2014年02月24日

いろいろ経験値を積んで、精度を上げていくしかないですよね>大雪で特別警報を見直しhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000972-yom-pol

Yahoo:「記録的大雪で首相、特別警報の見直し検討を表明

安倍首相は24日の衆院予算委員会で、関東甲信から東北にかけての記録的な大雪に関し、「気象庁情報の提供や政府の記者会見のあり方は、国民の生命財産を守るため、より効果的、迅速に行われるよう不断の見直しに努めたい」と述べ、気象庁の特別警報の見直しを検討する考えを明らかにした。

 特別警報は、「数十年に1度」の重大な災害が迫っている危険性を知らせるため、2013年8月から運用が始まった。気象庁は今回の大雪について、「基準に達しない」として特別警報を出さなかった。


自然を相手に一発で正しい答えが出るわけ無いんですから
いろいろ経験を積んでいくしかない

気象庁が今回特別警報を出さなかったのは、今まで経験がなかったこととすればやむ得ないと言うしかないですね。誰の責任でもないと思います。被災者からすればトンデモ無いって事になりましょうけども

けど、気象庁が大雪になると判断、特別警報を出し、それに伴い各地対策をとって、あらかじめ高速も一般道も要所要所で通行止め、鉄道もあらかじめ停止させておいて、降らないと
それはそれで責任問題だと大騒ぎになるんでしょ?被害が出ないだけマシですけど
やっぱり警報を出すって事は難しいことだと思います
今回こういうことがあってようやく出せる下地が出来たのかもしれませんね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000972-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

難しい問題ですね>北極海の海氷、夏季には消滅?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130720-00000015-mai-env

Yahoo:「<地球温暖化>北極海の海氷、夏季はほぼ消滅…今世紀半ばに

>地球温暖化が加速すると、北極海の夏季の海氷が今世紀半ばに、ほぼ消滅するとの予測を、米中のチームが米科学アカデミー紀要に発表した。海氷の上で暮らすホッキョクグマなど生態系への影響が出るほか、大気の循環が変わって日本など中高緯度地域の異常気象が増える恐れがある。

 北極海の海氷は、毎年9月ごろ最小となる。昨年は観測史上最小の約340万平方キロとなり、2000年までの約20年平均に比べてほぼ半減した。

 チームは、海氷面積への温暖化の影響に関する30種類のコンピューターシミュレーションを使い、将来の北極海の海氷を予測した。その結果、現状のような温暖化が続いた場合、海氷面積は60年代初期には昨年から半減となる170万平方キロとなった。化石燃料への依存度が高まり、温室効果ガスの大気中濃度が倍増すると、54〜58年にほぼ消滅するとの結果だった。

 一方、海氷減少には大西洋などからの暖かい海水の影響もあり、チームは「多角的な分析が必要」と述べている。


何が原因で温暖化が進んでいるのか、よくわかってないようですし

ひところは太陽活動が停滞期に入って小氷河期が来るとも言われていたような気がしますし
人類はまだまだ気象状態の先の先を読むことは難しいんじゃないでしょうか?

北極海の氷が無くなるのは現実問題としても、ではどんな対策をとればいいのか?ってこと何ですけども、よくわからないわけでしょ?

温暖化の原因はCO2と言われていましたけど、そうではなく水蒸気だと言う人もいます
水蒸気が原因では水を減らすわけにはいかないですし、対策法なんて考えられるのは人間が生命維持活動を止めるだけでしょ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130720-00000015-mai-env


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 13:50| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

法に定められたことですから>陸自の独自の天気予報を気象庁が注意http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000015-asahi-soci

Yahoo:「陸自が独自の天気予報公表、気象庁が注意

>陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)が、自治体や電力会社、鉄道会社などが加わった会議で、独自の天気予報を公表し、注意を呼びかけた。気象庁は、気象庁長官の許可無く予報結果を発表することを禁じた気象業務法に違反する可能性があるとして、予報業務をしないよう注意した。取材に対し、気象庁が明らかにした。

 気象庁などによると、会議は5月20日に宮崎市で開かれた「九州・沖縄地区防衛協議会」。西部方面総監部は、1〜4月の気温や降水量を過去と比較して、豪雨や台風が相次いだ1997年と似ていると分析し「梅雨の末期に集中豪雨が起きる可能性がある」「台風が九州に2〜3個上陸する可能性がある」との予報を伝えた。その後、マスコミからの問い合わせにも同じ趣旨の回答をした。


定められている以上、こういう対応は当然じゃないかと
にもかかわらず、気象庁を悪者扱いするのはどういうことかな、と

越権行為ととられてもしょうがないです


それでも、そのくらい良いじゃないかと
当たりもしない気象庁が云々とか

何となく法を軽視される方が多いような気がします
良いことであっても、法の枠を超えたらまずいわけで、
そのくらい良いでしょっていう発想は良くないなぁ

まずいなら法改正をしましょうっていう事にしていかないと変だと思います
良くも悪くも法による秩序は大事でしょうに


それに自衛隊は救助隊が本分じゃないんですから、自分は災害に対して注意を喚起するのは筋違いだと思います
昨今大きな災害における自衛隊の活躍はありがたいことですが、感謝しつつも違うと言いたいです
これは気象庁がしっかりと行っていくべきでしょう。そして予報確率で自衛隊に負けるなと言いたい
なんのための役割分担なのかなってことです


そして自然相手に、ここまで気象庁は天気予報の精度を随分上げてきていると思いますけど、それでも文句を言う人って・・・思慮が足りないですね(笑)
人間はかなり英知を蓄えて、先の先まで天気を読めるようになってきたと思いますけど、それでもさらに精度を上げるのは今の段階じゃ厳しいのでは?

気象データをもっと細かく収集するためのデータ機器をさらに多く設置するとか、費用かかりそうですけど、許容できるのかしら?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000015-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

自然の驚異を忘れてはいけないって事と、マスコミの横暴さが招いた事故だった>普賢岳火砕流http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000290-yom-soci

Yahoo:「普賢岳の大火砕流から22年、各地で追悼行事

>43人が犠牲となった長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流は、3日で22年を迎えた。

 被災地の同県島原市では、この日を「いのりの日」と定めており、各地で追悼行事が営まれた。

 被災者の移転先となった同市仁田町の「噴火災害犠牲者追悼之碑」の前には、朝から献花所が設けられ、遺族や市民らが白菊を手向けた。

 日本テレビカメラマンだった小村幸司さん(当時26歳)の両親で和歌山市から駆けつけた文宏さん(78)夫妻は白菊を手向け、「何年が過ぎても私たちの中では息子の姿は当時のまま。『今年も来たよ。来られる限りは会いに来るよ』と語りかけました」と声を詰まらせた。

 大火砕流が発生した午後4時8分には、防災無線を通じてサイレンが鳴り、市民が黙とうをささげる。


巻き込まれてお亡くなりになった方の、ご冥福をお祈りいたします

まず、火山噴火のすさまじさ、忘れちゃいけませんね
地球上に生きている限りはいろんな災厄に巻き込まれる可能性は高いです
そうならないように人間はいろんな知恵を使って避けようとしてきたわけですよ

ところが、この一件マスコミさえいなければ、おそらく犠牲になられた方の多数はそうならずに済んだということも忘れちゃいけないと思います

マスコミが取材と称して危険地帯に入っていったがために
それを助けるために、警察官の方や消防さんの方々などが巻き込まれる羽目になったわけです

マスコミが愚かな真似をしなければ失わずに住んだ生命があったことも忘れてはいけません


だからこそ、安全地帯から危険地帯に自ら入ってく人に対しては行政など救助に行く必要はないと思うのです。二次遭難など避けることは大事なことです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000290-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

そもそも二酸化炭素が温暖化の原因なのかどうかを共同で調べるべきでは?

Yahoo!:「「ポスト京都」先送りへ=議長国が合意案提示―COP16

>国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で最終日の10日(日本時間11日)、議長国メキシコが合意案を提示した。同案は2012年末で期限が切れる京都議定書後の温暖化対策の枠組みについて、「できるだけ早い作業完了を目指す」と明記。今後の協議に結論を委ねる方針を示した。ポスト京都をめぐる合意は事実上、南アフリカ共和国で来年開かれるCOP17に先送りされる公算が大きくなった。
 エスピノサ議長(メキシコ外相)は同日夕に開かれた全体会合で「全ての期待を満たしていないかもしれないが、われわれの最善の成果だ」と訴え、合意案への理解を求めた。全体会合はいったん中断され、各国が同案を個別に検討した後、再開。日本外交筋は「この合意案で採択されるだろう」と語った。
 「ポスト京都議定書」をどうするかは、今回の会議の最大の焦点。新興国・途上国が、先進国にだけ削減義務を課した京都議定書の延長を主張したのに対して、日本は、中国や米国に義務のない同議定書の延長に強硬に反対。条件付きで延長容認の欧州連合(EU)との間で、最後まで対立が解けず、結局先送りの方向となった。 


こうやって世界中の人が議論するのは良いとしても、
そもそも二酸化炭素が温室効果ガスなのかどうか再度調査し直すべきだと思うんですよね
なんか温暖化ビジネスを流行らせるためにやっているとしか思えません

ある国が排出量を減らしても
とある国と取引して、出したことにしたのでは、結局減ったことにはならないような気がするんです。金で解決したらおかしいです

エコカーだと言っても、10年走ってとんとんとかいうレベルなんですし、全くクリーンということはあり得ないわけで、本気で減らしたいなら今の先進国の生活レベルをかなり落とさないといけないのでは?
できないとは思いますが


で、二酸化炭素ではなく水蒸気の方が温室効果をもたらしているという話もあります。しかし水蒸気を減らしたら人類に悪影響を及ぼすことは必至。どうしたものでしょうか?

それから、太陽活動が停滞期に入り小氷河期に入る、という説が正しければ、
逆に温室化を進めて、気温が下がらないようにしなければなりません

温室化の原因をきちんと突き止めなければ、どうにもならないと思います
決めるのはそれからで良いんじゃないですか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101211-00000040-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

温室効果ガスのこと、白紙に戻すべきでは?

読売新聞:「国連の温暖化報告書、誤記や金銭問題浮上

>地球温暖化の危機を警告し、2007年にノーベル平和賞を受賞した国連の委員会「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC、事務局・ジュネーブ)を巡り、報告書の記述間違いや幹部にまつわる金銭問題などが相次ぎ浮上し、報告書の信ぴょう性が問われる事態となっている。


 間違いが見つかったのは、同年の第4次報告書にある、「ヒマラヤの氷河は35年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とする記述。1月17日付英紙サンデー・タイムズが、「厚さが平均300メートルある氷河が35年までに解けるのは非現実的」とする氷河学者のコメントを紹介すると、IPCC側は、あっさりと誤りを認めて陳謝した。

 一部の学術論文は、「『2350年』とすべき記述を間違えた可能性がある」と指摘している。

 同報告書を巡っては、昨年11月、作成にかかわった英イーストアングリア大のコンピューターに何者かが侵入、同大の研究者が米国の研究者に、気温の低下傾向を隠すための「トリック(ごまかし)を終えた」と書いて送信したメールなどを盗み出し、ネット上に公開する事件も発生した。このため、IPCCが氷河の解ける時期を温暖化の危機をあおるために意図的に間違えたと批判する声もある。

 さらに、この報告書にある、「オランダの国土の55%が海面より低い」という記述についても、データを提供したオランダ環境評価庁が、「不正確」とし、「『国土の26%が海面より低く、国土の29%が海面よりは高いが洪水の影響を受けやすい』が正しい」との声明を出した。

 これについて、IPCC事務局は「『国土の55%が浸水する恐れがある』と記述すべきだった」と事実上、誤りを認めた。

 また、ラジェンドラ・パチャウリIPCC議長も金銭絡みでやり玉に挙がっている。

 1月17日付サンデー・テレグラフなど複数の英紙を総合すると、パチャウリ氏が理事長を務める団体は、トヨタ自動車から8万ドル(約728万円)の寄付を受け取る一方、パチャウリ氏が審査委員長を務める環境関係の表彰では、同社のハイブリッド車「プリウス」が最高の賞に選ばれ、トヨタには150万ドルの賞金が贈呈されるという。

 こうした事態を受け、IPCCに関係する科学者5人は11日付の英科学誌ネイチャーで、組織の大規模改革を提言した。この中で、イーストアングリア大のマイク・ヒューム教授は「一つの委員会が、気候変動に関するすべての情報に総合的な評価を下すことは不可能だ」と強調した。


いろいろケチがつき始めましたね
いろんな事情があるんでしょうけど、一つには排出量の取引で利権が絡んでいると言うことも大きいのではないでしょうか?

金が絡めば当然不正が発生するのも自明の理。いったん温室効果ガスの問題は白紙に戻し、当然取引のことも無かったことにして、きちんと温暖化の原因について調査し直すべきではないでしょうか?

小氷河期へ向かっているという説もあったり、地球のこれからを予測するのは、非常に難しいことだと思います
ゆっくりする暇はないにしても腰を据えて研究してもらわねば、誤った策を実行してしまってからでは目も当てられないと思います


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

神風なのか、ただの災害になるか

Yahoo:「31日にも台風接近か=東・北日本は注意を−気象庁

>台風11号は29日午前、小笠原諸島・父島の東海上を北へ進んだ。気象庁によると、30日朝から夕にかけて同諸島に近づいた後、31日から9月1日にかけて暴風域を伴って東・北日本に接近する恐れがある。
 11号は29日午前9時、父島の東約600キロの海上を時速30キロで北へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル。東側330キロ以内と西側170キロ以内は15メートル以上の強風域。
 小笠原諸島近海や関東の南海上では、30日は波の高さが6メートルを超える大しけとなる見込みで、警戒が必要という。 


日本には昔から国が甚大な被害を受けようとしているときに、神風が吹き日本を守るといいます。まこと神が日本を守ってくれているかのように天災が起きます

もちろんただの被害が大きいだけの天災になる場合の方が多いんですけども

今回の台風がどの程度かわかりませんけど、日本にとって小沢政権という最大最悪の政権ができるかどうかのタイミングで来る台風が神風になり得るのか、ただ大きな被災をもたらすだけなのか、ちょっと興味があります

願わくば、日本に平穏がもたらされる、小沢にNoを突きつける風であって欲しいですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090829-00000028-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
タグ:神風 台風
posted by ! at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

不運な日食観測でした

Yahoo:「トカラ列島悪石島は暴雨風雨で避難呼びかけも

>6分25秒と世界で最も皆既日食の継続時間が最も長い、トカラ列島の悪石島には、人口の2倍近い1100人の観測客が訪れていたが、皆既日食が始まる午前10時ごろから、突然、激しい雨と風に見舞われた。

 観測用に用意した機材を手に、雨の当たらないテントの中などに駆け込む人など右往左往するなど、観測どころではなくなった。

 強い風雨は、テントを波打たせるほどになり、屋内への避難も呼びかけられた。



今世紀最大の天体現象といえども、地上の天候には勝てませんでしたね
せっかくトカラ列島周辺へ足を伸ばしていたのに、本当に残念なことになってしまいました

別の小笠原などでは素晴らしいダイアモンドリングが見えたそうですが、そちらは運が良かったというべきなのでしょうか・・・

2012年5月21日には東京をはじめとして、日本国内広いエリアで金環食が見られるという話
これは遠征しなくても見られそうなので、期待したい

また2035年9月2日には皆既日食が見られるという話だ
生きていられればだが楽して見られそうなので楽しみ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

さて環境対策はどうしましょう?>ミニ氷河期へ?!

痛いニュース:「太陽活動が200年ぶりの低水準 地球は「ミニ氷河期」へ

>1 名前: ジンチョウゲ(西日本):2009/06/03(水) 15:11:44.31 ID:Djghzgxl ?PLT
弱る太陽 活動200年ぶりの低水準
太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。国立天文台は今月下旬に研究者を集めた検討会を開く。

太陽の活動は約11年周期で活発になったり、静穏になったりというパターンを繰り返している。活動ぶりの指標が表面にシミのように見える黒点。黒点の周辺では爆発現象が多く起こり、黒点が多いほど、太陽の活動が活発だ。

太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17〜18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。

東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。
http://www.asahi.com/science/update/0601/TKY200906010159.html


黒点が現れていないことはだいぶ前から指摘されていましたが、やはり太陽活動が停滞気味ということがほぼ確認されたと言って良さそうですね
これが今後確定されたらいままで温暖化対策として行ってきたことが、逆にしていかないとならないかもしれません

冷えてくるんですから逆に二酸化炭素を発生されて地球が冷えないようにしなければなりません

観測結果への判断が待たれますね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

沖縄・奄美で梅雨入り

Yahoo:「沖縄・奄美が梅雨入り=平年より8〜10日遅れ−気象庁

>気象庁は18日、沖縄県と鹿児島県の奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。沖縄の梅雨入りは平年より10日遅く、昨年より4日早い。奄美は平年より8日遅く、昨年より4日早い。沖縄気象台によると、梅雨の期間中の降水量は平年より「少ない」見込み。 

いよいよ梅雨入りですか
雨が降って、じめじめした嫌な季節という印象があったものですが、昨今はあまり雨が降らないので、そんな感じがちょっと薄れた様な気もします

蒸し暑い嫌な季節の始まりで、嫌な季節という事は変わらないですが

しかしこういう四季がある日本を、日本人ならうまく愉しみたいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000037-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
タグ:梅雨入り
posted by ! at 20:29| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

台風1号発生

台風23号が発生したそうです

”Chanchu”チャンチーは、マカオの言葉で「真珠」を意味するそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 20:06| 東京 🌁 | TrackBack(1) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

寒いけど

流氷の接近は平年並みですか
お天気というか気象現象というのもよく分からないものですね

産経新聞:「オホーツク海で流氷を初観測 海自の哨戒機
posted by ! at 23:28| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

台風23号発生

台風23号が発生したそうです

”Bolaven”ボラヴェンは、ラオスの言葉で「高原」を意味するそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 22:53| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

台風22号発生

台風21号が発生したそうです(少し前ですが)

”Tembin”テンビンは、日本語「天秤座」に由来するそうです

台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 21:33| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

台風21号発生

台風21号が発生したそうです(少し前ですが)

”Kai-tak”カイタクは、香港の言葉で「啓徳(旧空港名)」を意味するそうです

台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 21:24| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

台風20号発生

20号の発生です

”Kirogi”キロギーは、北朝鮮で、「がん(雁)」だそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 18:11| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

台風19号

19号の発生です

”Longwang”ロンワンは、中国語で、「龍の王」だそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 19:41| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

台風17号18号発生

台風16号はすでに消滅
17号の発生です。これでアジア名は一通り使ったことになり、頭へ戻ります

”Saola”サオラーは、ベトナムの言葉で、「最近見つかった動物の名前」だそうです


18号の発生です

”Damrey”ダムレイは、カンボジアの言葉で「象」


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 18:31| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

台風15号発生

台風15号が発生したそうです

”Khanun”カーヌンは、タイの言葉で「果物の名前、パラミツ」を意味するそうです

台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 11:14| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

早明浦ダム満杯へ

被害に遭った方には申し訳ないのですが、気になっていた早明浦ダムがこの台風のおかげで一気に満杯になったようです

国土交通省:「ダム貯水状況図
posted by ! at 21:46| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

台風14号は、救いになるだろうか?

直接の大きな被害を受ける可能性がある方々には申し訳ないですが、少しでも早明浦ダムなどに水の補給をできるように、この台風14号が動かないかなぁと思います

それにしても、日本は水が豊かだとよく言われてきましたが、こうやって例年水不足で困っているというニュースがでるようになってくると、日本の水は実は少ないんだろうなと考えを改めた法が良いのだろうかと思います

水を大事に使わないといけないは当然のことですが、水の使い道を考え直さないといけないんでしょうかねぇ

読売新聞:「台風14号北上、4日夜には沖縄本島など暴風域に
posted by ! at 23:04| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

台風14号発生

台風14号が発生したそうです(少し前ですが)

”Nabi”ナービーは、韓国の言葉で「ちょう(蝶)」を意味するそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 21:20| 東京 ☔ | TrackBack(2) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

台風13号発生

台風13号が発生したそうです(少し前ですが)

”Talim”タリムは、フィリピンの言葉で「鋭い刃先」を意味するそうです

台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 21:00| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

台風が

いよいよ上陸しそうですね
各地で警報が出ているという臨時ニュースが流れています

大きな被害が出ないといいのですが


訂正
台風11号(MAWAR)
アジア名のMawar(マーワー)は、マレーシアの言葉で「ばら」を意味するそうです

台風12号(GUCHOL)
アジア名のGuchol(グチョル)は、ミクロネシアの言葉で「うこん」を意味するそうです
一つずれて紹介してしまいました
訂正させていただきます
posted by ! at 20:57| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

台風12号

台風12号が発生したようです


アジア名のMawar(マーワー)は、マレーシアの言葉で「ばら」を意味するそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 20:54| 東京 ☔ | TrackBack(1) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

台風11号

台風11号発生
産経新聞:「台風11号が発生

Sanvu”サンヴー”は、マカオの言葉で、「珊瑚」を意味するそうです


台風情報広域図
台風のアジア名

10号は見落としました
posted by ! at 16:49| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

台風9号発生

台風9号が発生です(8号が29日頃発生していたことに気がついてなかった)


8号は、ワシ、日本語の「わし座」より
9号は、マッツァ”Matsa”ラオス語の「魚の名前」とのことです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 23:30| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

台風発生

台風6号、7号が発生です

6号は、ナルガエ(Nalgae)といって、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で「つばさ」という意味だそうです

7号は、バンヤン(Banyan)といって、香港で「木の名前」を意味するそうです


台風情報広域図
台風のアジア名
posted by ! at 18:26| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

梅雨明け

梅雨が明けたそうです
暑いです

それだけですが


毎日新聞:「関東から中国で梅雨明け 熊谷で36・2度
posted by ! at 18:06| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

台風5号発生

台風5号が発生しました

名称”HAITANG”は、中国語で「野生リンゴ」だそうです


台風情報(広域図)
台風広域図台風のアジア名
posted by ! at 11:47| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 自然災害:天候、雨・台風など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする