2017年01月24日

時間もカネも無い世代に酒を飲む余裕があると思っているのかな?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000016-wordleaf-bus_all

yahoo:「ビールが売れないのは「若者が飲まないから」それとも「税金が高いから」?

2016年におけるビール大手5社の出荷数量が前年を下回るなど、ビール類の売上げ不振が続いています。若者のビール離れなどとよく言われますが、若者がビールを飲まないことが市場縮小の原因なのでしょうか。
ビールが売れないのは「若者が飲まないから」それとも「税金が高いから」?

ビールが売れないのは「若者が飲まないから」それとも「税金が高いから」?(アフロ)
ビール類の出荷は12年連続のマイナス

 ビール・発泡酒・新ジャンルを合計したビール類の出荷は前年比でマイナス2.4%となり、12年連続のマイナスを記録しました。期待されていた新ジャンルもマイナス1.2%と3年連続の減少です。

 最大手のアサヒは、新ジャンルの「クリアアサヒ」が前年比11.7%増、発泡酒の「スタイルフリー」が横ばいと健闘しましたが、「スーパードライ」は3.7%減となっており、会社全体ではほぼ横ばいといった状況です。一方、キリンはすべての分野で前年割れとなっており、特に新ジャンルの落ち込みが顕著でした。発泡酒の「淡麗」は6.1%減、新ジャンルの「のどごし」は7.1%減です。
横ばいを維持したのは価格を抑制した結果

 ビールの売上げ不振の原因についてよく耳にするのが、若者のビール離れです。確かに宴会などで「とりあえずビール」という風潮はなくなりましたし、ビールを好まない若者が増えていることは間違いないでしょう。

 しかし、酒類全体を見ても販売数量の低下が続いていることを考えると、若者の嗜好の変化だけが原因ではなさそうです。酒類全体の販売数量は、1990年代はほぼ横ばいでしたが、2003年頃から減少傾向が顕著となっています。この時期は、非正規社員の割合が増加するなど、ちょうど日本経済の転換点となっていました。

 リーマンショック後は何とか横ばいを維持していましたが、これも新ジャンルなどの開拓によって価格を抑制した結果です。労働者の実質賃金はマイナスが続いており、基本的に消費者の購買力は弱くなる一方であることを考えると、これは構造的な要因が大きそうです。酒類各社は市場環境が厳しい中、無理な販売を強いられてきたと考えるのが自然でしょう。各社はクラフトビールなどに力を入れていますが、消費が弱いという状況では高品質な商品の伸びは限定的といえそうです。

切り離して考えられない税制の問題

 もっとも日本の場合には、酒税の関係上、ビール類そのものの値段が諸外国に比べて高いという問題があります。この先、国内のアルコール市場を伸ばそうと思うのであれば、税制の問題を切り離して考えることはできません。しかし、日本の酒税による税収は約1兆3600億円もあり貴重な財源となっています。酒税を減額することについてはそう簡単に話は進まないと考えられます。

 酒類各社は縮小する日本市場に見切りを付け海外展開を強化しています。アサヒは昨年12月、約8800億円を投じて東欧のビール事業を買収すると発表しました。サントリーは一足早く、米酒類大手のビーム社を1兆6500億円で買収しています。国内ビール市場の衰退は避けられないのかもしれません。


なんにしたって
長時間労働、安い賃金が原因でしょ?
生活に余裕がないのですから無駄遣いを避けるしかない
となればこういう嗜好品などから削られるわけで、
若者の〜離れっていうのは愚かな経済学者が引き起こしているということです


新自由主義者の皆様の言う通りに緊縮予算で無駄遣いを止めた結果いろんな消費が低迷し、景気が悪くなる一方ということじゃないですか?

これで社会全体が良くなると思うなら、経済学者っていうのはいっぺん死んだほうがいいと思いますね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000016-wordleaf-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

自立させなければいけない>引きこもりhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00050120-yom-soci

yahoo:「「大人のひきこもり」平均22年、支援途絶える

40歳以上の「ひきこもり」に関して民間団体が行った初の実態調査で、ひきこもりが長く続いている間に行政などの支援が途絶えたり、生活時間が昼夜逆転したりしている傾向が明らかになった。

 内閣府は昨年9月、15〜39歳のひきこもりが約54万人に上るとの推計結果を公表したが、増加しているとされる「大人のひきこもり」の実態は不明だった。「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(東京)が厚生労働省の助成を受け、同月以降、40歳以上の61人について家族らへの聞き取りを実施。今月22日、名古屋市内で中間報告を行った。

 それによると、ひきこもりの平均期間は22年に及び、一度は行政や病院の支援を受けたのに、その後に途絶えていたケースが半数に上った。ひきこもりの間に見られた行動は、昼夜逆転(49人)や家庭内暴力(15人)などが多かった。


引きこもりも親が元気なうちは面倒が見れるからいいですけど、
親だって不老不死じゃありませんから、いつかは老い衰え、図体のでかいペットの始末なんてできなくなるわけです
引きこもりでは親の葬式も出せないのかな?
親不孝なことです

だから早いうちに更生させて、自立させなければいけない
自分で食い扶持を稼ぐことができるようにならなければ、ただの親不孝
かわいそうだから気の毒だからと現状維持では何の解決にならないと思う

親が死ぬまでに親が看取ることができて、送り出すことができるようにならないとな


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00050120-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

税金で働かずに食わせてもらっているので、公務員以上に厳しく世間から当たられても文句を言ってはいけないと思う>生活保護http://bylines.news.yahoo.co.jp/konnoharuki/20170119-00066755/

yahoo:「生保行政に蔓延する違法行為 小田原の事件は氷山の一角に過ぎない

神奈川県小田原市の生活保護担当職員が、「保護なめんな」「不正受給はクズだ」などの文言が入ったジャンパーを勤務中に着用し、着用したまま受給者宅を訪問するケースもあったということが、17日、市の発表で明らかになった。今回、市はジャンパーの使用を禁止し、担当部長ら7人を厳重注意処分としたようだが、ジャンパーは2007年以降使用されており、10年間にわたって問題は放置されていたということだ。

実は、これまでも生活保護行政による違法行為・人権侵害はずっと繰り返されてきた。私たちは生活困窮者からの生活相談活動に従事してきたが、その現場は凄惨なものだ。

とりわけ2012年に芸能人の母親の「不正受給」報道に端を発する「生活保護バッシング」以降は、厚生労働省や都道府県の指導も無視して「暴走」する自治体まで現れている。

問題がなかなか明るみにならないのは、違法行為・生活保護受給者は、被害を告発すれば保護を打ち切られるかもしれないという、圧倒的に弱い立場に置かれているために、何も言うことができないからだ。

行政の違法行為・人権侵害は、(1)水際作戦、(2)命を脅かすパワーハラスメント、(3)貧困ビジネスとの連携、の三点に要約できる。以下ではそれぞれの類型について、事例を交えて紹介したい。
(1)水際作戦

「水際作戦」とは、生活保護を申請しようとする生活困窮者を、行政が窓口で追い返すことである。これは全国各地で日常的に行われている。私が代表を務めるNPO法人POSSEに寄せられる相談の中でも、所持金が数百円、数十円しかない方、幼い子どもを抱えた女性や病気・障害で働けない方の被害は、命にも関わる深刻な問題である。

そのやり方は、「若いから働ける」「家族に養ってもらえ」「住所がないと受けられない」などの理由をつけて「申請書を渡さない」という方法が主流だが、「申請書を受け取らない」という、より悪質な手法もある。

例えば、私たちが対応した舞鶴市の事例では、子どもを3人抱えるシングルマザーの女性が生活保護を申請しようとしたところ、所持金が600円しかなかったにもかかわらず、窓口で追い返された。本人が「申請をしたい」と何度訴えても申請書を渡さず、「帰ってください」「業務の邪魔になる」などと言って対応しなかった上、自作の申請書(※)を窓口に置いて帰ろうとした際には「忘れ物ですよ!」と言って突き返そうとしたのだ。

※生活保護制度では、所定の事項を記載すれば自作の申請書でも申請が認められる。

しかも、申請をしたからといって生活保護が必ず支給されるわけではない。当然、申請後に行政から審査が行われ、必要だと認められた場合に限って支給が始まるのだ。そもそも申請をさせないという行為は、生活状況の審査すらも拒否する行為である。

水際作戦が、不正受給とはまったく無関係の違法行為であり、決して正当化されないことは明らかだろう。
(2)命を脅かすパワーハラスメント

「命を脅かすパワーハラスメント」とは、生活保護受給者に対し、行政が「保護の打ち切り」をちらつかせて、時に死の恐怖を味わわせながら圧迫する行為である。

生活保護を受給した後の支援を行う職員であるケースワーカーは、受給者の生活に全面的に介入することになる。自治体ごとに運営は異なっているが、受給者がただお金だけをもらっているというイメージは誤りで、細かい生活指導が行われているのだ。

問題は、生活保護受給者に対しては、通常は認められないような住民の生活に介入する権限が、行政側に与えられてしまっているということだ。具体的には、保護受給者のプライバシーに侵入する権限をも持っている。金銭の使用や生活実態などが細かに調査される。

被保護者の生活に行政が関与するのは当然のことであるとしても、その「やり方」を間違えば、ひどい精神的苦痛を与えることになることが容易に想像される。

そして、さらに恐ろしいのは、行政の指導に従わなかった場合に制裁として保護を打ち切られる可能性があるのだ。このような、受給者とケースワーカーの絶対的に非対称な関係を背景に、受給後のパワーハラスメントが横行する。

例えば、異性との交際について執拗に調査し、交際禁止の指導をするといったことが行われる。京都府宇治市では、母子家庭の生活保護の申請者に対し、異性と生活することを禁じたり、妊娠出産した場合には生活保護打ち切りを強いる誓約書に署名させていたことが発覚している。

また、大阪市天王寺区では、心臓病で働けない受給者が居候先から引っ越しをする際に、法制度上認められた引っ越し費用を支給せず、転居できなかった。それにもかかわらず、「転居する予定だったアパートに居住実態がない」ことを理由として保護が打ち切られた。

その際、ケースワーカーらは不正受給摘発チームを作り、受給者を尾行したり、アパートの電気やガスのメーターや、郵便ポストの中身までチェックしていたのである。
(3)貧困ビジネスとの連携

貧困ビジネスとの連携とは、行政がヤクザ的な企業・法人や、生活保護受給者をビジネスの対象とする企業・法人(「貧困ビジネス」)の運営する施設に、受給者を半強制的に入所させることだ。

住居を失った生活困窮者が窓口を訪れると、必ずと言ってよいほど「施設に入らなければ申請させない」と言われる。そして、実際に入所するとその居住環境は劣悪であることが少なくない。6畳間に4〜5人が詰め込まれたり、個室があったとしても6畳1間をベニヤ板で二つに仕切っているだけである場合が多い。風呂は週に3回、食事も1日2回、布団や畳に虫が湧いていることもある。このような居住環境でも、保護費のほとんどを施設側に徴収され、手元にはごくわずかしか残らない。

貧困ビジネスで印象的な事例は、病気を患っている患者と同居している入所者からの相談だ。彼は、公衆電話から連絡してきた。同室の老人が、「重い病気なのに病院に行かせてもらえない」。24時間監視され、自分自身も外出が難しい。就職活動をすることも許されないという。

こうした行政とヤクザ的ともいえる貧困ビジネスとの連携は、双方の利害が一致した結果、推進されてきた。行政にとっては、住居喪失者向けの公的宿泊施設を用意するコストを削減できる。また、貧困ビジネスが受給者を1ヶ所に集めて管理をしてくれれば、人手不足に悩む福祉事務所の管理コストも減らすことができる。他方、貧困ビジネスにとっては、公的なお金を安定的に吸い上げることができるわけだ。

恐ろしいことは、貧困ビジネスは被保護者の福祉や社会復帰にまったく興味を持っていない場合も珍しくはないということだ。先ほどの事例のように、あえて病院を受診させない行為(病気が発覚すれば入院することになり、保護費を搾取できなくなる)や、就職活動すら妨害する行為がその典型である。
おわりに

今回の小田原市の事件は、金額ベースで約0.4パーセントしかない生活保護の「不正受給」をフレームアップし、生活保護受給者の全体を「犯罪者予備軍」であるかのように扱い、彼らを威圧している点で、看過できない深刻な人権侵害である。

だがすでに見てきたように、小田原市に限らず、全国の生活保護行政が多かれ少なかれ問題を抱えている。この事件の真相究明を機に、職員に対する教育など、再発防止に向けた実効性のある措置が広まることを期待したい。


生活保護、税金で食べさせてもらている人たち
同様に税金で食わせてもらっているとよく揶揄される公務員の人たち
公僕として働いている分公務員の方がずっとマシなので
生活保護受給者は家計簿を提出するべきだと思いますし、その内容についてあれこれ指摘されてもシャーないと思いますけどね
それだけに、不正受給者をクズということには何ら問題はないし、それが咎められることを不思議に思います

ただ流石に公務員自身がやってしまうことには少しやり過ぎだなぁと思いますけどね
マスコミくせに、それをダメだということにもやり過ぎだなと思いますよ

生活保護をもらわなくても生活できるようにすることが政治の使命であって、
生活保護をもらうことを当たり前だとしてしまうことには違和感
あくまで最終ラインであって、それが常套手段になることには反対

病気とか怪我とかそういうことになったらなるべく家族に助けられるべきだと思いますし
それでダメなら、施設収容してしまった方がいいかもしれませんね
なるべく一人暮らし世帯をなくしていければいいんだけどなぁとは思います


http://bylines.news.yahoo.co.jp/konnoharuki/20170119-00066755/


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

いや、山は自己責任だと思います>御嶽山噴火で国などを提訴http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000047-jij-soci

yahoo:「御嶽山噴火、5遺族が提訴へ=25日、国と県に賠償請求―長野

58人が死亡、行方不明者5人を出した2014年9月の御嶽山噴火災害で、5遺族が国家賠償法に基づき、国と長野県に総額1億5000万円の損害賠償を求める訴訟を起こすことが17日、弁護団への取材で分かった。

 長野地裁松本支部に25日、提訴する。

 弁護団によると、原告側は訴状で、気象庁は14年9月27日の噴火前の同月10日に52回、同11日に85回の火山性地震を観測していたにもかかわらず、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)に引き上げなかったと指摘。火口周辺の立ち入りが規制されていれば、犠牲者が出ることはなかったと主張する。

 県については、山頂付近などに設置した地震計の故障を知りながら放置し、観測を怠ったため、精度の高いデータを気象庁に提供することができなかったと訴えるという。

 気象庁総務課の話 まだ提訴されているわけではないので、コメントは差し控える。

 長野県危機管理防災課の話 訴状が届いていないので、コメントは差し控える。 


こんなことで訴えたら行政が気の毒というもの
自然相手の問題で社会システムについてあれこれ言ったところでどうにもならないと思います

山など含めて自然相手の災害などで行政に責任を問うのはやめるべきじゃないのかなぁ
人間の考えることなんて限界があるし、そういう限界値の中で予測や対策を立てたところで完璧じゃないのはあり得ること
それを完璧じゃなかったからと訴えるのは無理筋じゃないかと思います
自己責任、運が悪かったということでやむなしじゃないですか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000047-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声かけても怒られないならなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000079-san-soci

yahoo:「減らぬ転落死、遅れる対策 盲導犬いても危険「声かけて」

国土交通省によると、全国約9500駅のうちホームドアが設置されているのは665駅(昨年3月時点)で、わずか7%にすぎない。相互乗り入れ線の車両規格の違いや、巨額の設置費用などがネックとなっている。国と自治体は鉄道会社に対し総費用の3分の1ずつを補助する制度を設けて設置を促しているが、歩みは遅々たるものだ。

 鉄道会社は、利用者が10万人以上の260駅について優先的にホームドアを設置するよう努めることになっていたが、同月時点で設置済みは82駅。視覚障害者が昨年相次いで転落死した事故を受け、国交省が設置した検討会は昨年12月、整備条件を満たしている駅は原則として平成32年度までに設置することを決めた。これに前後して東京メトロやJR西日本、東武鉄道などがホームドアの新規設置や前倒しを公表している。

 日本盲人会連合の藤井貢組織部長(64)は、ホームドア設置までの間の安全策の一つとして「声かけが肝心」と強調する。

 藤井さんも全盲で、駅で危険を感じることがあるという。20年以上前には、駅のホームから転落して肋骨(ろっこつ)を骨折した。「(原因は)いまだに分からないが、いつの間にか斜めに歩いていたのだろう」と振り返り、「視覚障害者は常に危険と隣り合わせで歩いている。もっと積極的に安全策を講じないと、また同じことが繰り返される」と危機感を募らせた。藤井さんは「慣れた駅で、『間違いなく歩いている』と誤認して方向を失うこともある。盲導犬がいれば転落しないという印象を与えるが、そうではないということを分かってもらえたら」と話した。

 日本盲導犬協会の盲導犬育成統括責任者、多和田悟理事(64)も「断られることもあるかもしれないが、見守る気持ちで声をかけてほしい」と呼びかけている。


その断られるっていうのが、ネックだと思うんですよね
なかなか他人に声をかけられない人が多いと思いますが
そんな中やっと勇気を出して声をかけたらことわられた、なんてことになったら、次も声をかけようって勇気が湧いてくる人がどれほどいるのやら

声をかけられる方もそれなりの心構えになってくれないと
声かけをしようという人は増えないかもしれませんね

下手に声をかけると通報されたり、善意が踏みにじられることが多い昨今では
関わらない方が吉ってなりがちだと思うんですよ
そこをどうするかですね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000079-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

バス会社より旅行会社、安さを求める情勢をどうにかすべきではないのか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00050018-yom-soci

yahoo:「国交省、バス監査官50人増へ…軽井沢事故受け

国土交通省は来年度、バス事業者などへの監査を担う監査官を現行より50人以上増員し、約420人態勢とする方針を固めた。

 乗客の学生ら15人が死亡した昨年1月の長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故を受けた措置で、過去最大規模の増員となる。

 事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都)は、前年に受けた監査で運転手の健康管理などに関する違反が発覚し、是正を求められていた。だが、事故後の特別監査で多数の法令違反が見つかり、監査の形骸化が指摘されていた。

 監査官の人数(今年度366人)は、5年前の2011年度(306人)から徐々に増えてきたとはいえ、トラックやタクシー会社も担当しているため、全国に約4500ある貸し切りバスの事業者をきめ細かく監査するのは難しいのが現状。国交省によると、事故前の14年度に抜き打ち監査を行ったバス事業者は約480で、全事業者の約1割にとどまっていた。


バス会社をいくら締め上げても良くはならないと思います
むしろもっとひどいことになるのでは?

運転手という仕事を軽視し、
安くこき使ってきた結果ではないのかなぁ?

デフレで、価格競争を強いられ、安い運賃で仕事を受けるために運転手、安全がものすごく軽視された結果が、この事故ではなかったか?

なので、安さを求める旅行会社、消費者
何よりも労働者を重視しようとしない国の責任もあるのではないですか?

競争があれば良くなるといって、規制を緩和し、競争重視できた結果が
今の労働者や安全と言った大事にすべきものを軽視する世の中ですね
それでいいのか?

最悪なのは規制を緩和して、国民と外人を競争させようとしていることだね
国民生活レベルが違うのですから、日本人はコストが高いからひとたまりもないでしょう
要するに一部の浮遊レベル層を除いて国民を根絶やしにする政策といても過言じゃない

しかし、これに対抗できる野党がいないもんね
別のやり方で日本国民を根絶やしにしようとしている連中ばかり


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00050018-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

全国一斉に少なくとも屋外の喫煙は禁止すべきじゃないの?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000053-asahi-soci

yahoo:「ハチ公前、路上喫煙が後絶たず 清掃員の面前でポイ捨て」

観光や待ち合わせスポットで有名な東京・渋谷駅前のハチ公前広場で、たばこの路上喫煙や吸い殻のポイ捨てが目立っている。広場にはこれまで喫煙所があったが、景観の改善で昨年11月に撤去したことがきっかけだ。区は注意書きの看板を設置するなど対応に苦慮するが、喫煙者の姿は絶えない。

 年の瀬のハチ公前広場。「ここでタバコは吸えません!」などと記された立て看板の前で、若者や会社員らが寒空のなか、一服していた。

 吸い終わると忠犬ハチ公像を囲う植え込みに、吸い殻を捨てて立ち去る人が多くいた。たばこを吸っていた都内の女性(20)は「皆が吸っていたので。注意します」と話した。

 区が委託する清掃会社の清掃員が現れても吸い続け、吸い殻を植え込みや地面に捨て去る人もいた。清掃員は「掃除してもまた吸いにくる。いたちごっこです」と漏らした。

 区は「渋谷区分煙ルール」を定め、2004年から渋谷・原宿・恵比寿駅の半径300メートル以内を「分煙ルール重点地区」に指定している。歩行喫煙はしない、たばこは決められた場所で吸う、などが規則だ。

 ハチ公前広場はこの年から喫煙所(45平方メートル)を設置した。だが、国際都市や観光都市として忠犬ハチ公像付近での喫煙はふさわしくない、といった景観改善を訴える要望が地元からあり、区は昨年11月に広場の喫煙所を撤去した。


公道など屋外は一括で禁煙にしたらいいと思いますよ
どうしてもタバコを吸いたい人のために、電話ボックスみたいなものを作っておいて、そこで吸うようにしたらいいと思います
とにかく受動喫煙を避ける方が最優先だと思いますんで

また、屋内、飲食店などは完全にすることはないです
タバコ吸ってもいいですっていう店には入らないだけなので
余力のある店が分煙化してくれればいいと思いますし、完全禁煙ならなお助かりますが
ニュースでもあったように、余力のない店に分煙などを求めるのは酷だと思いました
店頭に吸えるか吸えないかを明記してくれれば利用者側で判断すると思います
吸う人はきついかもしれませんが、受動喫煙を強いられるのもきついのです

そういう住み分けをお願いするしかないですねー


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000053-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

寺側の事情を見ると、騒ぎすぎってことですね>ベビーカー騒動http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000007-jct-soci

yahoo:「初詣「ベビーカー自粛」要請で大騒ぎ 「差別」批判へ寺側の意外な言い分

2017年の年開け早々、ネット上で大論争に発展したのが、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて大勢が集まる場所で初詣に参拝することの是非についてだ。それが障害者差別、少子化問題といったことにまで議論が広がっていった。

 発端となったのは東京板橋区の乗蓮寺が「ベビーカーご利用自粛のお願い」の看板を出した、とツイートされたこと。乗蓮寺は2年前まではベビーカー優先の寺だった。看板を出したことであらぬ方向まで話題が沸騰していることに住職は頭を抱えている。

■乙武氏「車椅子も同じように思われているのだろう」

 「ベビーカーご利用自粛のお願い」の看板の写真と共に、

  「何の落ち度もない単に小さい子供を連れたママさんが初詣に来て、これを見て嫌な気持ちになると想像できないだろうか。なら松葉杖の人も、車椅子の人も足の悪い高齢者も、視覚障害者も全部遠慮しろと?」

というツイートが出たのは2017年1月1日。それが瞬く間に拡散し、ネット上で大論争に発展した。意見は賛否両論あり、人ごみにベビーカーは邪魔で危険、赤ちゃんがかわいそうだから神社の対応は当然だ、との意見の方が多いのだが、赤ちゃんを持つ親に対し親切でない寺だ、とか、なんとなく気分が悪いから参拝に行かない、などといった反発も出た。そして、看板に「ほじょ犬は除く」とあることから、

  「ベビーカーだけを自粛にしたら 差別になりますよね」

などといった議論にも発展した。乙武洋匡さんはこうした騒ぎに関して1月4日にツイッターで、

  「『混雑時のベビーカーは自粛すべきだ』という意見を耳にするたび、車椅子も同じように思われているのだろうと肩身の狭さを感じる。不寛容な社会になればなるほど、『生きづらさ』を感じる人が多くなっていく」

などと感想を述べた。東京都議会の音喜多駿議員は、「初詣ベビーカー論争」だとし、ブログで、

  「少子化の最大の原因は、わが国が『子どもを産めば産むほど不自由になる社会』であることだと考えています」

と訴えた。

 看板を出した乗蓮寺は、徳川家康から10石の朱印地を寄進された寺で、高さ13メートル、重さが32トンの「東京大仏」がある人気スポット。新東京百景にも選ばれている。どうしてベビーカー自粛を呼びかけたのかといえば、実はベビーカー優先にしていたことが発端、という皮肉な結果になっていたようだ。J-CASTニュースが1月5日、寺に話を聞いてみた。


ベビーカーに躓いた老人が倒れ怪我をしていた

 寺の住職によれば、2年前まではベビーカー、車椅子での参拝を優先させていて、専用通路を作り、係員を配置し安全に努めるという布陣を取っていた。ところが思わぬトラブルが起こる。ベビーカー1台にファミリーが5人、10人と付いてきて専用通路を通り参拝し始めたのだ。混んでいる時にはお参りするまで1時間待たなければならないため、それを見た参拝客が腹を立て「なんだあいつらは!! 」と寺の担当者と小競り合いになった。

 また、ベビーカーがあれば優遇される寺ということが知れ渡り、小学5年生くらいの子供をベビーカーに乗せて現れる親が相次ぐことになった。親は優先通路に入るとベビーカーをたたみ、降りた子供は敷地内を駆け回った。そこで寺は優先通路を通れるのは押している1人だけ、という制限を設けた。ところが、ファミリーは2手に分かれて参拝することになり、先に参拝を終えたベビーカー組の中には境内近くで合流のため待機する、ということが起こった。

 そしてとうとう一昨年(2015年)、お年寄りがベビーカーに躓き、ベビーカーに抱き着く形で倒れてしまった。幸い軽傷で済んだのだがけが人を出したことには変わりがなく、「警察からの要請」もあり、昨年から「ベビーカーご利用自粛」の看板を出すことになった、という。取材に対し住職は、自分も孫をベビーカーに乗せて散歩に行くのが楽しみなため、自粛の看板を出すのはとても残念だった、としたうえで、ネット上で今回の件が「差別」や「少子化」問題になるのは想像もつかなかったし、それが寺に対する批判にも繋がっているとし頭を抱えていた。

  「あくまでも事故を回避するために設けた看板です。『自粛のお願い』という表現だけでなく、もう少し説明を付けて、理解していただけるようにするべきだったのかもしれません」

と住職は話していた。


配慮を強要された上に、痛い目に遭わされたお寺さんは本当にお気の毒様
弱者をかさに声高に騒ぎ立てる人、乙武のようなのがいるから
配慮を強要される弱い立場の人が、さらに気の毒な目にあうわけですね
困ったものです

あっちを立てれば、別の何かに角が立つ
そんなら何もしないほうがいい、関わりたくないって方向に行くのは当然のこと
個々に配慮し合えるならともかく、そうじゃないから公共、公共に近い立場の人が辛い思いをさせられる
今回のお寺なんて完全にとばっちりでしかないでしょう

で、乙武が引っ掻き回したようなものでしょ?特段関係もないのにね!

ベビーカーを邪魔だと思う人も、ベビーカーとともに出かけようとする人も、全て思い通りにはいかないってことを当然とすべきでしょうね。何でもかんでも自由にならないのですから、ここは自由にやらせてもらうけど、ここは相手を自由にさせてやろうとかそう言う風ならいいんですけどね
出かけたいから、周囲は配慮するのが当然と言う風になると角が立ちまくって、みんなが不幸になるだけでしょう
なんてことがみんなできれば、苦労はしないでしょうけどねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000007-jct-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産んでからどうするのか、最後まで面倒を見切れるのならいいのでは?http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00010000-gendaibiz-soci

yahoo:「「なんで産んじゃダメなの?」軽度知的障害の女性が妊娠、そして…

「あたしお母さんになるの」

「柚子に子育てなんて絶対無理よ」「どうして? あたし産みたいもん。どうして産んじゃダメなの!?」

マンガはこちらからお読みください。

軽度の知的障害がある柚子が、仕事仲間の草介に恋をして、赤ちゃんを授かった。でも、草介は急に亡くなってーー。

電子書籍化で人気が再燃した『だいすき!!〜ゆずの子育て日記〜』から冒頭のシーンを特別公開する。


産んで育てて行くわけですが、
普通の人でさえなかなかの難事業なのに、本人の状態、周囲の情勢次第では丸投げ
最悪行政が面倒見ることになったら無意味ですね
まして障害者が増えることになったら福祉費がかさむだけのことじゃないでしょうか?

ダメということ差別だのなんだのってことになりそうですが、
後始末をつける人、またその費用を諸々考えたら現実的無理って考えるのが普通じゃないでしょうか?

理想を言うのは自由ですが、その前に理想を現実化させるためのお金は誰が出すのかってことを考えたらいいと思います


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00010000-gendaibiz-soci


ブログランキング にほんブログ村
タグ:障害者 出産
posted by ! at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

余分な負担は負いたくないわけで、出生前診断をするのは当然だと思いますhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00010001-nishinpc-soci

yahoo:「「新出生前診断」ルール無視も 認定施設外でも検査 揺れる妊婦とその家族

妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる「新出生前診断」が揺れている。2013年4月に開始して以来、受診者が3万人を超える一方、必須のカウンセリングをせずに認定施設外で検査が行われていることが分かり、日本産科婦人科学会(日産婦)は今月、医師3人を処分した。「命の選別」につながると懸念される検査だけに、それぞれの立場で慎重な対応が求められている。

 胎児の病気や障害を調べる出生前診断には、さまざまな手法がある=表。うち新出生前診断は、技術的には採血だけで高い精度の検査が可能だ。このため、安易な人工中絶につながらないよう、日産婦は指針を設け、(1)日本医学会が認定した施設(現在78カ所)だけで行う(2)施設は妊婦や家族が検査の意義などを理解した上で意思決定できる「遺伝カウンセリング」を行う(3)出産時に35歳以上など妊婦に条件を求める−としている。

 しかし都内の民間業者は9月、こうしたルールを無視し、英国の検査会社と提携して新出生前診断のあっせんを始めた。「国内価格の半額」「年齢制限なし」−。ホームページでは宣伝文句とともに「検査を受けたくても受けることができない妊婦が多くいる。違法性がない限り提供すべきだ」と主張する。検査のみでカウンセリングはない。

 日本医師会や日産婦など5団体は先月、こうした認定外施設での検査中止を求める共同声明を出した。採血自体はどの医院でも容易にできるため、声明では産婦人科以外の医師にも指針を守るよう求めた。
「障害がある子を育てるということに、初めて夫婦で向き合えた」

 新出生前診断は羊水検査や絨毛(じゅうもう)検査のように流産のリスクがなく検査できるとあって、妊婦とその家族の選択肢を増やした。それだけに、当事者たちは大きく揺れ動いている。

 都内に住む女性(35)は7月、認定施設で新出生前診断を受けた。病院で案内されるまで検査の存在自体を知らず、高額な費用に「必要ない」と思った。だが、4歳上の夫が「高齢で経済的な問題もある。リスクがあるなら知りたい」と強く希望し、2度のカウンセリング後に検査を選んだ。

 結果は、染色体異常の可能性は低いというものだった。女性は「カウンセリングを受けたことで、検査で分かる障害はほんの一部だということや、他の障害があって生まれてくる可能性も分かった。障害がある子を育てるということに、初めて夫婦で向き合えた」と話す。

 埼玉県内に住む女性(37)は、不妊治療を経て待望の第2子を授かったばかり。先日、医師から検査の案内を受けて以来、仕事や家事が手に付かないほど悩んでいる。「もし病気があっても絶対に産む」。そう決めていたのに、夫は「将来、長女に負担がかかるのではないか」と検査を主張。検査ができる期間は限られているが、結論は出ないまま日が過ぎていく。


「どうなろうとも、どんな命にも意味がある。」

 日本ダウン症協会の理事を務める水戸川真由美さん(56)=東京=は、一般社団法人ドゥーラ協会が認定する産後ケアの専門家「産後ドゥーラ」として活動している。最近は産前から出生前診断に関する相談も受けるようになった。「夫婦2人で決めるには重い選択。遺伝カウンセリングだけでは不十分で、経験者による手厚い支援が必要」と実感する。

 染色体異常が分かった妊婦と会い、ダウン症や障害のある子の子育て経験や産前産後のことを話す。妊娠の継続か中断か、どちらかを勧めることはない。「どうなろうとも、どんな命にも意味がある。私は子どもから大きく育ててもらい、たくさんのものを与えてもらった」。相談者には、そんな思いを伝えている。

 出生前診断を行うのは妊娠初期。「十分に考える時間もないまま選択を迫られる。妊娠前から検査についてきちんと知り、考える必要がある」と語る。
【ワードBOX】新出生前診断

 血液検査のみで、13トリソミー、18トリソミー、ダウン症候群の染色体異常が高い精度で調べられる。臨床研究として導入されている。研究チームによると、開始から3年間で3万615人が受診。547人が陽性と判定され、その後の羊水検査で染色体異常が確定した417人のうち、94%にあたる394人が人工妊娠中絶を選択した。


ほとんどの人が中絶を選んでいる現実を踏まえれば、
その手の団体の人たちが、いくら命の選別をするなと言っても無意味だと思いますよね
それを育てて行くだけの余裕が金銭的にも精神的にも余裕がない、このご時世に障害者を家庭に抱え込むことが無茶だということがわかるはず
少しでも可能性を排除したいというのが事実ではないですか?
ならば、診断に制限するのではなく、誰でも受けられるようにして判断を任せる以外ないと思いますよ
うっかり生まれちゃって、多大な負債を抱え込まないようにする一種の経済対策だと考えれば問題ないと思います
社会福祉費の軽減にもなりますでしょう?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00010001-nishinpc-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

母親が元凶じゃないか>息子がいるのに、女になった時点でダメhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00010005-chibatopi-l12

Yahoo:「顔に殺虫剤、ハサミで義父の頭刺す 殺人未遂容疑で中2逮捕 母親「2人は仲悪かった」 /四街道

義理の父親の頭をはさみで突き刺すなどして殺害しようとしたとして、千葉県警四街道署は18日、殺人未遂の疑いで四街道市の中学2年の少年(14)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後10時半ごろ、市内の自宅で、義理の父親で介護士の男性(24)の顔にスプレーの殺虫剤を噴射し、はさみで頭頂部を複数回突き刺すなどして殺そうとした疑い。男性は軽傷だが出血が多く、病院に入院しているという。

 同署によると、少年は約1年前から男性を含む家族5人で暮らしていた。現場にいた母親(46)は「2人は普段から仲が悪かった」と話しているという。少年はあいまいな供述をしているといい、動機について慎重に調べている。


母親がメスになって、若い男をくわえ込んだら子供たちがいい気分にならないのは当然
こうなるのを予測できなかった時点で息子を全く見ていなかったのでしょう
義父と母親の奪い合いみたいなもの

若い男と息子で、息子を捨てた母親が諸悪の根源です
子供より、欲情を優先した女、情けない限りです
モラルもへったくれもない・・・
世も末ですねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00010005-chibatopi-l12


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

ツンツンですんで良かったと思うべきだ>コンビニおでんhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000004-asahi-soci

Yahoo:「コンビニおでんを「ツンツン」 業務妨害容疑で男を逮捕

愛知県常滑市のコンビニエンスストア店内で販売中のおでんを指で触り、店の業務を妨害したなどとして、愛知県警は15日、同市大曽町5丁目の無職豊嶋悠輔容疑者(28)を器物損壊と威力業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 常滑署によると、豊嶋容疑者は11月28日午前0時5分ごろ、同店内のおでんケースに指を数回入れ、おでん8個(730円相当)を売り物にならない状態にしたほか、店側におでんの廃棄やケースの洗浄をさせるなどして、業務を妨害した疑いがある。

 被害に遭った店舗はコンビニ大手「ファミリーマート」傘下の加盟店。男が卵やちくわなどの具材を「ツンツン」と言いながら指でつつく動画がインターネットのサイトに投稿され、ネット上で批判が出ていた。

 同社側から被害届を受けて署が捜査し、男が豊嶋容疑者と判明したという。店内には店員がいたが「怖くて止められなかった」などと話しているという。署は動画を撮影した人物についても調べている。

 同社広報室は14日、朝日新聞の取材に「現在、刑事処分を求め、警察に相談している」とコメントしていた。


指でツンツンだけですんで良かったですね、というしかないのかも
もし指先に何か付いていたら、とんでもないことになっていたんじゃないでしょうか?

コンビニ側も安全対策考えた方がいいんじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000004-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

市民捜索という言葉が引っかかるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00010000-nishinp-soci

Yahoo:「「いてもたってもいられず」 市民捜索が小さな命救う 不明女児発見、想定の区域外

大分県佐伯市宇目の畑で行方が分からなくなり、約21時間後に無事発見、保護された徳永暦(こよみ)ちゃん(2)=同市城南町=の捜索には、市民の姿も目立った。6日午前0時に警察と消防が捜索を中断した後も、懐中電灯などの明かりを頼りに活動。結果的に暦ちゃんが発見されたのは、捜索隊が捜していたのとは別のエリア。市民も加わった大がかりな捜索が小さな命を救った。

「いてもたってもいられず」 市民捜索が小さな命救う 不明女児発見、想定の区域外

最後に目撃された畑の周辺を捜索する消防署員ら=6日午前7時13分、佐伯市宇目
「暗闇の中に光るホタルのように見えた」

 「暗闇の中に光るホタルのように見えた」。菅地区の林業男性(70)は言う。6日午前0時に警察などが捜索をいったん打ち切った後も捜索を続ける人々が手にするライトだったとみられる。暦ちゃんの両親や親族が続ける捜索に、佐伯市の会社員播磨壯亮さん(40)ら2人も加わった。

 播磨さんは両親と知り合いではない。ただ、同じ2歳の娘を持つ親として「いてもたってもいられなくなり」捜索に加わることにした。仕事を終えて現地に着いたのが6日午前1時すぎ。宇目出身の高校の先輩と共に警察や消防の捜索が再開される早朝まで現地にとどまり、暦ちゃんの無事を願った。ボランティアは他にもいた。日出町の尾畠春夫さん(77)もその1人。各地で行方不明者の捜索に加わったことがあるという。
想定した区域外で暦ちゃんは発見された

 宇目地域の消防団員は、総動員で89人が捜索にあたった。県警も50人以上を動員し、暦ちゃんがいなくなった菅地区の集落内や周辺の川沿いなどを捜した。5日の捜索では見つからず、6日朝からは集落から周辺の山林にまでエリアを広げていった。暦ちゃんを見つけた平山拓也さん(29)は、捜索隊が捜していない山林に自らの判断で分け入り、うずくまっている暦ちゃんを見つけた。

 結果として、捜索範囲として想定した区域外で暦ちゃんは発見された。関係者によると「目を離して5分の間」という意識があり、捜索範囲が比較的近場になってしまったことは否めないという。「捜索方法について勉強したい」。そんな声も消防関係者からは聞かれた。


なーんか捜索活動をしたにもかかわらず発見できなかった
警察や消防関係者を当てこするための見出しにしか見えないんですよね

警察や消防は組織だって、決められたとおりにしらみつぶししていくスタイル
対して、それ以外の人たちは思いつくままにゲリラ的に探し回るスタイルとイメージするのですが
それぞれ役割とかそういうのが違うわけですし
警察消防がしらみつぶししてくれるおかげで他の場所を探すこともできたと考えれば、関係者が発見できたからといってそちらだけを絶賛するのもどうかと思いますよ

まーそういう新聞だからしょうがないかもしれませんが、警察消防だって人間なのですから、少しはねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00010000-nishinp-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

このような高齢者の足の代わりになるものを用意しないと!>高齢者の暴走事故を減らすにはhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000146-jij-pol

Yahoo:「タクシー券14万円を初支給=高齢者の免許自主返納で―宮崎県西米良村

運転免許を自主返納した65歳以上の高齢者に、14万4000円分のタクシー券を支給する制度を実施している宮崎県西米良村は24日、4月の制度開始後1人目となる高齢者にタクシー券を支給した。

 この制度は高齢ドライバーによる交通事故防止が狙い。

 対象は今年4月以降に免許を自主返納したか、更新をしなかった村の高齢者で、タクシー券の有効期間は1年。村によると、診療所などがある村中心部に各地域からタクシーで移動する際、平均で片道3000円かかるという。金額は月に2往復するとの想定で算出した。

 この日、タクシー券が支給されたのは黒木光子さん(89)。村は今年度、5人分に相当する72万円を予算計上しており「車社会でなかなか自主返納に踏み出せない人が多いが、この制度で後押ししたい」と話している。


高齢者の暴走事故が増えているので、免許の返納を促すべきと言うご意見を多く見かけてきましたが
じゃぁその代わりのものをどうやって用意するのかというのはなかなかお目にかかれなかったです
が、こういう感じで進めている自治体もあるのですね
しかし、通院に限らず日々の買い物とか、不意に出かけたということもあるでしょうから
どこまで対応しきれるのか微妙なところかもしれません
年寄りなんだからそのくらい我慢しろっていうめちゃくちゃな意見もありがちですけど、でも年寄りだからといって自由な行動を束縛するのもどうかと思うんですよね。いつか行く道ですし

でコンパクトシティ化でなるべく交通機関を利用しなくても移動できる範囲で生活できるようにできないものかって考えたこともありますけど
強制移住させる権限が行政にないのでどうにもならんのですよね
そんなことしたら違憲ってことになるでしょう?

自分の家から離れることを即決できる人なんてそうそういないということを考えたらコンパクトシティ化での高齢者の居住環境の改善はそう簡単にできるものじゃないようです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000146-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

女子寮を建てる代わりなら、しゃーないのでは?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00005359-bengocom-soci

Yahoo:「東大「女子学生に家賃3万円補助」にネットで「性差別」の批判も…どう考えたらいい?

ひとり暮らしの女子学生に家賃として毎月3万円を補助するーー。東京大学は来年4月から、このような制度を導入する。

報道によると、自宅から駒場キャンパスまで通学に90分以上かかる女子学生を対象に、月額3万円の家賃補助を最大2年間支給する。主に1、2年生が通う駒場キャンパスの近くに、保護者も宿泊できて、安全性などが高いマンションなど約100室を用意する。保護者の所得による支給制限などは設けない方針だ。

制度導入の背景には、女子学生が占める割合が全体の20%にとどまっているため、住宅面での支援を行うことで、女子の志願者を増やす狙いがあるという。女子学生にとっては嬉しい取り組みだが、ネットでは「なぜ、女子限定?こんなおかしな話はない」「最高学府で性差別か」といった疑問の声があがっている。

志願者を増やす目的で、国立大学が女子学生だけに「家賃補助」を行うことは、法的に問題ないのだろうか。性別を理由とした差別にはあたらないのだろうか。憲法の問題に詳しい村上英樹弁護士に聞いた。

●憲法の「法の下の平等」に反しないのか?

「憲法14条は、法の下の平等を定め、性別による差別を禁止しています。

そうすると、今回の東京大学の女子学生だけに対する補助は、『憲法の定める法の下の平等に反するのではないか?』という疑問を持つ人がいてもおかしくありません。

しかし、私は今回の大学の行おうとする女子への補助は憲法に違反しないと思います」

村上弁護士はこのように指摘する。なぜだろうか。

「 憲法の『法の下の平等』とは、機械的な平等を意味するわけではありません。

例えば、機械的に平等に取り扱うことを徹底すると、高齢者や障がい者に対して、電車・バス利用を無料にすることや優先座席を設けることもできなくなります。

しかし、そんなことをすれば、いわば、『弱者に冷たい世の中』になってしまい、結局は憲法の最高の理念である、『個人ひとりひとりを尊重すること』ができなくなってしまいます。

ですので、憲法の『法の下の平等』は、機械的・絶対的な平等ではなく、『相対的平等』であるとされています」

相対的平等とはどういうことなのか。

「『相対的平等』とはこういうことです。

もともとの人それぞれの違い(性別、能力、年齢、財産、職業、人間関係など)を前提にして、同じ条件のもとではみな同じ取扱いを受けます。

それに対して、条件に違いがある場合は、社会通念からみて合理的である限り、異なった取扱いをすることは許されます。

例えば、労働条件について『産前産後休暇』など女子を優遇すること、未成年者に飲酒・喫煙を禁じること、所得の差に応じて税率・税額に差を設けることなどは、憲法に反しないとされています」

●「大学入試の問題だけでなく、社会全体における男女の機会均等がまだ道半ば」

「一般に東京大学の入学試験は難関と言われていますが、必要な成績さえとれば、男子でも女子でも区別なく入学できます。

とすると、別に、東京大学に入ることについて、女子に『不利』『カベ』があるとは言えない、という見方もありえます。

しかし、現実に東京大学の男女比が8:2というのは、やはり、女子にとって東京大学へ進学することについて、男子と比べて、色んな面で条件に制約があることを意味していると思います。

それは、大学入試や大学の設備の問題だけではなく、社会全体における男女の機会均等がまだ道半ばであること、また、そのことが女子学生の進学意欲に影響を与えていることなどの色んな要因があります。

ですので、大学が女子学生に対する援助措置をすることは、むしろ、女子に対して、機会の平等を回復して合理的な平等を回復するための手段として、憲法には違反しないと考えます。

ただ、大学の政策として、女子学生に家賃補助をするという方法で、狙い通り女子の志願者が増える効果がどれほどあるかという点は、予測の難しい問題です。

この点を疑問視する声もありますが、東京大学は効果があると予測してこの方針を採ったものと思われますので、今後どうなるかに注目したいと思います」


女性への性犯罪の被害者の数を考えるのと
現状女子寮がないことを踏まえれば
仕方がないことではないのかなと思いますよ
男性への差別だという人もいますけど、でもやっぱり身を守ることを考えたら少しでもセキュリティの高いところに住む必要があるでしょうから、文句を言う筋合いはないと思います

いずれ女子学生の数が増えて女子寮を建てるに至れば、東大側もそうすべきだとは思いますけどね

なんにせよ男性から女性への性犯罪がなければ余計な手間はかからないですむことでしょうから、男の側に分別つくまではこういう差があるのはしょうがないことじゃないのかな?

最もサヨクのいう貞操の概念はいらない、フリーセックスだとかいうふざけた社会にでもなれば別でしょうけどね


しかし、今の世の中そうじゃないから
普通の女性(男性もだけど)貞操を守る人の方がまともなので、保護しなければと思わないかな?
自分の配偶者、恋人が身を守ることくらい認めろよってことです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00005359-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
タグ:東大 家賃 女性
posted by ! at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

これに限らず、そして駅員だけでなく、思い通りにならないからと言って他人を罵倒することが悪となれば良いですねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000063-zdn_n-sci

Yahoo:「ホーム飛び降り車掌の処分撤回を求める嘆願書に賛同者4万人 近鉄に対応を聞いた

近鉄奈良線・東花園駅で発生した車掌の飛び降り問題をめぐり、近畿日本鉄道に対し車掌の処分をいったん白紙にすることを求める署名活動がネットで行われている。開始から4日たった9月27日午後4時現在、4万5000人以上の賛同者が集まっているが、近畿日本鉄道はどう対応するのか。広報部に話を聞いた。

 21日午前11時ごろ、近鉄奈良線・東花園駅で、別の駅で発生した人身事故に対する乗客対応をしていた車掌の男性が突然制服の上着などを脱ぎ捨てホームから線路に侵入、高架から飛び降りて負傷する事件が発生した。

 一部報道では車掌が線路に侵入する直前に数人に取り囲まれ、暴言を浴びせられていたといった証言があり、車掌が悪質なクレーム行為による極度のストレス状態に陥っていた可能性があると指摘されていた(事実確認は取れていない)。

 これらの報道を受け、インターネット上では車掌に対して人事処分をいったん白紙とし、事件の事実関係を十分に調査してから寛大な処遇ならびに心のケアを優先的に行うよう求めるキャンペーンがオンライン署名サイト「change.org」で9月23日から開始されていた。

 短時間で非常に多くの署名が集まっている現状だが、近畿日本鉄道の秘書広報部はこれに対し、「嘆願書が集まっているのは把握している。まずは車掌本人から当時の状況を聞く必要があるが、現段階で面談による状況把握はできておらず、今後のスケジュールも未定」としている。

 車掌の処分に関しては、「線路に飛び降り、走行した行為は不適切な行動であると考えているが、当時の車掌がおかれていた状況を把握してから判断したい」とコメント。あくまで処分が検討段階であることを強調した。

 change.orgには、9月26日正午時点までに集まった2万1327人分の署名を添えた嘆願書を第一便として郵送したとあるが、近畿日本鉄道は27日午後2時時点で「まだ受け取っていない」という。嘆願書によって今後の対応が変わるかという質問に対しては「届いてから判断したい」とコメントしている。


この駅員さんに対して救いの手が伸びたことはとてもいいこと
そして今後、駅員やそういう職業で非もなく罵倒されるようなことが悪だと認識され
暴力行為が減れば良いのですがね

また、会社組織も社員を守るための方策を本気で考えてほしいものだと思います
これも人員削減、効率化を求める消費者サイドが悪いと言えば悪いのだとは思いますが

結局は効率化を優先させ、余裕のなくなった世の中故の犯罪なのかもしれませんね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000063-zdn_n-sci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

飲料水中から検出されない限りは放置で良いでしょhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000011-mai-soci

Yahoo:「<高濃度セシウム>福島第1周辺のダム底に堆積

◇10カ所で8000ベクレル超

 東京電力福島第1原発周辺の飲料用や農業用の大規模ダムの底に、森林から川を伝って流入した放射性セシウムが濃縮され、高濃度でたまり続けていることが環境省の調査で分かった。50キロ圏内の10カ所のダムで指定廃棄物となる基準(1キロ当たり8000ベクレル超)を超えている。ダムの水の放射線量は人の健康に影響を与えるレベルではないとして、同省は除染せずに監視を続ける方針だが、専門家は「将来のリスクに備えて対策を検討すべきだ」と指摘する。

【図解】ダムにたまったセシウムのイメージ

 ◇貯水線量、飲料基準下回る

 同省は原発事故半年後の2011年9月、除染されない森林からの放射性物質の移動を把握するためダムや下流の河川などのモニタリング調査を開始。岩手から東京までの9都県のダム73カ所で1カ所ずつ数カ月に1回程度、観測している。

 このうち底土表層濃度の11〜15年度の平均値が指定廃棄物の基準を超えるダムは、いずれも福島県内の10カ所で、高い順に岩部(がんべ)ダム(飯舘村)1キロ当たり6万4439ベクレル▽横川ダム(南相馬市)同2万7533ベクレル▽真野ダム(飯舘村)同2万6859ベクレル−−など。ただ、表層の水は各ダムとも1リットル当たり1〜2ベクレルで、飲料水基準の同10ベクレルを下回る。

 同省の調査ではダム底に堆積(たいせき)したセシウム総量は不明だが、10ダムのうち福島県浪江町の農業用「大柿ダム」で、農林水産省東北農政局が13年12月、総量を独自調査。ダム底の110カ所から抜き取った堆積土の数値をもとに10メートル四方ごとの堆積量を試算。セシウム134と137の総量は推定値で約8兆ベクレルになった。

 国立環境研究所(茨城県つくば市)は近く、複数のダムで本格調査に乗り出す。環境省は「ダムに閉じ込めておくのが現時点の最善策。しゅんせつすれば巻き上がって下流を汚染する恐れがある」としている。


何ベクレルあっても、飲料水として利用するときに基準値以下なら何ら問題はないわけでしょ?
ラドン温泉とか放射性物質の入っている温泉水を飲みたがる人は別として
通常利用の際に検出されなければ、大騒ぎするほどのことじゃないと思いますけどねぇ

ゼロベクレルの自然界というのが存在するならともかく
いろんな形で自然界にはあるわけで、無茶は言いっこなしです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000011-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

保育士の職場環境の改善が必要ですねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000006-withnews-soci

Yahoo:「隠される保育事故「裁判しても意味がない」 親たちが署名に走る理由

万が一、保育事故が起きてしまったら――。原因についての調査や、再発防止に向けた取り組みが進むと思うのではないでしょうか。ところが、実際には多くの遺族が「何が起きたのか」を十分に知らされることがないまま、苦しみ続けてきました。何があったかを明らかにし、再発防止のための策を進めたい。そんな思いで、遺族たちが署名活動に取り組んでいます。(朝日新聞社会部記者・仲村和代)

「被害者が完全に置いてきぼり」

 8月下旬、東京・上野。保育事故で子どもを亡くした親たちで作る「赤ちゃんの急死を考える会」のメンバーが、街頭に立ちました。

 「保育事故をなくすために、署名へのご協力をお願いします」

 署名を呼びかけていた須田博美さん(40)は2010年9月、横須賀市が認定した「保育ママ」に預けていた4カ月の長男を亡くしました。ミルクを気管に詰まらせたことによる窒息死。事件性はないとされました。
 事故後、須田さんをさらに苦しめたのが、「何が起きたのか」について、納得のいく説明がされなかったこと。警察や行政の調査も、期待していたような内容ではなく、「被害者が完全に置いてきぼり」と感じました。真相を知りたいと14年、市と保育ママを相手取り、民事訴訟を起こします。

 「なぜ、息子がこんな状態に置かれたのか。なぜ、見ていてくれなかったのか。環境を明らかにすることで見えてくることがあるはず。少しでも知りたくて、裁判せざるを得なくなった」
裁判起こしてもたどりつけない現実

 そんな思いで始めた裁判でしたが、最近は「あまり意味がない」と感じているそうです。相手側が情報を開示する気がない限り、知りたかった事実にはたどり着けないからです。

 「赤ちゃんの急死を考える会」には、同じように、真相を知りたいという思いすらかなえられず、苦しむ遺族たちがいます。

 真相究明と再発防止に向けた取り組みのためには、何が必要か。議論を重ね、取り組み始めたのが、「認可外保育施設も、日本スポーツ振興センターの無過失保険に加入できるようにすること」を求める署名活動です。

過失がなくてももらえる保険金

 署名活動が、なぜ「真相究明」につながるのでしょうか?

 日本スポーツ振興センターの「災害共済給付」は、学校などで事故が起きた場合、過失の割合に関わらず保険金が支払われます。

 保険に入れる対象は、保育施設の場合、児童福祉法で定められた保育所に当たる施設、つまり「認可保育所」に限られます。昨年からは小規模保育所などにも加入対象が広がりましたが、認可外は対象外です。(認可でも、加入していないところがあります)。

 厚生労働省によると、04〜15年に保育施設などで起きた死亡事故は174件。うち、7割の120件は認可外保育施設で起きています。

 民間の賠償責任保険では、過失の有無によって保険金が支払われるかどうかが決まります。そのため、事業者側が自分たちに過失はなかったと主張するため、事実を隠すケースがこれまで起きていました。

 無過失の保険に入れるようにすることで、こうした事態をなくしたいというのが、署名の狙いです。
『誰が悪いのか』ではなく『何が悪いのか』

 「『誰が悪いのか』ではなく、『何が悪いのか』を明らかにし、フィードバックできれば、ほかの誰かの命を守れるかもしれない。それが、息子の生きた証しをつなぐこと」

 須田さんの活動の根底には、そんな思いがあります。

 「事故が起きていないとしたら、現場の保育士が必死で頑張っているから。でも、倫理観や良心だけに頼っている状況では、限界がある。社会として、子どもを守る仕組みを作らなくては」

 事故から6年の間にも、多くの命が失われました。その大半は、危険性が指摘され続けているうつぶせ寝や、長時間、保育者が見ていなかったケース。対策さえ取られていれば、「救えたはずの命」です。保育士の待遇改善が進まず、現場が疲弊していることも背景にあると感じています。そんな現状に、むなしさをおぼえることもあるそうです。

 「子どもを亡くすことは地獄です。手をつないでいた子が、次に会った時、息もせず、真っ白な状態に直面する親の気持ちをわかってほしい。もしも自分だったらと、一人一人が想像してくれたら、きっと保育現場も変わるんじゃないかと信じています」

 ネット署名サイト「change.org」で6月から始めた署名には、約2万3千人が賛同しています。


保育士に見合う代金を払っているのかなぁっていうのが正直な印象
かなり大変な仕事なのに、なるべく安く済ませたいという感じなので
それなら代金に見合うだけの仕事しかしてもらえないのも当然じゃないのかなと思います


それ以前に、
乳飲み子を預けなければならないほど貧しい社会情勢なのに
女性を働かせることを、輝くと表現する現政府のやっていることやろうとしていることには納得できませんね
まず子育てに安心して専念できる社会にすることのほうが重要だと思うのですが
なんで生まれたばかりの子供を赤の他人に預けることが重要視されるのかなぁ
子供を放置する社会が豊かな社会だとは全く考えられません

労働力不足に困っている産業界の都合の良い言い訳が女性の輝く社会なんでしょうね
ばかばかしい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000006-withnews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

命に関わることなので、強制すべきだったのでは?>京都で集団感染検査を拒否とかhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000000-kyt-l26

Yahoo:「学校の集団感染性胃腸炎で検査拒否 京都市教委、異例の対応

学校で感染性胃腸炎が集団発生した際に、原因究明のために保健所が求める任意の便検査を、京都市教育委員会が拒否していたことが12日、分かった。「児童がからかわれる恐れがある」という理由だが、他の都道府県や政令市の教委が断ったケースはなく、市教委の対応はきわめて異例。専門家は「感染症の拡大防止は原因究明が基本。拒否する対応はありえない」としている。
■「からかわれる」「保護者から不満」理由に
市内の小学校で昨年10月、集団感染が1カ月以上続き、全校児童の4割の約200人が、下痢や嘔吐(おうと)などで欠席したことも判明。区保健センターは児童の検便を求めたが、市教委と学校は拒否し、校内の消毒のみにとどめた。
 市教委によると、感染性胃腸炎の集団発生時の検査は依頼があっても長年、拒否してきた。市教委は児童がからかわれたり、保護者から不満が出ることを懸念したという。体育健康教育室は「感染性胃腸炎に特効薬はなく、まん延防止には消毒を徹底する以外にないため、問題ないと考えていた」と説明する。
 市教委は、昨年10月の集団発生を重くみた市学校医会(中京区)の検査協力の申し入れを受け、今夏、感染性胃腸炎の集団発生時には検便する方針にあらためた。近く各市立学校に通知する。
 感染症予防法は、ウイルスや菌による感染性胃腸炎が集団発生した場合でも、食中毒が原因でなければ検便などの行政検査を義務付けていない。しかし、まん延防止の観点からは実施が望ましいとされている。
 京都府立医科大の藤田直久教授(感染制御)は「感染性胃腸炎には多種の菌やウイルスがあり、潜伏や感染可能期間が異なる。新たな病原体の可能性もある。公衆衛生には感染源以外の人を守る目的があり、適切な対策のために原因は特定するべき」と指摘する。


一個人で収まる話じゃないし、
命に関わっている上に、多数を命の危険に巻き込む恐れがあるのですから
拒否が認められるなんておかしい

ワクチン接種拒否もそうですけど、命に関わる問題である限り
拒否を認めず行政による強制もあってしかるべきじゃないですか?
もちろんワクチン接種の場合、合わずに命を落とす可能性もありますからあらかじめチェックの必要があるとは思いますけどね

感染の有無を確認するための検査を拒否するなんてけしからん!

今はしかの感染が止まらないのは、そういう阿呆がいるからじゃないですか?

集団の安全>個人の自由ですよ
集団を危険に巻き込むような連中は、排除するしかないと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000000-kyt-l26


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

いじめと言わずに傷害罪にすべきじゃないのかな?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-05110312-webtoo-l02

Yahoo:「浪岡中生自殺 転校検討もネット脅威で断念

青森市の浪岡中学校2年の女子生徒(13)が自殺した問題はこれまでに、遺族の主張や1日の市教育委員会の会見から、女子生徒が昨年から断続的に無料通信アプリLINE(ライン)で嫌がらせを受けていた可能性が浮かび上がった。父親(38)は取材に「今年5月に転校を検討したが、断念した。ネットで娘の悪口やうわさが転校先にも伝われば、逃げ場がないと感じた」と明かした。
 市教委によると、1年生の昨年6月からラインで悪口を言われるなど、女子生徒本人や両親は同学年の生徒らとの関係について学校側へ複数回にわたり相談。「進級時のクラス替えで配慮してもらったが、嫌がらせは4月のうちにまた始まった」と、父親は言う。
 5月の大型連休明け。両親が転校を本格的に考え出した頃、女子生徒も「転校したいなあ」と切り出したという。両親は手続きを調べ、隣の自治体の明徳、田舎館中など具体名を挙げながら約1週間、家族会議を続けた。しかし結論は「今の学校で頑張る」だった。
 「初めは転校で娘は助かると思ったが、同学年の生徒たちは近隣の他校生を含め広くネットでつながっていて、次第に、ラインやツイッターがある限り、逃げ場はないと感じた」と父親。女子生徒も同じ考えに至ったという。
 さらに女子生徒は、残される友人に嫌がらせが集中するのでは−として、「『自分だけ助かるなら転校したくない』とも言っていた」(父親)。その後、何かあっても「大丈夫」と言うようになったという。
 一方、学校側は6月、ラインに書き込んだ生徒を指導。市教委は会見で「7月の三者面談では(女子生徒側から)ラインについて気になる相談はなかった」としている。
 いじめの有無や、自殺の背景を調べる市教委の付属機関「いじめ防止対策審議会」は7日、初会合を開く。


被害者自身も、被害者の家族も、学校も、また周囲の人たちも、何より警察もいじめをいじめとして受け止めるのではなく傷害罪として受け取るべきでしょう
子供のやることだからとなぁなぁで済まそうとするより、きっちり裁くべきだし
加害者より被害者の人権を守ることを最優先すべきでしょう?

ただ、山形のマット圧死事件もそうですけど
下手をすると村八分にされるのですよね。近所の人たちがみんな敵って状況は恐ろしいかもしれないし、それが田舎の人付き合いの怖さかもね

そこをどうするのかってことが大問題かもしれない

そうはいっても、とにかく暴力沙汰を止めなければ、被害者が救われないので
警察は積極的に介入するしかない。とにかく犯罪を明るみにして、止めさせることが第一でしょう
きちんと裁判沙汰にして、止めないとね。示談にしたら田舎もんの圧力でとんでもないことになるから駄目です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-05110312-webtoo-l02


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

建設場所を選ぶしかないよね>介護施設の災害対策http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000002-jct-soci

Yahoo:「岩手・高齢認知症施設で9人の遺体 台風10号で避難しなかったのか

台風10号による激しい雨の影響で浸水被害が起きている岩手県岩泉町の高齢者グループホームで、9人の遺体が発見された。NHKなど複数のメディアが2016年8月31日昼前に報じた。

 遺体が見つかったのは、岩泉町乙茂にある認知症の高齢者向けグループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」。施設は木造平屋で、川沿いに建てられていた。9人の身元は確認されていない(31日12時現在)が、複数の介護情報サイトの情報によれば、入居定員は見つかった遺体の数と同じ9人だった。

■遺体は土砂に埋もれた状態

 台風10号が接近した30日夕方頃から、岩泉町を流れる小本川の水位は上昇。同日夜には川が氾濫し、広範囲にわたって浸水被害が起きていた。NHKが31日朝6時頃に撮影したヘリコプターからの映像では、川の堤防が決壊して、町の広範囲に濁流が押し寄せたことが確認できる。

 遺体が見つかった介護施設は、台風の影響で氾濫した小本川から50メートルほどの場所にあった。報道によれば、施設周辺は土砂に覆われており、遺体は建物内に流入した土砂に埋もれた状況で見つかったという。

 報道によれば、同じ敷地内にある別の介護施設が浸水で孤立し、屋上などに避難している人が出ていた。連絡を受けた警察官が現場に駆け付けたところ、「楽ん楽ん」の建物内で遺体を見つけたという。

 事件が起きたのが「認知症の高齢者向け」の介護施設だったことから、ツイッターやネット掲示板には、

  「認知症の人たちのホームだったんだね...やるせない」
  「散々注意喚起されてたのに9人死亡はまずい」
  「なんで避難させなかったんだ。十分時間あったろ」

といった様々な意見が出ている。そのほか、福祉関係者とみられるツイッターユーザーからは

  「どういう状況だったかまだわからないけど、グループホームは基本夜勤1人だし急激に浸水が始まればとてもじゃないけど助けられない」

といった指摘も出ている。


昼間でも完全に助けられたかどうか微妙なところですよね
9人の認知症の人を完全に避難させるとか超難しいことと思います
状況次第では入居者の3倍の人数はいないと完璧な避難は無理だったと思います

高齢者かつ認知症で体を動かすのがとてもおっくうになっていたり、そもそも車いすで移動が不自由であったり、スムースな避難は難しいと思います。避難した先で、おとなしくしていてくれるわけもない。慣れない場所を嫌がって戻りたがりますからね。まだ子供の方が聞き分けは良いんじゃないですか?

連れて行く人、戻らないように抑えておく人、少しでも多くの人がほしかったでしょう。一人残った職員さんの絶望感は半端なかったかと想像します

なので何で逃げなかったと言われても、たぶん逃げるのは不可能だったというところでしょう

じゃぁ避難できるように人をそろえろってことになるんでしょうけど
介護職を辞める人が多い中では、それは無理でしょ?
言うのは簡単、実際にやるのは厳しいと思います

少子化で老人の方が多いんだし

あとは立地条件で災害対策を試みて、逃げなくても何とかなるようにするしかないのかもしれません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000002-jct-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

成長しないこと、緊縮財政を望む人がいる限りhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000006-mai-soci

Yahoo:「<相模原殺傷>語れぬ生きた証し 遺族、匿名に葛藤

「近所に何も話していません。名前は伏せてください」。神奈川県内に住む女性が自宅の玄関前で重い口を開き、そっと目を伏せた。女性の50代の兄は相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で刃物で刺されて死亡した。近所の人や親族には、事件に巻き込まれたことを知らせていない。葬儀はごく一部の身内と園の関係者だけで営んだ。

 兄は生まれつきの障害があり、言葉で意思や感情を伝えることが困難だった。30代半ばでやまゆり園に入所し、約20年にわたって園で暮らしていた。「幼いころは一緒に遊んだ」という女性だが、兄との思い出をあまり語ろうとしない。「障害者への偏見がある。同情されるのもつらい。隠しておけば余計な心配をしなくて済む」。兄の被害を隠す理由をそう説明した。「園は兄にとって第二のふるさとだった」とも言う。

 園で働いた人々の記憶には、兄の「日常」が刻まれていた。元職員は「何かを伝えたいと思うと、表情に力を込めて、訴えてきた」と振り返る。家族が一緒に写る古い写真を大切にしていた。写真の中の母親の顔を職員の前で指してみせ、職員が「お母さん、今は何をしているのかな」と問いかけると、うれしそうにほほ笑んだという。

 事件の捜査に当たった神奈川県警は、殺害された19人を匿名で発表する異例の対応を取った。「現場は知的障害者の施設であり、プライバシーを保護する必要性が高い。遺族も匿名を望んでいる」との理由だ。毎日新聞はさまざまな情報を手がかりに遺族を尋ね歩き、死亡したとみられる約10人の家族に取材を申し込んだが、多くは口を閉ざしている。

 被害を免れた入所者の父親(87)は「家族に障害者がいることを周囲に知られると、兄弟姉妹に影響が及ぶ。名前を公表されることで、生活に悪い面が出かねない」と遺族の思いを代弁する。

 やり場のない怒りや悲しみを抱きながらも、声を上げることを思いとどまる遺族たち。逮捕後に明らかになった植松聖(さとし)容疑者(26)の言動や供述が、その心情に追い打ちをかける。「障害者は不幸をつくる人たちだ」「車いすに縛られている利用者も多く、保護者と絶縁の状態も珍しくない」……。

 神奈川県障害者運動団体連絡会など県内の10団体は事件後、黒岩祐治知事宛てに申し入れ書を出した。「容疑者の主張は個人の問題でなく、社会の意識の表れと言わざるをえない。この現実こそ、直視されなければならない」と訴えている。

 相模原市の障害者施設殺傷事件は、取材で得た関係者たちの証言を積み重ねても、犠牲者の生きた姿は断片的にしか浮かばない。そこにこそ、悲惨な事件の一面があるようにもみえる。26日に発生から1カ月になる事件は、何を問いかけているのか。

 ◇笑顔、愛嬌…記憶に 安心できる園、立て直す

 平穏な生活は早朝の電話で破られた。7月26日、相模原市の「津久井やまゆり園」に入所する60代の男性の親族のもとに入った連絡は、事件に巻き込まれて死亡したと伝えるものだった。

 男性はカブトムシやクワガタムシを捕まえるのが得意で、自宅で暮らしていたころは、「虫捕りの名人」と近所で慕われていた。近くに住む主婦は「夏になると、『捕れたぞー』と子供たちに見せてくれた。子供たちが笑うと笑顔を返してくれた」と目を細める。

 ただ言葉をうまく話すことができず、中学を卒業した後は両親の農作業を手伝った。両親が亡くなった後は兄弟が生活を支えたが、40代のころ、ガラスを割るなど本人の安全が危ぶまれるトラブルが続くようになり、やまゆり園に入所することになった。

 施設での生活にはすぐになじんだ。「元気に過ごしている」という連絡が親族を安心させた。事件はその中で起きた。親族の一人は「怒りを通り越し、やり場のない気持ちだ」と語る。

 施設の同じ部屋で暮らしていた別の男性も殺害された。軽作業や散歩をして過ごす生活の中で、囲碁と将棋のテレビ番組を楽しみにしていた。「お父さんの趣味だったようだ」。元職員はじっとテレビに見入る姿を覚えている。眉間(みけん)にしわを寄せ、電車の「車掌さん」のまねをしてみせる愛嬌(あいきょう)の持ち主でもあった。「ドアが閉まります。ご注意ください」という声が、職員の耳に残る。

 遺族への取材の申し込みに対し、代理人の弁護士を通じ「今は応じられない」との回答があった。弁護士によると、遺族のショックは大きく、心の整理がついていないという。

          ◇

 「元気か」。8月19日、相模原市内の病院の一室。尾野剛志さん(72)と妻チキ子さん(74)が、長男の一矢さん(43)に笑顔で話しかけた。一矢さんは事件で腹などを刺されたが、一命をとりとめ入院中だ。夫妻は「自分たちにとって、息子がどれだけ大切な存在なのかを知ってほしい」と実名を明かして報道機関の取材に応じている。

 「被害者の家族の多くは、障害者に対する周囲の偏見で心に傷を負っている」と尾野さんは言う。尾野さんも、親族からの中傷や、近所の冷たい視線にさらされた経験があり、遺族が名前を明かしたくない気持ちがよく分かる。だからこそ、尾野さんは現状を変えるために「勇気を出さなければいけない」と考えている。

 最近、一矢さんに笑顔が戻ってきた。見舞いに行くたびにベッドから身を起こして「やまゆりに帰りたい」と訴える姿に尾野さんは心が奮い立つという。「施設を立て直し、安心して暮らせる環境をつくることが、これからの生きがいです」


普通じゃないものを排除しようとするのは本能による普通の動きですが
景気の悪化、豊かではなくなってきていることで、
その辺が顕著になっているのはしょうがないことかなと

社会福祉は、社会に余裕があって初めて成り立つものですから
経済的な余裕がなくなれば、心に余裕もなくなります
よっぽどの宗教的な聖者でもない限りは

だから社会全体にそういう考え方が蔓延しているとしたら、それはそれで当然でしょうね
社会をいい方向に向かわせたければ、緊縮とか豊かさを求めないという風潮をなくすしかない
豊かであれば、何とか容認できるものも増えてくるから
貧すれば鈍する、そういうことですよね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000006-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

離婚前に夫以外と犯っちゃった自身の責任は問わないのでしょうか?>無戸籍http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000011-kobenext-soci

Yahoo:「「嫡出否認」なぜ夫だけ 女性4人が違憲と提訴

親子関係を法的に否定する「嫡出否認」の訴えを夫だけに認める民法の規定は男女不平等で違憲として、兵庫県内に住む60代の女性ら4人が24日、国に対して1人当たり55万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。代理人弁護士によると、規定の違憲性を正面から問う訴訟は全国で初めてという。

 原告4人は女性のほかに30代の娘と孫2人。訴状などによると、女性は約30年前、当時の夫の暴力で別居し、離婚成立前に別の男性との間に娘を出産。民法の規定で、娘は当時の夫の子どもとされるため、出生届を提出しなかった。その結果、娘のほかに孫2人も無戸籍となった。

 女性は、娘と孫が無戸籍となったのは民法の規定が原因と主張。妻や子どもにも嫡出否認の権利を認めるように民法を改正しておけば、無戸籍は避けられたとしている。

 娘の無戸籍は女性の元夫が2012年に死亡したことにより、実父の認知調停などを経て今年1月に解消した。孫2人も2月に戸籍を得た。

 女性は提訴を受けて「夫にしか否認権がない嫡出否認制度によって、多くの人が長年苦しんできた。私たちが訴えることにより、苦しんでいる人が少しでも救済されるきっかけになれば」とコメントした。


自らの不誠実な行動を棚に上げて、法や国の責任するというのは外道というものではありませんか?
いかなる事情があろうとも夫がいる身で他の男とするのは不誠実というものじゃないですか?獣のようなまねをしておいて、法が悪いというのは正に外道というものです

あれこれ言う前に娘や孫に謝るべきはご自身だと思いますね
まー不倫の子じゃ、あまりにもアレすぎて・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000011-kobenext-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

入れ墨は人の道を外れたモノがするってコトを徹底しないと!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00000003-withnews-sci

Yahoo:「タトゥーはキレイに消せるのか? 医師「死ぬぐらいの痛み覚悟して」 相次ぐトラブル、除去手術の実態

一時の気持ちの盛り上がりでタトゥーを入れたものの、結婚や出産、就職などを理由に除去を願う人も少なくありません。ところが近年、タトゥー除去をめぐるトラブルが相次いでいます。実際に手術を受けた人や医師に取材しました。

 福岡県の20代後半の女性は19歳の頃、肩から肘にかけて「トライバル」と呼ばれる民族的な柄のタトゥーを入れました。しかし、数年後に結婚して子どもが生まれると、「海水浴や温泉で困るから消したい」と思うようになったそうです。

 ネットで得た情報を元に、関東地方のある美容外科を受診。「2年ほどでキレイに取りますよ」という医師の言葉を信じ、複数回にわたる切除手術を受けました。

 手術でタトゥーの柄自体は消えましたが、傷口が広がってうんでしまうなど、術後の経過は思わしくありませんでした。
「覚悟がないならボディーペイントで」

 常に引っ張られるような痛みがあり、血がにじむ。ろくに入浴もできない日々が続きました。

 こうした症状を訴えても、担当医は「体重が増えたから傷が開いたのでは」「治らない人なんていないんですけどね」と言うばかり。処方してもらった塗り薬でも、傷はなかなか回復しません。

 結局、4年ほどの通院で、交通費も含めて150万円以上を支払うことになりました。現在は病院を変え、症状も改善に向かっているということです。

 女性は自戒を込めてこう言います。

 「絶対にキレイに治る、なんてウソ。傷が残るリスクなども含めて、病院はきちんと説明するべきです。除去手術の大変さや、多額のお金がかかることを知らない人も多い。知識や覚悟がないのなら、ボディーペイントぐらいにしておいた方がいいと思います」
レーザーの痕・肉割れ・水ぶくれ…

 女性のケースは氷山の一角です。

 「レーザー治療でやけどの痕のような状態になった」(30代女性)
 「切除手術で傷が盛り上がり肉割れした」(30代女性)
 「レーザーで水ぶくれができて痛い」(30代男性)

 全国の消費生活センターなどに昨年度、タトゥー除去をめぐってこうした苦情が寄せられました。

 国民生活センターの担当者は「タトゥーは気軽に入れられる割に、とるのには時間がかかり、様々な困難も伴う。そうした点が、苦情につながっているのではないか」とみています。


「死ぬぐらいの思い」ありますか?

 タトゥー除去治療の現状について、多くの症例を手がけてきた六本木境クリニックの境隆博院長(48)に聞きました。

 ――タトゥー除去を求める患者さんには、どんな人が多いですか。

 20代、30代の女性が多いです。理由は結婚だとか、「上司に言われて…」だとか。ただ、タトゥー除去はそんなに甘いものじゃありません。私は常々、患者さんに「死ぬぐらいの思いをしても取りたいですか」と聞いています。
「機関銃で撃たれているような痛み」

 ――そんなに大変な治療なのですか。

 大変ですよ。たとえばレーザー治療。子どもを産んだことのある女性の患者さんは口々に「お産の次に痛い」と言います。「ゴムではじくぐらい」と説明する医師もいるようですが、私に言わせれば「機関銃で撃たれているような痛み」です。

 レーザーに限らず、治療でタトゥーを消すことはできません。タトゥーを傷痕に置き換えるだけです。タトゥーというのは、墨と傷痕が混在したもの。仮に魔法のように墨を取り除けたとしても、最初にタトゥーを入れた時の傷痕は消えません。実際には、そこからさらに治療による傷も加わるわけです。
「一番いいのは入れないこと」

 ――キレイさっぱり消せると誤解している人も多いのでは。
 
 誤解を招くような宣伝は問題です。部下に「消して来たら」と言う上司も、タトゥー治療の大変さを理解していないのではないでしょうか。「一番いいのはタトゥーを入れないこと。次はタトゥーを取らないこと」というのが、私の持論です。

 ――タトゥー除去をめぐるトラブルも後を絶ちません。
 
 ひどいミミズ腫れや、ケロイド状になってしまった患者さんもいる。医療不信になってしまう人もいますよ。ほかの病院でひどい目に遭ってきた人を診ると、怒りが湧いていきます。
各治療法のメリット、デメリット

 ――各治療法のメリット、デメリットを教えてください。
 
 レーザーは、身体への侵襲性が低いこと、また消えはしないものの、タトゥーを薄くできるのがメリットです。先ほど言ったように、非常に痛いというのはデメリットだと思います。

 切除のメリットは、切った部分を完全に除去できること。ただ、デメリットとしてワンポイントなどのごく小さなものしか対応できません。

 植皮は、太ももや臀部から皮膚を移植する治療です。切除に比べ、大きいものにも対応できるのはメリット。しかし、治療箇所以外に採皮部にも傷がつく、また治療箇所が目立ちやすくなります。

 削皮は、墨の入った皮膚を削りとる手術。短期間で効果が見込め、植皮に比べ広い面積でも治療できます。成功した時の見栄えは比較的いいですが、失敗した場合はケロイド状になってしまう恐れもあります。非常に難しい手術で、医師の腕次第というところがあります。


彫り師は「人」を見て判断できないと

 ――医師資格なしに刺青を入れることは、医師法違反に当たるとして彫り師の摘発が相次いでいます。この点については、どう考えますか。

 タトゥーは入れるところから規制すべきだと思います。人体に傷をつける以上、医療的な知識は必要です。ただ、「伝統を守らないといけない」という話もあるので、難しいですね。厳しいライセンス制度を設けて、よっぽどの人しか入れられないような形にするのが一番いいのではないでしょうか。

 たとえば、講習会を受けないとライセンスが得られないようにする。取得後も「除去したい」という3人が人出たらライセンスをはく奪する――といったやり方が考えられるでしょう。

 客が感謝して、一生入れたままで生きていけるならいい。ただ、彫り師は客の「人」を見て判断できるようでなければ、タトゥーを入れてはいけません。精神的に不安定な人だとか、勢いで来た若者に入れてしまうような彫り師は、ライセンスをはく奪されてしかるべきです。


それをやったら、人ではなくなるという覚悟でやらないとね
人の道を外れた行為だということを自覚しないと駄目だと思います

他の国はどうか知らないですけど、やっぱり日本では入れ墨は外道、人の道を外れたモノの象徴でしかないです
芸術的かもしれないけど、やっぱり外道でしかないと自分は思います
それだから、やってはいけないと言いたいですね

それでもやりたいなら、こういう記事のようなこともあるからよくよく考えてと思いますけどね
あとで後悔したって始まらないんですから
メリットよりデメリットの方が大きいことですからねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00000003-withnews-sci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

即逮捕で良いと思いますよ>鉄道員への暴力http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00010005-norimono-bus_all

Yahoo:「鉄道係員への暴力は年間792件 その傾向は 2015年度の集計結果を発表

加害者の63%が酒気帯び

 2016年7月4日(月)、日本民営鉄道協会とJR各社を含む鉄道事業者17社局は、2015年度に発生した、駅係員や乗務員など鉄道係員に対する暴力行為の集計結果を発表しました。

 対象の事業者は大手民鉄16社(東武鉄道、西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、小田急電鉄、東急電鉄、京急電鉄、東京メトロ、相模鉄道、名鉄、近鉄、南海電鉄、京阪電鉄、阪急電鉄、阪神電鉄、西日本鉄道)とJR6社、東京都交通局、横浜市交通局、名古屋市交通局、大阪市交通局、福岡市交通局、東京モノレール、ゆりかもめ、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)、北総鉄道、横浜シーサイドライン、愛知環状鉄道の計33社局です。

 2015年度の1年間における、発生件数は792件で、前年度より8件減少という結果でした。

 月別にみると、6月が最も少なく46件、12月が最も多く88件でした。曜日別にみると、月曜日が最も少なく83件で、土曜日が最も多く136件ですが、金曜日と日曜日もともに120件を超えています。時間帯別では、午前5時から9時までの時間帯が最も少なく83件。時間帯が遅くなるにつれて増えていき、深夜22時から翌午前5時までの時間帯が最多の300件です。

 加害者年齢は20代以下が127件(16.0%)、30代が149件(18.8%)、40代が140件(17.7%)、50代が153件(19.3%)、60代以上が188件(23.8%)で、不明は35件(4.4%)という結果に。加害者が飲酒をしていたケースは495件で、全体の62.5%を占めていました。

 日本民営鉄道協会および鉄道事業者17社局は、警察庁および国土交通省からの後援を受け、鉄道係員への暴力行為や利用者同士のトラブルに対し防止を呼びかけるものとして、暴力行為防止ポスター「パトロールトレイン」を制作。7月8日(金)から、駅構内や列車内に掲出します。枚数は駅構内が計約7500枚、列車内が計約6万1000枚で、掲出は9月7日(水)までの予定です。


駅構内に警官を配置するしかないでしょうなぁ
そして即豚箱に入っていただきましょう
それでも反省しないでしょうなぁ。酒飲み、特にそういう泥酔するような連中はダメに決まってますから

とにかく酔っ払いに寛容な社会が、こういう理不尽な暴力を生みだしてるって事をみなで理解しないとね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00010005-norimono-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
タグ:鉄道 駅員 暴力
posted by ! at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

やっぱり薬物厳禁http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00050032-yomidr-sctch

Yahoo:「大麻の成分、脳の神経回路を破壊…阪大チームがメカニズム解明

マリフアナ(大麻)の成分に、脳の神経回路を壊す働きがあることをマウスの実験で解明したと、大阪大の木村文隆准教授らのチームが発表した。

 30日付の米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」(電子版)に論文が掲載された。

 「カンナビノイド」と呼ばれる物質で、幻覚や鎮痛の作用がある。日本では大麻取締法で所有、栽培、譲渡などを禁止されている。一方、欧米では医薬品として合法化する動きが広まっており、大麻が脳に悪影響を及ぼすかどうか、詳しいメカニズムは分かっていなかった。

 チームは、マウスにカンナビノイドを注射する実験を実施。その結果、正常なマウスでは、脳の神経細胞から延びた突起が、回路のようにつながっているが、注射したマウスでは突起が減ったり、消えたりすることを確認したという。注射した量が多いほど突起の消える割合が多かった。

 近年、社会問題化する「危険ドラッグ」にも、カンナビノイドの成分とよく似た合成物質を含むものがある。木村准教授は「カンナビノイドは人間の脳でも悪影響が出る恐れがある。安易に手を出すのは絶対にやめるべきだ」と話す。


医療ならまだしも
一般的な使用なんてとんでもない
薬物は絶対ダメという意思統一をしなければダメですね
廃人にはなりたくないですから
そして廃人に巻き込まれたくないし

そしていずれタバコもダメにしたいなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00050032-yomidr-sctch


ブログランキング にほんブログ村
タグ:危険
posted by ! at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

介護施設の労働環境の改善を!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000029-asahi-soci

Yahoo:「障害者施設で繰り返し虐待 入所者、歯や骨折る大けが

京都府南丹市八木町の障害者支援施設「あけぼの学園八木寮」で、知的障害がある30代の男性入所者が職員から繰り返し虐待を受け、前歯や足の骨が折れる大けがをしていたことがわかった。施設を運営する社会福祉法人が23日、ホームページで発表した。府は法人に改善勧告を出し、府警も捜査している。

 発表などによると、男性入所者は昨年9月、20代の男性職員に部屋の外に出された際、右太ももを骨折した。府は昨年10月に法人に再発防止を求め、南丹署は今年4月に傷害容疑で職員を書類送検した。

 この男性入所者は今月3日にも、50代の男性職員から電気シェーバーを投げつけられ、前歯1本が折れた。このため事態を重く見た府は21日、法人に改善勧告を出し、第三者を交えて再発防止策を作って府に提出するよう要求。南丹署は22日に男性の家族から出された被害届を受理し、改めて捜査を進めている。

 施設には約50人が入所し、職員は約30人。法人は50代職員を懲戒免職としている。施設の担当者は「研修などで再発防止を徹底したい」と話した。(横山健彦)


その職員の資質の問題、だけじゃないですよね
ちゃんとした職場なら、ちゃんとした人も集まってきましょう

安い給金しか出せないから、それなりの人物しか来ないって事です
もちろんものすごくいい人も居るでしょうけど、そういう人に雀の涙ほどの給金しか出せないってことが問題にならないのが、各介護施設での労働環境の問題につながるんじゃないですか?

いい人を雇いたければ、それなりの給金を出せば良いだけですけど、それができないから悪循環に陥っているだけではないかと

老人介護にしても、障害者介護にしても
悪く言えばすでに人じゃない動物を扱うようなもの
いろんな嫌な思いを強いられるわけです。並のメンタルじゃやっていけるわけがありません
気分転換の時間とか、少なくとも私生活では良い思いが出来るようでもなければ
職員の人たちは壊れる一方です

もしかしたら、この暴力職員も最初は高い志をもって仕事に入ったのかもしれませんが
基地外の相手をしているうちに自らも同じになってしまったのかもしれませんね

理性が無いから、抑制が効かないままに身体を使って暴れる連中を押さえるのに、きれい事じゃ済まないと思うんですよ。女性職員だと性的暴力を受けることもあるでしょうけど、おそらくは泣き寝入りでしょう。理性が無いから法の範囲外ですもんね。それを踏まえて、少しでもまともな職場になるように環境整備を国は行って欲しいものです

もちろん金はかかりますよ
そして少子化が進めば、こういう職場に来てくれる人は減っていくでしょう
福祉政策の維持なんて無理かもしれませんね
優先順位では福祉は後回しになるでしょうし、人の割り当ては最後の方じゃない?
限られた人間で社会を回していくとなれば、やむ得ないことと思います

自分の老後は金もないし、のたれ死にしかないだろうなぁって思ってます
何十年か後、介護につく若い世代なんて、どれほどいるんだろう?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000029-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

社会の維持上産まない生き方ってナンセンスhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000001-withnews-soci

Yahoo:「「産まない生き方」論争に感じた「違和感」 夫なし、子なし、職なし…アフロ記者が考える「自立」

稲垣えみ子さんは、50歳になったのを機に2016年1月、新聞社をやめました。原発事故の後、節電生活を始め、今は月数百円の電気代で暮らす日々。会社のしがらみを卒業し、いま住んでいる地域でのつながりを広げているそうです。夫なし子どもなし…1人で生きていくと決めた稲垣さんに聞いてみました。しがらみとつながりの違いって何ですか?

【画像】「産まない生き方」を選んだ山口智子さんの軌跡 1988年デビュー、唐沢寿明さんとの結婚
「そこまで深刻に…驚いた」

 5月18日、稲垣さんはNHKの「あさイチ」に出演しました。テーマは「どう思う?“子どもがいない”生き方」。朝日新聞時代に連載していたコラムでのざっくばらんな語り口を期待してテレビを注視しましたが…あれ? 画面に映る稲垣さんは、あまり積極的に発言しているようには見えませんでした。

 「わたしは不真面目なせいか流されるままに生きてきたので、皆さんがそこまで深刻に考えていらっしゃることに驚いてしまったんです」

 番組で取り上げたのは、女優の山口智子さんの雑誌インタビューでした。

「子どもを産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです」( 『FRaU』3月号)

 多くの人を励ましたと紹介されたれた山口さんの発言ですが、稲垣さんは違和感を感じたそうです。

 「発言そのものではなく、その部分だけを取り出して注目が集まったということにびっくりしました。『よくぞ言ってくれた』という熱い反応が起きること自体、よほど追い詰められている人が多いんだなと」
「わかり合えないところまで先鋭化した意見」

 次の日、同じ「あさイチ」で有働由美子キャスターが、番組への反応を紹介しました。有働さんは「産まない」という生き方に肯定的な意見を紹介した後、否定的な意見も読み上げました。

「子供を持たない、と主張することが『よく言った』と賞賛されるとは、愚かな女性が増えたものだと落胆します。(中略)少なくとも、私の子どもが汗水たらして働いた税金をあなたの老後に使って欲しくないです」

 激しいメッセージの内容に、スタジオの出演者もシーンと黙り込んでいるように見えました。なぜ、ここまでの断絶が生まれるのか?

 「うーん」と考え込んだ稲垣さん。

 「こうやって意見を言うのは大事だと思います。そして、すっごい真面目に生きている方だと思うんです。テレビ局に投稿までするんですから」

 「でも、人は与えられた条件があって、それができない人がいる。そんなことが見えないほど意見が先鋭化してしまって、もう、どこまでいってもわかり合えないところまで来ちゃっていて。そういう衝突が、色んなところで起きている気がします」


「プライドのよりどころが、過去の成功体験しかない」

 交わることのない言葉のぶつけ合い。何でそんなギスギスした世の中になっちゃったんでしょう?

 「たぶん、高度経済成長の時代を超えるストーリーを描けていないからだと思います。プライドのよりどころが、過去の成功体験しかない」

 「ところが、高齢化が進んで、経済成長はもう見込めない。今までのやり方で一生懸命やっても報われない。だから、ぶんどり合いになるし、少しでもおいしいとこ取りをしているような他人を見ると許せなくなるんでしょう」

 このぶつかり合い。稲垣さんは「出産に限った話ではない」と言います。

 「例えば生活保護バッシングも、芸能人の不倫をどこまでも追求しないと納得しない世の中の空気も同じ。不安。不満の前に不安があるんだと思います」
「分断をつなぎ合わせるのがマスコミの役割」

 一方、社会に充満する怒りが、いい作用をもたらしたかのように見えた出来事もありました。待機児童問題への関心を高めるきかっかけになった匿名ブログです。しかし、稲垣さんは「日本死ね」というフレーズが引っかかったそうです。

 「このブログを書いた人が『死ね』って言っている日本って何だろうと。日本って、総理大臣なのか、役人なのか、それともどこかの偉い人なのか。私はそうじゃないと思うんです。日本って、私たち全員が作っているものですよね。このブログを書いた人も日本の一部なんじゃないでしょうか。保育園や保育士さんを増やすにもお金が要る。でも、もう日本にはお金がない。一人一人が何かを犠牲にしなければ、解決しないはずなんです」

 ブログは政権を動かしたと報じられましたが、稲垣さんはマスコミの姿勢にも問題があったと指摘します。

 「安倍政権から一本取ったって騒いでいる場合じゃないですよ。福祉を充実させるためには、みんなが負担しないといけない。そのためには社会が分断してちゃいけない。その分断をつなぎ合わせるのがマスコミの役割なんだから、本当の解決のためにはみんなが何をしなきゃいけないのか、一人一人が自分の問題として考えることができるような材料をもっと提供して欲しかった」


多様な生き方が許されるべきで、当然産む産まないは個人の自由って事だそうですけど
でも、それは安定した社会があってこそであって、もし社会の安定性が揺らいでくれば自由に生きるなんて事を言ってられなくなって食べることに必死にならなければならなかったり、医療の低下とかいろいろ時代を遡ることになって、自由もへったくれも無くなると思うんですよ

当然食料も自由に手に入らなくなれば、奪い合いになって、それこそ弱肉強食の社会になりかねないのでは?
当然福祉もおざなりになって、障害者も高齢者もうっちゃられることになるんじゃないですかねぇ
乳幼児の死亡率も上がるかもしれない

そうならないように人口の維持
人がいることで、ここの負担を減らし、いろんな役割を持って社会を維持していけるようにしていかないといけないと思うんですけどね。いろいろ嫌なこともあるかもしれないけど、その辺社会に属し生きていくための代償じゃないのかなぁ


好き勝手に生きるには、それなりの技量が求められるけど、つまり一人で完全自給自足、医療とか誰かに助けて貰うことを前提に出来る人じゃないと無理だと思います

でなければ、否応なしに社会への代償を払って(これは自由の束縛という形になるかと思います)、生きていくしか無いと思いますね
自由自由って言っても、社会が豊かで安定しているからこそって事を忘れたらいかんと思います

で、その上で国も個々人の負担が少しでも小さくなるようにいろいろな方策を立てるべきだとは思いますよ
その辺のバランスが最近狂ってるなぁと思います。国も個人も


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000001-withnews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

こうなったらわずかでも危険性があったら、親子の再会は禁止ですねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000571-san-soci

Yahoo:「小4女児殺害 秋田県「予測困難だった」 施設から一時帰宅中に…

秋田市のアパートで20日、児童養護施設から一時帰宅していた市立高清水小4年、千葉愛実(めぐみ)さん(9)の遺体が見つかり、殺害したとみられる母親(40)が自殺を図り重傷を負った事件で、秋田県子育て支援課の土田元課長は21日、「予測は困難だった」との見解を示した。

 土田課長などによると、県中央児童相談所が母親の精神状態などから「家庭での養育が困難」と判断。愛実さんは平成23年7月から児童養護施設「感恩講児童保育院」に入所し、25年からは施設から高清水小に通っていた。

 児相は母親の様子を見た結果、愛実さんの一時帰宅を許可。今年5月の大型連休も自宅で過ごしたという。17日午後から一時帰宅し、20日になっても戻らなかったため、施設が警察に届けた。感恩講児童保育院の佐藤章和施設長は「迎えに来たとき、母親に普段と違う様子はなかった。信じられない」と話した。

 高清水小の越中谷俊悦校長は保護者宛ての文書で「いつも明るく、元気いっぱいのあいさつを交わしてくれた姿が今も忘れられません」と愛実さんをしのんだ。

 事件は20日午後4時5分ごろ、秋田市八橋大沼町、アパート「アネックス八橋」101号室で愛実さんが死亡しているのを秋田中央署員が見つけた。そばに母親が倒れており、一時意識不明となった。

 同署によると、愛実さんの首に圧迫された痕があり、死因は窒息死。母親が愛実さんを殺害して自殺を図った可能性があるとみて殺人容疑で捜査。回復を待って事情を聴く方針だ。


わずかでも子供に危害を加える可能性があったら、親子の縁を一時的に切るだけの強権を国に与えられるかどうかが鍵になるんじゃないでしょうか?
そうでない限り、児童相談所や、それなりの専門家が親子を会わせても大丈夫だと判断があれば会わさざるを得ないのではないかと思います。そうしないと人権団体とかそういうところがウルサいですからね

でも、結果としてこういう不幸なことも考えられるわけで、子供の生命>親子間の愛情ということが公に認められないといけないのかなぁって思います

ただ、このケースだと父親は何をしているのかな?
元々籍を入れていなかったのか
離婚して、母親から会うことを禁じられるとかそれに近い状態だったのか?

ま、どっちにしても
父親にしても母親にしても子供を軽視するような夫婦関係にならないように
自分のことだけを考える親にならないように、自制出来るように変わっていって欲しいなとは思いますね
行きすぎた個人主義が、親になっても自分の生き方を優先する限り、不幸な子供は減らないように思います


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

貞操観念がないのねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000001-khks-soci

Yahoo:「交際相手と性的行為「退学勧告は違法」と提訴

サッカー強豪の聖和学園高(仙台市)に在学中、交際相手と性的な行為をしたことを理由に退学を勧告されたのは社会通念上行き過ぎで違法だとして、元サッカー部員の男子大学生(18)が20日までに、運営法人と校長に約600万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

 訴えによると、学校は男子学生が3年生だった昨年12月、交際相手と性的な行為をしたことを理由に退学処分を決定し、自主退学するよう勧めた。男子学生は転校を余儀なくされ、指定校推薦で進学が決まっていた関東の私立大から合格を取り消された。

 校長らは「性的な行為を一度でも行えば退学処分となる。処分に当たり、これまでの生活態度などは考慮しない」などと書面で通知した。男子学生は非行歴や処分歴はなかったという。

 男子学生側は「性的な行為が退学処分の理由になるとの校則は存在しない。教師も周知しておらず、裁量権の乱用で違法だ」と主張する。

 校長は「事実関係に食い違いがある。主張は法廷で明らかにする」と述べた。

 同校は昨年、全国高校サッカー選手権に出場したが、男子学生は開幕の2日前に退学したため出場できなかった。


犯りたいから犯ったんでしょうけど
でも、そういうことをしたら、結果として子供が生まれることも考えられるわけで
在学中に子供が出来て、どうやって子育てをするつもりだったのかな?
そういう責任についても、きちんと考えた上で交際相手を押し倒したのかねぇ

どっちにしても結婚前の性行為褒められたものじゃないでしょう
退学は当然だと思います
サルじゃなく人間だというなら、責任を伴った上で押し倒すべきですね
結婚という形式を整え、妻子を養うだけの力を持ってからでしょう

それを怠ったなら、学校を追い出されてもしょうがないでしょ
高校なんて義務教育じゃないし学びにいって、そんなんじゃ資格なしといわれても当然デス
性の乱れはよろしくないのです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000001-khks-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする