5、6条)
3. 1年以上の保存期間の行政文書ファイル等は、行政文書ファイル管理簿に登録し公表(7条)
4. 保存期間が満了した場合は、原則として内閣総理大臣の同意を得て廃棄するか、国立公文書館等への歴史文書として移管(8条)

 この基本的枠組みのもとで、実際の運用場面でどのような問題があるのか次に見ていきたい。

外からは確認しようがない

 公文書管理法も情報公開法も、行政文書によって政府が説明責任を果たすことを目的としている。つまり、何を行政文書としているかは政府が説明責任を果たすために必要と理解している範囲ということになる。

 行政文書の定義には、@行政機関の職員が職務上作成・取得した文書であること、A組織的に用いるものであること、B行政機関として保有していることの3つの要件がある。

 職員が職務の中で作成・取得した文書がすべて行政文書になるわけではなく、Aの要件で個人文書と行政文書を分ける考え方だ。

 具体的には、個人が作成したメモや備忘録、検討段階の文書や参考資料で、本人限りで用いているものは「個人文書」になるが、複数の職員の間で共有され利用された段階で、業務上必要な文書として組織共用されたので行政文書になる。

 作成・取得段階で個人文書であったか否かは関係なく、文書の利用のされ方で判断し、行政文書に該当する場合は法に従って管理することが求められる。

 この定義の最大の難点は、行政機関内で文書がどのように利用され、管理されているかが外部から確認できないことだ。

 行政機関が文書の利用実態に照らして、適切かつ誠実に行政文書と判断し、管理できるという政府性善説を前提にしているが、現実には政府にとって存在すると不都合な文書が「個人文書」扱いにされたり、隠ぺいされたりする可能性が常にある。

 この問題が端的に表れたのが、南スーダンPKO日報問題と加計学園問題だ。
監視する術はほとんどない

 南スーダンPKO日報問題は紆余曲折があったが、7月28日に公表された特別防衛監察の結果、情報公開請求を受けて、行政文書として存在していた日報を「個人文書」とみなし、行政文書に該当しないとして不存在決定していたことが明らかになった。

 「個人文書」と最初に言い出したのは、南スーダンに部隊を派遣している陸上自衛隊中央即応集団の副司令官とされ、監察結果によると「部隊情報の保全や開示請求の増加に対する懸念により日報が該当文書から外れることが望ましい」と述べたという。

 加計学園問題の文科省文書は、当初、官房長官は「怪文書」とし、文科省も一貫して存在を「確認できない」としてきた。

 しかし、前文科事務次官や現役職員の証言、10人以上に同報された電子メールの存在が報道された結果、文科省は内部調査を行い文書の存在を認める報告をまとめているが、すべてを行政文書と認めたわけではない。

 一部の文書は、個人のパソコンに保存されていた個人文書だとしている。その中には、複数の職員で共用したと証言のある文書も含まれているが、わざわざ文科省は報告の冒頭で、今回はあくまでも例外的に個人文書を探して公開したと述べている。

 本来ならば、行政文書が個人管理されていたことを問題にすべきだが、そこは不問にしている。

 文書が実際にどのように利用され、保管されているかは外部からわからないので、適当にもっともらしい説明をされると、それに対抗するには内部情報を得るしかない。しかし、そのようなことはめったに起こらない。

 南スーダンPKO日報や加計学園問題という、政局に絡む政治問題という特殊性から今回はたまたまいろいろなことが明らかになったと理解すべきで、通常は文書不存在を覆すことができない。

 政府が信頼できないと、行政文書の範囲も信頼できないわけである。

「合法的に廃棄可能」な文書

 行政文書は、前述のとおり密接に関連する文書をまとめてファイルに整理して管理され、ファイル単位で中に含まれる最も長い保存期間の行政文書に合わせて設定される。

 ただし、ファイルの作成には条件が付けられており、保存期間を同じくすることが適当なものに限るとしている。

 例えば、森友学園問題では、国有地を破格の価格で売却した交渉記録は、保存期間が1年未満で契約締結後に廃棄したが問題ないと財務省は説明している。

 国有地売却の契約書は長期保存される文書なので、交渉記録が一緒のファイルにまとめられていれば廃棄できないが、保存期間を同じくすることが適当でないと判断すれば、別ファイルにできる。

 交渉記録を一つのファイルにまとめて保存期間を1年未満とすれば、短期で合法的に廃棄が可能にある。

 そうすると、1年未満の保存期間とは一体何かが問題になる。

 行政文書の保存期間の基準は公文書管理法施行令で大枠が定められ、業務区分や行政文書の類型など具体化した統一的な基準を行政文書管理ガイドラインで定め、それを基に各行政機関が規則を定めているが、ここには1年未満という保存期間は出てこない。

 何が保存期間1年未満の行政文書かという基準は、今の制度ではないのだ。公文書管理法制定以前にも1年未満という保存期間区分はあったが、「週間、月間予定表」「随時発生し、短期に廃棄するもの」「1年以上の保存を要しないもの」と例示されていたのみだ。

 そこで、公文書管理法施行令が歴史文書に該当するものは1年以上の保存期間にしなければならないと定めているので、施行令やガイドライン、規則などで保存期間が明示されない類型の文書で、歴史文書に該当しなければ1年未満でよいと反対解釈されている。財務省はこれをもとに交渉記録を1年未満としていたし、南スーダンPKO日報も同様だ。

 なぜこのようなことになるのかといえば、1年未満という保存期間区分は、1年以上のものとは明らかに別扱いにされているからだ。

 行政文書ファイルは行政文書ファイル管理簿への登録が義務付けられ、ファイルの存在が公表されるが、1年未満はその必要がない。

 また、行政文書の廃棄には総理大臣の同意が必要で、実際には内閣府が管理簿をもとに個別審査を行い、廃棄・移管の記録も残るが、1年未満は廃棄審査をしていない。

 1年未満の行政文書は廃棄審査を要しないとの決定を2011年4月1日付で総理大臣が行っており、各課室の判断で随時廃棄できるようになっている。

 何でも入り得る状態にあり、管理簿に登録不要、廃棄審査も不要となれば、1年未満という保存期間区分は行政機関にとっては大変使い勝手が良い。

 私が理事長を務める情報公開クリアリングハウスで調べたところでは、過去に大蔵省の山一證券簿外債務・経営問題をめぐる打合せ記録等、航空幕僚監部による空中給油・輸送機整備の調査成果、自衛隊のイラク人道復興支援活動中の現地広報資料などが1年未満保存で廃棄済みとして、情報公開請求に対して不存在になっていた。

 また、南スーダンPKO日報の不存在を、個人文書だからではなく、対外的には1年未満保存文書で廃棄済みと防衛省は説明し続けた理由も、1年未満は管理簿に登録されず、文書の存在も廃棄したことも管理システムに残らないので、いかようにも説明できてしまうことの表れだ。

 1年未満は実態不明のブラックボックス化しており、さすがに政府がガイドラインに1年未満の基準を定めるための検討を行い、11月8日に案が示された。

 だが、基準は設けても管理簿の登録を廃棄審査は不要という仕組みは変わらないので、どこまで実態が変わるのかには懐疑的だ。

本当に重要なことは「記録されない」

 公文書管理法によって、行政機関の行政文書の管理は前進しており、まったく機能していないというわけではない。

 特に、各行政機関は行政文書を勝手に廃棄できなくなり、歴史文書の移管義務が生じ、文書の作成義務が規定されたことで、何を文書として作成すべきかという議論が行われるようになった。

 しかし、次のような課題が残る。

 文書の取扱いは行政機関内で行われ外部からチェックが難しいこと、そして政府の活動を記録したものが行政文書であるので、政府が信頼に足りる仕事をしていないと、記録を残し管理・公開することにも消極的になり、説明責任を果たすに足りる行政文書の管理実態にならないことだ。

 加えて、政治のあり方も実は問題だ。総理大臣や官邸、大臣ほか政務は国会議員が占めるが、国会は公文書管理法も情報公開法も適用されず、議事録以外に立法調査に関する情報を管理・公開する規則もない。

 また、例えば安全保障法制の法案提出前の各政党への説明や事前審査の記録を国家安全保障局は作成せず、特定秘密保護法案の時は内閣情報調査室が記録を作成していたが非公開となっている。

 国会議員自身が、行政機関並みの説明責任が問われる法制度の適用を受けず、行政機関が記録をつくらず、非公開にすることで守られている。

 このような状況のままでは政治家の公文書管理に対するリーダーシップはまったく説得力がなく、むしろ自らの都合で情報隠ぺいを促進しかねない。

 公文書管理は行政機関の問題であるとともに、その上に立つ政治家の問題でもある。南スーダンPKO日報問題、森友学園問題、加計学園問題はそうした一面が露呈したものということもできる。

 公文書管理は法制度を超える、政府や政治のあり方にかかわる問題でもあるのだ。


政府とマスコミ、どっちを信用するかと言えば政府を信用しますけどね
マスコミは営利企業でもうけのためならうそをつくけど
少なくとも国、行政機関は選挙によって選ばれた人たちと、公務員試験などを経て公的な資格を得た人たちだから、どちらが信ずるに値するのかと言えばね
まして、マスコミの昨今のやりたい放題、捏造、でっち上げ、偏向報道を見ていて信用に値するとはとうてい考えられない

それから公文書として成立させるためには何人かの所属長のハンコが必要となっているはずです
何人かの手を経て、承認されたことで成立するもののはずです

個人のメモ程度が行政文書扱いされるのはおかしいでしょう
誰にも承認されない文言が公式のものではあり得ない、当然のことと考えますね
そのとき何らかの取捨選択があったとしても、それはそれでやむ得ないことだと自分は考えることとします
表に出てこないことは役所として実行されるものではないからと見なせるので


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00053433-gendaibiz-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被害者を晒すことに何か意義があるとは思えないhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00010008-nishinpc-soci

yahoo:「<座間9遺体>顔写真報道に賛否、新聞社の葛藤 西日本新聞社会部長

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件の報道で、被害者の顔写真掲載を巡り賛否の議論が起きています。被害者遺族の心情を踏みにじるものだという厳しい批判も出ています。

 事件の容疑者と被害者は、ネット上で「自殺」という言葉が接点になった特異な背景があります。遺体の状況も、これ以上ないむごいものです。被害者には高校生も3人いました。

 事件報道では、常に被害者の顔写真を掲載するか否か、悩ましい判断が迫られます。今回の事件は、特に慎重に判断すべき事情があるといえます。
1枚の顔写真は社会を動かす力に

 西日本新聞は、最初に身元が特定された東京都八王子市の女性(23)について、7日付朝刊で写真掲載を見送りました。共同通信、友好紙の東京新聞から配信された写真は小学生時代のもので、容姿が大きく変わっている可能性が高い上、小学生が被害に遭ったとの誤解を招きかねないと判断したからです。

 ただ、9人全員の身元が判明したことを報じる11日付朝刊で、全員の顔写真を掲載するかどうか。社会部内でかなりの議論になりました。

 1枚の顔写真は、生身の人間がこの凄惨(せいさん)な事件の被害に遭った、という現実を何より訴え掛けてきます。どうすればこの種の犯罪を防ぐことができるかと、社会を動かす力にもなります。
正しい判断だったのか

 一方で、東京新聞によると、多くの被害者遺族から顔写真や実名の報道を控えるよう要請がきています。その思いは胸に突き刺さります。

 社会部の意見は割れ、平行線のままでした。(1)事件の重大性を社会が共有するために、9人全員の写真掲載は1度に限る(2)個別の写真掲載はできるだけ繰り返さない−。現段階ではこう結論付け、11日付朝刊に載せました。

 正しい判断だったのか、一切の顔写真掲載を避ける判断もあったのではないか。正解は見えず、社内の議論は続いています。


こういう事件の被害者について
さらし者にすることについては、無しにすべきだと思っているんですよね
被害者の名前、顔写真だけではなく、あげくには私生活まで暴かれたりするなどマスコミのやりたい放題には反吐が出る思いです
そこまで報道しなければならない必要性があるのか?と

晒すなら加害者だけで良い。もちろん加害者の家族まで晒すことはないので、ここは慎重にすべきだとは思いますよ。加害者の親へのインタビューとか絶対にあり得ませんから

マスコミにとっては、被害者も加害者も報道という名の消耗品でしかないから、痛くもかゆくもないんでしょうけど
当事者からすれば、苦痛の積み上げでしかないので止めるべきです
マスコミには何の権利も権限もありませんよ
何様のつもりなんだろう?

言っておくけど国民の代表者でも何でもないよ
ただの金儲けのために存在する私企業でしかない
公器なんて言うのは空想世界のことでしかないんでしょう
金儲けのために被害者も加害者も報道という名目で食い散らかすだけ
後片付けをする気なんてさらさら無い連中


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00010008-nishinpc-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:人権 殺人事件
posted by ! at 20:37| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別だと訴えてもアメリカはなんとも思わないでしょhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000007-ryu-oki

yahoo:「翁長知事「新基地は差別」 米大使に訴え「米は当事者」

沖縄県の翁長雄志知事は13日、来県したハガティ駐日米大使と県庁で会談した。ハガティ氏の来県は2度目で知事との会談は初めて。翁長知事は、米軍基地が集中する沖縄に普天間飛行場移設に伴う新基地が造られることについて「差別だ」と述べ、それに対する大使の見解を問うた。これに対しハガティ氏は「知事の懸念は理解する」とした上で、名護市辺野古の新基地には直接言及しない形で日米合意の負担軽減策を前進させる考えを強調した。

 翁長知事は会談の大半部分を、沖縄戦やそれから続く米軍基地問題の指摘に当て、それに対する大使の見解を問うという形で進めた。翁長知事は、訪米で辺野古新基地建設問題を訴えても日本の国内問題とされてきたことを挙げ「県民からすると当事者はまさしく米政府、米軍だ。おじい、おばあを引っこ抜いて工事するのは世界中に発信される。日米の民主主義が問われているのが今の新辺野古基地だと理解いただきたい」と強く迫った。

 ハガティ大使は在沖米軍駐留の受け入れに感謝した上で「日本だけでなく、東南アジア全体の安心安全をサポートしてくれている。知事と日本政府と連携して県民の負担緩和のコミットメント(約束)がある」と答えた。さらに「(米軍駐留による)影響の緩和策に努力することで合意した」と述べ、引き続き負担軽減に日米沖で協力して取り組む姿勢を強調した。

 知事の説明には「有用な情報」として米政府内で共有する意向を示した。高江米軍ヘリ炎上事件の話題には安全性が「最優先課題」と強調した。

 ハガティ氏は14日は在沖米軍基地を訪ね、軍幹部らと意見交換する。


普通に国際感覚があれば、こんな訴えはしないと思いますけどね
アメリカ側からすれば、こいつアホか?という感覚を持ったのではないでしょうかね?
支那という現実の脅威があるのに、こんな寝ぼけたことを言ってる阿呆を知事に据えている沖縄って何を考えているのでしょう?
支那に侵略された方が良いと思ってるの?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000007-ryu-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相撲界は全然改まってなかったのですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000118-jij-soci

yahoo:「傷害事件で立件も=日馬富士暴行問題で―鳥取県警

大相撲の横綱日馬富士(33)による暴行問題で、被害届が鳥取県警に出され、同県警は14日までに事実関係を確認するために捜査を始めた。

 診断書では頭の骨を折るなどしており、故意に暴力を振るい、けがをさせたなら傷害事件として立件される可能性もある。

 関係者によると、日馬富士は10月下旬、鳥取市での秋巡業中、酒席で口論となり、同じモンゴル人力士の貴ノ岩に暴力を振るったとされる。貴ノ岩は日本相撲協会に「右中頭蓋底骨折などで全治2週間」との診断書を提出した。

 貴ノ岩側が被害届を県警に10月下旬に提出したとされる。県警は被害届について「個別の事案についてはお答えできない」としている。

 警察当局者は「暴力は許されない。被害者、加害者双方から聴取し、事実関係を確認した上で、所要の捜査を進めていくことになるだろう」と話した。


こんな重大事件を起こした横綱がしれっと今場所で相撲を取っていることで、相撲協会が全然改まってないことがわかりますね
警察沙汰になっているのに、協会が知らないってことはないでしょ?

国技と言っても、もはや心技体をそろえることはできないようですから、止めた方が良いと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000118-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日のつぶやき






posted by ! at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

暴走車両の止め方を規定すべきではないか?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171113-00000045-nnn-soci

yahoo:「制止振り切り逆走、信号無視…車暴走1時間

愛媛県松山市で、乗用車が警察の制止を振り切り、逆走や信号無視を繰り返す様子をカメラがとらえた。この車は約1時間にわたって暴走し、13日午後、逮捕された。

 松山市内の国道を暴走する乗用車の前の部分は壊れ、タイヤはパンクしている。男は窓を開けたまま平然と逃走を続ける。男は何度も逆走や信号無視を繰り返しながら逃走。商店街の中にも逃げ込んだ。

 警察によると、男は事故を起こした後に逃走したとみられ、松山市内中心部を約1時間にわたって暴走した。そして、午後3時前、男が他人の車に乗り込もうとしたところを、警察が取り押さえ、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕した。車の後部座席には高齢の女性が同乗していた。

 警察は男の身元などを調べている。


暴走する車両を止める手段を開発すべきでしょ
パトカー体当たりはパトカーが気の毒なので、
何かしらの停止させることができ、中の運転者を死なせない程度にショックを和らげる仕組みを備えた車両の開発はできないですかね?暴走車の運転手の逮捕が優先ならば

もしくは狙撃を含めた強制的な停止方法を真剣に考えるべき
もちろん射殺することで無制御状態になるので、それが元で事故を誘発することがあってはならないことですがね

でなければ、巻き込まれ事故など余計な事故が増えるばかりで良いことがないんで警察では暴走車を止める手段を決め、それにそって強制停止をかけてほしいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171113-00000045-nnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:48| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働者にきちんと対価をhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000025-mai-soci

yahoo:「<都教委調査>過労死ライン超え 中学教諭7割

東京都教育委員会が9日に公表した都内公立学校の「教員勤務実態調査」で、「過労死ライン」に達する週20時間以上の残業をしていた中学校教諭が7割近くに達したことが分かった。土日の部活動指導に多くの時間を割いているのが主な原因とみられる。都教委は来年度の予算編成で、部活動指導員の活用などを要求した。

 調査は今年6〜7月、都内の公立小中高校と特別支援学校の計105校を抽出して連続7日間の勤務実態を尋ね、3380人から回答を得た。文部科学省は同種の全国調査を既に実施しているが、都独自の調査は今回が初めて。

 調査結果によると、一般企業などの過労死ライン(残業月80時間)に相当する週60時間以上の勤務をした教諭は、小学校37.4%▽中学校68.2%▽高校31.9%▽特別支援学校43.5%−−となっている。

 職種別で1週間の勤務時間が最も長かったのは小中高校、特別支援学校とも管理職の副校長で、いずれも65時間以上勤務していた。

 土日の部活動指導時間は中学校教諭が最も長く、計4時間22分に及んだ。

 都教委はこの日「学校における働き方改革推進プラン(仮称)」の中間まとめも公表。過労死ラインを超える教員数をゼロにすることや、土日のどちらか一方は必ず休養することなどを目標に盛り込んだ。


ちゃんと残業代を払ってるのかな?
もちろん時間外の労働については1.5倍とかそれなりの対価を支払うべきだし
土日出勤については2倍払うとか規定すべきでしょう?
それを受益者負担で部活動参加者の親から徴収したら良いかもと思わなくもない


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000025-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:40| 東京 ☔| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする