2019年08月23日

無期限に出来るんじゃ無いの?>性犯罪の時間の壁https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00010045-bengocom-soci

Yahoo:「26年前に中学教師から受けた「性被害」、訴えた教え子が敗訴 「時間の壁」越えられず

中学3年生だった15歳の時から、当時在校していた札幌市立中学の男性教師にわいせつな行為をされ、その後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したとして、フォトグラファーの石田郁子さん(41歳)が教師と札幌市を相手取り、約3000万円の損害賠償を求めて提訴した裁判の判決が8月23日、東京地裁で言い渡された(田中秀幸裁判長)。

訴状などによると、石田さんは1993年3月、中学卒業式の前日に教師から呼び出され、キスされるなどわいせつな行為をされたという。わいせつな行為は19歳になるまで繰り返され、石田さんは2016年2月にPTSDを発症したと訴えていた。

争点となったのは、20年間を経過すると賠償請求の権利が消滅してしまう「除斥期間」を過ぎているかどうかだった。石田さん側はPTSDと診断された2016年を起算点としたが、裁判所はこれを認めず、除斥期間は過ぎていると判断した。石田さんは控訴する意向を示している。

●「どんな性被害があったのか裁判で聞いてもらえなかった」

石田さんは裁判や取材で度々、子ども時代に受けた性被害の特殊性を訴えてきた。

「性被害に遭ったことを、すぐに気づくことは子どもには難しいです。大人になって体に不調が出てから、やっと気づく場合もあります。医療関係者の間では、被害から20年、30年経って発症するのは当たり前だそうですが、世の中には知られていません。子ども時代に性被害があっても、時間が経っているからとあきらめてしまう人もいます」

除斥期間はこれまで同様の裁判でも、「壁」となってきた。最高裁は2015年5月、幼少期に親族の男性から性的虐待を受け、後にPTSDやうつ病を発症したと女性が訴えていた裁判で、2006年に発症したうつ病については請求権を認めた二審の札幌高裁判決を支持した。しかし、1983年に発症したPTSDは除斥期間が過ぎているとして認めていない。今年7月にも、約30年前に通っていた富山県内の小学校で当時教頭だった男性からわいせつ行為を受け、PTSDを発症した40代女性が損害賠償を求めたが、金沢地裁は除斥期間が壁となって、女性側が敗訴している。

判決後、石田さんは、「性被害の事実認定をする前に判決が出てしまいました。どんな被害があったのか、聞いてももらえない」と悔しさをにじませた。石田さんは提訴前に、札幌市教育委員会に教師の処分を求めてきたが、教師が否認しているなどとして拒否したという。石田さんは、控訴の意向について、「これ以上、自分と同じような被害者を出したくない」と語った。

判決を受けて、札幌市では「原告の訴えが棄却されたという事実だけ把握していますが、判決の内容を確認した上で、誠実に対応していきたいです」と話している。


子供相手の、こういう性犯罪者
特に許せないっしょ

この方は訴え出てきたけど、もしかしたら他の被害者がいて泣き寝入りしている可能性があるわけで
見つけ次第教師の資格を無くすべきだし、厳しく処罰すべきでしょう

教師の性癖はプライバシーとかいわずに、確認すべきじゃないのかな?
子供に性欲を感じるような外道が教師じゃ困るでしょう


で、
どんな時点であっても、犯罪を確認できるなら処断できるようにすべきでしょう
殺人罪の時効が無くなったように、性犯罪でも時間の壁は無くすべきですね
被害者が泣き寝入りしないで済むようにすべきです

何で時間が経ったら罪が消えるんでしょうかねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00010045-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:21| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

性犯罪者に対してより厳しい目で見るべきだよねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00050015-yom-soci

Yahoo:「朝の通学時、トイレで7歳女児に性的暴行…練馬

小学生の女児(7)に乱暴したとして、警視庁練馬署は15日、住所不定、無職保元(やすもと)太志容疑者(27)を強制性交容疑で逮捕したと発表した。逮捕は13日。

 練馬署幹部によると、保元容疑者は4日午前8時半頃、東京都練馬区の路上で、通学中の女児に「ちょっと来て」と声をかけ、手をつかんで近くの公衆トイレの個室に連れ込んで性的暴行を加えた疑い。数百メートルにわたって、女児の後をつけた上で声をかけていたという。保元容疑者は調べに対し、容疑を認めている。

 周辺の防犯カメラや、現場から採取された微物のDNA型から保元容疑者が特定され、練馬署が指名手配して行方を追っていた。13日に渋谷区の路上で警察官が発見し、身柄を確保した。


こういう変質者が生きていられることが不思議でなりません
一年ばかり前にもやらかしていたそうですね
なのに普通に世間にいられることがとても不思議です
世の中に出しちゃ駄目でしょう?

おそらくこの一件でもせいぜい10年長くても20年は無いだろうし、そのくらいで社会復帰できてしまう刑法がイヤですね
何で死刑に出来ないんだろう?

オリの向こうにいたから更生できましたって出しちゃうのはやっぱりおかしい
性犯罪者はおしなべてオリの向こうで生涯を過ごすべきで社会にいてはいけないと思う


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00050015-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村

ラベル:死刑 性犯罪
posted by ! at 20:10| 東京 | Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

性暴力を封じるための方策が中途半端って事かな?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190408-00000031-ann-soci

Yahoo:「“娘と性交”父親が無罪の理由 抵抗可能だった?

娘と性交した父親の裁判で無罪判決が言い渡されました。判決では「娘は抵抗可能な状態だった」とされていますが、その判断の理由とは。

 共同通信によりますと、父親である男性は実の娘が19歳の時に勤務先の会社やホテルで抵抗できない状態に乗じ、娘と性交したとして準強制性交の罪に問われて懲役10年を求刑されていました。検察側は「中学2年生のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させていた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論。名古屋地裁岡崎支部は、同意については「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と娘の同意はなかったと認定しました。
 しかし、抵抗できる状態であったかについては「以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れて拒めなかったとは認められない」と指摘。抵抗を続けて拒んだり、弟らの協力で回避したりした経験もあったとして、「従わざるを得ないような強い支配、従属関係にあったとまでは言い難い」と判断。「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として、無罪判決を言い渡しました。
 子どもの人権問題に詳しい寺町東子弁護士:「日本の刑法では不同意のセックスが処罰対象ではなく、暴行脅迫を用いて、あるいは抵抗不能の状態に乗じて性交などを行った場合に罪になる。被害者が同意していなかったということだけでは罪にならない。家庭内の虐待ですと、それまでの積み重ねのなかで抵抗しても無駄と刷り込まれてしまっていたり、抵抗することで暴力を振るわれた経験があったり、もっと強く抵抗した場合に何をされるか分からないという恐怖があったり、支配と従属関係というのができてしまっていることが多い。さらに抵抗がしにくい状況というのがある」
 2017年の刑法改正では親から子どもなどへの性的虐待を処罰する「監護者性交等罪」も導入されましたが。
 子どもの人権問題に詳しい寺町東子弁護士:「18歳未満の者に対し、監護者の影響力に乗じて、性交等を行った場合、暴行脅迫がなくても罪になる。(今回の事件の被害者は)18歳未満ではないので該当しない」
 一方で、20歳未満は未成年として扱われ、親権者の同意がなければ法律行為はできません。家の契約も携帯電話の契約も親の同意が必要なのです。
 子どもの人権問題に詳しい寺町東子弁護士:「18歳、19歳のお子さんが被害に遭っていて、逃げたいと思っても、家でお父さんからの被害を我慢するのと家出して路上でもっと危険な目に遭うのとどっちがいいかを突き付けられて、(暴行被害を)我慢しちゃうと『受け入れていた』という認定がされてしまう。18歳、19歳の子どもたちにとっては過酷な法的状況だと思います」


間違っていたら申し訳ないですけど
近親婚は禁じられているけど、近親間でのセックスは禁じられてなかった気がします
なんで禁止しないのかなぁって不思議に思うんですよね

なんにしても記事の通りの状況ならば
日本では性暴力を封じるのは難しいって事ですね
やったもの勝ちの状況じゃ無いですか

再検討してもっと積極的に性暴力を押さえ込むための方策を整えてほしいものです

このおやぢもさっさと吊すべき存在ですよね!
控訴されているようですが、求刑がわずか10年だし死刑にならないんじゃどうしようもないよなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190408-00000031-ann-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:父娘 近親 性暴力
posted by ! at 21:13| 東京 ☔| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

性犯罪者を死刑にしようhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000548-san-soci

Yahoo:「ごみ出し中に侵入、浴室に隠れ性的暴行 25歳男逮捕

女子大学生の自宅に侵入して性的暴行を加えたうえに現金を奪ったとして、神奈川県警捜査1課は4日、強盗強制性交などの疑いで、相模原市南区文京の会社員、増尾優太容疑者(25)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月11日午前2時ごろから同4時ごろまでの間、区内に居住していた当時大学1年の女子学生(19)の自宅マンションに侵入し、女子学生に目隠しをしたうえ、「(目隠しを)取ったら殺す」などと脅して性的暴行を加え、現金を奪ったとしている。

 同課によると、増尾容疑者は女子学生がごみを出しに外に出た隙に、無施錠の玄関から室内に侵入。浴室内に潜み、女子学生が入浴しようとしたところを襲った。増尾容疑者は女子学生を暴行後、携帯電話を取り上げて、返す代わりに金銭を要求し、コンビニエンスストアのATM(現金自動預払機)で引き出させた現金5万円を奪い取った。防犯カメラの映像などから増尾容疑者が浮上した。

 区内では数年前から10〜20代の女性が男に襲われる同様の被害が発生していた。増尾容疑者は数件について関与をほのめかしているといい、同課が捜査を進めている。


一回の犯罪で、たぶんおそらくは間違いなくその後の人生が駄目になってしまうわけです
そんな加害者を生かしておく正当な理由があるのでしょうか?
こんな犯罪が起きないように抑止力の意味合いでも死刑を採用すべきだと思いますね!

何年かして社会に戻っても、またやるだけでしょ?生かしておくだけ迷惑でしか無いです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000548-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪 暴行 死刑
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

性犯罪者が存在する限り注意喚起としては悪くないと思うけどねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00010001-bfj-sci

Yahoo:「「女児が性的暴行を受け子宮全摘」はなぜ拡散したのか 噂の専門家が語る“善意“の恐ろしさ

3月初旬にネット上で議論を巻き起こした「ある6歳児が公園のトイレで性的暴行を受け、子宮を全摘した」というツイート。同様の「噂」はBuzzFeed Newsが調べただけで、1990年代から全国で何度も広がっていた。チェーンメール、2ちゃんねる、そしてSNSとツールを変えて広がり続けてきた。なぜ、ここまでの拡散力があったのか。専門家に話を聞いた。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

「今回の話はこれまでもたびたび流れていた、典型的な噂です」

そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、中央大教授の松田美佐さん。噂の専門家だ。

松田さんによると、「幼児が誘拐され襲われる」という噂は、1990年代前半から2000年代前半にかけて、兵庫、大阪、和歌山、長崎、広島、宮崎、石川、鹿児島、福島、秋田、神奈川、愛知、福岡などで広がってきたという。

また、BuzzFeed Newsの調べでは、同様の噂に「子宮破裂」「子宮全摘」という言葉が付随したものが、同時期に少なくとも佐賀や福島、神奈川で広がっていたことが確認されている。

「大規模なショッピングセンターが一般化した2000年代ごろから、トイレに一人で行かせている間にさらわれ、暴行を受けたという話が流れるようになりました。報道されていない、警察が事件を隠している、というもっともらしいディテールがつくようになったのです」

こうした噂には「外国人」という具体的な犯人像が付与されて出回ったこともあった。また、店名などを名指しするケースもあった。
「女児が性的暴行を受け子宮全摘」はなぜ拡散したのか 噂の専門家が語る“善意“の恐ろしさ

Kota Hatachi / BuzzFeed
変質する誘拐の噂

これは、ある種の都市伝説なのだろうか。

「いえ、都市伝説は起承転結が整ったストーリーとして完成しているものを指します。今回のものはそこまでの内容ではない。あくまで噂と言えるのではないでしょうか」

そもそも、こうした類型の噂は古くからあるものだ、と松田さんは説明する。

「子どもや女性が誘拐されるというのは、典型的な『噂話』です。事件が隠されている、性犯罪であるが故に語られないなどの尾ひれがついていくことは、どの社会でもよくある話です」

「オルレアンの噂」と呼ばれるものがある。1969年にフランスで広がったもので、ブティックの試着室で女性がさらわれるというものだ。

こうした類型の噂は、日本でも海外旅行が浸透しつつあった1980年代後半に流行した。「海外で若い女性がさらわれ、手足を切られ見世物にされる」という内容だったという。

噂の舞台はその後、国内に場を移した。「カップルでいたときに女性だけが襲われた」と変質し、さらに1990年代前半には「女性が外国人にレイプされた」と変わり拡散。

それに代わるような形で、90年代後半から女児誘拐の話が流れるようになったのだという。


不安と善意に乗じて拡散

噂の流布量は、「当事者に対する問題の重要さ」と「あいまいさ」の積に比例する、という公式がある。

アメリカの研究者が発表したものだが、松田さんはこれに触れながら、こう説明する。

「それだけではなく、人々の不安を突いたものが広がる傾向にあります。今回の噂のような事件は、本当にあってもおかしくないですし、実際に同様の事件も起きている」

「だからこそ、特に小さい子どもを持つ母親の不安をあおる形で広がったのではないでしょうか。『子宮全摘』というセンセーショナルな表現が、それに拍車をかけたとも言えます」

実際に起きていそうなこと、同じようなことが起きていること、さらに「ない」という証明をしづらいことーー。

こうした噂は、人々の不安をあおり、身近な人に伝えたいという「善意」がさらに拡散を加速させるのだという。
「女児が性的暴行を受け子宮全摘」はなぜ拡散したのか 噂の専門家が語る“善意“の恐ろしさ

2007年、「女児暴行」の噂を受けて出された神奈川県警の注意喚起
事実でなくでも注意喚起…?

一方で、噂を検証する際に必ずついて回るのが、「事実に基づいていなくても注意喚起になる」という言説だ。松田さんは、これを批判する。

「昔から、事実に基づかないお話をすることで教訓を伝えるということはされてきました。しかし、事実に基づいていない以上、過剰すぎる話だったり、警察や報道への不信感を蔓延させたりすることにもつながりかねません」

「また、以前広がっていた一部のパターンのように『外国人』などという具体性が与えられたときにどうなるのか。そうした人たちへの差別や偏見をあおることにもつながってしまいます。時にそれが、命をも奪うこともある」

松田さんが言及したのは、2018年で起きたメキシコのある事件だ。

チャットアプリ「WhatsApp」で拡散した噂によって、無関係の男性2人が児童誘拐の犯人として名指しされ、暴徒化した人々に火をつけられ、殺害されたのだ。BBCが報じた。

「今回の女児をめぐる噂は加害者に言及するものではありませんでしたが、特定の人物や特定の人種、性別に紐付く紐づく危険性も高かったと感じています」


SNSによる可視化、強まるバッシング

「女児が暴行され、子宮を全摘した」という噂は、口頭で広がっていたものがチェーンメールや2ちゃんねる、そしてTwitterと、ツールを変えてたびたび、広がってきた。

とりわけ、今回のツイートに関しては4万5千RTを超えるほどの拡散を見せている。ネット社会は、噂の拡散を助長しているのだろうか。

松田さんは、SNSやコミュニケーションツールの発達だけが噂の拡散に拍車をかけているわけではない、とみているという。

「ネットがでるずっと前から、噂は思った以上のスピードで拡散していたんです。口頭やビラ、さらには電話を介して広がり、たとえば銀行で取り付け騒ぎが起きたこともある」

「ではネット時代はどうか。Twitterなどの開かれているSNSであれば、逆に検証をする人も増えています。噂が広がるのも早いかもしれませんが、その賞味期限も短くなっている」

オープンなSNSでは噂の伝達も一気に進むが、その経路が明らかになりやすく、検証も進みやすいということだ。

「一方で、発信者へのバッシングが強まっていることも気になります。ルートが可視化されることで、発信者があたかも悪意を持っているかのように叩かれる。しかし、噂はデマやフェイクニュースと違って、流している側は不安や、善意をもとにしていることが多い。指摘する側も、寛容になるべきだと思います」
「女児が性的暴行を受け子宮全摘」はなぜ拡散したのか 噂の専門家が語る“善意“の恐ろしさ

熊本地震の際に拡散した「ライオンデマ」
噂に惑わされないために

私たちが噂に惑わされないためにできることとは、何なのだろうか。

「思わずリツイートしたくなるものが流れて来たときに、一旦考えることが大切だと思います。『女児が子宮全摘』という話についても、本当に被害にあった家族がいたら、そのような物言いで広げることなんてありえるのだろうか、と考えてみてほしい」

「もうひとつは、パターンや典型例を知ることです。たとえば大きな地震があったときは、余震に関する噂が必ず出回りますよね。今回の女児の件も、過去に同じ噂を聞いたことがあった人はピンと来て、すぐに検索して調べられたはず」

さらに、「権威づけ」や「又聞き」も、噂を見抜くひとつの要素だという。

「役人や社長から聞いた、マスコミの知り合いが言っていた……など。もしくは親しいネットワークを強調することもありますね。友達が言っていた、などもその典型です」

松田さんはいう。「人類がコミュニケーションを取る以上、噂はなくなることはありません」と。

ネット時代には検証が進みやすいとは言えど、LINEなどのクローズなSNSでは、拡散が一気に進むおそれもある。災害などの有事であれば混乱に拍車をかけ、先のメキシコの例のように、最悪の事態につながる可能性も、ゼロとは言えない。

そのうえで松田さんは「善意は怖いものなんです」と、言葉に力を込めた。

「善意が必ずしも良い結果をもたらさない。事態をより混乱させたり、社会を不安にさせたり、誰かを傷つけるおそれだってある。そういう『善意の恐ろしさ』を、忘れないようにしてほしい」


加害者がどんな姿で現れるかわからないんだし
注意喚起として役立つなら良いと思いますけどねー

噂話とか、そういうことに矮小化しない方が良いと思うんだけどね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00010001-bfj-sci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

改めて性犯罪の厳罰化をhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00009348-bengocom-life

Yahoo:「女性専用車両の機運高めた30年前の「御堂筋事件」…痴漢を注意したら強姦被害

東京や大阪など、都市部を中心に導入されている女性専用車両。痴漢被害から守ってくれる存在ですが、いつ、どのような形で始まったのか、知っていますか。

日本における女性専用車両は、1912年(明治45年)1月に東京の中央線において、朝夕に限って導入された「婦人専用電車」が最初とされています。近年の本格的な導入の大きなきっかけになったとされているのが、1980年代の「地下鉄御堂筋事件」です。どのような事件だったのでしょうか。(ライター・平塚陽子)

●痴漢行為を注意した女性が逆恨みで強姦された

1988年11月4日午後9時ごろ、大阪市営地下鉄御堂筋線の本町ー心斎橋間の電車内で、2人組の痴漢行為に対して注意した当時20歳の女性が逆恨みされました。2人組は女性の首などをつかみ、大阪、堺市内を連れまわしました。午後11時50分ごろ、マンション建築現場に連れ込み、ノコギリで脅して強姦しました。大阪地裁堺支部は、被告人に3年6カ月の実刑判決(求刑4年)を下しました。

この事件を受けて、女性たちが立ち上がりました。事件後すぐに発足した「性暴力を許さない女の会」は事件の翌月、大阪市交通局や鉄道各社に要望書を提出しました。同会が要望した内容は、次のとおりです。

(1)性暴力をなくすよう、車内広告やアナウンスなどで積極的なPR活動を行うこと (2)性暴力を誘発するようなポスターなどを、駅構内や車内で掲示しないこと (3)駅員(特に女性駅員)を増員し、女性が性暴力にあわないようにするとともに、被害があった場合は即座に対応すること

しかし、性暴力を許さない女の会によると、これらの要望に対する回答や対応は残念なものでした。交通局の姿勢としては、男性に痴漢をやめろと呼びかけるのではなく、巡視や見回りの強化や、女性に自衛を促すというものでした。

同会は他の関西私鉄各社にも同じ要望書を送付し、対応の改善を求めましたが、当時は痴漢というセクシャルな話題を前面に出すことに対する抵抗が強く、「迷惑行為はやめましょうという」という程度のキャンペーンを行うなどの対策がとられるにとどまったそうです。

その後も、各団体等は活動を継続し、交通局や鉄道各社への働きかけを行ってきました。そのような中で、社会的な機運も高まり、「痴漢アカン」という、加害者に対するメッセージの含まれた初のポスターや、電車での車内放送なども実現するようになり、2000年以降には関東や関西で女性専用車両の導入が始まりました。

●関西では終日女性専用車両がある路線も

現在の大阪の鉄道各社の痴漢対策はどうなっているのでしょうか。大阪の中心地、梅田の各鉄道会社の駅(JR大阪駅、阪神梅田駅、阪急梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅など)を歩いてみましたが、痴漢についてのポスターは見当たらず、商業用の広告ばかりでした。

地下鉄御堂筋線なんば駅のホームには、足下や柱に、女性専用車両であることが大きく明記されています。女性専用車両の車体にも、ピンクの大きなステッカーで、女性専用車両と記載されています。乗り込むと、壁が一部薄ピンク色だったり、つり革の一つ一つにも、女性専用車両を記載された小さなポスターが付けられていたりと、女性専用車両であることが一目瞭然となっていて、男性が誤って乗るということはなさそうです(なお、この日の車内には、座席は全て埋まり、立っている乗客も多くいる状況でしたが、1人だけ男性が乗っていました)。

筆者自身、普段は女性専用車両を選んで乗車するということまではしませんが、女性専用車両はやはり、男性と接近することがないという点で居心地のよさを覚えます。

女性専用車両について、JR西日本や大阪メトロ、阪急電車では、終日導入されている路線があります。阪神電車や南海電鉄、近畿日本鉄道(近鉄)では、時間帯や方面を限定して女性専用車両を導入しています。

ちなみに、JR東日本では、女性専用車両が終日導入されている路線はありません。このような違いが生じる理由は多々考えられますが、東西での混雑率の違いや、並走路線の有無(サービスを競う必要があるか)によって違いが生じているものと考えられます。

●電車での痴漢や強制わいせつは年間3000件以上

平成27年版の犯罪白書によると、2006年から2014年の間の迷惑防止条例違反の痴漢事犯及び電車内における強制わいせつ事犯は、2007年をピーク(4515件)として、その後4000〜3500程度の間で増減を繰り返していますが、やや減少傾向にあるといえます。

もっとも、その件数は毎年3500件以上にものぼります。この数字は、警察等により犯罪として認知された件数です。特に性犯罪は、羞恥心や恐怖心から、被害に遭ったことを誰にも打ち明けられないケースが多いことに鑑みると、実際の被害者は、さらに多いでしょう。

さらには、最近では「新型痴漢」と呼ばれる行為がニュースで取りざたされることもあります。電車の揺れに合わせて体を接触させる・匂いをかぐ等の行為のことです。新型痴漢が、従来型の痴漢のように迷惑防止条例等の法令に触れるか否かはさておき、そのような行為を受けた女性が不快感を覚えることは確かであって、女性の心情を顧みない行為という意味で、痴漢と同等に撲滅したいものです。

●時代の流れとともに戦った結果、できたもの

地下鉄御堂筋事件は、電車を利用する女性はもちろん、それ以外の多くの女性に衝撃を与えました。当時の女性たちが、その衝撃に屈することなく、声を上げ続けたことで、痴漢に対する社会の受け止め方は、大きく変わりました。今、私たちが、当たり前のように目にし、利用する女性専用車両。これは、社会の流れで自然にできあがったものではなく、時代の流れと戦った人たちがいてくれたからこそ存在するものであるということを、忘れてはならないように感じます。


ここで論ずることじゃないかもしれませんが、
痴漢への認識の変化は良いことですが、冤罪などによって社会的地位を失う男性がいることも忘れちゃいけないと思います
そういうことをする悪い女性も罰せられるようになって欲しいものです
なので、女性専用車両の存在は意味があると思いますし、男性専用車両が出てくる必要性も高いのではないでしょうか?
満員電車の時間帯ははっきり男女を分けた方が良いとは思うんですよね
性犯罪を防ぐ意味と、痴漢冤罪を無くす意味では

そもそも満員電車、小さいエリアにたくさんの人がすし詰めにされるという非人道的な空間が未だに解消されない現代社会もおかしいとは思いますし、まずこれをなんとかすることも重要かもしれませんよね
でも、すぐ出来ることと言えば男女を分ける方が手っ取り早いかもしれませんね


なんにしてもそういう卑劣な犯罪を犯す連中への罰が軽いこと
記事のような非道な連中は即吊すべきだと思いますし、そうでなければいけません
死刑、終身刑など性犯罪者はこの世から隔離しなければいけない犯罪ではないでしょうか?
この世で生きていく資格なんぞあり得ないとかんがえます

もちろん冤罪では無い限り、ですが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00009348-bengocom-life


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:58| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

医師がやったことが前提になってるけど、それはそれでおかしいのではないか?https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00011088-bunshun-soci

Yahoo:「「手術後わいせつ事件」乳首をぬぐった鑑定資料は廃棄されていなかった

東京都足立区の病院で2016年、手術直後の女性患者・A子さんの胸を舐めたなどとして男性医師(43)が準強制わいせつ罪に問われた事件で、12人の弁護士による被害者支援弁護団が3月15日に結成された。男性医師には東京地裁で無罪判決が出たが、検察はこれを不服として控訴していた。

鑑定資料はいまも科捜研にあります

 A子さんの代理人を務める上谷さくら弁護士は、東京地裁内の司法記者クラブで会見を開き、「あまりに雑な判決だったこと、そして被害者バッシングがひどいことから、弁護団が結成されました。私も国選弁護人ですし、みなさん無償です。被害者からも『より多くの弁護士に支援してもらえるのであれば、ありがたい』と言われています」と述べた。

 無罪判決のポイントの一つとして、被告のDNA鑑定に使用された抽出液の残りが廃棄された件が問題視され、判決文において「非難されるべき行為」とされている。この点について弁護団の一員で、医療訴訟なども数多く手がける高橋正人弁護士が語った。

「鑑定資料を全量廃棄した、つまり再鑑定ができないかのように判決文に書かれていますが、それは間違いです。鑑定資料はいまも科捜研(警視庁科学捜査研究所)にあります。再鑑定も可能です。ただし、(一審では)被告側は再鑑定を求めていません」

 警視庁刑事局長発(平成22年10月21日付)の「DNA型鑑定の運用に関する指針の改正について(通達)」によれば、「当該資料の残余又は鑑定後に生じた試料の残余は再鑑定に配慮し、保存すること」とある。本件において、この通達は守られていたのだろうか。
一番大切なのは再現可能性を残しておくこと

 高橋弁護士が解説する。

「今回の事件では『資料』は乳首、『試料』は乳首をぬぐったガーゼになります。同じ読みなので紛らわしいですが、そのどちらかを保存すればいい。もちろん乳首をそのままの状態で残すわけにはいかないので、洗ってしまうしかありません。

 実際にどうやって鑑定をしたかと言えば、まず乳首をぬぐったガーゼをはさみで切って、半分を保管しておきます。そして、切ったガーゼから糸を計4本抜き出して、アミラーゼを抽出するわけです。4本を抜いた残りからDNAを検出します。ここでは(被告)本人のDNAを検出できました。したがって、アミラーゼも本人のDNAにもとづくものだと言えます。アミラーゼとは、唾液に含まれている消化酵素のこと。最終的には抽出液を作って、アミラーゼを抽出したのです。

 問題となっている『全量廃棄』とは、この抽出液を廃棄しただけ。半分に切ったガーゼ、すなわち試料は残っている。判決は『抽出液を残せ』と言っているが、(実験の)結果しか出ていないものを残す意味がない。一番大切なのは経過です。他の人が同じ条件で再実験をしたら、同じ結果が出るための再現可能性を残しておかなければいけない。そして、本件では試料のガーゼは残っているんです。裁判官はこの点を完全にスルーしていて、きわめて非科学的な判決だと私は思っています」

二次被害に他なりません

 同じく被害者支援弁護団の川上賢正弁護士は、「お医者さんはそんなことをするはずないという偏見と予断に満ちた判決です。また、インターネットを中心に被害者に対するバッシングがかなりある。判決が出たことで『嘘つきじゃないか』と弾劾されることは、被害者にとって本当につらいこと。二次被害に他なりません」と述べた。

 刑事訴訟においては、検察官が公判で犯罪を証明する証拠を提出するほか、証人尋問を行うなど適正な刑罰の適用を求める。一方、「被害者参加制度」によって、一定の犯罪被害者は裁判への参加が認められている。A子さんの弁護団では、控訴審に向けて検察とすり合わせをした上で、一審判決に関するさまざまな疑義について訴えたいとしている。


被害者の証言が絶対に正しいという客観的な証拠がなければ
医師の犯罪を証明出来ないんじゃない?

やったはず、で有罪にされてしまったら、痴漢の冤罪と同じ構図でしょう?

手術後では、麻酔の影響でせん妄状態になるって聞いたので、そういうことを考慮しなければまずいと思います
被害者の言い分が絶対では駄目ですね
被害者の言い分を裏付ける客観的な証拠がなければ、『嘘つき』で終わる話です


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00011088-bunshun-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

性犯罪者へのもっともっと厳罰化をhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190312-00413976-fnn-soci

Yahoo:「シングルマザーに近づき娘にわいせつ 元社長に「懲役11年」

「母子家庭の力になりたい」。
そう言って、シングルマザーに近づき、犯行に及んでいた。

FNNの取材に「女性の心を利用して、こういった犯罪に及んだということが、とてもわたしたちは悪質で許せない。阿部譲(被告)は、ひきょうで、こうかつで、根っからの悪人だと思う。シングルマザーの子どもを狙った犯罪ですので...」と怒りをあらわにしたのは、被害に遭った女の子の母親。

相手の人物は、女児4人に乱暴するなどし、強制性交の罪などに問われている山形市の広告代理店社長・阿部譲被告(35)。

12日、懲役11年の実刑判決が言い渡された。

2014年6月から2018年3月にかけて、当時、4歳から9歳までの女児4人に対し、乱暴やわいせつな行為をしたとされる阿部被告。

犯行時、裸の画像をスマートフォンで撮影するなどしていた。

阿部被告は当時、複数の女性と交際し、相手の娘を預かるなどして、会社の事務所などで犯行に及んだとされている。

以前、阿部被告に離婚の相談をしていたという別の被害女児の母親は、「自分の都合で離婚して、子どもにも寂しい思いをさせているというのはすごくあったので、(阿部被告から)『自分なら助けてあげられるよ』というようなことを言われると、1人で頑張らなくてもいいんだなと思ってしまって、そこにうまくつけ込まれたのかなと」と話した。

そして、阿部被告は母親に対し、「彼から(娘を)『預かるよ』というような発言が何度もあったような記憶がある。“この日忙しいんだ”ということを話題にすると『じゃあ預かろうか?』、『この時間1人にさせてあげるよ』というようなことは、口癖のように言っていた」と話した。

母子家庭を狙い、力になりたいと接近してきたという阿部被告。

これまでの公判で、被告は、わいせつな行為を認める一方、乱暴する意思はなかったと主張。

12日の判決公判で、山形地裁は一部乱暴する意思を認めなかった一方で、「ゆがんだ性的欲求から14回にわたって、わいせつな行為を繰り返した」として、懲役11年の判決を言い渡した。

この判決に、被害女児の母親は、「(懲役11年は)短いと思う。わたしたちの娘が小さいころに受けた被害、そのあと11年男が刑務所に入っていたとしても、ちょうど(出所が)恋愛する時期なんです。その時期にきっと苦しむと思う」と話した。

阿部被告の弁護人は、本人と面会し、控訴の意思を確認するとしている。


こういう変質者を日本の法では吊せないのが駄目だよなぁ
さっさと吊してしまえば良いのに

たった11年でなおるわけないでしょうに
吊して、この世から去らせるのが、一番の治療法

性犯罪の厳罰化、死刑を適用出来るようにすべきだ
更生の余地とかそういう加害者を優先した考え方は止めよう


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190312-00413976-fnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

男だったら実名報道だっただろうな>女の性犯罪者は伏せられるモノ?>男性差別?!https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201903/0012139834.shtml

神戸新聞:「14歳男子中学生とみだらな行為 28歳の女逮捕

14歳の男子中学生にみだらな行為をしたとして、兵庫県警兵庫署は12日、県青少年愛護条例違反の疑いで、大分市の会社員の女(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年8月18〜19日、18歳未満と知りながら中学3年の男子生徒=当時(14)=と神戸市内のラブホテルでみだらな行為をした疑い。容疑を認めているという。

 同署によると、2人はインターネットのチャットを通じて知り合ったという。今年1月中旬、生徒が「(女と)一緒になります」と書き置きを残し、家出したことが発端となり発覚。生徒は「(女は)自分より一つ年下と聞いていた」と話しているという。



コレ逆のパターンだったら、加害者に非難殺到するような報道がなされたんじゃないですか?
当然実名報道だろうし

もしかしてナチュラルに男性差別してますか?
特に犯罪に関しては、年齢、性別、障害の有無、人種とか関係なく
やったことに応じて報道すべきじゃないの?
報道が加害者に忖度しちゃいけないよね


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪 男性差別
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

原則的には吊すべきだし、そうでなくても終身刑で良いのでは無いか?>性犯罪者は社会から隔離すべきhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000006-mai-soci

Yahoo:「絶てるか性犯罪の連鎖 受刑者指導 伸び悩む効果

法務省が2006年から始めた受刑者への性犯罪再犯防止指導。18年3月までに延べ5548人が受講したが、07年7月〜11年末に出所した元性犯罪受刑者2147人の同種再犯率は受講者12.8%、非受講者15.4%で「有意な差はない」(法務省)。一度受講したものの再犯に及んだ30代の男性受刑者に取材し、模索の続く再犯防止対策の現状を追った。【岡村恵子】

 ◇困難な「対処法」の習得

 「自分の行動をずっと見張り続けるということです」。中部地方にある刑務所の一室。記者に対し、男性受刑者は自分に言い聞かせるように語った。

 数年前、登校中の女児に対し、体を触る強制わいせつなどの事件を起こした。出所後10年近く。「人けのない所を女の子が1人でこちらに向かって歩いてきた。できそうな状況に出くわしてしまった」と振り返る。

 20代半ばで女児への強制わいせつ罪で初めて刑務所に入った。性犯罪再犯防止指導を受け、「なるべく子どもがいるところに行かない」という対処計画を作成した。しかし、出所後は時間がたつにつれ「もう大丈夫」という気持ちになった。

 「偶発的」という登校中の女児に対する行為で、再び犯罪を重ね始める。次は下校中の女児を狙って待ち伏せした。逮捕され、再び刑務所に収容された。

 当時は無職。出所後に就職したが、職場で前科のうわさが広がった。職場の人に問われて認めると、「辞めることを考えてくれないか」と告げられた。

 父親から殴られて育った。母親も殴られたり蹴られたりしていた。小学生の頃は、1週間着替えないで不潔にしていても放置された。友人に暴力を振るい、次第に周囲は離れていった。10代から20代にかけて強制わいせつ行為を繰り返し、被害者は多数という。「父のまねをして支配的に振る舞ってしまった。女児を対象にしたのも、未熟な者を思い通りにすることに楽しみを感じていたのかもしれない」と話した。

 出所後、なぜ再犯をしたのか。男性受刑者は「前回は自分が女児への性加害に依存していることを認められなかった。依存症はやめられない病気なので、どうしようかなという気持ち」と語った。

 男性は今の刑務所で再び、性犯罪再犯防止指導を受けている。指導を担当する男性法務教官は、男性受刑者が「依存症」を理由とすることに疑問を抱く。「対等な人間関係を作れない劣等感や、うまくいかないことへの対処法として性加害しかないと思い込んでいるのでは。(今回の受講により)他のことで自分を満たせると気付かせ、性加害から遠ざかるようにしなければならない」と分析した。

 ◇「被害者の苦しみを知って」

 過去に性暴力や虐待を受けトラウマを抱える女性の自助グループ「Thrive(スライブ)」(名古屋市)の代表、涌井佳奈さん(43)は「絶対に再犯してほしくないのが私たちの願い」と話す。

 グループには約80人が登録している。子ども時代に父親など身内から性被害を受けた人が多い。記憶を封印していたものの、大人になってから依存症や摂食障害を発症し、苦しみ続ける人も少なくない。誰にも言えず、後遺症の長期にわたる治療費ものしかかる。

 涌井さんは「被害者の現状はあまりに理不尽。こうした被害者の視点を知らないと、加害者の本当の反省にならない」と訴える。出所した加害者の治療機関や相談先の整備など社会の取り組みが不十分とも指摘し、「恐怖を感じる」と語った。

 性犯罪治療に詳しい原田隆之・筑波大教授は被害者について「子ども時代の性被害を大人になって証明するのは難しい一方、トラウマを抱える人々への公的支援はほとんどない」と解説する。その上で再犯防止対策に関し「出所後の治療施設などがほとんどなく、前科で就職が難しい。いずれも再犯リスクを高めるものだ。被害者はもちろん、更生を目指す加害者の支援も不可欠だ」と話した。

 ◇性犯罪再犯防止指導

 奈良県で2004年に起きた女児誘拐殺害事件を契機に法務省が導入した。全国68の刑務所・少年刑務所のうち21施設で実施し、毎年500人程度が受講して、再犯リスクなどに応じ週1、2回で4〜11カ月のプログラムに取り組む。17年度末で1872人いた受講待機者に対応するため、18年度に実施施設数や受講定員を増やした。保護観察所でも同様のプログラムが行われる。法務省は窃盗などを含めた全ての犯罪で見れば、再犯抑止効果があったとしている。


性犯罪者(に限らないけど)の人権を擁護するよりも
まずは被害者の方を優先すべきでしょ?被害者を増やさないことが大事、再犯が絶対にないというところまで更生が出来るなら話は別かもしれませんが

強姦は当然死刑で良いと考えるし
それ以外の罪も社会へ戻したら駄目でしょう
不特定多数のところへ無制限に解き放って良いものじゃないでしょ?

一定の制限が付けられないなら、被害者を増やすわけには行かないので終身刑で社会と隔離しておくべきだと思いますね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000006-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:更生 人権 死刑
posted by ! at 20:56| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

被害者の感情は大事なのはわかるんだけど>慶応の性犯罪者不起訴https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000602-san-soci

Yahoo:「性的乱暴で5度逮捕の慶応大生ら全員不起訴 横浜地検

酩酊(めいてい)状態だった女子大生に乱暴したなどとして、準強制性交容疑などで計5回にわたって逮捕された慶応大2年の男子学生(22)について、横浜地検は25日、不起訴処分にしたと明らかにした。また、共犯として逮捕されていた犯行当時少年で同大1年の男子学生(20)ら3人についても不起訴処分とした。捜査関係者によると、いずれも示談が成立したとみられるという。

 慶応大2年の男子学生をめぐっては、昨年9月29日〜12月25日までの間、同容疑や強制性交未遂容疑などで神奈川県警に計5回にわたって逮捕されていた。

 捜査関係者によると、男性学生らは取り調べに対して「酒を飲んでおり、覚えていない」「合意があったと思う」などと供述していた一方、早い段階で示談が成立していたケースもあり、すでに釈放されていた男子学生もいたという。


今回示談に納めて、その後そいつらが犯罪を犯さなければ、いいのかもしれませんが
第二,第三の被害者が出る可能性を考えたら、きっちり逮捕起訴、有罪にしておくべきなんですよね
なんにしても被害者より加害者の人権の方が大事だからどうしようもないですね

あと性犯罪の罰が軽すぎるのがいけないのです
一回でもやらかしたら吊す、これしか無いと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000602-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:15| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

被害者の証言が100%正しいという思い込みが冤罪を招いたんじゃないですかね?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000024-asahi-soci

Yahoo:「強姦冤罪事件、女性の「うそ」で服役 裁いた国の責任は

強姦(ごうかん)事件などで服役中に被害証言がうそだったとわかり、再審で無罪となった男性(75)と妻が国と大阪府に計約1億4千万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が8日、大阪地裁である。男性側は冤罪(えんざい)の責任は捜査機関だけでなく、裁判所にもあると訴えている。

 訴状などによると、男性は2004年と08年に当時10代の女性に自宅で性的暴行を加えたとして強姦と強制わいせつの罪で起訴された。一貫して無罪を訴えたが、大阪地裁は09年5月、「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」として、女性本人や被害を目撃したとする親族の証言などから懲役12年の判決を言い渡した。最高裁が11年4月に上告を退け、確定した。

 しかし男性が服役中の14年、女性が「被害はうそ」と告白。親族も証言が虚偽と認めた。その後の大阪地検の調べで、女性が被害届を出した後に受診した医療機関に「性的被害の痕跡はない」とするカルテがあったことが判明。男性は14年11月に釈放され、15年10月に地裁の再審で無罪判決を受けた。


嘘を見抜けなかったのは裁判官のミス
しかし、それ以前に診察カルテを出してなかった医療機関?の責任の方が大きいのではないか?
それがあれば被害がなかったことが早い段階でわかっていたはず

なんにしても性犯罪の被害者が嘘を言うはずがないっていう社会全体に蔓延する思い込みがすべてでしょうね
その前提で動いているのがおかしい

しかしかといって、それだと本当の被害者が訴え出たときに嫌な思いをさせられることも考えられるし
本当にこういう嘘をつく女は社会の迷惑だと思います

国家賠償よりはこの女性を搾り取れる限り絞り続けて良いんじゃ無いでしょうか?
厳罰に処さなければこの手の女はいくらでも出てくると思いますね!
なによりも本当の被害者の救済のためにも


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000024-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪 虚言 冤罪
posted by ! at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

早く性犯罪者の最高刑を死刑にしようhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00050067-yom-soci

Yahoo:「女性を畑に連れ込み強制性交などの罪 男2人に懲役8年6か月などの実刑判決 名古屋地裁「卑劣で悪質極まりない」

女性に性的暴行を加えた罪などに問われていた男2人の判決公判が17日、名古屋地裁で行われ、懲役8年6か月などの実刑判決が言い渡されました。

 起訴状などによりますと、吉岡友喜被告(22)と吉村勇祐被告(22)は今年5月、愛知県小牧市で自転車に乗っていた女性(当時20)を畑に連れ込んで脅し、性的暴行を加えた罪などに問われています。

 名古屋地裁は「犯行態様は卑劣で悪質極まりない」「被害者の精神的苦痛は甚大」として、吉岡被告に懲役8年6か月、吉村被告に懲役8年の判決を言い渡しました。


裁判官が卑劣で悪質きわまりないといっても
たった8年しか懲役刑を出せない刑法ってなんなんでしょうね?

被害者のことを考えたら、その場で射殺でも良いし、絶対吊すべき案件じゃ無いの?
刑期を終えて出てきても30歳くらい、こいつらまた犯るよ?それでもこの法はこのままで良いのでしょうか


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00050067-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪 死刑
posted by ! at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

女の変質者の存在がもっと明らかになって男性被害者にも理解が及ぶようになればねhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00010000-jisin-ent

yahoo:「大倉忠義の暴走ファン 鞄に使用済み下着、妄想ラブレターも

《大阪に行く前日、すごく憂鬱です。その事だけを考えると、正直、行きたくなくなる気持ちが出てくる。すごく疲れてしまうし、怖い》

コメントに込められていたのは、関ジャニ∞の大倉忠義(33)の悲痛な叫びだった。

大倉は11月8日に、携帯専用サイト「Johnny's web」内のブログを更新し、一部ファンの暴走行為に苦言を呈したのだ。

《駅や空港に沢山の女性の方がいます。僕らを見守ってくれているのではなく、執拗に追いかけてくる人たちがいます。僕達にぴったりくっつくことを目的に、周りが見えていなく 一般の方々にも体当たりをしたり、すごく迷惑をかけてしまっています》(ブログ、《》内は以下同)

長年、精神的苦痛に耐えてきたという大倉。今回、胸の内をついに告白するにいたったのは、あるきっかけもあったという。事務所関係者は言う。

「ブログ更新4日前の11月4日、関西ジャニーズJr.ライブの千秋楽公演が大阪・梅田芸術劇場で行われました。このライブには大倉も演出面で関わっていたのです。ところが終演後にメンバーたちが、新大阪駅で待ち構えていた女性たちに囲まれてしまう事態になってしまいました。これまでは“無視することが最大の抵抗”と、悪質な行為に耐えてきた大倉ですが、『後輩たちまで自分と同じ目にあわせたくない』と、ブログで取り上げることを訴えてきたそうです」

また、音楽関係者も次のような証言を。

「関ジャニ∞の安田章大(34)は、昨年2月に脳腫瘍摘出手術を受け、さらに今年4月には背中と腰を骨折し、全治3カ月と診断されていました。そんな彼も体当たりを受けたことがあるのです。確かに手術をしたことや骨折のことは当初は公表していなかったのですが、もし転倒していたら大変なことになっていたかもしれません」

お気に入りのタレントへの接触のためには、タレント本人の気持ちや周囲の迷惑を顧みない一部の過激なファンは“やらかし”と呼ばれている。あるファンは言う。

「やらかしは、いきなりタレントに抱きついたり、押したりします。相手が怒っても、『嫌がるそぶりもたまらない』『私のことを認識してくれた』と喜ぶばかりなので、非常にタチが悪いのです。大倉くんが怒っているのも、そういったやらかしたちのことだと思います。あの人たちとひとくくりにされるのは、ファンとして辛いです」

暴走ファンたちの悪質行為は、抱きつきや体当たりばかりではない。大倉がブログで列挙した行為には、鞄のなかにモノを入れられる、突然手をつながれる、などがあった。

「《ある時は、友人と食事をしていたら駅や空港にいつもいる人が横のテーブルにいました》とも書いていますが、その“いつもいる人”は、20代半ばと思われる女性でした。横に座るばかりか、会話に聞き耳を立てられて、笑われたりすることもありますので、精神的な苦痛は大きいと思います」(前出・事務所関係者)

ブログでは大倉が鞄に何を入れられたのかは明らかにしていない。

「困ったプレゼントの例として多いのは妄想ラブレター。“この前は遊園地に行って楽しかったね”など、妄想のなかのデートについて延々と書いてあることもあるそうです。あとは自分が履いた下着などをバッグに押し込もうとすることもあり、本当に理解しがたいです」(前出のファン)

ストーカー問題に詳しい、『渋谷青山刑事法律事務所』の二宮英人弁護士は言う。

「ステージに立っている以外の、移動時間などは大倉さんのプライバシーです。それを侵害するようなことが継続的に行われるならば、明らかにストーカー規制法違反に該当します。ちなみに罰則は1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金となります」

いくらファンを自認していても、タレントたちを精神的に追い詰めるようなつきまといは犯罪行為。“暴走ファン”たちは、そのことを肝に銘じてほしい。


大倉ってタレントのことは知らないし、気の毒だとは思いつつも
こうやって女性の変質者が、ものすごくおぞましいもので対処が難しいってことが世間に広まるなら、この話題は十分に意義のあることではないかと思いました。男性被害者にも目が向けられ、その対策がきちんと感が得られるようになるなら被害者当人には大変申し訳ないですが、非常に意義があると思います


タレントに限らず、前にあった今は大リーガーの大谷選手もストーカー被害があったというので(現状については、話題がないので知らない)、スポーツ選手も十分標的になり得るわけで周囲が対応をしっかりとすべきだと思います

でなければ、タレント活動、競技などへ悪影響を及ぼすことになるのだし
ただ大きな組織ならともかく、小規模なところではどうしようもないのかな?
そういった意味では警察の対応も求めたいところだけど、そこまで手が回らないですかねぇ


男性による性犯罪はもちろん言語道断だけど
女性による同様の犯罪についても厳しく問われるようになっていってほしいものだと思います

人気商売だし男が我慢すれば良いっていう対応が割とあるのが非常に残念なことですし
女が加害者だと、対応も甘くなるのもねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00010000-jisin-ent


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

変質者の扱い方を真剣に考えるべきでしょうね>タレントへのストーカー、つきまとい行為https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000143-dal-ent https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00008839-bengocom-soci

yahoo:「大倉忠義 ファンの過剰付きまといに「限界」「普通の人に戻る方がらく」

関ジャニ∞の大倉忠義(33)が8日、携帯専用サイト「Johnny’s web」内のブログを更新し、一部ファンの過剰な行為に苦言を呈した。

 大倉は「賛否あるだろう事をわかった上で書かせていただきます」と前置きした上で胸の内にとどめていた思いを吐き出した。番組観覧の募集をしている収録の場合に駅や空港に女性がいるが、一部ファンが執拗に追いかけ、一般人に体当たりをするほか、カバンの中に物を入れるなどルールを守らない人がいると告白。「身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか」と苦しい胸の内を赤裸々に書き綴った。

 さらには、プライベートで友人と食事をしている際に駅などにいつもいるファンが横のテーブルにいることもあり、「ストーカー行為ではないのか」と苦言を呈した。これまでは「無視することが最大の抵抗」と考えていたが、「もう、ストレス以外のなにものでもない」と書くことを決め、「原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる」と告白した。

 大阪の番組収録に行くことが「憂鬱」と感じながらも、待っているファンのために前を向いて一歩を踏み出している。「ルールを守って会いに来てくれるファンの子に申し訳ないし、失礼なのではないのだろうか」と規律を守って応援してくれるファンの気持ちも思いやっている。

 最後は「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」と悲痛なコメントで結んでいた。

 ジャニーズ事務所はこれまでにもファンのマナーについて公式サイトで注意を促してきた。最近では、9月28日に公式サイトを更新し、King&Princeの宮城公演のメンバー移動の際にJR仙台駅で一部ファンによる重大なマナー違反行為があり、新幹線の発車を遅延させてしまったことを報告した。駅員の注意を無視する過剰な付きまとい行為、車内でタレントの車両の前後のデッキに留まり、一般客の通行を妨げる行為などがあった。

 「今後の公演が開催できなくなる事態が現実化する極めて深刻な状態」と告げ、「過剰な付きまとい行為、迷惑行為は絶対におやめください」と再三、注意を呼びかけていた。


変質者の誰もが、ファンだから何をしても良いっていう発想なのかどうかはわからないけど
ツイッターで見たことある、とあるスポーツ選手につきまとっている女の論は、そんな感じだった
好きなんだからいつもそばにいたいのは当然のことだし、それを阻害するのは許されない話なんだと

相手に対する迷惑とかそういうことはお構いなしに自分の都合だけなんだよね、ああいう連中は

そうなるならもう理屈も何も無いから、やはり周囲が警備なり何かをするか、姿を消すしか無いんだろうと思う。ただタレント、スポーツ選手となると姿を消すことは簡単にできないので、辞めるしか無いか、警戒を厳重にするしか無いんでしょうね。ほかのまっとうなファンには迷惑なことであっても、何をしでかすかわからないのが一人でもいれば厳重に警備するしかないので、タレントなどとファンの距離が遠くなるのはやむ得ないことでしょう


しかし、それができるのはある程度金のある立場だけであって
一般人でつきまとわれるようになれば、男女を問わずに逃げるしかないでしょうね
四六時中警備をしてもらう財力は無いわけですから、また警察に一人一人個人に対応できるだけの人員を持っているわけもないので、本当の意味で家族はともかく友人知人の関係を全てを絶って姿を消し、別の土地で新しい関係を気づいていくしか無いのが現状では無いかと思います


つきまとわれている本人以外には至って普通の人、良い人に見えてしまうもののようなので、周囲の人は被害者が何で嫌がるのかなかなか伝わらないものらしいので、善意から間を取り持とうとする阿呆も結構いるみたいですよね。被害者には迷惑極まりない話ですが。せっかく逃げても教えちゃう馬鹿者がいるので全てを絶つしか無いってことにつながるとのこと


現状のところ法がいくら接近禁止といったところで、遵法意識なんぞないので、どうにもならないっぽい


社会としたら、そんな連中をどうしたら良いのかもちっと真剣に考えないと被害を止められないよね
どうしたら良いのでしょう?


あと、男のストーカーと女のストーカーでは
自分の見た感じ、女のストーカー割と軽視されやすい印象
もっとも男の方は直接危害を加えることが多く
女の方は直接的な行動は少なくても、精神的な被害を与えることが多いから
対処しにくいってことなんでしょうか?

どちらにしても、こうやって記事になって女のストーカーにやられる男もいるってことが知られるのは良いことかもしれない

あとは、被害者がダメだと思ったら警察に相談し、警察も対応できるような仕組みを作って欲しいし(無理を承知で)今のところ警察しかそういう組織ないし
被害を軽減できるようにして欲しいところです


yahoo:「関ジャニ∞大倉さん「そろそろ限界」と吐露 ファンが「ストーカー」となる境界線は?


関ジャニ∞大倉さん「そろそろ限界」と吐露 ファンが「ストーカー」となる境界線は?

公式携帯サイト・Johnny’s webより

関ジャニ∞の大倉忠義さんが11月8日、公式携帯サイト「Johnny's web」内のブログでファンの迷惑行動に苦言を呈し、話題となっている。

ブログは同サイトの「関ジャニ戦隊∞レンジャー」に書かれたもの。大倉さんは「賛否あるであろうことを分かった上で書かせていただきます」と切り出し、ルールを守らないファンに言及。駅や空港で出待ちしてるファンから、執拗に追いかけられ、カバンの中に物を入れられたり、突然手をつながれたりした経験を打ち明けた。

友達と食事をした際には、駅や空港にいつもいるファンが横のテーブルにいたこともあったという。大倉さんは「これはストーカー行為ではないのか。男女が逆ならいいのか?」と投げかけ、「そろそろ限界だ」「すごく憂鬱」「寿命が縮まっているのではないかとも感じる」と悲痛な思いをつづっている。

ツイッターでは「大倉くんが書いてくれたことが無駄になりませんように」と願う声や、「全ジャニオタ大倉忠義さんのレンジャー日記読んで」「ファンとしてのあるべき姿見つめ直すべきです」などといった声が上がっている。

こうしたファンの行きすぎた追っかけや出待ちは、ストーカー行為にあたらないのだろうか。本間久雄弁護士に聞いた。

●「出待ち」だけでストーカーになる?

「ストーカー規制法は、ストーカー行為を『同一の者に対し、つきまとい等を反復してすること』(2条3項)と定義しています。つきまとい等の行為のうち一部の行為は、『身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る』(2条3項)とされています。

『つきまとい等』とは、(1)特定の者に対する恋愛感情、またはそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足させる目的で、(2)特定の人やその関係者に対し、8つのパターンに類型化された行為をすることを言います。例えば、待ち伏せや押しかけ、無言電話や面会・交際の要求などがあたります」

ーー大倉さんが訴えているファンの行為は、どうでしょうか

「大倉さんが問題視しているファンらの行為は、この8パターンのうちの1つである『つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他の場所の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、または住居等の付近をみだりにうろつくこと』(2条1項1号)に該当するかどうかが問題となります。

テレビ局やライブ会場付近で、サインを求めるために出待ちをする程度では『不安を覚えされるような方法』とはいえず、ストーカー行為にはあたらないでしょう。

ただ、執拗に追いかけたり、鞄の中に物を入れたり、突然手をつないだりする行為は『不安を覚えさせるような方法』であるといえ、それが繰り返されるようなことであれば、ストーカー行為となり、逮捕の可能性はあるといえます」

ーー罰則もありますか

「つきまとい等を繰り返すと、ストーカー行為として処罰される可能性もあります。法定刑は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。公安委員会から『禁止命令』が出されたのに、違反してストーカー行為をした場合、法定刑は倍になります。

通常は、警察の警告・公安委員会による禁止命令といった手順が踏まれ、いきなり逮捕ということはあまりありませんが、最近も元AKBの岩田華怜さんや女優の菊池桃子さんにストーカー行為をしたとしてファンが逮捕されています。

ストーカー行為は、執着心から起こるものであり、法律で規制したとしても、加害者に対する抑止力にどこまでなるかは疑問です。大倉さんのファンの方は、悪気はないと思いますが、だからこそ『タチが悪い』ともいえます。自分の行為が、相手にどう思われるか、自分が同じことをされたらどう思うかを考えながら節度をもってファン活動をしていただければと思います」



まぁ家庭を壊してまで追っかけをするような連中はおしなべてストーカーと認定していいんじゃ無いですかね?
ファンだからと我慢しないで、イヤなものはイヤって訴えて良いと思いますし、警察に訴えるのも当然では無いかと。仕事の遂行、ファンサービスよりも、当人が自分の身を守ろうとするのは当然の義務だと考えます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000143-dal-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00008839-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

ハグって言い方は嫌だなぁhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00379290-nksports-socc

yahoo:「U17楠瀬監督が業務中にハグ 不適切行為で交代

日本サッカー協会(JFA)は1日に都内で会見を行い、U−17(17歳以下)女子日本代表“リトルなでしこ”を率いる楠瀬直木監督(54)について、「JFA職員に対する不適切な行為があった」として監督の交代を決めたことを発表した。

「不適切な行為」について楠瀬監督本人も認め、10月31日付で辞任を申し出て受理された。会見に出席した田嶋幸三会長は「指導者には高い倫理観と規律が必要なのは言うまでもない。まことに残念。ファン、サポーターの方々に迷惑をかけ、世間をおさわがせしたことを大変申し訳なく思っている」と謝罪した。U−18女子日本代表の池田太監督が代行を務める。

JFAによると、楠瀬監督は昨年6月、業務中に屋外で女性職員にハグをし、同職員が不快感を覚えた。今年9月にも接触があったといい、この2回の行為について当事者に複数回のヒアリングを行った。結果を女子委員会にはかり、今回の決定に至った。楠瀬監督からは「大変ご迷惑をおかけして申し訳なかった」との謝罪があったという。

U−17女子日本代表は11〜12月にU−17ワールドカップ(W杯)ウルグアイ大会を控え、1日から事前合宿に入るところだった。チームスタッフには31日に、この日集合した選手にはバス内で、今井純子女子委員長から事情が説明された。会見にも出席した今井女子委員長は「この厳しい事実にしっかり向き合い、対処することで、今後このようなことがないようにしていきたい」と神妙な面持ちで話した。


ハグって言ったって、要するに配偶者とかそういう関係でもない人に抱きついたって事でしょ?
普通に性犯罪ではないかと

西欧社会ではハグは普通に挨拶だからとか言ったところで、日本ではそういう習慣はないし
知人レベルに抱きつかれても問題ないと思う人はほとんどいないのではないかと

さらにいえばU-17の女子選手を監督する立場というのも教育上本当にまずいですよね
もし同じようにやっていたらという懸念もあるので、もしかしたら邪推ですけどすでにやらかしている可能性も?
露見する前に処分しちゃえって事もあるかもね。さすがにそこまでやっていないというなら申し訳ないところではありますが


余談ですが
逆の場合
男子の選手に、おばさんが抱きついた場合、ちゃんと犯罪扱いしてもらえるのかねぇ
配偶者、恋人でもない異性から抱きつかれる、そこまでいかなくてもベタベタ触られるのは、とても不快な事、性犯罪になるっていうことを
両性とも当然のこととして認識しておかないと駄目ですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00379290-nksports-socc


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:27| 東京 🌁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

また犯るよ?>もっと性犯罪者に厳しく出来ないの?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00050081-yom-soci

yahoo:「強姦致傷の元NHK記者、2審も懲役21年判決

山形、山梨両県の女性3人に乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われた元NHK記者弦本(つるもと)康孝被告(30)の控訴審で、仙台高裁は18日、懲役21年とした1審・山形地裁の裁判員裁判の判決を支持し、被告側の控訴を棄却する判決を言い渡した。

 弁護側は「被告に罪を着せようと考えた人物が、被告のDNAを何らかの方法で入手し、現場に残した可能性がある」などとして無罪を主張していたが、嶋原文雄裁判長は「そのほかの犯人がいる可能性は考えられない」などと述べた。

 判決によると、弦本被告は甲府放送局に勤務していた2013年12月と14年10月、山形放送局に異動後の16年2月、いずれも20歳代女性宅に侵入し、3人に乱暴してうち2人にけがを負わせた。


満期で出てきても50代
まだまだ犯る気満々でいることでしょう
性犯罪者に甘い刑法を変えられないものかなと
真剣に取り組む政治家はいないんでしょうかねー

死刑にしなければ、また何人もの犠牲者が出るんですよ?
刑期を済ませたから、それでオッケーじゃ無いのが性犯罪者
甘すぎます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00050081-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村



ラベル:刑法 性犯罪 死刑
posted by ! at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

性教育の不徹底が招いたんじゃ無いのかな?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000037-jij-soci

yahoo:「児童ポルノ摘発、上半期最多=「自画撮り」被害4割―警察庁

今年上半期(1〜6月)に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件が、前年同期比281件増の1423件と過去最多だったことが4日、警察庁のまとめで分かった。

 被害に遭った18歳未満の子どもは615人で、だまされたり脅されたりして自分の裸の画像を送信させられる「自画撮り」の被害が約4割を占めた。

 摘発人数は前年同期比277人増の1053人と、上半期で初めて1000人を超えた。

 被害者は高校生が234人と最も多く、次いで中学生212人、小学生138人だった。被害内容で見ると、自画撮りが240人で、盗撮156人、児童買春・淫行92人と続いた。

 加害者と面識がない被害者は全体の6割超に当たる382人で、うち287人はインターネット交流サイト(SNS)やオンラインゲームなどネットを通じて知り合っていた。

 警察庁は「知らない人に画像などを渡すと、無断でネットにアップされたり、それを脅し文句に要求がエスカレートしたりする恐れがある」と呼び掛けている。


そういうものを要求する方が悪いとは思うんですけど
まずは、親や周囲や学校での性教育の不足の問題じゃ無いですか?
盗撮とか直接の暴力で撮られたわけではなく、自ら撮って渡しているだけになんとも微妙な感じです

自らそんなもの撮るものじゃ無いって教えたり、そもそも自分の身体を大事にしなさいっていうことを教わってなかったんじゃ無いのかなって感じます

直接会わずに求められたなら、放置すれば良いんだし、

まぁやっぱり未成年にそういう電子機器をもたせてしまうことの弊害ですよね
ネットの世界がすべてだと感じた上での行動なのかなって
それよりも目の前に居る人たちの付き合いを大事にすべきではないかなって
直接的なお付き合いの中で、良いことも悪いことも学んだ上で、ネット世界に移行する方が良いように思います

それ以前に性的なこと、なんだかんだいっても女の子の方が被害に遭いやすいことを踏まえればとにかく身を守ることを教えてあげて欲しいし
男の子の方もそういうことをしてはいけないって事を教えておくべきですよね
互いの身体の仕組み、意味、意義を教えておけば結構な割合で変な大人にはならないだろうっていうのは理想的すぎるかな

教育を受けてもダメな変質者はどうにもならないから、それこそ社会から隔離すればよし


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000037-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪
posted by ! at 20:19| 東京 ☔| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

こういう犯罪者を死刑に出来ない歯がゆさ>性犯罪https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00004934-tokaiv-l23

yahoo:「幼馴染2人で女性を畑に連れ込み乱暴した罪 検察側「ナンパ失敗の腹いせ、被害者を撮影」

愛知県小牧市で、女性を畑に連れ込んで脅し、乱暴したとして逮捕された男2人の初公判で、男らは起訴内容を認めました。

 春日井市の無職・吉岡友喜被告(22)と守山区の無職・吉村勇祐被告(22)は今年5月、共謀して小牧市の歩道で当時20歳の女性を畑に連れ込んで脅し、乱暴した罪に問われています。

 19日の初公判で吉岡被告と吉村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。続く冒頭陳述で、検察側は「2人は幼馴染で、ナンパを繰り返していたが失敗し、腹いせに女性に乱暴したいと考えるようになった」などと犯行に至った経緯を指摘しました。

 また犯行時の状況について「通報させないよう脅すため、携帯電話で被害者を撮影し、証拠隠滅のため無理やり酒を飲ませた」などと明らかにしました。


そのときは楽しんだかもしれないけど、ただじゃ済まないって事にしないとダメだと思いませんか?
性犯罪には死刑をもって当たるという風にすべきですよ
こんな連中生かしておく価値は無いでしょうに?

市中引き回しの上で吊せよ!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00004934-tokaiv-l23


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:刑法 死刑 性犯罪
posted by ! at 21:05| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

悪辣すぎ>性犯罪の厳罰化を改めて願うhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00010001-sp_ctv-soci

yahoo:「「デートレイプドラッグ」 女性を狙う身近な敵

女性を狙った卑劣な犯行が後を絶ちません。みなさんは、「デートレイプドラッグ」という言葉をご存知でしょうか。睡眠薬などの薬を知らぬ間に飲まされてしまう危険。実は、身近なところに危険は潜んでいました。
 
「被害の8割強が顔見知り。全く知らない人っていうのは実は1割ちょっと」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 内閣府が行った調査で、性的暴行の被害にあった女性と加害者との関係性は、「まったく知らない人」は1割。それに対し、元交際相手などの、「顔見知り」からの犯行は“8割以上”にものぼるといいます。
「デートレイプドラッグ」 女性を狙う身近な敵

デートレイプドラッグ

 中でも、増加傾向だというのが。

「SNSや出会い系での出会い、これはかなり多いです」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 インターネットを利用しての犯行。特に、最近では若い世代の利用も増えている“婚活サイト”が悪用されるケースも。そして、そこで出会った女性に“ある薬”を飲ませる犯行手口が増えているというのです。それが“デートレイプドラッグ”。

「デートレイプドラッグというのがすごく多くて、一緒に飲みに行って、アルコールに薬を混ぜられる」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

  “デートレイプドラッグ”とは、睡眠薬を飲み物に混ぜるなど、相手の意識や抵抗力を奪うために使われるもの。

 東海地方では今年4月、婚活サイトで出会った女性に睡眠導入剤を飲ませ、性的暴行を加えたとして、名古屋市中区の28歳の男が逮捕・起訴されました。

 男は「二日酔いに効く薬」と、睡眠薬にすり替えた錠剤を女性に渡し、自宅マンションに連れて帰り、犯行に至ったといいます。

 こうした経験は街の人の中にも。

「居酒屋で隣のテーブルで座っていた人が、途中で入ってきて、薬入れられたことはありますね。手前で大丈夫でした。勉強にはなりましたけどね」(被害にあった女性)

飲み物に溶けてしまうため、入れられたことに気づかないという卑劣な手口。専門家は、

「初めから結局、相手を襲うというか、そういう目的を持っている方も、なかにはいますので、そういうことがあるときちんと理解しなければいけない」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

 デートレイプドラッグの手口は、食事の時に、トイレにたった合間などほとんどが気づかないうちに飲み物に睡眠薬などを入れられること。

 専門家によると、対策としては、「席を離れるときはできる限り、飲み物を飲みほす」、「飲みかけの飲み物を置いていかない」、「薬によっては色が変わるものもあるため、色が変わっていないかをチェックすること」が重要だと話していました。


知ってる相手となると疑ってかかるのは至難の業
酒が入れば判断力も落ちるだろうし
酒を飲む場へ同行しないっていう判断以外、対策方法はないかもしれません

少しでも被害に遭わないようにするためにはネットで知り合った相手とか避けるに越したことはないでしょうし、家族以外の赤の他人との飲食はとくにダメってことにするしかないんでしょうね。無理に決まってますが


しかしそれだけにこの犯罪の卑劣さはひどいものです
性犯罪者への厳罰化をすべきだし、最高刑は死刑以外ないと思いますよ、何度でも繰り返しますが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00010001-sp_ctv-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性犯罪
posted by ! at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

変質者は外面が良いから、なかなか信じてもらえないよね>性犯罪被害など4割相談せず>男はほとんど相談出来ないっしょ?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000038-asahi-soci

yahoo:「性犯罪やDV被害、4割は誰にも相談せず 警察庁調査

性犯罪や児童虐待など潜在化しやすい犯罪の実態を警察庁が調査したところ、初めて被害に遭った際に誰にも相談していない人が約4割に上った。警察庁が17日発表した。自治体の相談窓口を知らない人は約8割で、同庁はリーフレットやポスターを作って窓口の利用を呼びかける。

 調べたのは性的な被害と児童虐待、配偶者からの暴力(DV)、ストーカー、交通事故、暴力被害(殺人や傷害など)の6種類。今年1月にインターネット上で20歳以上を対象にアンケートをし、被害を受けた経験がある本人と家族917人から回答を得た。

 初めて被害に遭った際に誰にも相談していない人の割合が最も多かったのは、児童虐待の74・3%。理由を複数回答で聞くと「低年齢だったため、相談を思い至らなかった」が73・1%を占めた。性的な被害で、誰にも相談していない人は52・1%。「他人に知られたくなかった」などの理由が多かった。DVは32・8%が相談をしていなかった。6種類の被害全体で相談していない割合は38・6%だった。

 警察に通報・相談しなかったと答えた人に理由を聞くと「警察に相談するほどの被害ではないと思った」がDV46・0%、ストーカー39・4%、交通事故35・3%の順に多かった。警察庁は「調査結果を分析し、プライバシーに配慮して被害者の支援ニーズに応じた関係機関を紹介できるようにしたい」としている。(小林太一)


相談する側も勇気を出さないと出来ないし
せっかく勇気を出して相談に行っても、対応次第では無意味なものになってしまうので
行かないことになってしまうケースが多いのでは?

また、警察に行く前に周囲に相談しても、
その人がそんなはずは無いとか、信用してもらえないケースもあるかもね

変質者ってものすごく外面がよく、被害者以外には問題があるようには見えないって事は多々あるでしょ?
事件が起きた後の近所の人のインタビューで、そんな人には見えなかったって奴
かといって、最初から問題有りと騒いでいれば名誉毀損騒ぎになりかねないので言い出せる人はなかなかいないかな?

というわけで、被害者からすれば周囲の無理解と、警察にも行けないまま辛い思いを強いられることになるのかも

警察が、まず被害者に寄り添うこと、それから被疑者を第一印象とか先入観、思い込みで問題なしと判断しないだけの配慮を持って欲しいよね。きちんと調べて裏付けをとった上で問題あり、問題なしを判断すべきだと思います
そうしないとこういう問題被害者がずっと辛い思いをさせられることになるんでしょう

それから男性が被害者の場合はもっと深刻かもね
男性が被害者ってのはまず信じてもらえないだろうし、そのくらいガマンしろとかそういうことになりかねないんじゃない?
女の変質者も怖いと思いますよ。ちゃんと周囲が対応しないと、ダメでしょう
大谷くらい著名人じゃ無いと男の場合守ってもらえない?


啓蒙宣伝も必要かもしれないけど
早急にきちんと対応し、解決に至らせますっていう結果が必要じゃ無いでしょうか?
殺されたり、暴行を受けてからでは遅いんですからね!
とはいえ警察の人員不足もたいがいだしなぁってのもありますが・・・


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000038-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:58| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

セクハラが人治主義で解決されないように定義出来ないのかな?https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20180510-00085030/

yahoo:「「セクハラ罪」が今の法律で問いにくい訳――内藤忍さん(JILPT)に聞く

福田淳一前財務事務次官のセクシュアルハラスメント問題を受けて、麻生太郎財務相は、「セクハラ罪っていう罪はない」と事務次官をかばうような発言をしました。他方、野田聖子女性活躍担当大臣は、セクハラ再発防止策に向けた検討を始めると述べたということです。このような状況のなかで、セクハラに関する現行法の問題点について、ハラスメント法制に詳しい、独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)の内藤忍副主任研究員にお伺いしました。

ー内藤さんは、今回の野田大臣の発言をどう思われますか?

 ようやくこの問題に気づいてもらえたかという思いです。これまで全国の多くのセクハラ被害者が声を上げられず、有効な救済策もなく、多くの場合メンタルを患って、泣き寝入りをしてきました。セクハラはなくさなくてはいけない。そのためには、いろいろな方策がありますが、まずできるのは法律を変えることです。いま、被害者を孤立させている原因のひとつは法にあります。とくに、男女雇用機会均等法に問題があります。

ー男女雇用機会均等法といえば、1985年に制定された法律ですね。いちおう男女の雇用機会を保障する法律で、「男子のみ」という募集が禁止されたというニュース報道は記憶に残っています。その後、1997年にセクハラに関する規定ができたやつですよね。

 そうです。その均等法です。セクハラについては、民間と公務員の職場では適用となるルールが違います。まず、民間の職場では、均等法の11条にセクハラに関する規定があります。この11条は、事業主(会社)に向けたものになっています。つまり、セクハラの予防、相談窓口の設置、セクハラの事後対応の義務*は、会社が負っているのです。そのため、セクハラに対応する義務があるのは、均等法上、会社だけなのです。

 この相談には、セクハラをした人が同じ会社の人でなくても、また、通常働いている職場での出来事でなくても、取引先の事務所や取材先など、業務をおこなう場所であれば含まれます。

 公務員の場合はセクハラについて定めた人事院規則10-10という規則に、省庁の義務について均等法の措置義務とほぼ同じものが設けられていますが、唯一異なるのは、「職員は…セクシュアルハラスメントをしないように注意しなければならない」(5条)という職員向けの注意義務が規定されているところです。ただし禁止ではありません。

ーということは、今回の福田前事務次官のセクハラのケースは、どちらの法・規則が適用になるのですか?

 今回のケースは、均等法も人事院規則も両方該当します。加害者とされる者が公務員であったという点で、福田前事務次官と財務省が人事院規則の対象になります。そして、被害者が民間労働者であったという点で、事業主であるテレビ朝日に均等法の措置義務が課せられ、被害者は、テレ朝の相談窓口等に相談できます。

 しかし繰り返しますが、均等法も人事院規則も、基本的に会社のセクハラ対応義務だけなのです。つまり、「セクハラをしてはいけない」という禁止の規定がないのです。禁止の規定がないので、禁止の対象となる行為の定義もありません。

ー定義がない?

 そうなんです。均等法等には実は、「セクハラはいけない」とか「してはいけない行為はこれこれですよ」という規定、つまり定義規定がないので、裁判で訴える場合の根拠にはなりません。そのため、裁判となると、加害者の責任は、民法上の「不法行為」に該当するかどうかで判断するしかありません。セクハラについて明文の法規定がないために、企業にとっては、どういったセクハラが違法だと判断されるかが事前に分かりにくい状況になっています。

 均等法上、セクハラ対応は会社の義務なので、これを履行しなかった場合は、行政(都道府県の労働局)によって指導されます(均等法29条)。2016年度にはこうした行政指導は3,860件ありました。労働局への相談のうちセクハラが一番多くて、7,526件です。行政制裁として、会社の名前を公表できる制度もありますが、これまでに一度しか公表されたことはありませんし、セクハラでの公表事例はありません(同法30条)。

ーそうなんですね。均等法の問題は、法律が会社向けにできていて、個人(加害者)向けの規定がないということだと理解したんですが、セクハラの被害者はどうすればいいんでしょうか?

 ひとつは裁判をすることができます。しかし、時間もお金もかかり、手続が公開されることもストレスです。被害者はハラスメントで既に傷ついているのに、裁判手続でさらに傷つく可能性があります(二次被害)。

 セクハラに限らないハラスメント被害の2017年の連合の調査によれば、被害者の33.1%が心身に不調をきたし、夜眠れなくなったり(19.3%)、人と会うのが怖くなったり(12.2%)しています。すでに傷つき、何らかのメンタル疾患に罹患している被害者が、裁判をするのはとても難しいです。

ー裁判をするのが難しかったら、じゃあどうすればいいんでしょう?

 司法による救済が難しいのだったら、行政による救済があります。行政救済は、労働局への相談、紛争解決の援助、調停をさします(均等法17、18条)。ところがこの行政救済は、相互の譲り合いを前提とした制度なんですね。

ー譲り合いですか?

 そうです。セクハラの被害者は、加害者がしたことは、セクハラだった、それは違法だと認めてもらったうえで、加害者に謝ってほしい、そして同じことが二度と起こらないようにしてほしいと思っているのが普通です。ところが、この行政救済でできるのは、加害者と被害者が譲り合って交渉し、合意したとしても、多くが金銭解決なのです。セクハラを受けたのに、譲らなくてはなりません。ここに、制度と被害者のニーズの大きな乖離があります。これで真に納得する被害者は少ないです。

ーそれではどのようにすればいいんでしょうか?

 セクハラの司法救済へのアクセスが十分に保障されていない現状を考えれば、少なくとも行政がきちんと救済できるように、しくみを整える必要があると思います。行政が判断できる「セクハラ禁止規定」「セクハラの定義規定」などを作ることが急務だと思います。それをもとに、相互の譲り合いでお金で解決、ではなく、ハラスメントの認定や救済命令などを出せる法的判断が可能な救済委員会などのシステムを作る必要があると思います。現在の労働局の調停制度を少々変えることで対応できるかもしれません。

 また相談から救済まで、傷ついた被害者の回復を支援することまでを含めて、支援体制を構築することも重要です。国の責任として、医療・カウンセリング・労災等のワンストップ支援をおこなってほしいです。

 また、先の連合のハラスメントの調査では、仕事を短期間休んだ人は14.6%、長期間だと7.1%。仕事を辞めた人は18.9%。休職せざるを得なかった被害者が職場復帰する権利を確立し、安心して療養できるようにすることも必要ですね。同時に、復帰後にハラスメントを受けない安全な職場を保障することも重要です'''。

ーそうなんですね。それでは、今回の福田前事務次官のセクハラのケースなどから、私たちが学べることについて教えてください。

 セクハラの相談窓口の問題です。現行法では、セクハラの窓口をどこにおいても構いません。でも、相談窓口が社内の場合、プライバシーが確保されるかどうか、相談したことで不利益に扱われないかどうか、といった懸念が大きく、通常、安心して相談できません。調査のために、「うちの顧問弁護士に話せ」と言われても同じです。連合のハラスメントの調査(2017)では、「どこにも相談しなかった」人は、41.7%にのぼりました。セクハラに特化したJILPT調査(2015)では、実に63.4%の人が「がまんした、特に何もしなかった」と答えています。

 相談窓口や設置される調査機関に、一定の中立性やプライバシーの確保がないと、利用されず、絵に描いた餅になってしまいます。相談窓口は、信頼性がとても重要です。メンタル疾患にならずに、セクハラを早期に解消するため、信頼される窓口をどのように設置・運用できるか、均等法のセクハラ指針における相談窓口のしくみを再検討する必要があるのではないでしょうか。

 また今回は、「取材」の内容を外部の報道機関に持ち出したことについて、当初、テレビ朝日が「不適切であった」としました。しかし公益通報者保護法という法律があります。この法律はいわゆる「内部告発」した労働者を保護する法律です。会社内部に通報しても対応してもらえなかった場合に、犯罪行為などの場合には、外部の報道機関への通報が保護されることになっており、本件情報提供も必ずしも「不適切」とはいえないでしょう。ただし、今後は、現在保護対象となっていない均等法違反の外部への通報も対象とされるべきだと思います。

ー最後に一言お願いします。

 理想は、職場だけではない、あらゆる領域を包括する、性暴力禁止法、ハラスメント禁止法もしくは差別禁止法の枠組みによって、すべての人が(性)暴力、ハラスメント、差別のない安全な職場・教育・生活環境などを提供されることが必要だと思っています。取り急ぎ職場領域に限る対策にするとしても、フリーランスの就業者もハラスメントを受けていますから、雇用労働者だけに限定せず、すべての就業者がハラスメントを受けないことを保障することが大事だろうと思います。



麻生さんの言っていることは至極全う
法で定められていないのだから、それを言い立てるのはおかしい
被害者の言い分がすべて通ってしまうのなら法はいらないって事になりますよ
それって人治主義で、ものすごく怖いこと

きちんと法で定め、それに基づいて判断されない限り、むしろセクハラという権威?を利用した暴力行為にしか見えませんね

イヤだといったらすべてセクハラって発想こそが怖いですし、原則女性が言い立てたことはすべて善で、すなわち男性はすべて加害者になるという根本的な発想をなくさないといけない
何度も出すけど、痴漢の冤罪なんて最たる例でしょ?

こういうことがまかり通ると、
たとえば小さい子供、女の子の場合男性が助けようと下手に声をかけると、犯罪者扱いされてしまうことが多々あるので、それなら声をかけずに無視をするって事に繋がっていってしまうのでは?
警戒すべきっていうのもわかるけど、何が何でも犯罪者扱いでは善意を無にされるくらいなら、(´・ω・`)知らんがなって事になっていくのも当然のことでは無いかと思います


戻して
法でセクハラの定義づけを行い、裁判所できちんと判断した上でなら良いですけど
とにかくセクハラだと騒ぎ立てた方が勝ちっていう現状はとても怖いですね
それは言い過ぎだろって言ったら逆ギレされる今の世の中狂ってると思います

不幸な冤罪を増やさないためにも法を定めるべきです


https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20180510-00085030/


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:46| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

女性から男性へのセクハラもちゃんと講習されてるかしら?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000044-jij-pol

yahoo:「財務省でセクハラ防止研修=局長ら幹部が参加

財務省は9日午前、外部の弁護士を講師に招きセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)の再発防止を目的とした研修会を開いた。

 福田淳一前事務次官がテレビ朝日女性社員に対するセクハラ問題で辞任したことを受けた措置。財務省はセクハラ研修会を定期的に開催する方針だ。

 研修会は大臣官房や主計局、主税局、理財局などの総務課長級以上の幹部約80人が対象。岡本薫明主計局長、星野次彦主税局長、太田充理財局長らが出席した。麻生太郎財務相は参加の予定がなく、次官職務を代行している矢野康治官房長は国会対応のため欠席した。 


セクハラについて学ぶのは良いけど
一方的に男性だけが悪いというのだけは無しにしておいて欲しいよね
刑法が改正され、強姦罪は強制性交罪となり、女性から男性への強姦もようやく認められるようになりました
セクハラについても必ずしも男性から女性へだけでは無く、逆に女性から男性への嫌がらせもきちんと把握し、処断されるようで無ければダメですよね
また一方的に被害があったという被害者からの主張を鵜呑みにするのでは無く、双方の言い分、第三者が存在するならその意見も聞くようにすべきでしょう

痴漢などでも冤罪があります。男性は女性と二人きりにならないように注意するなど自己防衛も必要ですよね
一方的な言い分で社会的な立場を失うのは恐ろしいことです
女性が常に被害者、というわけではないってことは頭に入れておかないと


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000044-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:38| 東京 🌁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

名乗り出れないのに、なんで雑誌には話すことが出来たんだろう?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000040-jij-pol

yahoo:「名乗り出ないと認定困難=次官のセクハラ疑惑調査で―麻生財務相

麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を調査するため同省を担当する報道機関の女性記者に協力を要請したことについて、「本人が出てこなければどうしようもない」と述べた。

 被害者とされる女性記者が申し出なければ、セクハラと認定するのは難しいという認識を示したものだ。

 性的被害では被害者が自発的に名乗り出にくいとされている。麻生氏は「次官に人権はないと言うのか」と述べ、疑惑を報じた週刊新潮の記事を一方的に信じることはできないと強調した。 


言っていることは至極当然
言い出しにくいことが、何でまっ先に雑誌に言えているのか不思議

それよりかは警察などに言った方がよっぽど解決への近道
そうでは無くスキャンダルとしてしてやったりという気持ちが強いなら、雑誌に行くのは当然かなと

セクハラ、性犯罪は憎むべき犯罪だけど、かといって冤罪も起きやすいため
慎重な対応は当然でしょう
被害者だから何をしても良いって事は無いんじゃ無いでしょうか?
然るべき手段を持って犯罪を撲滅に持っていくならともかく、たんにスキャンダルとして大きな騒ぎにしたいだけなら大いに問題有りでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000040-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:36| 東京 🌁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

なんにしても出会い系を楽しむような不逞の輩を子供の前に出すのは違和感がありますね>前川喜平https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000003-mai-soci

yahoo:「<前川氏授業>自民議員が照会 文教族、文科省は影響否定

文部科学省が名古屋市教育委員会に、前川喜平・前事務次官が市立中学で講師を務めた授業の内容の報告や録音データの提供を求めた問題を巡り、自民党文科部会に所属する衆院議員が文科省に授業の経緯を照会していたことが政府関係者への取材で判明した。文科省はその後に市教委に問い合わせており、議員の照会が影響を与えた可能性があるが、文科省幹部は「問い合わせたのは省としての判断だ」と説明している。【伊澤拓也、山衛守剛】

 前川氏は2月16日、市立八王子中で総合学習の授業として講演。不登校の経験などに触れ、「自ら学ぶ力、考える力を身につけてほしい」と呼びかけた。

 関係者によると、議員は2月中旬から下旬に複数回、文科省初等中等教育局に電話し、授業の内容や経緯について説明を求めた。同局は照会について、林芳正文科相ら政務三役に報告しなかったという。

 市教委によると、文科省は今月1日、15項目の質問を列挙したメールを送信。天下りあっせん問題による引責辞任や「出会い系バーの利用」に言及して前川氏を招いた経緯や理由などを尋ね、録音データの提供を求めた。5日夕の返信を受け、6日朝には校長の認識など11項目の追加質問を送り、7日正午までの回答を要請した。市教委は16日、双方のメール計4本などA4判22ページを公開した。

 文科省は16日の野党合同ヒアリングで、授業の様子を翌日報じた地元の中日新聞の記事が問い合わせのきっかけだったと説明。同時期に外部から照会もあったことは認めたものの、照会が誰からだったかについては「差し控える」と明らかにしなかった。「政治家の介入はあったのか」との質問には「確認する」と答えるにとどめ、「あくまでも私たちの判断」と繰り返した。

 省内には「メールの質問事項は、官僚の文章には思えない」との声がある。職員の一人は「照会は執拗(しつよう)で対応に苦慮したと聞いている」と話した。


性犯罪者に対して甘いんですよね
出会い系を楽しむような不逞の輩を子供の前に出すことをおかしいと思う方が当然
文科省が問い合わせるのは何ら問題なしと考えるし
国会議員が問いただそうとしても良いんじゃ無いかと思いますけども

いずれにしても加害者に対してなんでこんなに甘いの?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000003-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:56| 東京 ☁| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

性犯罪への認識の甘さが、こういう事態を引き起こすんじゃ無いの?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00007554-bengocom-soci

yahoo:「稲村亜美さんに数千人の中学球児殺到 「紛れもなく痴漢」など怒りの声続々、運営平謝り

「神スイング」で知られるタレントの稲村亜美さん(22)が3月10日、神宮球場であった野球大会の始球式で、中学生球児らに「襲われる」ハプニングがあった。ツイッターでは「どう考えても集団暴行事件」「紛れもなく痴漢」など怒りの声が上がっている。

大会は、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の主催。TwitterやYouTubeにアップされた動画には、稲村さんを囲むように整列していた球児たちが、一斉に殺到する姿が映されている。

稲村さんは同日夜、インスタグラムで「みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました」と配慮したコメント。

一方、ツイッターでは、球児本人と見られるアカウントが悪びれる風もなく、武勇伝のごとく語っている投稿が拡散されるなど、怒りが拡大中。主催者や指導者らの目前で起きた事件だけに、大人の管理責任を問う声も上がっている。

●軽傷を負った中学生も「各チームに注意の文書送る」

主催者によると、参加は202チーム。正確な数字は把握していないが、1チーム平均20人だとすると、4000人ほどが現場にいた可能性があるという。

始球式は「知る限り初めて」(担当者)といい、稲村さんのスケジュールが合ったことで実現したという。「経験がなかったこともあり、不手際があった。あそこまでは想像していなかった」と責任を感じている様子。

止めに入ろうとしたが、中学生の圧力に負け、審判団や役員が球児を引き剥がすのに時間がかかってしまったという。大事には至らなかったが、軽傷を負った生徒もいるそうだ。

一部ツイッターで名前が出ている生徒がいることも把握しており、「好ましくないことだと思っています。当日、個別に注意した中学生もいるが、各チームに注意の文書を送る予定です」。

「稲村さんには当日、誠意をもって謝りました。今日も仲介を通して連絡している。稲村さんからは、非常に好意的に言葉をもらっています」と終始申し訳なさそうだった。

「神対応」で済ませることなく、再発防止策と「襲撃」に加わった生徒たちの反省を促してもらいたい。


何で隔離しておかなかったんでしょうかねぇ
タレントの近くに子供を置いておけば、こういう性犯罪に至らずとも、ある種のパニック状態になるのは必須
ましてサカリのついた世代でしょ。自制出来た子もいたようだけど、止められなくなるのは当たり前

このタレントさんを守るという発想が無かった運営のアホさ加減が原因でしょうなぁ

そしてあえて言えば、性犯罪の認識の甘さじゃ無い?
このトラブルの後、何事も無く続けられたそうだけど、ダメなことはダメだって大人が然るべきじゃ無かったのか?
今あったことは痴漢、性犯罪だ、ダメなことだって教えなければいけなかった

武勇伝のように語るお子様がいたそうだけど、そういうのはきちんと関係者が然るべきだね
表沙汰にしなくても良いけど、叱るべき時に叱らなければ、また同じようなことをやるよ?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00007554-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

女性専用車より性犯罪防止車両とかのほうがいいのかもなぁ





というのを見かけました
御堂筋事件というのは知りませんでしたので、検索したところ
以下のようなページがありました
”性暴力を許さない女の会”:「「地下鉄御堂筋事件」について

こういう下半身に自制が効かない連中がいるから分けざるを得ないって事なんですよね
何で男女差別になるのか訳わかりません

そういうわけで、性犯罪を防止するという意味合いで車両を分けるんですから女性専用車両では無くストレートに性犯罪防止車両としちゃった方がいいかもね。男女間の問題では無く、性犯罪を犯す加害者と被害者の問題だということが一番大きく論じるべきでしょう
また逆の場合もありますけど、現状男が女を襲う可能性が多いわけですから、それでいいと思っています

いずれにしても性犯罪者に更生を求めても無理なので、強姦罪(改正後は「強制性交等罪」)は死刑で良いと思います。生かしておくだけ無駄です


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

保育士に限ったことじゃないでしょうhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000016-mai-soci

yahoo:「<厚労省>保育士の犯歴照会、義務に 登録取り消しを徹底


幼児へのわいせつ事件などを起こした保育士の登録取り消しを徹底するため、厚生労働省は、児童福祉法の関連省令を2月に改正する方針を決めた。保育士の逮捕情報を把握した時点で、取り消しに向け確認することを都道府県に義務付ける。併せて、逮捕を知った保育所などにも速やかに報告させるよう都道府県に促す。【宇多川はるか、国本愛】

 神奈川県内の保育所で、過去に実刑判決を受けた保育士が登録を取り消されないまま勤務し、園児への傷害致死罪などで起訴される事件があり、再発防止策が求められていた。

 児童福祉法は、禁錮以上の刑を受けた保育士は都道府県が登録を取り消し、執行から2年経過するまでは再び登録できないと定めている。ただし、現行法は、罪を犯した本人が届け出ることを前提としている。届け出がなかったため逮捕情報を把握できず、取り消されなかったケースは少なくないとみられる。

 厚労省は省令改正に伴い、都道府県に対し、市区町村が保有する犯罪歴情報の活用を促す通知を出す。罰金以上の刑(道路交通法違反の罰金などを除く)が確定すると、検察から本籍地の市区町村に通知され、犯罪人名簿に記載される。こうした情報を活用することで、都道府県に保育士の犯罪歴の把握を徹底させる考えだ。

 神奈川県平塚市の認可外保育所で2015年12月、生後4カ月の男児が死亡し、勤務していた保育士の男が傷害致死や強制わいせつなどの罪で起訴された。この男は10年に、東京都内の保育所で女児にわいせつな行為をした強制わいせつ罪で懲役3年の判決を受け、服役していた。だが、登録先の神奈川県はこの情報を把握していなかったため登録は取り消されず、男は出所後に再び保育士として勤務していた。

 学校現場でも、児童・生徒へのわいせつ問題を起こした教員の処分情報が共有されていなかったとして、文部科学省は「教員免許管理システム」を大幅に改善する方針を決めている。

 ◇相次ぐ幼児被害、教訓に

 保育所に預けられた幼児らへの保育士によるわいせつ事件は全国で相次いでいる。だが、刑の確定情報の把握は容易でなく、苦慮した宮崎や広島県なども、国に対策を要望してきた。神奈川県平塚市の事件後、問題は国会質疑で取り上げられるなど注目され、厚生労働省の今回の方針につながった。

 被害に遭った幼児や親は深い心の傷を負う。平塚市の事件で起訴された男は、他の女児らへの強制わいせつなどの罪で2017年12月に実刑判決を受けたが、被害児童の親たちはこの公判の意見陳述で「(出所後に)また簡単に保育士になったことで(子どもが被害を受け)、一生苦しみます」などと訴えていた。

 ただ、関連省令を改正しても、保育所や都道府県が逮捕や刑の確定情報を得る手段は、本人や家族ら関係者の申告以外にはマスコミ報道などに限られるのが実情だ。情報の把握には依然として課題が残り、実効性を疑問視する声も上がる。

 神奈川県の担当者は「保育所などが犯罪歴を適切に把握できるかどうかは疑問。グレーの場合でも、人手不足で辞めてもらっては困るから、報告しない保育所もあり得る。現実的な対策にならないのではないか」と懸念する。

 保育制度に詳しい櫻井慶一・文教大教授(児童福祉論、子育て支援論)は「適切な保育を受ける権利は保障されるべきで、不適格者が排除されるのは当然。ただ、都道府県域を越えた問題なので、保育士登録情報を国が一元化して直接管理し、市町村の犯罪歴の把握と結びつける工夫が必要ではないか」と提案した。


別に保育士に限ったことじゃないでしょう
変態教師だっているし、
そんなもんが近所に住んでいたら嫌でしょう
居住権の侵害だとかなんとかと言い出す奴もいるかもしれないが、我が子、我が家族がそういう犯罪の危険にさらされていることを容認出来るわけも無い
避けようとするのが当然です
なので、性犯罪者がどこにいるのかわかるようにすることは非常に大事なことだと思いますね

また、前の記事の通り
そういう犯罪者が出ないように異常性愛嗜好者を正常に戻す治療法を確立すべきなのです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000016-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異常性愛者を正常化させる治療する方法無いんでしょうかねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00050075-yom-soci

yahoo:「児童ポルノ、7200人購入名簿…検事や警官ら

2017年5月に警視庁が摘発した児童ポルノ販売サイトの関係先から、約7200人分の購入者リストが押収されていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 検事や警察官、医師、地方議員、人気漫画家らの名前があり、同庁などは客のうち約200人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検した。18年以降も容疑が固まった客を順次、書類送検する方針だ。

 18歳未満の児童ポルノは所持・保管する「単純所持」も禁止され、1年以下の懲役または100万円以下の罰金。16年の1年間の摘発件数は56件で、今回の事件は単純所持が禁止された15年7月以降、最大規模となる。


同性愛とか含めて、異常性愛嗜好者の精神を正す方法は無いんでしょうかねぇ
被害者を減らすためにも異常性癖を治療する方法を早く確立してほしいと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00050075-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:異常性愛 治療
posted by ! at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

痴漢をしなければ逆襲も無いのでは?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00007223-bengocom-soci

yahoo:「痴漢の高齢男性に女子高生が「回し蹴り」…正当防衛と過剰防衛の線引きは?

正当防衛か、過剰防衛か−。高齢男性に痴漢をされた女性が回し蹴りで撃退していたという目撃談が11月、Twitterに投稿されて話題になった(現在は削除済み)。その目撃談によると、スーパーで高齢男性に身体を触られていることに気づいた女子高生が回し蹴りをして、高齢男性を倒したという。

このエピソードの真偽は不明だが、ネットでの議論では、「回し蹴りまでするのは過剰防衛」とする意見や、「全力で反撃しないと体格や力で勝る男性には勝てないから正当防衛」とする意見に分かれた。しかし、もしも反撃を受けた男性が怪我をしたり、最悪のケースとして死亡したりした場合、被害者が一転して加害者になり、罪に問われるケースもあるという。「過剰防衛」と「正当防衛」の境界線はどこにあるのか。中村憲昭弁護士に聞いた。

●回し蹴り一発であれば『正当防衛』の可能性は高いが……

「正当防衛」として認められる範囲とは?

「『正当防衛』は、犯罪行為に該当する行為を行っても、例外的に違法ではなくなる場合のことをいいます。正当防衛が認められるためには、(1)相手の侵害行為が不正で、(2) 侵害が差し迫っており、(3)防衛のために (4)やむを得ずにした行為でなければなりません。

現に痴漢被害に遭っているのであれば(1)、(2)の要件は満たします。本件では(3)も問題ないでしょう。問題は(4)です。防衛行為として相当な限度でなければなりません」

反撃が『過剰防衛』だと判断されるポイントは?

「『ほかに取るべき手段がない』とまで厳格ではありませんが、一応、必要最小限である必要があります。反撃行為によって生じた結果が、守るべき法益を多少上回っている程度であればともかく、著しく均衡を欠く場合には過剰防衛となり、逆に罰せられる危険があります。

本件の場合、相手が高齢者であることは注意する必要がありますし、女子高生に武道の素養があるかどうかも影響します。一般的に回し蹴り一発であれば正当防衛の限度を超えないと思われますが、何発も攻撃を加える場合は注意が必要です」

反撃した結果、相手が負傷したり、死亡したりした場合、どのような責任に問われる?

「正当防衛の範囲内の行為で、不幸にも負傷したのであれば正当防衛ですが、反撃行為が過剰であれば傷害罪や傷害致死罪に問われかねません。勿論刑は軽減されますし、起訴されない可能性もありますが、被疑者扱いされてしまう危険はあります」

『正当防衛』を主張する人の中には、女性が性犯罪にあった時、その時は全力で反撃しないと被害に遭ってしまうのでかまわないという意見も根強い。もし性犯罪に遭ってしまったら、どのように対応すれば良い?

「とっさの判断を求められるので、判断は難しいです。勿論身を守るためであれば、結果的に相手を打ち負かしても正当防衛の範囲内と認められることも多いかと思われます。ただ、相手の方が強い場合もありますし、反撃行為に及んでも、逆にこちらが負ける場合もあるでしょう。反撃するのはそれしか方法がない例外的な場合にとどめ、出来る限り周囲に助けを求める方が得策です」


回し蹴りに限らず、反撃されて万が一死ぬことになっても痴漢を性犯罪をしなければ、反撃されなかったんだから過剰防衛とは思いませんね

それよりも恐れるべきは、逆上した変質者にさらに変態行為をされ足り、さらには暴行になることと
冤罪では無いかなと思います

記事末尾の弁護士のいうとおり、周囲へ助けを求める方が良いと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00007223-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする