2017年11月20日

国家間の約束を守れないクソな国(南鮮だよ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000101-jij-kr

yahoo:「「最終的合意」に難色=慰安婦問題で韓国補佐官

韓国大統領府の文正仁・統一外交安保特別補佐官は20日、ソウルの外信記者クラブで会見し、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について「文在寅大統領は、歴史問題では『最終的で不可逆的な合意を見た』というのは、国民感情にそぐわないという思いが強い」と述べた。

 朴槿恵前政権との合意を「最終的合意」として受け入れるのは難しいという認識を改めて示した形だ。

 合意をめぐっては、康京和外相直属の作業部会が交渉経緯などの検証作業を続けており、年内にも勧告を出す見込み。文正仁氏は「結果が出た後、外相や大統領府国家安保室、文大統領らが協議を経て対応を決めるだろう」と説明、現時点でどのような方針になるかを予断するのは困難という見方を示した。 


どういう経緯であれ、国家間で決めた約束事を反故にすることの意味をわかってないんでしょうね
南鮮という国の信用がとにかく下がるだけのことをしているんですけど、頭大丈夫なのかな?

合意ということは、日本が強制して約束したってことじゃないですし、南鮮の意思もあってまとまった話
それを無かったことにしよう、と考えたことを言っちゃうって本当に馬鹿だと思います
実際馬鹿なんですけど


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000101-jij-kr


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高等教育を無償化する必要はないと思うんだけどなぁhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00050000-yom-pol

yahoo:「政府、私立高も無償化検討…所得制限を設定

政府は19日、安倍首相の看板政策「人づくり革命」実現に向けて、12月上旬にもとりまとめる2兆円規模の政策の中に、所得制限を設けた私立高校の「無償化」を盛り込む方向で調整に入った。

 今後、対象の範囲など詳細を詰める。

 現在、政府は全日制高校の場合、年収910万円未満を目安とした所得制限を設けて、公立高校の年間授業料に相当する11万8800円を就学支援金として支給し、実質無償化を行っている。私立については、年収目安が250万円未満(住民税非課税世帯)で公立高の2・5倍、350万円未満は2倍、590万円未満は1・5倍をそれぞれ上限に支援している。

 しかし、私立高校の授業料は公立の約4倍にも上り、家計負担が重くなっていることから、政府は所得制限を設けた私立高校への支援を厚くすることとした。


義務教育は別として
高等教育は国が言ってくれと頼んだわけでもないんで、国が金を出す必要はないと思うんですよね
自分への投資なんだし、本人が頑張れば良いだけのことだと思います

それに教育者に対して失礼だと思いますよ
タダで学べるというのは
教育を受けるには、それだけの金を用意すべきだと思いますし
奨学金を受けることができるのは、厳しい条件を課すべきです
原則収入が少ないけど、教育を受ける価値がある頭脳を持った人だけに絞るべきですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00050000-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラレコで煽り運転を確認できたら、なんらかの処置ができるようにしてほしいですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000030-asahi-soci

yahoo:「あおり運転で1キロ以上追跡 危険運転致傷容疑で男逮捕

路上であおり運転を繰り返し、車を衝突させてけがを負わせたとして警視庁は、千葉県船橋市芝山7丁目、自営業山田純也容疑者(47)を危険運転致傷と道交法違反(ひき逃げ)と脅迫の容疑で逮捕し、20日発表した。「相手の運転の仕方に腹を立ててやった」と話しているという。

 西新井署によると、山田容疑者は10月26日午前9時ごろ、東京都足立区西新井の環七通りでワゴン車を運転中、さいたま市の男性(30)が運転する乗用車の後ろからクラクションを鳴らしたり、「おい、この野郎」と怒鳴ったりして脅迫。約1・2キロ追いかけた後、男性の車の前方をふさぐように車を接触させ、首にむち打ちのけがを負わせたまま逃げた疑いがある。

 山田容疑者は事件の直前、交差点で男性に進路を塞がれたと説明しているという。


ドラレコを車の前後につけなければならなくなるかもしれませんが、
そのくらいの手間はかけても良いんじゃないでしょうか?

危険運転をする阿呆を撲滅するためにも、警察には頑張ってほしいと思います
でもやはりこのように事故など、なんらかの事件性が出てこないと、単に煽り運転ではだめでしょうかね?

しかし基地外に絡まれたら一般人では対処のしようがないので、警察には出て来てほしいところですが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000030-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

2017年11月18日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

2017年11月17日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

2017年11月16日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

人件費をケチったことと、いずれは少子化による人手不足か?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000005-awire-soci

yahoo:「エア・ドゥ、2月も機長不足で26便運休 夏ダイヤは影響未確定

エア・ドゥ(ADO/HD)は11月16日、2018年2月1日から7日までの期間中、羽田−札幌線で計13往復26便が運休すると発表した。11月の運休と同じく機長不足によるもので、3月からの夏ダイヤに影響が及ぶかはわからないという。

 運休するのは、羽田を午前8時15分発の札幌行きHD15便や、札幌午後4時発羽田行きHD28便などで、運休日は便により異なる。

 エア・ドゥの機材は、中型機のボーイング767-300ER型機(1クラス286席と同289席)と767-300(同288席)が各2機ずつ、小型機の737-700(同144席)が9機の計13機体制。同社によると、運休理由は11月と同じ機長不足で、8月と10月に737の機長が自己都合で合わせて2人退職したことと、4機ある767のうち1機が重整備のため2月に運航から離脱することで、737の稼働が高まることが要因だという。

 同社の737の機長は現在37人だが、本来は40人程度必要だという。10月28日を最後に撤退した札幌−広島線も、乗員繰りが理由の一つだった。

 エア・ドゥでは11月と2月の運休便を除き、3月24日までの冬ダイヤ期間は、年末年始を含めて計画通りの運航を予定している。一方、3月25日からの夏ダイヤへの影響については、1月の運航スケジュール発表までに対応を決めるとしており、現時点では運休や減便などの影響が生じるかは未定としている。


自己都合で辞めたってことは、他社に引き抜かれたってことかもね
特に特別な技能を持った人は高い給料をくれる方へ流れていくことになっていくでしょう
アベノミクスの恩恵ですね
まぁ引き抜かれた方はアベノミクスの弊害だと言って恨むでしょうけど
でも労働者の立場で考えれば給料は高い方が良いに決まっているのですから十分な給料を払えない経営者がダメなだけです

少しずつマシな時代になってきているようです
でもいずれは少子化の影響が出て、必要十分な労働者を確保できなくなっていくでしょう
そうならないように(もう手遅れだそうですが)、少子化を解消できる環境を作るべく財政出動、給料が少しでも増える社会にしていってほしいですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000005-awire-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする