2005年09月16日

道路公団総裁の辞任を求める

産経新聞:「近藤総裁の辞任を要求 道路公団民営化で猪瀬氏

>政府の道路関係4公団民営化推進委員会の委員懇談会が15日、東京都内で開かれ、猪瀬直樹委員は、自ら選んだ副総裁が逮捕された鋼鉄製橋梁工事をめぐる談合事件などの責任を取り日本道路公団の近藤剛総裁に辞任するよう要求した。

ダメになった原因の総裁が、そのまま残留すれば体制が変わらないと思うのが普通ですよね
図々しく残れるなぁと感心します
posted by ! at 19:50| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

中津江村卒業

朝日新聞:「116年の歴史思い 中津江村で閉村式

2002年のワールドカップで、カメルーンのキャンプ地だったことで有名になった中津江村が合併により閉村する。その閉村式がおこわなれたそうです

やっぱり、こういう風に村が消えていくのはもったいないような気もしますが、それぞれの場所でのいろいろな事情があるのだろうけど、残念な気がします
posted by ! at 11:32| 東京 ☔ | TrackBack(1) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

合併破綻が続く

朝日新聞:「南セントレア市めぐり合併問う住民投票、反対が過半数
中央アルプス市も白紙に
「太平洋市」に抗議相次ぐ 千葉の合併4町村、見直しへ

いずれも合併評議会とか議会などが暴走というか先走りした結果なんだろうか?住民投票をした結果はいずれもNoということになってしまっている。太平洋市に関してはどこで投票されたというのが記事中にないので何とも言えないが住民不在の状態で決めて発表したらとたんに抗議を受けて再度決め直さざるを得ないという状態に陥っている


そういえば、山梨の南アルプス市も住民の意思ではなく合併評議会が決めた名前でしかなかったと聞いたことがある。何でも(漢字の使用の有無はあるものの)「巨摩野市」もしくは「こまの市」と言う候補の方が多かったらしい。単一候補では確かに「南アルプス市」が多かったのだろうが、じっさい地元ゆかりの地名は巨摩野の方だったとか

単に日本初のカタカナ市名を名乗りたかっただけなのであろう。住民にとっては不幸なのは現在みたいに全国から抗議があまりいかなかったということだろうか?それとも抗議はあったものの変更がされなかったのか?

南アルプス市がらみのニュースでは合併後の市議会議員数が全国でもまれに見る多さでマンモス議会と言われるなど、あまりも合併した理由を把握していない議員が多いと言うことも特筆すべきか?


南アルプス市の話題が長くなってしまったが、これら一連の事例は行政側が住民側の意識からかけ離れた合併論議をしているのかというのを見せてくれました。地元の活性化のために話題先行にするのも一つの考え方ではあるが、それに固執するあまり住民不在の議論をされては迷惑ですよね
posted by ! at 11:22| 東京 ☔ | TrackBack(4) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

無駄遣いを当然だと思うな

産経新聞:「大阪市労連 厚遇カット、厚顔な反発 なれあいの歴史、180億円削減策で破局

いやはや厚顔無恥というか危機意識が無さ過ぎるというか。こんな事を悪いことだと考えられないんでしょうか?

>「何が厚遇や」。大阪市が職員厚遇問題で示した削減策をめぐり、今月四日夕から市役所で行われた団体交渉では組合員の怒号が廊下まで響き

こんな事を言っているようでは、大阪市が強行したらもっと大騒ぎになるのでしょうか?
このような連中のために、普通にまっとうに仕事をしている他の公務員さんが同列扱われることになったら、気の毒だ


>■市民に謝罪すべきだ

 跡田直澄・慶応大商学部教授(財政学)の話「世間の常識からはかけ離れたお金を出していたのだから、削減策は当然の話。一番の問題は大阪市労働組合連合会が自分たちの領域に入り込んで一般社会の観念とかけ離れていることだ

この人達には、上のことは到底理解できないんじゃないだろうか?
posted by ! at 11:50| 東京 ☔ | TrackBack(2) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

約束を守る市長

なんていうことを良いニュースだなと思ってしまう当たり、情さけない世の中かなと思わなくもない

さて、せっかく市長さんが
河北新報:「市長の退職金490万円に 兵庫・尼崎、条例案で減額
>1期2550万円から490万円に引き下げる条例案

という大英断を下しても、今までが受け取り過ぎかなとも思えるし、そもそも議会が納得してくれるのかなと。議会の人もいずれは市長になりたい人もいるだろうから、退職金を減額されるのを嫌だと考える人もいるんじゃないか、と考えるのは穿ち過ぎか?

さらに言えば、助役・収入役の退職金も一律に削ればもっと大英断だったろうに
posted by ! at 16:37| 東京 ☔ | TrackBack(1) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

新市名見直しへ

ヤフーニュース:「「セントレア」見直しへ 新市名に抗議殺到で

愛知県の美浜、南知多両町の合併協議会が決めた「セントレア市」に対して抗議が殺到したため、新市名を再度協議することにした模様

たしか全国でカタカナ名は山梨県の南アルプス市というのがあったかと思うが、何というか地名にカタカナ名を入れるというのは愚の骨頂ではないかなと感じる。もう少しその土地に関連した地名にすれば良いのになと思います。ちなみに南アルプス市ができたと言う時、地図を見たが、ほとんど関係ないじゃないかと思いました

いずれにしろ、少なくともその土地に根ざしていて、そこに住む人の誰もが納得できる地名になると良いですね
posted by ! at 17:37| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

たった8日間の議員

朝日新聞:「合併直前、町議選中止 任期8日に住民反対 長崎・高来

任期が切れ、議員選挙をやっても任期が8日間という選挙が中止されたそうだ

>改選議員の任期は合併までの8日間。それでも1期務めたことになり、通常3期12年で支給される年金が2期と8日で支給される例も出る。

>このため「年金のための選挙だ」などと町民が反発。選挙中止を訴える署名が有権者(約8800人)の半数近く集まった。

当然だろうな。わずか8日間のために選挙費用を税金から出しても、無駄以外何ものでもないだろう

合併に関して、合併後も任期いっぱい議員を勤めさせようとしたり、行政のスリム化を目指して合併しているはずなのに、無駄遣いを平気でやっている市町村が多いですね

日本初のカタカナ市の南アルプス市も、合併後マンモス議会と批判を受けて(定数の倍以上板とか)、定数でやり直すための選挙があったとかいう話を聞いたこともある

何のための合併なんでしょうかね
posted by ! at 20:22| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

そりゃぁ、怒るだろう

似たような地名というかそっくりコピーしたような地名の問題
毎日新聞:「新市名「ふじみ野市」 隣接の富士見市反発−−上福岡・大井法定協が決定 /埼玉

当初からある富士見市が怒っても仕方がないような気がしますね。近く、と言うかすぐ隣の市名にも「ふじみ」という言葉が入る以上避けるべきだったのではないかと思います
このままだと、遺恨を残しそうですね


こちらも似たような地名の問題ですが
産経新聞:「「越前」3つも 住民「紛らわしい」 福井の新市町

いわゆる『越前』ブランドに負けてしまった名付け方でしょうか?


次の合併ブームが起きるまでは、ずっと関わる問題なのですからじっくりとできないものでしょうか。住んでいる人の思いって言うのは深いと思いますよ。だから住民感情を無視してはまずいでしょうに
posted by ! at 17:31| 東京 ☔ | TrackBack(2) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

白紙撤回だそうです

先日のエントリ「本当に正しいことなのか?
の村長さんが、白紙撤回するとのこと
徳島新聞:「村長が白紙撤回表明 西祖谷山の職員世襲問題、批判考慮


合併予定の各首長、村民からの批判に応えて、今回の処置を決定したという
今後は、合併に動いていくんだそうだ
posted by ! at 20:36| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

これも無駄金使い

必要な情報を隠蔽して、いい加減なことを発表をしたのではいけませんねぇ

不要なものを必要というのは、なんともね
何で、こうまでして余計なものを作りたがるのやら、ね
このダムは、税金を払っている人には何かメリットあるんでしょうか?


西日本新聞:「犀川・伊良原ダム水需要減なのに 県、評価委に「増加」
posted by ! at 16:47| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

本当に正しいことなのか?

村役場職員を世襲制にしているところがある。幹部職員に限られるそうだが、子の世代を職員として採用し、親は早期依願退職させるのがねらいだという

世代交代を早めることは別に悪いことではないが、世襲制はおかしいと考えるな。いろんな採用試験の結果残った者の親が職員だったというならまだしも(それでも全員が同じ立場なら作為的だと思いますけど)、早期依願退職の条件に子供の採用が入っては村政の私物化といわれても全くおかしくはないでしょう

結果として入れ替わりはなく、ただ若くなっただけにしか見えない。村長の考えはおかしい、と思う。しかし、当の村民はどう思っているんだろう?問題なしと考えるなら、救われない


ヤフー記事(共同通信):「徳島の村、職員“世襲” 早期退職の「特典」で合格
posted by ! at 21:26| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

日本の「はわい」残らず

合併により、日本の「はわい」が残らないことになったそうです

地名を残すかどうかの住民アンケートで旧町名を残さないと答えた住民が多かったということですね。この記事の最後のコメントのように早く新しい町として一体化するため、という選択をしたならいいのではと思います

個人的には旧町村名をできるだけ残したいなぁと思って入るんですがね

日本海新聞:「「はわい」残らず 字名問題に決着
posted by ! at 15:23| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

浅はかと言うか何というか

広島の学生が、合併して知床市になるなら中標津町と羅臼町の役場を爆破すると書き込んだ疑いで逮捕されたそうだ

この学生、中標津町に子供の頃住んでいたそうだが、その名前が無くなるのがイヤで軽い気持ちで書き込んだというのが、なんとも

学生にもなって、そういうことを書き込んだらどうなるのか、ということが全く想像できていないのでしょうかね


産経新聞:「「知床市」なら爆破と予告 広島の大学生を逮捕
posted by ! at 14:41| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

斑鳩の地名残る

朝日新聞:「「斑鳩」の町名残る 合併問う住民投票で反対多数 奈良」より

 奈良県の斑鳩(いかるが)、王寺(おうじ)、平群(へぐり)3町で5日、県北西部の西和(せいわ)地域7町が合併して「西和市」になることの是非を問う住民投票があった。開票の結果、斑鳩、王寺両町で反対票が賛成票を上回った。これを受け、7町合併協議会は解散する見通しとなり、日本書紀にも登場する「斑鳩」の町名が残ることになった。
とのこと

やっぱり合併というのを急いでやることはないんだよね。ろくな事にならない。地名問題が一番しこりを残すことになると思いますし

ここ数年急激に合併問題が進み、地名問題もいくつも出てきた。結果合併が見送られたり、あれこれ揉めたりと良いことばかりではないことが見て取れる

合併特例債を目当てに、始めに合併ありきの論議をすることもおかしくなる原因の一つですねと、とりあえず言っておこう(今頃何を言っているのか、というはおいといてくださいませ)
posted by ! at 11:33| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

マンモス議会解散

合併すると、しばらくは各議員というのはしばらくは現職のままでいられるというのは、分からなくもない。任期というものもあるし、多少は身分の保障も良いのかもしれないとは思う

しかし、山梨の南アルプス市(この名前の時点で失笑ものだが)では、合併後の議員数が95人。しかし定数は28人という具合に行政の合併のメリットである縮小化にはほど遠い数ともなると、いつまでも議員としていられては予算の無駄遣いになろうというもの

しばらくマンモス議会として批判されてきて、やっと自主解散という形になり、議決をとり、無事採決も通ったという話だ。もっと早くという意見もあったようだが、なんやかやでここまで来てしまったという話も聞く

任期が四ヶ月早まったことで、予算が1億円削減されることに。やっと合併のメリットが出たようです

朝日新聞:「南アルプス市議会解散
posted by ! at 18:13| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

いい話ですね(合併で消えゆく町名を小惑星名へ残す)

合併で古くからの町村名でいろいろ揉めているところが多いですが、こういう形で町名が残るのは良いことかもしれません

小国町の在住の天体観測者の人が発見した小惑星へ町名を付け、それの命名額を町長へ渡したのこと

新潟日報:「小惑星に「小国町」と命名
posted by ! at 13:42| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

“命名”で紛糾、平成の大合併

今までもいくつか地名で紛糾したという記事を拾ってきましたが、まだまだいろいろあるんですねぇ
今回の記事では、あっぷる市、湯陶里(ゆとり)市という地名も出てきていて、本当にその土地に合った名前なのだろうかと首をかしげたくなるようなものもあります。また今まで出てきた観光地ならではの、地名の取り合いのような問題(知床市など)が多発していますね

住んでいる場所の名前だけにいろんな人の思い入れがある分、揉めるんでしょう。さらに観光地だったりすると、知名度を上げるために選んだ名前が周辺地域から苦情を入れられて、もめ事も大きくなったりするのでしょうか


今回の合併問題は(いまさらでしょうけども)性急すぎたんではないでしょうか。はじめから合併ありきで話し合いが進んでいるのもおかしな話ですし、まとめなければならない問題が多いですし、地名一つとってもこれだけ揉めるているんです、時間があまりにも無いように思えるんですよ


ヤフー記事:「“命名”で紛糾、平成の大合併 破談、離脱…「知床」「白神」ブランド論争まで
posted by ! at 13:28| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

乗鞍岳で県境確定

確定していなかった、長野県と岐阜県の県境が130年ぶりに確定したという
特に利害関係で揉めていたわけではないそうだが、町村合併を控え決着をつけることになった模様。両村長ともにすっきりしたとのこと

> 県境が画定するのは、乗鞍岳の連峰のうち大黒岳(2772メートル)と大丹生岳(2698メートル)を結ぶ約700メートルの区間。面積は両村が決めた暫定値より安曇村が168ヘクタール増えて403.18平方キロ、丹生川村は減って225.47平方キロになる。面積の増減で地方交付税はそれぞれ30万〜40万円の増減になるという。


毎日新聞:「乗鞍岳:岐阜、長野県境が確定
posted by ! at 13:11| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

またもや、地名争い(秋田・岩手)

岩手県の西根町・安代町、松尾村の合併で新市名に八幡平市としたことに対して、秋田県鹿角市議会が再考を申し入れたという

十和田・八幡平国立公園の中で、八幡平地区は約4万ヘクタールで、そのうち、秋田県側が半分以上の約2万2千ヘクタールを占め、鹿角市分が2300ヘクタールになると言う

いろいろ思惑があるかとは思いますが、同じような問題が良く出てきますね。一回問題になっているのだから、決定する前に大丈夫だろうか、とチェックすることが各合併評議会で出来ないものでしょうか?

揉めるよりは時間がかからなくて問題ないと思いますけど?それともクレームが来るとは限らないから、やっちゃえ!ってことでしょうかねぇ?

ヤフーの記事から
posted by ! at 17:16| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

地名問題:知床市→東知床市

白神市の問題同様に、知床でも問題になっているそうだ

こちらでは羅臼町他の合併で知床市を案として出していたそう。しかし、隣の斜里町としては、その合併には関わってないが知床のエリアには大きく関わっているとなると、知床市の名前を見逃すことはできまい

その結果として知床市から東知床市に案を変更して協議中と言うことになっているらしい
うまくまとまると良いのですけどね

全国各地でこういういざこざが出ているんですねぇ。なんとか同一観光エリア同士で合併できればこういう地名問題は出ないんでしょうけど、いろいろとあって簡単にはいかないんだろうなぁ

関連エントリ:白神市はどうなる?
読売の記事から
posted by ! at 21:33| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

白神市はどうなる?

先日、白神の本場はどっち?ということを書いたが、かなりのもめ事になっているような感じ

青森側での反発も激しく、NPOからの陳情書、署名運動といった運動が続いているようです

いろいろ考え方が地域単位にあるだけに、一概にどちらが正しいとも言えないですし、難しい問題ではありますね

いっそのこと県をまたいで白神地域に含まれる市町村で合併すればとも思いましたけど、今度はどこまでが白神地域になるのかで、揉めそうですね

要は、どちらも白神山地というイメージを元に町おこしのために利用したいからこういう事態になってしまうんでしょうね
ならば、そこから離れて町おこしの仕方を考えれば良いんでしょうけど、できないだろうな

朝日
秋田魁新報
posted by ! at 16:54| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

白神の本場はどっち?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040901-00000003-khk-toh

合併が各地で続いているが、やはり新市名等の名称はいろんな騒動の種になっているようだ

秋田県で「白神市」が誕生するようだが、面積比で四分の三を占める青森側では、こちらが本場なのにという声も出てくる
白神という名前を利用して町おこしをしたいという思惑が多分にあるんだろうなと考えてみる

そういえば、少し前に山梨で南アルプス市という日本初のカタカナ市名と言うことで有名になったところがあるが、ここも位置的にはアルプスにはほとんど関係ないにもかかわらずこの市名を付けていました。これもアルプスというイメージを利用して観光客を呼び込もうという点において同じだろうと思う
ただ、自分がそこの住民なら恥ずかしい市名だなぁとは思いますね

合併自体は地方自治で大事な事業なのでしょうが、どうも地名がおざなりになっているようで、もっと地域に根ざした地名、古くから続いている地名をあまりおろそかにして欲しくないなぁと思います。その点もよく考えて合併事業を進めて欲しいですね。最初に合併ありきではダメなんです
posted by ! at 11:26| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 行政・地名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする