2018年12月13日

無事離脱まで勤められるようで良かったですhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000013-asahi-int

Yahoo:「メイ首相、続投決定 22年総選挙前の辞任と引き換えに

英国与党・保守党は12日夜(日本時間13日未明)、党首のメイ首相に対する不信任をめぐる投票を行った。信任票が過半数となり、メイ氏は続投を決めた。来年3月末に迫る欧州連合(EU)からの離脱を控え、政局の混乱はひとまず免れたが、秩序だった離脱への道筋はつかないままだ。

 メイ氏は、首相官邸前で記者団に「同僚の支持をうれしく思う。EU離脱を実現する任務を進めていく」と語った。英メディアによると、メイ氏は投票直前に党員の前で演説し、2022年の次回の総選挙より前に身を引く代わりに、EU離脱までは見届けたいと訴え、続投への支持を求めた。

 不祥事で党員資格停止になっていた2議員の処分が直前に解除され、投票には党所属の下院議員317人全員が参加。200人が信任票、117人が不信任票を投じた。これにより、今後1年間は党首選は行われず、メイ氏の党首の座は守られることになる。


混乱が起きずに済んだようで良かったです
EUから無事脱出し、外人の一掃が出来て、本来のイギリス人のための国に戻れれば良いですね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000013-asahi-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:イギリス EU 離脱
posted by ! at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

不信任投票が否決されて、無事EUから離脱出来ますように!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000074-reut-eurp

Yahoo:「英保守党議員、メイ首相の不信任投票を12日実施へ

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感が強まる中、メイ首相率いる与党保守党の議員らは、12日に党首としての首相の不信任投票を実施する。

党の一般議員で構成する「1922委員会」のブレイディ委員長は、不信任投票を要請する書簡が必要とされる15%を上回ったと発表した。

投票は下院の一室で12日午後6時─8時に実施されるという。

ブレイディ委員長は「投票は終了後すぐに集計され、可能な限り早く発表される」と述べた。

来年3月29日のEU離脱まで4カ月を切る中、英国が無秩序な合意なき離脱か、国民投票を通じたブレグジットの撤回かといった危機的状況に陥る可能性が出てきた。

保守党議員315人のうち158人が不信任票を投じれば、メイ首相の解任が可能になる。


メイ首相が不信任にされたら、EU離脱が中止になるのかな?
国民投票で離脱の意思が示され、それにそって話し合いも行われて進んでいるのに、いまさら中止はないと思うのですが

まぁなんにしても国同士がまとまれば平和になるってのは妄想だって事はここ数年を見ていればよくわかることだし
EUに所属したからといっても良いこと無いんでしょ?離脱して国の主権を守った方がマシな気もしますけどね
ドイツの下僕でいるよりは良いと思いますし

メイ首相にはがんばっていただきたい


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000074-reut-eurp


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:イギリス 離脱 EU
posted by ! at 19:51| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

アメリカは受け入れる必要ないんだしhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181202-00000024-jnn-int

Yahoo:「「キャラバン」6000人、米“国境”閉ざされ諦めの声も

中米諸国からアメリカへの移住を目指す集団「キャラバン」。アメリカまであと一歩のメキシコの街に現在およそ6000人が滞在していますが、トランプ政権の厳しい姿勢を前に入国をあきらめる声も出始めました。

 「この一歩先は、もうアメリカです。まだ夜明け前なんですが、アメリカ側には大勢の国境警備隊が集まってきていて、警戒に当たっています」(松本年弘記者)

 カリフォルニア州とメキシコ・ティファナとの検問所で1日、アメリカの国境警備隊がキャラバンの不法入国を防ぐ訓練を行いました。後方には軍隊の姿もあり、アメリカ側はキャラバンに対する厳しい姿勢を崩していません。

 キャラバンの一部からは、アメリカ行きをあきらめる声も出始めています。
 「メキシコにとどまります。ここには親戚がいますし」(キャラバン参加者)
 「厳しい状況です。アメリカに渡ろうとしてもドアが閉ざされる。どうすればいいか、ここで仕事を探すべきか、分からないが帰ることだけはしたくない」(キャラバン参加者)

 中米諸国から北上してきた「キャラバン」はおよそ6000人がティファナに入っていますが、メキシコへの移住を希望する人が増えているほか既に一部は帰国し、さらに数百人が母国に戻ることを希望しているといいます。

 キャラバンの多くは収容施設に身を寄せる一方、施設に入りきれない人たちが路上にあふれるなど衛生状態が悪化。ティファナ当局はキャラバンを新たな収容施設に移動させ始めていますが、アメリカへの難民申請手続きには時間がかかり、混乱の長期化が懸念されます。(02日16:10)


アメリカはトランプ大統領で良かったと思うべき
こういう難民を受け入れないことで治安の悪化が防がれるし
あとは入り込んだ不法入国者、不法滞在者を始末出来ればもっと良くなると思いますよ

正式な入国者と不法入国者で対処が違うのは当然だし、後者は犯罪者として裁かれ追放されるのは当然のことでしょう

治安維持も当然だけど、
正式に入国申請したとしても、結果職に就けないままなら、それは国の経営に悪影響を及ぼす存在になり得るわけで
無限に受け入れられるわけではない。制限を付けるのも当然ですね
アメリカに限らず世界各国が難民などの受け入れを当然とするのは無茶がありすぎ
国民生活に影響がない範囲でのみ外人の受け入れを図るべきでしょう
悪影響があるなら受け入れないのは当然のことでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181202-00000024-jnn-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

国連を見捨てようhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000015-kyodonews-int

yahoo:「国連委、元慰安婦への補償不十分

国連の強制的失踪委員会は19日、日本に対する審査の最終見解を公表した。旧日本軍の従軍慰安婦問題について、元慰安婦らへの補償は十分とは言えず「最終的かつ不可逆的に解決した」との日本政府の立場に遺憾の意を示した。最終見解に法的拘束力はない。

 ジュネーブ国際機関日本政府代表部の担当者は「最終見解は誤解や偏見に基づく一方的なもので極めて遺憾だ」と述べ、国連人権高等弁務官事務所に抗議したことを明らかにした。

 最終見解は、元慰安婦らは国家による強制失踪の犠牲者の可能性があると指摘。条約が定める適切な補償が十分に行われていないとして懸念を示した。


国連っていうのは、二国間で互いに納得して結んだ条約についていちいちケチを付けるのかい?
何様のつもりか知らないけど、日本が南鮮に対して条約を結ぶことを強制したわけじゃないんだし、そこまで言うなら南鮮についても問題ありとすべきじゃなかろうか?
とってもおかしな話

国連への拠出金をストップしても良いんじゃ無いのかね?
軍を持っていないと本当に舐められまくりですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000015-kyodonews-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:26| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコももっと早く動かないとhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010001-reutv-n_ame

yahoo:「「出て行け」米国境の町に集結するキャラバンに、メキシコ住民から反発(16日)

中南米から米国を目指す移民のキャラバンが続々と米国境の町、メキシコ・ティファナに集結しているが、ここへ来て思わぬ「脅威」が行く手を阻んだ。それは一部のメキシコ人からの反発だ。
 14日、少数のメキシコ住民が移民らに立ちふさがり、自分の国に帰れと叫んだり、投石するなどした。およそ20人ほど集団は、ホンジュラスからの移民に対し「自国に帰ってほしい。あなたたちは歓迎されていない」などと声を上げた。(ナレーションなし)


そりゃ迷惑でしょう

国が率先して入れないようにするのが正解ですよね

まずは国民生活の安心安全確保が最優先課題でしょうに
メキシコ政府も早く強制送還させるようがんばるべきです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010001-reutv-n_ame


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

EU脱退のめどがたったようでめでたいhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000005-asahi-int&pos=4

yahoo:「英国とEU、離脱条件に事務レベルで合意 閣議で協議へ

英国の欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、離脱条件などを定めた協定案について、英国とEUが事務レベルで暫定合意した。英首相官邸が13日、明らかにした。メイ英首相は14日午後(日本時間同日深夜)、臨時の閣議を開き、協定案の承認をめざす。ただ、英国内では反発の声が強く、メイ氏の方針がそのまま認められるかは不透明だ。

 英国は2019年3月末にEUを離脱することが決まっている。離脱協定で正式合意できれば、英国とEU加盟国双方の経済・社会の混乱を避け、秩序だった離脱の実現に一歩近づく。一方、「合意なし離脱」となれば、混乱が拡大するおそれがある。

 EU側も、本部のあるブリュッセルに駐在する加盟各国の大使が14日に会合を開く予定だ。英・EU双方の政府レベルで承認が得られれば、25日にも開かれるEUの臨時首脳会議で正式に合意する可能性が出てきた。

 メイ氏は14日の閣議を前に、13日夜から閣僚を個別に官邸に招き、交渉官レベルで暫定合意した協定案の説明を始めた。ただ、メイ氏の離脱方針に反発する複数の閣僚が辞任を検討しているとされ、閣議でスムーズに承認されるかは不透明だ。


良くも悪くも一発勝負の国民投票で、脱退が決められたんですから粛々と進めるしか無いでしょう
EUに所属していたら国家主権も何もかも失っていって、
あげくに迷惑外人まで押しつけられるんですから脱退に決まって良かったんじゃ無いかと自分なら考えますね

で、移民受け入れを積極的に進めていたドイツも、ようやくメルケルさんが脱落することになって、方向変換できるようになっていけたら良いなとは思いますけど
受け入れてしまった結果失われた国民生活の安心安全を取り戻すのは到底不可能でしょう


まぁ日本も同じようなもので、やっかいなものが住み着いていて、安心安全はあってないようなものです
ゲリラ、テロリストを受け入れちゃっているようなものだから、いつどうなるかわからないんですよね


というわけで、国家の連合なんて良いことないし
人々の行き来が自由っていうのは危険の裏返しなので
やめた方が良いって話です

議会もごねてないで、まず国民生活の安心安全を確保することを優先すべきでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000005-asahi-int&pos=4


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:脱退 EU イギリス
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

国を壊してまで、移民を受け入れるのが、そんなに良いのかねぇ>イギリス残留派が半数超えたとかw https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000007-jij_afp-int

yahoo:「英EU離脱、再投票なら「残留派54%」 過去最大規模の世論調査

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)の是非をめぐり、過去最大規模とされる世論調査が実施され、2度目の国民投票が実施された場合には離脱派46%に対して残留派54%になるという結果が5日、発表された。

 2016年6月の国民投票では、残留派48%に対して離脱派52%で離脱が決定した。残留派が増えている可能性を示す今回の結果は、離脱条件などをめぐって、法的拘束力のある国民投票の再実施を求めて活動している人たちに追い風が吹いているということになる。

 調査は、英公共放送チャンネル4(Channel 4)の委託を受けて、英調査会社サーベーション(Survation)が10月20日〜11月2日にインターネットで2万人を対象に実施した。結果に誤差はないという。

 英政府とEUは来年3月29日の離脱に向けて大詰めの交渉を行っている。合意できなかった場合に何が起こるのかは不透明だが、ブレグジットの是非をめぐり2度目の国民投票の実施を提案する声もある。

 もっともテリーザ・メイ(Theresa May)英首相は、前回の国民投票の結果に従わないことは民主主義にもとるとして、2度目の国民投票に反対している。

 ロンドン中心部では5日、ブレグジット後の在英EU市民の地位を明確にすることを求めて、人々が「人間の鎖」をつくった。


EUとは通貨統合してないし、
そのへんやっぱり島国であるって事が影響しているのかなぁ
イギリスであることを捨てない気概が大きいのかな?
EU残留が半数を超えたといっても54%、たいした数字じゃないかなと思います

なんにしたってEU諸国で起きている移民難民問題は大きいと思います
国家の主権を揺るがす問題だけに、ドイツですらメルケルが退陣に追い込まれる事態になってきたわけですからね

言語、文化、習慣などなどその土地にあって発展してきたものへ
よそのものを混ぜたら危険だって事は、今現時点で味わってわかってるはず

一つの国だったものが民族紛争などから内戦、国が分裂して別々のの国になるということがいくつもあったわけなのに
なんで移民を受け入れることは良いことだと思えるのか不思議でしょうがない


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000007-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 🌁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いくら困っていても、他国へ押しかけるのはおかしいhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000016-jij_afp-int

yahoo:「中米移民集団、メキシコ市で再結集図る 国境付近の米兵 約4800人に

米国を目指す中米からの移民集団(キャラバン)は5日、仮設の保護施設となっているメキシコの首都メキシコ市のスタジアムで休息を取り、今後の前進に備えて再結集を図り態勢を立て直している。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は中間選挙を前に移民を非難するツイッター(Twitter)投稿を続けている。また米国防総省の発表によると、メキシコ国境付近に配備された米兵は同日現在で約4800人になった。

 移民集団は暴力がはびこるホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの国民を中心に約5000人からなり、米南部の国境に迫っている。当局によれば、移民らは今後数日かけてメキシコ市に結集し、北上する旅を続けるとみられる。

 当局は市東部のスタジアムに大規模な移民収容施設を設置し、食料と水を提供。4日には第1陣の移民470人がこのスタジアムで一夜を明かした。

 5日夕の時点で約4000人の移民がスタジアムに到着。メキシコ国家人権委員会(CNDH)は、同国中・東部で小規模のグループに分かれた移民集団の再結集が進む中、さらに1000人が7日までに到着するとみている。

 標高の高いメキシコ市では夜間の気温が12度前後まで下がる。移民らはスタジアムのグラウンドやセメントが打設された観覧席にテントを張り、その中で眠っている。

 10月13日にホンジュラス北部サンペドロスラ(San Pedro Sula)から始まった旅の移動距離は1600キロメートルを超えており、移民の中には風邪を引いている人や足を痛めている人が多い。

 夫や義理の姉妹と旅をしているホンジュラス人のカルラ・メンブレノ(Karla Membreno)さん(23)はAFPに対し、「眠れなかった。風邪で一晩中せきをしていた」と語る一方、「強くならないと。神様が進み続ける強さを与えてくださる」と決意を示した。

 米民主党は国境への派兵をトランプ大統領による政治工作と批判している。国防総省は派兵の費用は公表できないとしている。米中間選挙の投票が翌日に迫った5日の時点で、カリフォルニア州に約1100人、アリゾナ州に約1100人、テキサス州に2600人の計約4800人が展開している。

 同省のボブ・マニング(Bob Manning)報道官(大佐)は、国境地帯に配備される兵士は同日中にも5200人に達すると説明。また、約7000人の現役兵が国土安全保障省に対する「即時」の支援に備えていると述べた。


ものには限度ってものがありますがな
例え移民の国でも際限なく入り込まれたら社会の運営に支障を来すわけで、お断りするのは当然のことでしょうね
しかし、お断りすることを差別だとかいって非難するおかしな人たちがいるわけで、アメリカ大統領も大変だなぁと思います

なんにしても無理なものは無理と武力を持って入り込んでくるのを阻止するのは国防上当然のこととと考えますけど
どうなるかなぁ

この手の問題を解決するためには、原因であるその国の治安の悪さを世界各国が乗り込んでいって鎮圧するして社会を組み直すしかないのかもしれませんね。受け入れることだけが解決策ではなく出てこなくてもいいようにするしかない。それまでの間受け入れるかどうかは、その受け入れ国の判断によるべきだし、受け入れないからといって非難するのはおかしいでしょう

受け入れろという人が自費でもって、国家や社会に迷惑をかけない範囲でやる分には良いんじゃ無いでしょうか?
居候を未来永劫面倒みきれる人はいないでしょうけど

日本も安易に外人を受け入れるなんて言っちゃいけないし、現時点でもなし崩し的に入れてきちゃっているけど
そのせいで日本社会が本格的に異常を来す前に強制帰還させないと駄目だと思います
だいぶ狂ってきて来ているとは思うけどね
外人に甘すぎる国民性を正さないと!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000016-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:40| 東京 🌁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

日本の警察もこのくらいすべきでしょ?>警察から逃げること自体まずいことだと思いますhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180819-00000015-ann-int

yahoo:「「意図的ではない」 逃走中の少年に警察車両が衝突

アメリカ・カリフォルニア州で逃走する少年に警察車両が衝突しました。

 逃げる少年を警察車両が追跡しています。少年を見つけると急カーブし、少年にぶつかって側道に突っ込んでいきます。追い詰められた少年は大声で謝りますが、警察官に取り押さえられました。これはカリフォルニア州の地元警察が公開した先月の映像です。16歳の少年は自転車のライトをつけずに走っていたところ、警察官に声を掛けられて逃走しました。警察車両にはねられた少年は病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。地元警察は「意図的に衝突させたのではない」と説明しています。車両が少年にぶつかった際、スピードがどのくらい出ていたのかなど、問題がなかったかどうか引き続き調べているということです。


警察から逃げる時点で怪しいと判断され、追求されても文句言えないと思いますね(痴漢冤罪は別かなとは思いますけど)
自転車の無灯火で声をかけられた時点で、素直に警察に対応すれば良かったのに何で逃げたのか?
追いかけられて当然の行為だと思いますし、多少荒っぽいことをされてもやむ得ないことだと思いますね

アメリカなんて異民族、言葉の違う連中、遵法意識が無い連中とか普通に存在するからあらっぽくなるのは当然でしょう
警察も自分の身を守る必要はあるでしょうから
どんな考えがあるか知らないけど、警察から逃げること自体が敵対行為であり、危険な行為でしょう

朝日としたら行政、警察の横暴だといいたいんでしょうけど、それは全く違うと思いますし
また日本の警察も、このくらい強く出ても良いと思います
暴走車両が加速して逃げたら銃を撃って止めるくらいしても良いんじゃ無いですか?
なぜかマスコミにたたかれる材料になる不思議!
マスコミが遵法意識の無い連中を擁護するのは不思議でしょうがない


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180819-00000015-ann-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

不法入国者を追い返し、追い出すのは別に人種差別じゃ無いでしょ?>無法者になんの権利が?https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180421-00017962-stoyos-bus_all

yahoo:「若者世代が対峙する闇 米国に根付く人種の分断

<2018年4月28日・2018年5月5日合併号> 公民権運動の指導者として、人種差別の撤廃を訴え続けたキング牧師の暗殺から、4月4日でちょうど50年が経った。

だが米国は、依然として人種問題の深い闇を抱えている。象徴的な出来事が、まさにキング牧師の暗殺から50年の当日にあった。

米トランプ政権が不法移民に対する警備強化のため、メキシコとの国境に州兵を派遣する方針を明らかにしたのである。

トランプ政権はメキシコとの国境に壁を建設するとの公約など、移民に厳しい政策を展開してきた。その標的となるのは、移民の多くを占めるヒスパニックである。

この先は有料なので無し

見出しから、不法入国者を擁護するバカがいるって事だよね?
ちゃんと法に基づいて判断すれば、不法入国者を追い返すことに何ら問題は無いのに、差別問題と絡めてやってはいけないとか言い出すのはタダのバカでは無いかと思いますよ
決められたことが守れない連中が国内にあふれれば、それは治安悪化にも繋がり、国民生活に多大な負担をかけることになります
現在のドイツがそうでしょ?のべつ幕無しに受け入れた結果国民への迷惑行為甚だしいのに、それを訴えようとすると差別だと騒ぐ奴がいて、国内情勢がどうにもならなくなってるとか。ドイツ国民の少女が暴行されても何も対処出来ないとかとなると、国民生活の安心安全はどこへ行っちゃったんでしょうね?

よそ者に支配されるって事はそういうことなんだよね
だから不法じゃ無くても受け入れちゃいけないんだよ

他人は他人として、相容れない存在なんだよね
なのに差別はいけないって事になる不思議
違うものは違うと、互いに不干渉にすれば良いのに、なんで相手の言い分だけを受け入れて国民がおざなりにされてしまうのか?
おかしいよなぁ
ヨーロッパでの差別問題って、本当に狂ってると思うし、日本はそれの後追いをしちゃいけないと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180421-00017962-stoyos-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:差別 不法入国
posted by ! at 20:20| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

必要があり、問題が無ければ再稼働は当然では無いかと>スイスで原発再稼働https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000019-jij_afp-int

yahoo:「「世界最古の原発」再稼働、3年間の補修工事終え スイス

スイスにある世界最古の商業用原子力発電所、ベツナウ(Beznau)原子力発電所の1号機が、3年にわたる補修工事を終えて再稼働した。運営会社のアクスポ(Axpo)が20日、明らかにした。環境保護団体などからは再稼働に反対する声が上がっていた。

 ドイツとの国境に近い北部アールガウ(Aargau)州に位置するベツナウ原発は1969年に稼働を開始し、2機の原子炉を擁する。

 アクスポの声明によると、地震や洪水に対する強度向上工事や技術インフラの改良などのため、2015年3月に両機とも停止された。

 同社は「原子炉は今後60年間稼働するための技術的な安全要件をすべて満たしている」と説明している。

 スイスでは、2011年の福島の原発事故を受けて原発の安全性についての議論が一層高まり、ベツナウ原発は試金石となっていた。

 環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)を含む3団体は、ベツナウ原発が工事のため一時停止されて間もなく、同発電所の完全閉鎖を求めて提訴している。

 福島の原発事故後、スイス政府は原子力発電を段階的に縮小し、4か所の原発を閉鎖するとの計画を発表したが、具体的な期限は設けられていない。同国では現在、電力供給のおよそ3分の1が原子力によって賄われている。【翻訳編集】 AFPBB News


今の人類社会に置いて電力は必要不可欠なエネルギーであるし
そして大量に消費するわけですから
安定的に大量に電力を供給出来る原発が利用されるのは当然のこと
発電が安定しない再生可能エネルギーが重視されないのも当然では無いかと


使用上問題が無ければ、こうやって再稼働されるのは当然でしょうね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000019-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:59| 東京 ☔| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

よその国のことだけどhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000028-jij-n_ame

yahoo:「移民救済、当面維持へ=政権の申し立て却下―米最高裁

トランプ米政権が撤廃を決めた不法移民の子どもを強制退去としない措置「DACA(ダカ)」が、3月の期限切れ後も当面維持される見通しとなった。

 連邦最高裁が26日、撤廃差し止め命令の見直しを求めた政権の申し立てを却下した。

 トランプ大統領は昨年9月、ダカについて、3月5日で打ち切る方針を決定。これに対し、カリフォルニア州の連邦地裁は1月、確定判決が出るまでの撤廃差し止めを命じていた。判決が出るのは今年後半との見方があり、それまで与野党が新たな制度で合意しない限り、現行措置が続く。
 

アメリカの成り立ちを踏まえれば、しょうが無いのかもしれないですけど
移民が元で国内の治安に問題が起きるのなら、受け入れないのが当然だと思うんですよね
国民を守ることを優先し、移民を二の次に出来るように法を変えられないんでしょうかねぇ
阿呆すぎます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000028-jij-n_ame


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:アメリカ 移民
posted by ! at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

日本も外人受け入れを停止したり、帰国させたりすべきです>日本を割らないためにhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-41676363-bbc-int

yahoo:「スペイン政府、カタルーニャ州の自治権を停止へ

スペイン政府は19日、北東部カタルーニャ州の自治権を21日から停止すると発表した。

首相府によると、カタルーニャの自治権停止を可能にする憲法155条を発動させるため閣議が開かれる。

カタルーニャ州のカルレス・プッチダモン州首相は、中央政府が「抑圧を続ける」ならば、今月1日のスペインからの独立を問う住民投票の結果に基づき、州議会が独立宣言の採決を行うと述べていた。住民投票をめぐっては賛否両論がある。

自治権の停止によって混乱が深まる懸念が一部に出ている。

マリアノ・ラホイ首相は声明で、「カタルーニャ自治政府の合法性を取り戻すため、スペイン政府は憲法155条に明記された手続きを進める」と述べた。

独裁政権を敷いたフランシスコ・フランコ将軍の死から3年後の1978年に、民主制への移行に伴い施行された憲法の155条は、危機の際には中央政府による直接統治が可能になると定めている。

住民投票以来、中央政府と州政府の指導者たちの間で緊張状態が続いていた。住民投票では独立が支持されたものの、中央政府は住民投票は違法だとしている。


一つの国の中に複数の民族が存在すれば、こんなことになるのは必定と言っても過言じゃ無いと思います
実際内戦の末独立に至った国はあるわけで、結局一つの国の中で共存共栄というのはなかなかに難しいということですね
たとえ一見うまくまとまっているように見えたとしても差別だの何だのと問題がくすぶっているので、やはり一民族で一つの国を形成する方が無難でしょうね
国境線を作ることで、それぞれが互いに不干渉であることができれば、一番安全ということです

なので、日本も外人の受け入れをストップし、今いる外人も原則帰還させる方が将来のためになることと考えます。どうしても入国させる必要があるなら期限を区切って、無制限での滞在を認めないようにすべきです
まして国民と同じ権利を当たるというのもダメです
国民と外人は違うということをはっきり線引きし、区別を付けるべきですね
最優先されるべきは国民であり、余裕があったら外人も助けてあげる、そんな程度で良いのではないでしょうかねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-41676363-bbc-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:30| 東京 ☔| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

関係者の裏切りでしょう>アンネフランク逮捕の真相https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000068-reut-eurp

yahoo:「アンネ・フランク逮捕の真相、元FBI捜査官が解明の試み

元米連邦捜査局(FBI)捜査官が、70年以上前にナチスドイツにより強制収容所に連行されたアンネ・フランク一家に何が起きたかを、ビッグデータの集積と最新の捜査技術を駆使して解明することを目指すチームを立ち上げた。

アンネは1944年8月4日、2年間潜伏していたアムステルダムの隠れ家が発見され、収容所に送られて死去した。潜伏中の日記を父親のオットー氏が出版、世界で60カ国語に翻訳され読み継がれている。

フランク一家の発見を巡っては、密告説などがあるが、真相は第二次大戦最大の謎とされている。

20人のメンバーから成る再捜査チームを率いるのは、FBI捜査官を引退したビンセント・パンコーク氏。ロイターとのインタビューで「連行から約73年が経過し、目撃証言ができる人はほとんど死亡している。したがって、法医学的な根拠のことは忘れよう」と語った。

捜査の根拠とされるデータには、ナチ協力者のリストや情報提供者、歴史上の文書、警察記録、新たな手がかりとなり得る過去の研究結果などが含まれるという。

パンコーク氏は「入手可能なあらゆる当時の資料に当たっていく。いままで顧みられなかった情報がたくさん存在する」と述べた。

パンコーク氏は、再捜査の目的は告発ではないと説明。アンネの逮捕から75周年となる2019年までに作業を完了する予定としている。


いまさら真相なんてつかめないと思いますけどねー
ただ個人的な印象では、フランク一家に関係した誰かによる裏切りでは無いかと思ってますー
裏切ることで己を守った人がいるんじゃ無いですかねぇ、勝手な妄想でしか無いけど


こういうとなんですけど
これはこれで大きな悲劇だとは思いますけど
その後ユダヤ人がパレスチナでやっていることを踏まえると、何だかなぁと思ってしまうんですよね
結局何か嫌われる原因を自ら作り出しているんじゃないでしょうかね?

隣の民族にも似たようなのがいますよね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000068-reut-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

国民の安心安全を守らなくても経済が良ければ勝てるのだなぁ>ドイツhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000040-jij-eurp

Yahoo:「首相与党、第1党維持の見通し=独総選挙、投票始まる

ドイツ連邦議会(下院)総選挙の投票が24日、行われた。

 メルケル首相率いる保守系与党、キリスト教民主・社会同盟が第1党の座を守ることはほぼ確実で、首相4選が有力。一方で、「反難民」の新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が初めて議席を獲得し国政進出するとみられている。

 民主・社会同盟の議席は過半数には届かないもようで、選挙後は連立交渉が本格化する。メルケル首相は2005年から12年間も首相を務めており、欧州で絶大な影響力を誇る。次期政権も欧州連合(EU)連携強化に向けた加盟各国の議論を主導することになるため、足並みのそろった連立の枠組みが求められる。

 主要各党はAfDとの連立を拒否しており、AfDの政権入りはない。 


反難民が悪いかのようですけど
ドイツ社会における、犯罪率をきいてる限りでは
難民が原因の多くを占めているそうなので、反難民が増えるのは当然だし
帰れという声も大きくなるでしょう

国がやるべきは、国民生活の安心安全の確保でしょ?
難民を守って、国民が酷い目に遭うのはおかしい
まして強姦されても、被害者が悪いかのように言われるようになったら世も末ですよね
むしろ加害者(難民)が気の毒がられる不思議


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000040-jij-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

トランプ大統領は間違ってないと思うよ>不法移民の子供の強制送還https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000012-asahi-int

yahoo:「トランプ政権「移民の若者救済」撤廃へ 議会から反発も

米国のセッションズ司法長官は5日、子どもの時に親に連れられて米国に移り、そのまま暮らす不法移民の若者を強制退去の対象としない移民救済制度「DACA(ダカ)」について、6カ月の猶予期間を設けた上で撤廃すると発表した。対象者は「ドリーマー」と呼ばれ、国内に約80万人おり、議会や世論から反発の声が出ている。

 これを受けてトランプ政権は、米連邦議会に対し、6カ月間の猶予の間に現行に代わる制度を立法化するよう求めた。米ニューヨーク・タイムズによると、議会が期限までに立法化できなければ、対象の若者が強制退去に直面する可能性があるという。

 DACAは「幼少期に米国に到着した移民への延期措置」の略称で、オバマ前大統領が2012年に大統領令で導入。制度導入時に31歳未満▽16歳になる前に米国に来た▽重大犯罪で有罪となっていない――などの条件を満たせば、2年間は強制送還の対象としない制度。大統領選中から不法移民対策の強化を掲げるトランプ氏は、DACAを「恩赦だ」などと批判、廃止する考えを示していた。

 ただ、多くの若者や労働者を強制退去させることには与党・共和党や経済界からも慎重論が根強くある。無効を求める訴訟の動きも予想される。このため、与党からは新たな救済策を求める声が上がっている。


アメリカ議会与党もおかしいな
国を守るためには必要な処置だと思いますけど
不法移民を認めてしまえば、国全体が狂ってくると思いますけどね!
滞在したければ、きちんと法に則って入国すれば良いだけのこと
間違った状態を維持することに何ら正義は無いと思います

この辺日本の裁判も気が触れていて
温情で残しちゃうケースがたまにありますね
また滞在を認めない判断が出ると騒ぎ立てる人権団体とか出てくるし、どこの国も狂ってる


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000012-asahi-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:56| 東京 🌁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

外国人を除外したいのは自然な気持ちhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00010002-reutv-eurp

yahoo:「人種差別政策で議会進出を目指す、ハンガリー極右団体

来年のハンガリー議会選挙に人種差別政策で議席獲得を目指す極右グループが7月8日、首都ブダペストで数百人規模の集会を開いた。
 同国野党ヨビックは軸足を極右から中道に移しており、その隙間に誕生した新しい極右運動で、べチーシュ郊外で開かれた集会には、「右翼の旗を広げよう」というテーマの下に3つの右翼団体が参加した。
 「力と決断」運動は、共産主義の崩壊以降まともな政治的役割を目指したどの政治組織より過激で、自由主義と移民に反対する目的で、公然と人種差別的発言を行っており、集会の参加者は少なかったものの、来年の選挙に向けてメディアの注目を集めることには成功したようだ。


差別は良くないのかもしれないが
それでも自分たちの国を社会をよそ者から守りたいというのは自然な気持ちでしょ
言葉も文化も違うような連中と仲良くやれるはずがない
歩み寄ればっていうけど、その時点で自国文化の崩壊を意味するんですよね
受け入れられるわけもない

それぞれのシマから出ないことが一番の共存方法ですよ
ハンガリーでも自国の社会・文化を守りたいという声が上がったことを良いことだと私は思います

差別はいけないといういわれのない圧力に屈して亡国へと向かうのは悲しいことです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00010002-reutv-eurp


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:攘夷 ハンガリー
posted by ! at 21:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

悪いのは悪いとしてもhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000126-mai-socc

yahoo:「<J1>ガンバ大阪のサポーターがナチス旗酷似の応援旗

◇ガ大阪、サポーターを特定し、直接指導へ

 サッカーJ1・ガンバ大阪のサポーターが16日のリーグ戦で、ナチス・ドイツの親衛隊のマークに酷似した応援旗を掲げていたことが20日、分かった。ガ大阪は「政治的意味合いを連想されかねない。厳しく指導していく」として、今後応援旗を掲げたサポーターを特定し、直接指導する方針。

 ガ大阪によると、ナチス親衛隊を示す「SS」をかたどった応援旗は、16日に大阪市のヤンマースタジアム長居であったセレッソ大阪との試合中にガ大阪側サポーター席に掲げられた。試合後にメールなどで問い合わせがあり、クラブ側が調査し確認した。インターネット上でも問題視する書き込みなどが相次いでいたという。

 ガ大阪は数年前にも、試合中に今回と同様の応援旗をサポーターが掲げていたことを確認しており、「その時は二度と掲げないよう指導し、その後使用されていなかった」としている。

 Jリーグは規約第1章(総則)で、人種や宗教、政治などを理由に国家、個人、集団への差別を行ってはならないと定めている。2014年3月には、J1浦和レッズのサポーターが試合会場に「JAPANESE ONLY」(日本人以外お断り)と書かれた横断幕を掲げたため、差別にあたるとして浦和にホーム戦無観客試合の処分を科すなど厳しい姿勢で臨んでいる。Jリーグは「ガンバ側から報告は受けている。まだ事実関係がはっきりしないのでコメントできない」と話している。【丹下友紀子】

 ◇なぜ使ってはいけないのか、説明することが重要

 「サッカーと人種差別」(文芸春秋)の著者、陣野俊史さんの話 歴史的背景を知らずに、簡単に「SSマーク」などを使っても良いという雰囲気が世間に広がっていると感じる。なぜ使ってはいけないのか、タブー視されるのかを使用者に説明することが重要だ。サッカー界だけの問題にしてはいけない。


ナチスが悪いっていうのは定番ですが
そうはいっても、すべてをナチスに押しつけて逃げちゃったに過ぎないと思うし
その結果ユダヤ人をタブー、アンタッチャブルにして
そのユダヤ人がパレスチナでしていることには目をつぶっていることを踏まえると

差別暴力のない世界にしましょうっていうかけ声も何だかなぁという感じになりますね

すべては西洋基準で、そこから外れたらその他扱いでしかないのが世界だと思いますがね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000126-mai-socc


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:ナチス
posted by ! at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

朝鮮半島に行っちゃダメだね!>戦争前夜の様相https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000088-jij-n_ame

yahoo:「米空母、朝鮮半島へ北上=選択肢を準備、圧力強化

米海軍の原子力空母カール・ビンソンを中心とした空母打撃群が、朝鮮半島近海に向かって北上を続けている。

 相次ぐ弾道ミサイル発射に加え、新たな核実験の準備も進行中とみられるなど、挑発姿勢を取り続ける北朝鮮に対するトランプ政権の圧力強化の一環だ。北朝鮮は米軍の動きに強く反発している。

 米国防総省によると、航行中の空母打撃群は第2空母航空団を搭載したカール・ビンソンのほか、ミサイル駆逐艦2隻とミサイル巡洋艦で構成。8日にシンガポールを出港した。聯合ニュースは、15日前後に朝鮮半島近海に到着すると伝えた。

 カール・ビンソンは1月に米西海岸のサンディエゴを出港し、南シナ海での活動を経て3月の米韓合同軍事演習などに参加。その後はシンガポールを経てオーストラリアに寄港するはずだった。

 しかし、予定は数日前、急きょ変更された。国防総省は空母打撃群の航行先を発表していないが、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)は9日のテレビ番組で、空母打撃群が朝鮮半島に向かうと報じられていることについて「妥当な行動だ」と発言、事実上認めた。

 補佐官はまた「米国民や地域の同盟国への脅威を取り除くため、あらゆる選択肢を提示できる準備をするよう(トランプ)大統領は求めている」と述べた。軍事行動を含め全ての可能性を排除しない姿勢を強調した。
 

弾みで戦争が始まっちゃうことあるのですから、
今朝鮮半島に行くには無謀ですよね
なぜか外務省は渡航に関して注意を出していないようですけども

とにかく仕事でも割けた方が良いし、旅行程度で半島に行こうというのは無謀でしょうというほかはないです
第二次世界大戦前に日本が追い込まれて暴発したように、今もまたアメリカが半島を追い込んでいるわけで、暴発しないわけがないだろうって思っちゃいますね
どうするつもりなのやら
ベトナム戦争のように泥沼にはまりたいのかなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000088-jij-n_ame&pos=4


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

日本にも欲しいなぁ>ハンガリーで難民隔離法成立http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010001-reutv-int

yahoo:「ハンガリー難民隔離法成立、国連は国際法違反と非難

ハンガリー議会は3月7日、移民希望者を国境沿いのキャンプに拘束する法案を可決した。新法は、認定審査が終了するまで、難民を国境のキャンプに設置された貨物コンテナに拘束するというもので、国連は「肉体的、心理的効果は計り知れない」として、国際法違反だと非難。
 法案可決によってハンガリーは、2015年以降難民問題の争点となってきたセルビアとの国境を強化する方針。協定で国境検査が廃止されているシェンゲン圏の入り口にあたるのがハンガリーで、そのため欧州への移民を目指す中東やアフリカからの難民がハンガリーに押し寄せる。
 オルバーン・ビクトル首相は、中東やアフリカの紛争を逃れて来る難民の中には、「トロイの木馬」を装ったテロリストも含まれるとして、新移民法を正当化。


ドイツがアホなことやった煽りを受けているんですもの
これでハンガリー国民が救われるのならいいことだと思います
政府はまず国民の安心安全を確保することが目的であって、よそ者救済が第一じゃないってことです

それなら国連が難民を救済すればいいと思います
一つ一つの国に任せないで、国連一括でやったらいいと思いますよ
どこか広大な土地を確保して、そこへ集めて生活させればいいんじゃないでしょうか?

最終的には母国へ返すことが重要ですよね
そのまま他の国へいさせるのは間違い

経済難民というんでしたっけ?母国じゃ食っていけないから難民を偽って他国へ寄生する連中
そういうのは最初から強制帰国でいいと思いますよ

何れにしても
難民だからといっても、そのまま居座らせずに母国再建とか母国のためになるような教育をしたら帰らせるべきというのは最低限のお約束!


日本にも在日朝鮮人隔離法というのができたらいいなぁ
その前に永住資格を解除して、帰国してもらうのが一番ですが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010001-reutv-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

アメリカ行政の首長には気が触れた人が多いってことですか?>不法移民取り締まりをしないってhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000098-mai-int

yahoo:「<米不法移民対策>NYやロス市長反発「取り締まりしない」」

強制送還の対象を広げるトランプ米政権の新たな不法移民対策を受け、人権団体や不法移民に寛容な政策をとる「サンクチュアリシティー(聖域都市)」の市長らは21日、懸念を表明し、警戒を強めている。

 「どんなに否定してもホワイトハウスが大量送還の計画に動き出したのは明らか」。民主党のシューマー上院院内総務は21日の声明で新対策を批判した。

 新対策によれば、罪を犯さずに米国で暮らしてきた人も強制送還される可能性があり、家族が引き裂かれる事態もありうる。

 ニューヨークのデブラシオ市長は声明で「この対策で移民は恐怖を抱えて暮らすことになり、犯罪通報や捜査協力をしなくなる」と非難し、「ニューヨーク市警が不法移民取り締まりの仕事をすることはない」と明言。ロサンゼルスのガルセッティ市長も声明で「この対策で影響を受ける人を守るため、全力を尽くす」と強調した。

 イスラム圏7カ国からの入国一時禁止の大統領令について提訴した人権擁護団体「米自由人権協会」も声明で「トランプ大統領に最終決定権はない。裁判所や一般市民は、アメリカンドリームに反することを実現させない」と主張した。

 一方、米ギャラップ社の世論調査(2日発表)では、不法移民対策を象徴するメキシコ国境の壁建設は38%が支持しており、トランプ氏の政策は一定の評価を得ている。


罪を犯さずにといっても不法に入国、不法に滞在していること自体が問題じゃないですか
犯罪を犯してないとは言えない

アメリカの行政の長がそんなことを言っているようでは、アメリカもおしまいかもしれませんね
良くも悪くもアメリカに残っていた良心の最後がトランプ大統領を召喚してしまったのでしょう
トンデモなリベラリストに対抗するための最後の劇薬ですよね、トランプは

トンデモなリベラリストはただの売国奴に過ぎず、アメリカ人として自分の生活をまず守りたい人たちが行動をしたってこと。国っていうのはそういうものでしょう
国境をまたいで入り込んでくる連中が全部まともだという保証はないし、兎にも角にも郷に入っては号に従えってことを守れない人はよそ者でしかなく、出て行けと言われても文句は言えないと思います
アメリカで生活したいなら、アメリカの法を守らないとね
世界共通の法なんてないわけですし


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000098-mai-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

別に不法移民を雇った店が潰れるのは構わないでしょhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170217-00000035-jnn-int

yahoo:「移民雇用の飲食店など一斉閉店、トランプ大統領へ抗議

アメリカのトランプ大統領の移民政策への抗議行動が首都ワシントンなどで行われ、移民を雇用する飲食店などが一斉に閉店して、「移民がいないとアメリカ経済は大きな影響を受ける」とその貢献を訴えました。

 移民支援団体が主催した抗議行動「移民のいない1日」はトランプ大統領の移民政策に反対するのが狙いで、移民に対してデモや集会への参加だけでなく、16日は仕事や学校を休み、商店は休業し買い物もしないようストライキを呼びかけました。

 移民がいなければアメリカ社会や経済にどのような影響があるのか。首都ワシントンでは、この抗議活動に賛同するレストラン数十軒が一斉に店を閉じました。人気レストランチェーンの経営者のシャラールさんはイラクからの移民で、ワシントンやその周辺に6店舗を展開し、移民を中心におよそ650人を雇用しています。

 「1日閉店すると何万ドルもの 損失になってしまいますが、移民の人たちが経験してきた苦労に比べたら安いものだと思います。私自身が移民として何もしないではいられません」(イラクからの移民 シャラール社長)

 全米レストラン協会が労働統計局などのデータをまとめたところ、国内の飲食店に勤務する従業員のおよそ4分の1が移民で、特に料理人に占める割合は45%に上るということです。

 「アメリカへの移民の貢献を認識するのは大事です。我々の家であり、米国は移民によって成り立っている国なのだから」(メキシコからの移民 デモ参加者)

 その一方で、アメリカ国内にはおよそ1100万人の不法移民がいて、アメリカの農場は労働者の半数以上を不法移民に頼っているとされ、移民政策の難しさも浮き彫りになっています。


別のよその国のことだからあまり言わないけど
トランプ大統領は適法な移民について何か言った?
そうではなくて不法移民にダメ出しをしているだけでしょう

なので、不法移民を雇っている店が潰れて、
国民や適法な入国をした、滞在をしている外人を雇っている店の経営が成り立っていれば問題ないってことでしょう(それでも国民を優先的に雇用しろって考えだと思います)
トランプ的には

これは日本についてもそうですけどね
外人を雇用する前に国民を雇えって声が出ないようにしてほしいものですね
移民は日本社会にとっては害悪でしかない
国の仕事は国民の安心安全を守ること


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170217-00000035-jnn-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:不法移民
posted by ! at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

不法な存在に教育は不要ですがな>日本も見習いたい>ルペンhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-35093483-cnn-int

Yahoo:「仏右翼政党ルペン党首、不法移民の子への無償教育に異議

来年の仏大統領選挙に出馬の意向を示している右翼政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首は8日、不法移民の子どもには無償教育を行うべきではないとの見解を示した。

ルペン氏は移民の流入にブレーキをかける効果があると主張しているが、こうした強硬策はフランスの国内法にも欧州人権条約にも違反している。

ルペン氏は報道陣を前に「不法移民の子どもたちへの無償の義務教育はさらなる移民を促す。(移民を奨励することは)止めなければならない」と語った。

またルペン氏は、大統領に当選したあかつきには外国人による公共サービスや社会保障制度の利用に待機期間を設けることを検討するだろうと明言。「公平なことだと思う。フランスの社会保障制度や公共サービスへは今や過剰な負荷にあえいでいるからだ」と指摘した。

ルペン氏の発言にバローベルカセム教育相は声明を出し、「これらの発言によりルペン氏は、幼い子どもたちをさいなむ厳しい状況に対するまったくの無関心を露呈した。また、共和国のあらゆる基本原則、フランスが批准しているあらゆる国際条約への無知ぶりも露呈した」と批判。その上で「すべての子どもたちの教育のための戦いは、無知に対する戦いだ。無知はフランス国内、そして世界中の暴力や過激主義の源だ」と述べた。

ルペン氏は、共和党(中道右派)のフィヨン元首相とともに来年春の大統領選の決選投票を争うと見られている。


悪法でも法は法ですから仕方が無いことですけど
まーフランスの法が間違っているから、いずれただされることを期待したいですね

何にしても国が守るべきは国民であり、次いで正当な入国をした外人
相手にすべきじゃないのは不法に入国し、居座っている連中、これは犯罪者だから相手にする必要は無いのに相手にすべきっていう発想がおかしいと思います
強制退去が一番正しい対策であって、居住を認めさらに教育を与えるなんて狂気の沙汰じゃないですかね
そんな金があったら国民のために使うべきですよ

差別でも何でも無く、正しいか間違っているかの違いですね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-35093483-cnn-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

緊縮脳の人が喜んでいるけど>トランプ次期大統領が新エアフォースワンの注文取り消せとかhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000000-jij_afp-int

Yahoo:「新大統領機「注文取り消せ」 トランプ氏、費用増大に警告

ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は6日、大統領専用機「エアフォース・ワン(Air Force One)」の後継機を製造するため航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)と結んでいる契約について、費用が「ばからしい」額に膨れ上がっているとして、発注を取り消すべきだとの見解を示した。

 トランプ氏はツイッター(Twitter)に、「ボーイングは将来の歴代大統領のために新しい747エアフォース・ワンを製造しているが、費用は40億ドル(約4560億円)以上と、手に負えない額に増えている。注文を取り消せ!」と投稿。

 さらに自身が事務所を置くニューヨーク(New York)のトランプ・タワー(Trump Tower)に集まった報道陣に対しても同様の見解を示し、40億ドルの費用は「ばからしい」と述べた。

 2機のボーイング747-8を2024年までに最新鋭で豪華な司令本部に改造する費用は、ボーイングとの契約が決まった昨年1月の時点では30億ドルと見込まれていた。

 現在のエアフォース・ワンは、2階建てのボーイング747-200。故ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)元大統領が発注、1990年に就役しており、老朽化が進んでいる。

 空軍は今年に入り、後継機製造計画の一連の契約のうちの一部を公表。皮肉にも、後継機製造費用の抑制方法について検討するために、2570万ドル(約30億円)もの額が費やされていた。だが推定費用は逆に増加したもようで、トランプ氏の反発につながった。


エアフォースワンは空飛ぶホワイトハウスとして
司令室として使われるものですし
何よりも大統領の身の安全を第一に考えて作られているはず
二機必要ですし、それなりに費用がかかるのは当然かと

それを単に無駄だからと切ってしまうのは愚かしいですし
そのために(もしボーイングがアメリカ国内で製造していたら)働いている人に悪影響を与えるのではないか?それはそれでトランプ支持者に良い印象を与えないと思うのですがね?

アメリカ国内の企業が外へ出ないように腐心しているはずのトランプさんが、それではまずかろうて
国が金を出すことで働く場所を提供し、収入アップさせるのではなかったのか?
それなりに高くてもそれがアメリカ人労働者の元へ行くのならいいんじゃない?

そしてアベニクシーの人たちがそれ見たことかとトランプ氏を絶賛しているのが笑える(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000000-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

画像注意:安易によそのものを中に入れたらダメってこと>ほぼ絶滅した寄生虫がフロリダで発生http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00010001-wired-sctch

Yahoo:「「シカ食い寄生虫」、40年ぶりにフロリダに発生

肉食で、死を招くこともある寄生虫が、フロリダ州南部で再び広がっている。多くの動物が被害を受けており、地元では畜産業の非常事態宣言が出されている。「新世界ラセンウジバエ」(New World screwworm)の幼虫は、むき出しの傷口に群がり、生体組織を食い荒らす。

【卵を植え付けられたクモ、6本足のカエル、線虫に洗脳されたコオロギ...。ぞっとするような「ゾンビ化」した生き物たちフォトギャラリー】

「ラセンウジ」という名前は、幼虫の身体にネジ山のような突起があることから来ている。孵化した幼虫は、傷口の穴に頭から入り込み、ネジが食い込んでいくかのように生体組織を食い荒らしていく(壊死した組織しか食べない)。

成虫のメスは、むき出しになった(動物の)傷口の端に卵を産み付けるが、その傷は、ダニに噛まれた跡から、家畜の去勢手術によるものに至るまでさまざまだ。

新世界ラセンウジバエが米国で最後に確認されたのは1970年代。それまでの半世紀にわたり、米国南東部と中米では、被害を根絶するための懸命の努力が続けられた。

しかし、2016年に入り、フロリダキーズ(フロリダ州の列島)の州当局者は、北米最小のオジロジカで、絶滅危惧種に指定されている「キーディア」に、奇妙な傷を見かけるようになった。7月以来、キーディアの個体数の約15パーセントに上る132頭がこのウジの寄生によって死亡しており、この地域のほかの動物たち(主にペット)にも寄生が広がっていることがわかった。

新世界ラセンウジバエはもともと中南米原産だ。当局では、フロリダキーズに上陸することが多いハイチやキューバからの移民や動物、積荷に紛れて新世界ラセンウジバエが入ってきたと考えている。

新世界ラセンウジバエの幼虫は、人間を含めたすべての恒温動物に寄生するが、特に被害が大きくなるのはウシなどの家畜だ。米国におけるこのハエによる被害の最後のピークは1930年代で、家畜生産者がこうむった損害は年間数百万ドルに上った。被害が再び広がった場合、年間の損害額は10億ドルを超える可能性があると米国農務省は概算している。

連邦および州の当局は、数十年前の根絶戦略を復活させ、被害地域を通って移動するすべての動物を対象に、検疫と検査区画を設け、シカに抗寄生虫薬を与えたり、不妊化したオスのハエを毎週放したりした。メスのハエは一生に一度しか交尾しないので、不妊化した大量のオスたちを放せば、個体数の増加を効果的に抑制できる。

これらの対策はうまく行っているようだ。米魚類野生生物局は11月24日の時点で、死亡する動物の数は横ばいだと発表している。


せっかく絶滅状態にしたというのに
よそから持ち込まれたらたまりません

移民・難民が連れてきた可能性が大きいとのこと
安易に受け入れたらダメですね
厳しく検疫、消毒をしないとね
もちろん中に入れないことが一番の防御方法です


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00010001-wired-sctch


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

EUという全体主義にノーを突きつけるケースがこのまま増えると良いんですけどねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000008-wordleaf-eurp

Yahoo:「ヨーロッパで止まない「反EU」の風 極右候補に僅差の勝利、既存政治にノー」

4日にオーストリアで行われた大統領選挙ではリベラル系の候補が極右政党出身の候補に勝利し、同じ日にイタリアで行われた国民投票では憲法改正に「否決」という答えを出された首相が辞任する意向を表明した。景気から難民問題まで、EU加盟国には様々な問題が山積しているが、各国では既存政治への反発とポピュリズムの台頭が顕著になりつつある。来年はドイツやフランスでも選挙が行われるが、EUの存在意義は変わってしまうのだろうか?

【写真】「一つの欧州」終わりの始まりになるか? 英国でEU国民投票
ヨーロッパで止まない「反EU」の風 極右候補に僅差の勝利、既存政治にノー

[写真]オーストリア大統領選で惜敗した極右政党「自由党」のホーファー氏(ロイター/アフロ)
極右政党出身の大統領誕生は免れたが……

 4日にオーストリアとイタリアで、大統領選挙と国民投票がそれぞれ行われ、オーストリアの大統領選挙ではリベラル系のアレクサンダー・ファン・デア・ベレン氏が、オーストリア国内外で「極右政党」として知られる自由党のノルベルト・ホーファー氏を僅差で破った。EUで初めてとなる極右政党出身の国家元首の誕生が危惧されていたものの、結果は約3ポイントの僅差でリベラル系のファン・デア・ベレン氏が勝利した。

 イタリアでは長期的な政策を円滑に進める目的で、上院の権限などを縮小することを問う国民投票が実施されたが、これはマッテオ・レンツィ首相の進退を問う信任投票的な意味合いも強く、有権者のレンツィ政権に対する思いを測るバロメーターでもあった。

 第二次世界大戦終結後から現在までにすでに政権交代が60回以上あったイタリアでは、将来を見据えた政策を実施することが困難だという指摘が長年にわたって存在しており、レンツィ首相は上院の定数削減などによって、今後の政策が円滑に行えるという考えから憲法改正の是非を問う国民投票の実施に踏み切った。しかし、イタリアの有権者が突き付けた答えは「ノー」であった。国民投票の結果を受けて、レンツィ首相は5日に辞任する意向を表明している。

 オーストリアとイタリアで行われた大統領選挙と国民投票。それぞれ、難民問題と憲法改正が大きな争点となっており、一見するとこれら二つには共通点はなさそうだが、EUという共同体が崩壊する発火点になる可能性という点では共通している。オーストリアとイタリアでは何が問題になったのだろうか?

難民への不安を吸収「トランプ現象」再び

 オーストリアで自由党がここまで台頭した背景には、国内経済の停滞と難民の扱いに対する有権者の不満が蓄積し(オーストリアでは今年だけで約3万人が難民申請を行っている)、その流れを自由党のホーファー党首がポピュリズムを使いながら上手く利用したように思われる。

 ドイツ・ミュンヘン在住の雑誌編集者アンドレ・ローレンツさんは、ドイツがこれまでも多くの移民・難民を受け入れてきた背景を踏まえた上で、過去に前例がない大量の移民・難民流入がドイツ社会や周辺諸国にどのような影響を与えるのかは「未知数」と語る。ローレンツさんと彼の妻は昨年9月、鉄道でミュンヘンに到着した難民を歓迎するために中央駅を訪れ、現在も難民の支援活動に時折参加している。

 ローレンツさんは難民の受け入れには賛成するものの、難民と地元社会が上手く共生できるかという点ではクリアしなければいけない点がいくつもあると冷静に分析している。

「私の義理の父は政治的にはリベラルで、オーストリアの小さな町で市長を長年やってきたが、小さな町に突然多くのイスラム教徒が住みつく事によって、カトリック的価値観によって作られたコミュニティの芯となる部分が大きく変わってしまうのではと危惧している。こういった見方が存在するのも事実として認識すべきだろう」

 この数年、難民が大挙してオーストリアにやってきて、難民申請を経て定住するケースは後を絶たない。社会の文化的なバランスが変化することを危惧する市民もいるが、それ以上に大きいのは景気の停滞が続くオーストリアでは難民よりも自国民の経済的な保護をきちんとすべきだという声が大きいことだ。20年前となる1996年1月のオーストリアの失業率は4.7パーセントで、隣国ドイツの失業率は8.5パーセントであった。それから20年の間に両国の景気は大きく変化。2013年に両国の失業率は逆転し、今年7月のドイツの失業率は4.2パーセント、オーストリアの失業率が6.2パーセントとなった。

 「ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)を前にして、移民や難民、イスラム教徒らに対して本音と建て前を使い分けなくてはいけない。今の社会に対する白人有権者のフラストレーションが出たのでは」。ドナルド・トランプ氏が米大統領選で勝利した際、このような分析も欧米のメディアでは報じられた。これまでもヨーロッパ各国を中心に一定数の移民を受け入れてきた歴史を持つオーストリアだが、難民として大挙してやってくるイスラム教徒らに対して不満を抱える有権者にとっては、自由党のホーファー党首の主張は共鳴できるものだったのかもしれない。

縁故主義の打破へ期待集めた新興政党

 失業率でいえば、イタリアの現状はオーストリアやドイツの比ではない。今年8月の失業率が11.4パーセントで、同月のオーストリアの失業率が6.2パーセント、ドイツの失業率にいたっては4.2パーセント。その差は歴然だ。汚職の蔓延や若者がまともに働けない社会など、長年にわたって放置されてきた問題は多く、野放しの責任が中央政府に存在すると考える市民は少なくない。

 イタリアでは若者の就職難が長年にわたって大きな社会問題となっている。欧州委員会内で様々な統計を担当する部局「ユーロスタット」が2012年秋に発表したデータでは、若年層(15歳から24歳まで)の失業率でイタリアが約35パーセントに達していたことが判明した。EU加盟国の中で、若年層の失業率が高かったのはギリシャとスペインのみで、ドイツにいたっては10パーセントを下回る結果となった。若者が仕事を見つけられない理由は各国によって異なるが、イタリアの場合は景気後退に加えて、ネポティズモ(縁故主義)が壁となって、高等教育を受けた若者でもコネなしでは希望する仕事に就くことが非常に困難な社会事情がある。英ガーディアン紙は2011年7月、母国に見切りをつけて、職を求めて国外に出たイタリアの若年成人が30万人程度と推定されると報じている。
ヨーロッパで止まない「反EU」の風 極右候補に僅差の勝利、既存政治にノー

[写真]国民投票で大きな影響力与えた新興政党「五つ星運動」のグリッロ氏(ロイター/アフロ)

 イタリアで4日に行われた国民投票で大きな影響力を誇示したのが、新興政党「五つ星運動」の存在だ。6月にはイタリアで統一地方選挙が行われ、首都のローマでは反EUの姿勢を明確に打ち出した弁護士で、前ローマ市議会議員のビルジニア・ラッジ氏が市長選に当選。ローマ初となる女性市長が誕生した。ラッジ氏は2009年に誕生した五つ星運動に所属しており、北部の工業都市トリノでも同党所属の女性候補が市長選挙で勝利を収めている。ツイッターで200万人以上のフォロワーを持つコメディアンのベッペ・グリッロ氏によって作られた五つ星運動は、イタリア社会に現在も深く根付く汚職や縁故主義を一掃することを政策に掲げているが、同時にヨーロッパ統合に反対する「ユーロスケプティシズム(欧州懐疑主義)」のイタリアにおける旗手的存在でもある。

 ローマで建築士として働くクリスティアーノ・リッパさんも、6月のローマ市長選挙でラッジ氏に投票した一人だ。

「数年の政治経験しかない人物が、ローマという町をうまくコントロールできるかは分かりません。ただ、汚職や縁故主義に対してはっきりと戦う姿勢を見せてくれたことに、有権者はわずかな希望を抱いたのだと思います。汚職や縁故主義はイタリア社会の隅々にまで蔓延しているので」

 オーストリアの大統領選挙では、リベラル系として知られる緑の党出身のファン・デア・ベレン氏が勝利し、極右勢力の台頭を懸念する欧州各国は安堵感に包まれたという報道もあったが、果たしてそうなのだろうか? ファン・デア・ベレン氏が約51.7パーセントの票を獲得したが、自由党のホーファー党首も48.3パーセントの票を獲得している。つまり有権者の約半分はホーファー氏の掲げる政策に共感したということだ。極右とは真逆の位置にいるものの、イタリアでは五つ星運動の影響力が増大することが必至とみられており、反EUという点では各国の右翼政党と共通点を持つ。

 来年はオランダ、フランス、ドイツでも選挙が行われ、新しいリーダーが選ばれる可能性があるが、EU支持派にとっては来年も薄氷の上を歩くような不安な日々が続きそうだ。


移民を引き受けるのが当然という論調などもですけど
各国の独自性を失わせるようなことが多いので、それで嫌気をさして脱退をはかる勢力が増えているのは当然ではないかと思いますね

同じヨーロッパでも、やはり言語、文化、習慣、等々いろいろ違うわけですから
それぞれに適したシステムで運用しなければ軋轢は生じますでしょう
故にEUという塊が崩壊するのも時間の問題じゃないですか?

やはり違うものを一つにしようっていうのは無茶だと思います
お金のために、まとまる必要はあるのかもしれませんけど、でも運用しているのは人ですからねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000008-wordleaf-eurp


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:EU 移民 極右
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

あっちへもこっちへも配慮したら無駄ばかりじゃない?>イギリス紙幣見直しhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000068-jij-eurp

Yahoo:「プラ紙幣、製法見直し=獣脂使用で批判―英中銀

英イングランド銀行(中央銀行)は30日、9月に発行を始めたプラスチック素材の新5ポンド紙幣について、製法を見直すと発表した。

 原材料の製造過程で食肉加工時の廃棄物から取った獣脂がごく少量使われていることが判明し、牛を神聖視するヒンズー教徒や菜食主義者らが批判していた。

 イングランド銀は声明で「一部の人々の獣脂に対する懸念を尊重する」と強調。素材の供給元の業者に解決策を検討させているという。

 新5ポンド紙幣は英国で初めて採用された「ポリマー紙幣」で、耐久性のある薄いプラスチック素材を使用。裏面にはチャーチル元首相が描かれている。


国の中に外人に入り込まれて、そのうえ発言権まで与えてしまうと
国の動きがつぶされるという好例
よそのものには発言権を与えないのが吉ってことです

イギリスはキリスト教国ですからヒンズー教が口を出すのはおかしい
よそ者はよそ者として、そこのしきたりに従うべき

マイノリティ一つ一つに配慮していたら、社会の動きが立ちゆかなくなりますから
やはり切り捨てるしかない
全部が全部満足する政策、行動、システムなんてあり得ないですから

グローバル化なんて、要は一人一人誰もがよそのものに不満の種をまかれるだけのことで、いつ発火してもおかしくない状態になること
それが文化摩擦であり、強いものが生き残る争いになっていくだけのことでしょう
国境を作って、そこをむやみに超えないことが真の共生というものでしょうね

菜食主義者のことは知らん
無視で良いでしょ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000068-jij-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

同性愛の治療もできそうですね!\(^o^)/ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000024-jij_afp-int

Yahoo:「小児性愛の「治療」に取り組むドイツのセラピープログラム

地下鉄に乗っている男性が前に座っている子どもに見入っている映像に「子どもに対して不適切な感情を抱いていませんか?」とナレーションが入る。「助けは得られます」

 これはドイツで流されているテレビCMとネット広告だ。子どもに性的な魅力を感じる人に対し「加害者になるな」と題したセラピーへの参加を呼び掛けている。

 このセラピープログラムが始まったのは約11年前。ベルリン(Berlin)のシャリテ大学病院(Charite)が助成し、小児性愛者たちに欲求をコントロールするための治療を促している。ドイツ全土の11か所のセンターで提供されているプログラムに対し、これまでに7000人以上から問い合わせがあり、659人が実際にセラピーを受けた。うち251人が全プログラムを終了し、265人が現在治療中だ。

 このプログラムがユニークな点は、性犯罪者になる可能性のある人、あるいはすでに性犯罪に及んでいるが検挙を免れてきた者たちを対象としている点だ。他の同様のプログラムは、有罪判決を受けて治療を命じられた小児性愛者に対して提供されているものが多い。

 シャリテー病院のこの予防プログラムと性科学研究所を率いるクラウス・バイアー(Klaus Beier)氏は、幻想は抱いていないと語る。「小児性愛は治癒はできない。だが、治療は可能だ。小児性愛者は欲求をコントロールすることは学べる」と同氏は強調する。
■「治癒はできないが、治療はできる」

 バイアー氏によれば、同プログラムが基づいているのは、子どもに性的な魅力を感じるのは医学的問題であって、その欲求が行動に移されなければ「犯罪ではない」という考え方だ。世界保健機関(WHO)も小児性愛を「性嗜好障害」と分類している。

 プログラムでは、患者は毎週2時間のセラピーを1、2年続ける中で、自分の欲求を行動に移したり児童ポルノを消費したりしないよう抑制するすべを教わる。さらに子どもが小児性愛犯罪の犠牲者となった場合にどれだけ傷つくか、被害者の立場になって考えることも学ぶ。そうすれば、子どもたちに手を出そうとする気持ちを制止できる可能性があるからだ。

患者は希望すれば、自分のセラピストに対しても治療の間は匿名で通すことができる。またプログラム終了後にさらに継続してセラピーを受けることも可能だ。希望者には化学的去勢など薬物療法も提供している。北米やスイス、インドなど世界中の研究者らが、同プログラムに注目しているという。

 ドイツはカトリック教会の聖職者による少年への性的虐待スキャンダルで物議を醸した国の一つだ。にもかかわらず、同プログラムに対する反発がある。社会的な反発が強いだけでなく、医薬品業界でさえ小児性愛者に対する即効性の薬物の開発に消極的だと、バイアー氏は言う。

 しかし、シャリテー病院と共にプログラムを助成している子ども保護基金「ヘンゼルとグレーテル(Hansel and Gretel)」のジェローム・ブラウン(Jerome Braun)代表は、小児性愛犯罪の予防策は、犠牲者となり得る子どもたちへの幼稚園や学校での啓発だけで終わってはいけないと言う。「加害者になる可能性のある人々にも目を向けるべきだ。犯罪を防ぐことができた数だけ、子どもたちを救えるのだから」


小児性愛が治療できるなら同性愛も治療できるでしょう
この世から異常性愛者の根絶がはかれるようになることを切に願います

異常な人がいなくなり、人類がまともな方向に行けるように治療に携わる人々にはがんばってほしいです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000024-jij_afp-int&p=2


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバル化の破綻がもたらしたのでしょう>これからもっと強くなっていくんじゃない?外人排斥http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-35092944-cnn-int

Yahoo:「今年の単語は「外国人嫌悪」、世相を反映 英語辞書サイト

オンライン英語辞書サイトのディクショナリー・ドットコムは30日までに、今年を代表する2016年の単語に外国人憎悪を意味する「xenophobia(ゼノフォビア)」を選んだと発表した。

同サイトが定義するxenophobiaの意味は、「外国人や違う文化圏の人々、あるいはよそ者に対する恐怖や憎しみ」「自分とは文化的に異なる人たちの習慣や服装などに対する恐怖や嫌悪」。今年の単語に選んだ理由については「今年は特に、恐怖が文化的会話の表面に浮上した」と説明している。

xenophobiaの単語検索が激増したのは6月24日、英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決まった翌日だった。この日の検索は938%増に跳ね上がったという。

続いて6月29日、米国のオバマ大統領が共和党のドナルド・トランプ氏の発言に関してこの用語を使った時も検索が急増した。

トランプ氏は米大統領選挙の選挙戦を通じて、イスラム教徒の米国への入国禁止やメキシコからの不法移民流入を防ぐ国境の壁建設などを訴えていた。

xenophobiaの形容詞に当たる「xenophobic(ゼノフォビック)」という単語は1997年、オーストラリアの政治に登場した。極右政党ワンネーション党の共同創設者ポーリン・ハンソン氏は当時のテレビ番組で「あなたはゼノフォビックですか?」と質問されて意味が分からず、一瞬押し黙ってから「説明して下さい」と答えていた。

これに先立ちオックスフォード辞典は今年の単語に「post−truth(ポスト・トゥルース)」を選んでいた。同単語は「客観的事実が世論の形成において感情や個人的信条への訴えよりも影響力が低くなる現象」と定義されている。


グローバル社会とやらで生き延びられるのは金持ちだけでしょ?
国を捨てても金の力で生き延びることができるようなハイレベルの人たち
そういう人たちは、グローバル社会をこよなく愛するのかもしれませんが
というか国という枠組みを嫌う人たちといってもいいのかな?
要するに金を持っているか否かで弱肉強食化社会を望む人ということかな?

逆に今グローバル社会を忌み嫌うのは、そんな力は無く、ある意味国に頼って生きてる人たち
そういう人からすれば、よそから入り込んできて国内を荒らしまくる人たちを排斥しようとするのは必然でしょうね
その国の枠組みの中で生活してくれるならまだしも、持ち込んできた枠組みでふんぞり返って、その上厚かましくも弱者のふりをされたら国民はたまったものじゃないし、出て行けといいたくなるのも無理はないというものでしょう

その嫌悪を差別だとかヘイトだとかと決めつけるのは良いとしても
国民の安心した生活の場を奪っているのが外人である以上仕方が無いし
正常化するには追い出すしかない
そうしないのは行政の怠慢でしかないですね

でも、人道的とやらで受け入れを止めない政府もあったりするから国民軽視甚だしく困ったものだと思います
極右政権ができるのはおかしいといっても、生活の場を奪われた国民の声に応じなかった、それまでの政府の自己責任でしょうね

移民難民を受け入れないという潮流はしばらく続くんじゃないですか?
EUエリアはドイツが馬鹿だからたくさん受け入れてしまってどうにもならないでしょう
そういった意味では離脱をはかりつつあるイギリスは正解だったと思いますよ
外人より国民を優先しろという声に超え耐える政府こそ、まっとうな政府というものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-35092944-cnn-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国旗を燃やしたら刑務所送りというトランプ氏の主張のどこがおかしいんだろう?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000016-jij_afp-int

Yahoo:「「米国旗燃やせば刑務所送り」 トランプ氏の主張に批判殺到

ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領が29日、米国旗を燃やした人は全員刑務所送りにすると述べ、身内の共和党の幹部を含む議会関係者や政府当局者から批判を浴びている。

 トランプ氏は29日未明、簡易ブログのツイッター(Twitter)に「米国旗を燃やすことは誰にも許されない。そんなことをすればただでは済まない。市民権を失うか、刑務所に送られるかだ!」と書き込んだ。

 これに関連してジョシュ・アーネスト(Josh Earnest)米大統領報道官は「自ら選んだ仕方で意見を表明するため、われわれ全てが持つ自由」は合衆国憲法で保障されていると簡潔に指摘。「私自身を含めて大多数の米国人は国旗が燃やされることを侮辱的だと考えるが、われわれには国として、われわれの権利を慎重に守っていく責任がある」と苦言を呈した。

 議会の身内からも、言葉は丁寧ながら断固とした反対の声が上がった。

 共和党上院トップのミッチ・マコネル(Mitch McConnell)上院院内総務はトランプ氏の主張について記者団に問われ、「その行為(国旗を燃やすこと)は、不快な言論の一つの形として(合衆国憲法)修正第1条で認められた権利だ。この国には不快な言論も尊重する長い伝統がある」と回答。この件に関しては自分としても連邦最高裁判所の判断を支持すると語った。

 他の共和党議員たちもマコネル氏の考えに同調した。

 連邦最高裁は国旗を燃やす行為について、表現の自由の名の下に許容されるとの判断を示している。保守派のアントニン・スカリア(Antonin Scalia)判事は2012年、個人の意見と法律の尊重を区別することが重要だと説明している。【翻訳編集】 AFPBB News


国旗に火をつけるなんていかなる理由があれども、野蛮な行いにしか見えない
これを許容すると判断したアメリカの最高裁には違和感しか感じない
おそらくその判断が間違っていると思います

国旗とか国歌というのは国を象徴する存在、それに火をつけるとか汚すようなまねをするってことは
その国全体を敵に回す覚悟ができなければできないことじゃないか?明らかな敵対行為なんですし
抗議の表現の一部として認めるにはあまりにも極悪非道な行為だと思いますけどね

隣の半島人あたりは、よく日本の国旗を燃やしたりいろいろしてくれますけど
これは日本国民が九条の呪いをかけられ平和ボケしているから本気で怒らないだけで
ぶん殴られて、八つ裂きにされても文句を言えない行為だと思うんですよ
国旗を燃やすなんて朝鮮人みたいな逝かれたキチガイがやることじゃないでしょうか?


それにしても、
何でもかんでも自由自由という発想には逝かれたものしか感じませんね
協調性のないただの自分勝手ではないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000016-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする