2013年11月12日

さほど騒ぐことのほどじゃないと思いますけどね>子供の銃体験http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000026-kana-l14

Yahoo:「米軍基地行事の銃体験:多様な賛否、「教育的に問題」、「男の子の憧れ」/神奈川

横須賀市の在日米海軍横須賀基地で8月に開催された基地開放イベントで、米兵が見学に訪れた子どもたちに銃を触らせていた問題が波紋を広げている。インターネット上では「米軍の無神経さに腹が立つ」「兵器への憧れは男の子なら誰でもある。それと反戦意識は全く別物」など、賛否多様なコメントが渦巻く。普段は立ち入れない「非日常空間」で起きた行為は何を問いかけるのか。

 4万人以上が訪れた今夏の「ヨコスカ・ネイビー・フレンドシップデー」。例年、基地開放日になると周辺が親子連れなどでごった返す。同基地では春の「日米親善よこすかスプリングフェスタ」、秋の「よこすかみこしパレード」を含め年3回、日米親善を目的に基地開放日を設けている。イベントではステージショーが催されたり、ファストフードの屋台が並んだりし、米艦船も見学できる。米国本土では国防費の削減などを理由にこうした企画は中止されており、横須賀市と同基地の良好な関係が垣間見える。

 問題は、8月3日のイベントに訪れた見学者が、子どもたちが銃に触れているシーンを目撃、様子を撮影した写真を市民団体に提供したことで明るみに出た。複数の写真には基地側が用意したモデルガン(模擬銃)を構える男児らが笑顔で写るほか、ライフルのスコープ(照準器)をのぞく少女や、地面に置かれた機関銃を触る少年の姿もあった。この様子は海外メディアでも報じられた。

 県平和委員会など5市民団体は同月末、同基地に抗議文を送り、横須賀市の吉田雄人市長と永妻和子教育長に質問状を出した。「一般開放という多くの日本人見学者が参加する中での一連の行為は、銃器の所持、使用を著しく規制しているわが国の法律への配慮なくなされたものであり、とりわけ未成年者に向けられたという点で教育的に重大な問題がある」。在日米軍基地にあっても、銃器の使用は国内法の銃刀法違反に当たると強調した。

 これを受け、基地司令官のデイビッド・グレニスタ大佐はすぐさま市役所を訪れ、「弾丸が装填(そうてん)されていない銃器の展示や戦術のデモンストレーションをした」と説明。37回を数えるフレンドシップデーでこれまで同様のケースは発覚していないが、大佐は「文化的な背景の違いから一部の方々に対し、意図せず大変不快な思いをさせてしまった。今後は同様のことが起こらぬよう最大限配慮していく」と釈明した。

 吉田市長は9月5日、市議会の本会議で「日本と米国では銃に対する意識が異なるため、行き過ぎがあったのではないかと感じている」と答弁。「司令官から、こういうことがないようにしたいと言葉をいただいた。しっかり注視していきたい」と話した。

 銃体験コーナーは親子が列をなす盛況ぶりだったという。同基地関係者の日本人男性は「反発」に違和感を覚える。現在に比べ、基地内に親戚や知人がいれば入場が厳しくなかった約40年前。少年だった男性は基地関係者の父親と一緒に入り、米兵に小銃を触らせてもらった。「まずこちら(日本人)が求めるから、向こうも勧めてきて成立する。何も無理やり銃を持たせているわけではなく、よかれと思ってやっている。艦船に乗って見学するのはよくて、銃を触ってはいけないという線引きがよく分からない。そもそも銃に対する受け止め方が違う」と指摘する。

 一方、基地開放の中止を求める新日本婦人の会県本部の担当者は「子どもや未成年者に銃を持たせて、遊び感覚で殺すことを想像させるのは大変なことだ」と問題視する。こうした賛否さまざまな見解がネット上でも多数繰り広げられた。

 
◇自衛隊では中止

 市民に開放された銃体験は自衛隊でも問題になっている。陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)の記念行事で、市民に小銃などを手に取らせていた行為が銃刀法違反にあたるとして、地元住民を中心につくる市民グループ「自衛隊をウオッチする市民の会」がことし4月10日、田中直紀元防衛相や陸上幕僚長らを東京地検に刑事告発した。

 弁護士で同会事務局長の種田和敏さんによると、2012年4月に同駐屯地で開かれた記念行事で武器が展示され、市民が小銃や機関銃を操作する体験をした、としている。告発から6カ月が経過するが、地検はどの市民が銃を手に取ったかについての特定が不十分として受理していない。

 種田事務局長は「何も大臣を刑務所に入れたいわけではない。今までこうした問題をわれわれ国民が見過ごしてきた。もう一度、銃について考えてみようというのが狙いだ」と話す。告発以後、全国的に自衛隊の公開行事で銃体験などは中止されているという。

 
◇七里ケ丘こども若者支援研究所・滝田衛さん、親が価値判断示して

 賛否両論の基地開放イベントでの銃体験について、横須賀市立中学校の元教頭で、現在は不登校やひきこもりなどの子どもの支援を続ける「七里ケ丘こども若者支援研究所」(鎌倉市七里ガ浜東)の滝田衛さん(62)に、教育的立場から意見を聞いた。滝田さんは「もちろん戦争には反対だ」と前置きした上で、「あえて誤解を恐れず言えば、銃を触るべきだと思う。触らせてはいけないということが果たして教育なのか。銃の重さを知り、これで人が死んでいくというリアルな実態が分からないといけない」と話した。

 横須賀市内の高校を卒業。当時、ギターを手に基地前のどぶ板通りに足を運び、米兵から弾き方を教わった。「その米兵があした、あさってにも戦地のベトナムに行くわけですよ。それはリアリティーがありました」。大学生になると、仲間を連れて反戦の学生運動デモに参加した。

 滝田さんは、実体験を踏まえた価値判断の形成が教育には必要という。「もちろん今回は米軍にも責任はある。しかし、目隠しをして温室で育てた子たちが世界平和を語っても説得力はない。米国のように銃により守られているという実感を持つ人もいるし、銃で損害を受けている人もいる。情報をオープンにして現実世界を見せ、今の世界の情勢や日本の状態を知るべきだ」

 銃に触れることは暴力性につながるか−。「銃を持ったら人を殺す人間になるなんてあり得ない。子どもを信頼していない証拠だ」と一蹴する。

 「古今東西、子どもには怖い物見たさがある。おばけやエッチなこと、武器や兵器もそう。現実の世界を見ながら価値観を決めていく」。だからこそ、“臭い物にふた”をせず、親の責任の自覚を問う。大人が憲法や法律も学び実態を把握しながら想像力を巡らせ、銃体験に賛成なのか反対なのか伝えることが大切だと。「親の価値判断をちゃんと提示し討論しながら、ある程度、子どもたちと合意を付けていくことが大事。それが親のやることだし、社会がやるべきことでしょう」


日本はアメリカと違って、簡単に銃に触れる事はできないわけで
そこまで毛嫌いすることもないと思いますね

せっかくの機会ですし、触ること全然問題ないでしょうよ
触れることで、いろんな事を経験できると思います
楽しいと感じることもあるかもしれないけど、怖い思いもするかもしれない
一律でダメとするサヨク団体の視野の狭さには情けない思いがいたします

そこまで言うなら市販されているモデルガンから何から何まで禁じるしかないと思いますし
戦隊シリーズの武器のおもちゃだってダメにするしかないのでは?
そこまでヒステリックなことをしているという事を自覚して欲しいよ

子供が経験して、そこからどう考えていくのか、どうするのかが大人の仕事でしょうよ
ただダメですと言ったら、何も始まりません

もしも、
そこから国を守るということを真剣に考えてくれるのであれば重畳です
そういうのが嫌だから禁じたいんでしょうね(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000026-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
ラベル: 体験 米軍
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

これで教師に非があるということになったら、ものすごく気の毒ですhttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1779454.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「教師「宿題をなめんなよ」→児童「俺は飛び降りてやる」 小6男児が4階トイレの窓から転落し重体

1 名前:そーきそばΦ ★:2013/11/06(水) 23:56:56.95 ID:???0
6日午後1時45分頃、川崎市幸区の小学校で、6年生の男子児童(11)が校舎裏側の地面に倒れているのを、担任の男性教諭(28)が発見、同校が119番した。

神奈川県警などによると、児童は校舎4階のトイレの窓から転落したとみられ、市内の病院に運ばれたが、頭の骨を折るなど全身を強く打っており意識不明の重体。

市教育委員会によると、帰りの学活を終えた後、児童たちが別の教室で委員会活動をしている間、
教諭は宿題を忘れた児童2人を教室に残して注意した。うち1人の男子児童が、教室の前にある
トイレに駆け込んだ。数分後、担任が様子を見に行ったところ、約12メートル下の地面に
倒れているのを見つけた。

床から窓までの高さは約1メートルで、窓には高さ20センチ程度の転落防止の柵もあった。
幸署は当時トイレには他に誰もいなかったことから、児童が窓から飛び降りたとみて調べている。

同級生によると、委員会活動前の学活中にも、教諭はこの男子児童に「宿題をなめんなよ」と注意。
男子児童は「俺は飛び降りてやる」と話していたという。

市教委指導課は「担任の指導が適切だったかどうか、事実関係を調べる」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00001127-yom-soci


この記事の通りであるなら、教師に非はないと考えます
むしろ後先考えずに飛び降りた子供が馬鹿だったというしかないでしょうよ

このケースで教師に非があるなら、もはや教師は子供を叱ることもできないでしょうよ
体罰が禁じ手になって、言葉でも何を言って良いのかってことになったら
子供を教育する手立ては無いでしょうし、教師になるのは至難の業になるでしょう

多少ひっぱたくことも
厳しく失跡することも悪い事じゃないと思うんですけどねぇ
なんかヒステリックな反応が多くて嫌な世の中ですね


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:教師 宿題 叱る
posted by ! at 19:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

何で英語教育なんだろう?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00001489-yom-soci

Yahoo:「英語授業は小3から、5年生から正式教科に

文部科学省は、小学校の英語教育の開始時期を現行の5年生から3年生に引き下げ、5年生からは正式な教科にする方針を決めた。

 現行では週1回の授業を、3、4年で週1〜2回、5、6年では週3回に増やす。世界で活躍する人材を育成するため、早い時期から、基礎的な英語力を身に着けさせるのが目的。2020年度をめどに全面実施をめざす。

 小学校の英語教育は11年度から、5、6年で週1回の外国語活動が必修化された。歌やゲームなどを通じて英語に親しむ内容で、読み書きはほとんど指導していない。英語が専門外の担任教諭が主に指導しており、質の確保が課題になっていた。

 政府の教育再生実行会議は今年5月、小学校で英語教育を始める学年の引き下げや教科化などを安倍首相に提言。これを受け、同省内の検討チームが実施方法などをまとめた。


そんなことより国語をやるべきじゃないの?
読解力を高め、論理的な思考をするための基礎をつけるべきではないかと
さすれば、理系の数学、理科などの能力も高まっていくことになり
日本の良くしていく礎になっていくと思いますよ

その上で英語力を高めれば良いんじゃないでしょうか?
国語ができなくて、何ができるというのでしょうか?

人と話をしても、まともに会話ができないというのも国語力の低下がしているからじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00001489-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:英語教育 国語
posted by ! at 19:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

教師・生徒を守るために警備員を置くべきだhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131021-00000542-san-soci

Yahoo:「「謝罪しろ」担任教諭ら殴り、土下座させた容疑で女を逮捕

子供が通う小学校の教諭2人を松葉づえで殴ってけがをさせたうえ土下座をさせたなどとして、滋賀県警大津北署は21日、傷害や強要などの疑いで大津市内の無職の女(41)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は9月30日、子供が通う大津市内の小学校に電話で「子供がいじめられた。身内がナイフを持って『いじめた相手のところに行く』と言っている」と抗議。これを受けて説明に訪れた担任ら教諭2人に対し、持っていた松葉づえで胸や足などをたたいて軽傷を負わせ、さらに「お前らのやってきたことを土下座して謝罪しろ」と言い、2人に土下座をさせたとしている。


アカの教師であっても、不当に殴られるのは気の毒というもの
この先生が日教組系かどうかはわかりませんけども


この様なモンスターペアレントの存在に対抗すべく、校内に警備員の設置は必須かもしれません。子供たちを守ることもできるし、是非やるべきです


しかし、こんなに簡単に人を殴ったり、土下座させる沸点の低い下衆がいることに驚かれます

話せばわかるっていうのは死語になっていくのかな?
もちろん人同士ならできるのでしょうが
人外が増えちゃったということか・・・?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131021-00000542-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

地方に巣くう反日野郎を消していかないとねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000617-yom-soci

Yahoo:「教科書問題、文科相が沖縄県教委に是正要求指示

沖縄県竹富町が八重山地区(石垣市、竹富町、与那国町)が採択した中学公民教科書と異なる教科書を使用している問題で、下村文部科学相は18日、地方自治法に基づき、竹富町教育委員会に対し、違法状態の是正要求を行うよう沖縄県教委に指示した。

 教育行政に関する是正要求は初めて。従わない場合、同省は違法確認訴訟を県教委に指示するかどうかを検討する。

 下村文科相はこの日の閣議後記者会見で、「是正要求を行うのは非常に残念だが、法治国家なのでルールはきちんと守ってもらいたい」と指示の理由を述べた。

 是正要求は、地方自治法上最も強い措置で法的義務を負うが、罰則はない。是正要求などに従わない場合の違法確認訴訟は、同法改正で今年3月に可能となったばかりで、実際に提訴されたケースはまだない。


こんな事もあるから地方自治とかそんなことは認められないんですよ
地方で好き勝手をやられたら、地方から国が瓦解することになってしまいます

それだからこそ、中央集権化をしていくべきなのですよ
二重行政と批判される部分も国の下部組織として一本化していけばスリム化も図れましょうから、良いことだと思いますね


いずれにしろ、日本が悪かったと記述するようなものを教科書として認めちゃうのもおかしいと思うんですよ
教科書なんですからより正確に書かないとね
支那朝鮮の手先のような文献が認められて良いわけもないです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000617-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

教師が鉄拳制裁ではなく、被害届を出す現実http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131015-00000531-san-soci

Yahoo:「居眠り注意した教諭に逆ギレ 傷害容疑で中3男子逮捕

授業中の居眠りを注意されたことに立腹し、教諭の腹や胸などを殴って軽傷を負わせたとして、兵庫県警明石署は14日、傷害容疑で同県明石市立中学3年の男子生徒(14)=同市=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は9月30日午後1時20分ごろ、同校で授業中、社会科担当の男性教諭(26)の胸や腹などを数回殴り、打撲の軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、男子生徒は授業中に居眠りしているのを注意され、突然殴りかかったという。教諭が暴行を受けた後、同署に被害届を出していた。


普通に教師による鉄拳制裁で一件落着というところのはずなのに、
教師が被害届を出して解決を図るというのも情けない限り

学校に来ていて、居眠りをするような馬鹿野郎には鉄拳制裁がお似合いでしょ?
逆ギレをする生徒も悪いし、親がどんな対応をしたか知りませんけど、被害届に至ったことを考えたら、馬鹿親だったんでしょうね


過剰な教師の体罰への嫌悪感がこういうアホな事態に陥らせたものと考えます
授業をちゃんと受けない生徒に対して、体罰はありにしておくべきでしょうよ

社会へ出るまでに矯正しておかないと、社会からドロップアウトして惨めな思いをするのは生徒なのですから


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:体罰
posted by ! at 19:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

とにかく無償化する必要はない>高校http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000507-san-pol

Yahoo:「「高校無償化」所得制限は望ましいのか否か 元文科副大臣に聞く

>「高校無償化」所得制限は望ましいのか否か 元文科副大臣に聞く

 民主党政権が鳴り物入りで始めた公立高校の授業料無償化に、来年度から所得制限が導入されそうだ。政府は、年収910万円以上の世帯を無償化の対象から外し、代わりに、低中所得層の支援拡充と授業料の公私間格差解消を盛り込んだ関連法案を15日召集予定の臨時国会に提出する。所得制限は望ましいのか否か。与党作業部会の座長を務めた自民党の馳浩・元文部科学副大臣と、民主党の笠浩史・元文科副大臣に見解を聞いた。(小田博士、楠城泰介)

 ■馳浩氏「低中所得者支援を拡充」

 −−民主党政権が始めた高校無償化に所得制限を導入した狙いは

 「2つある。第1に、意欲と能力があるものの経済的負担が重い家庭への支援は必要だが、高所得者も含めて全世帯を無償化の対象にすることには野党時代から反対していた。もう1つは、生活保護世帯では負担の重みが『貧困の連鎖』につながる。返済義務のない給付型奨学金を新設し、そういった世帯を支援する財源を手当てしたかった」

 −−公私間格差の解消も叫ばれた

 「民主党政権は子ども手当を導入したが特定扶養控除を縮減したため、一部世帯の負担が増える『逆転現象』が生じた。地方の私学は公立校の滑り止めという位置づけもあり、公立校に合格できなかった低所得者層の負担は大きい。公私間格差を是正する財源を生み出すためにも、所得制限はすべきだとなった」

 −−民主党は「社会全体で子育てをする」と主張して反対しているが

 「その考え方はよいが、やはり支給対象を絞るべきだ。一人親の家庭や施設にいる生徒らの支援を拡充すべきだ。義務教育ではない高校教育においては、支援は限定的であるべきだ」

 −−無償化の予算自体を増やすという選択肢はなかったか

 「政治全体で財政健全化という大きな方向性を共有している。財政規律を守るためには、おのずと襟を正して臨むべきだ。約4千億円の予算の総枠を維持し、高所得者層向けの財源を低中所得者層に回す所得制限は、一つの政策手段である」

 −−所得制限基準額として設けられた世帯年収910万円は分かりづらい

 「自民、公明両党で議論を詰めた結果としての政治的判断だ。本来、自民党は700万円としていたが、連立与党である以上、お互いに納得する数字を求めるのも当然だろう。所得が多い上位約2割には授業料を払ってもらうという意味だ」

 −−紆余(うよ)曲折の末、新制度の開始時期は来年度からとなったが

 「私は当初、平成27年度からの開始を主張した。高校受験生の進路選択に影響するし、地方自治体が具体的に制度設計し、事務態勢を整えるには一定の準備期間をおかないと周知できないからだ。ただ、下村博文文科相は、経済的に困難な世帯への支援拡充を急ぎたい気持ちが強かった。『あしなが育英会』の副会長として貧困対策に取り組んできたので、その強い政治的意思が表れた」

 −−自公政権でも、無償化制度自体は廃止しなかった。一定の意義は認めるということか

 「その通りだ。自公両党で、家庭の負担軽減をする方法を議論しながら、お互いに歩み寄って改良した」

 ■笠浩史氏「子供たちに精神的影響」

 −−無償化の成果はあったか

 「導入からちょうど4年目を迎えた。この政策を打ち出した背景には、意欲のある子供全員が安心して学ぶことができる社会をつくり、学びを社会全体で支えていく必要があるという理念がある。経済的な理由から高校の中退を余儀なくされる生徒の数が激減したし、高校で学び直す人も増えた」

 −−バラマキ批判もあった

 「無償化するのは当たり前の話で遅すぎたぐらいだ。国際人権規約の中等教育の無償化条項もようやく批准することができた。当時は、授業料を無料にした上で、特定扶養控除の縮減で所得の高い人に税として負担してもらうことを考えた。一律にばらまくという批判はまったく当たらない」

 −−制度の根幹は維持されている

 「必要性の認識では自民党とも一致していた。公私間格差とか、低所得者向けのさらなる支援のためには、財源に限りがある、所得制限をかけて予算をまわすというのが自民党の考え方だ。しかし、われわれは別の予算を削ってでも教育予算を増やして対応するというのが基本的な考え方だった」

 −−910万円の所得制限は高いか

 「いくらで線を引けばいいということではない。あくまで全員に出すという立場だ。家庭の事情はさまざまで所得を把握することが難しい。把握された所得が反映されるのにも時間がかかり、その間に家計が急変することもある。同じ教室でもらえる子ともらえない子が出てくると、子供たちに精神的な影響が出てくる可能性がある」

 −−無償化を決める中で日本教職員組合(日教組)の影響は

 「日教組が主張したから政策ができたということではない。これからは人材育成が重要で、一番大きな未来への投資は教育だ。私たちが『コンクリートから人へ』と主張するのは、日教組とは無関係だ」

 −−公私間格差が広がった

 「公立高校は授業料が無償で私立はまだ負担がある。公私間格差は感覚として広がったかもしれない。だが、現行制度では私立にも公立の授業料と同じ金額を補助している。格差が実質的に拡大したとは思っていない」

 −−今後の教育支援はどうすべきか

 「日本の教育環境はまだまだ充実させないといけない。安倍晋三首相が取り組むべき最重要課題の一つに教育を掲げていることは非常に評価しているが、問題は中身だ。国土強靱(きょうじん)化の予算を切ってでも、教育予算に振り向けるぐらいの覚悟が欲しい」

 −−野党の立場からも協力するか

 「これから幼児教育、就学前教育の無償化の道を開くという方向性は大いに賛同したい。党派を超えて、教育最優先の予算を確保できるレールを敷いていくべきだ」


そこまで、だれもかれも結果平等を与えていく必要があるのでしょうか?
義務教育ではない上級学校なのですから、必ずしも行かなければならないって事はないわけですし、行くように国が保証する必要は全くないと考えます

行きたくて、その学校にふさわしい学力のある人には奨学金を提供すれば良いと思うのですが、それだけでは不足なんでしょうかね?

そんなことを言っていたら次は大学もってことになるのでは?
そしてそのうち、稼ぎの悪い親に産まれたのは差別だと言い出したり、
高い給料の会社には入れないのは差別だと言い出すような気がしてなりません

そういうみんな平等という考えが蔓延するのは気持ち悪いですよ〜


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000507-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:高校無償化
posted by ! at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

指導じゃ甘い>秋葉原JK散歩http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20131004-00000120-fnn-soci

Yahoo:「「JKお散歩」で一斉指導 女子高校生らに注意呼びかけ 秋葉原」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20131004-00000120-fnn-soci

>女子高校生との散歩を売りにする「JKお散歩」と呼ばれる店をめぐって、犯罪などがあとを絶たないことから、警視庁は、東京・秋葉原で一斉指導を行った。
3日の一斉指導では、警察官が、秋葉原の路上で客引きをする女子高校生らに客引きのルールを説明し、注意を呼びかけた。
警察は「やめなきゃだめだよ、犯罪に巻き込まれるから」などと話していた。
「JKお散歩」をめぐっては、これまで、女子高校生への性的な被害が報告されているほか、男性客が店側に恐喝される事件も起きている。


男女共々性のモラルがメチャクチャなんでしょうか?

男を取り締まるのはもちろんですけど
女も気をつけて欲しい。守られて当然というのは無いんですし、自らそういうことをしてしまうのもどうかと思うのですよ。先々辛い思いをするのは自分です。だから他人に迷惑をかけていないから良いという言い訳もあるみたいですが、そういうもんじゃないでしょう。親とか知人とか気にしている人が皆無って事はそうそう無いんじゃないかなぁ
それに何よりも後悔して生きていくのはわびしいもんでしょう


いずれにしろ、金を出して遊ぶ男も悪いんで、共々厳しく取り締まれるように法制度を整えて欲しいなと思います。自ら律することができないなら法で取り締まるしかないでしょう

それにしても警察が出てこないと収まらないんじゃ世も末ですね
ソドムとゴモラみたいに神の鉄槌が必要かもな


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20131004-00000120-fnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:秋葉原
posted by ! at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

段階的に高校無償化を廃止してくださいねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130827-00000018-asahi-pol

Yahoo:「高校無償化、年収910万円未満まで 自公が合意

>高校授業料の無償化をめぐり文部科学省が来春の実施をめざす所得制限について、自民党の高市早苗政調会長と公明党の石井啓一政調会長は27日午前、国会内で会談し、世帯年収910万円未満とすることで合意した。

 両党が交わした合意文書では、所得制限で浮く財源は、高校生の教育費負担の軽減に必要な経費に充てるとした。また、負担軽減のため、低所得者層の子どもの奨学のための給付金制度を創設することも盛り込んだ。文科省は合意内容を来年度予算の概算要求に反映させる。

 高校授業料の無償化制度は、民主党政権の目玉政策として2010年度に始まった。公立高校生の授業料(原則として年11万8800円)を国が負担し、私立高校生にも原則同額を支給するもので、経費は年4千億円だった。


外道な民主政権が決めてしまったこととはいえ、一度は国会で決まったことを撤廃するのはなかなか難しいでしょうから、いきなり無しにはできないことと思います

しょうがないから徐々に無くしていくということでお願いしますね
高校無償化することはないと思います。行くべき人が行けば良いと思いますよ
誰も彼もが行かなければならないのは義務教育とされている中学までで良いです

どうしても行きたい、それだけの能力があるけど金が無くていけないという人には奨学金を出せばいいと思いますね
そういう人は将来公務員とか国に直接役立つ仕事に就くなら返済無用とか、そういう工夫はあって良いと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130827-00000018-asahi-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:高校無償化
posted by ! at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

分別がつかないクソガキ>厳しく罰してやってくれhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000556-yom-soci

Yahoo:「パトカー上で騒ぐ写真、「荒らしてきた」と投稿

>北海道警釧路署の桂交番(釧路町)で、交番の脇に止めてあったミニパトカーの上で騒ぐ男の画像が25日夜、簡易投稿サイト「ツイッター」に投稿された。

 車体の天井に靴底で擦れたような傷があり、同署は器物損壊事件として調べている。

 同署幹部によると、投稿されたのは同日午後10時半頃だった。画像には3人の若い男とみられる姿が映っており、うち1人はパトカーの上でピースサインをしている。残る2人もパトカー周辺で騒いでいる。投稿には「みんなでパトカー荒らしてきたぜー」などとする書き込みがあった。

 交番内には当時、同署員5人がいたが、誰も気づかなかったという。画像が投稿されていると道警本部に通報があり、同署員が車体の天井の傷を確認した。

 同署は「傷はわずかだが、れっきとした犯罪だ」としている。


もちろん悪ふざけでもなく、ただの犯罪です
子供のやったことだからと曖昧にしないで、厳しく罰してやってください
警察官が撃ち殺しても文句言えないでしょう。こんな下らないことをやって自慢するなんぞ馬鹿なんてものじゃないですよ。反国家的な犯罪ですから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000556-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

ここまでしなければならないなら、高校も義務化しようよ>無償化なんて早々に止めるべきhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130815-00000077-san-pol

Yahoo:「高校無償化、公・私立「格差」解消へ 低所得層に給付型奨学金新設

>公立高校授業料無償化の見直しをめぐり、政府・与党が所得制限導入で捻出される財源で低所得世帯の私立高校授業料を実質無償化する案を検討していることが14日、分かった。私立高校生を抱える世帯には現在、公立高授業料と同額の「就学支援金」が支給されているが、低所得層については支援金増額と「給付型奨学金」(新設)を組み合わせて実質無償化とする。中所得層への支援金も年約6万円増額し、公立、私立間の授業料格差の解消を図る。

 自民、公明両党は実務者協議で「地方では公立に進めず私立に進学する生徒も多い」(自民党中堅)との観点からこうした方針を確認しており、平成27年度からの実施を目指して、政府・与党が具体案を検討している。

 それによると、私立高校生を抱える世帯年収250万円までの層への就学支援金(年23万7600円)を約6万〜12万円上積みして29万7千〜35万6400円に、250万〜350万円の層への支援金(同17万8200円)を約6万円上積みして23万7600円とする。

 250万円までの層には返済義務がない給付型奨学金も新設し、私立高校生に年14万円、公立高校生に年13万円を支給する。

 これにより、250万円までの層では私立授業料の年間平均約38万円が実質的に無償化されるのに加えて、学用品など授業料以外の負担も軽減される。

 世帯年収350万円以上への支援金(同11万8800円)も年約6万円増額し、教育費負担を軽減する考えだが、対象となる「中所得層」の上限の世帯年収をめぐり、自公両党間で結論は出ていない。

 低中所得層支援の財源を捻出するため導入する所得制限の基準額を、自民党が想定する900万円に設定すると、600万円までの中所得層に支援金を増額できる。

 だが、公明党は高校無償化の対象外となる世帯数を2割に抑えるため所得制限基準額を930万円とするように主張しており、この場合、支援金増額の対象は500万円までとなる。

 世帯年収は税金や社会保険料を差し引く前の給与収入で、夫婦共働きの場合は原則的に合算する。


誰でもが高校へ行かなければならない訳じゃないんでしょ?

高等学校というなら、相応の学力を持った子供だけが行けばいいんじゃないの?
そんな中で家庭の財布の事情で行けないのであれば奨学金を支給するもしくは貸し出す仕組みを強化すればいいのではないかと思います

誰彼かまわず無償で行けるようなシステムは作らなくても良いと考えます
そこまで結果平等にこだわらなくてもいいんじゃないでしょうか?

また公立と私学それぞれ役割も違うのだし授業料に差があるのも当然
私学に金を出すなら、公立化させてしまえってことになるかも?
私学ならでは独創性はなくなってしまうかもしれないかな?

なんというか格差を無くせというのは何か違うように感じますね

そこまで平等でなければならないものなのかなぁ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130815-00000077-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:高校無償化
posted by ! at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

高校無償化策は徐々に止めていきましょうhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130806-00000002-mai-pol

Yahoo:「<高校授業料無償化>所得制限 年収900万円で自公調整

>自民、公明両党は5日、民主党政権で導入された高校授業料無償化について、新たに所得制限を設ける方向で一致した。親の世帯の年収900万円前後で調整し、浮いた財源を、低所得世帯の生徒向けに創設する給付型の奨学金制度などに充てる方針。早ければ秋の臨時国会に関連法案を提出する。

 自民党は昨年の衆院選公約で「真に公助が必要な人々の制度に転換する」と所得制限の導入を掲げ、700万円前後を主張。これに対し、公明党は家計支援を重視して1200万円程度を主張していた。財源の活用策や導入時期をめぐってなお議論があり、両党は7日に再協議する。

 文部科学省のまとめでは、所得制限が900万円となった場合、対象となる高校生は全体の約23%。財源活用策ではこのほか「公私間格差」解消のための私立高への支援の上積みや、海外の日本人学校への支援の拡大、特別支援学校の生徒への就学奨励費の拡充などが検討されている。


高校無償化策は愚策中の愚策
早めに止めていきましょう
民主党政権下で始めてしまった以上、そう簡単に止めるわけにはいかないでしょうから徐々に止めていく方向でお願いしたい

並行して外人留学生への補助とかは一切止めていくこと
いつまでも甘えさせておかないようにすべきです
日本に留学に来たければ、母国で用意してから来いってすべきですよ
日本で用意してやってきていただくというのは、変です

その分を学びたいけど、金銭的に厳しい家庭に支給すべきですね
その辺は直接現金で渡すと良くないので学校などへ代納するとかそういう形ですればいいと思います

あとは少子化対策とかへ予算を回せるようになると良いですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130806-00000002-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

つまり犯罪者を捕まえた警察官が懲戒免職になったって事ですな>ナイフで脅した小6を叩いた校長が退職http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1769947.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「ナイフで脅した小6の頭叩いた校長処分…退職

1 名前: パイルドライバー(チベット自治区):2013/08/01(木) 14:15:43.39 ID:MNtZ2hTyT
1ナイフで脅した小6の頭叩いた校長処分…退職
大阪市教委は31日、児童7人の頭を手でたたいたとして、同市都島区内の市立小学校の校長(62)を25日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

校長は「指導のつもりだった。深く反省している」として、31日付で依願退職した。市教委によると、校長は5月、6年男子児童が校内にナイフを持ち込んで他の児童を脅し、一緒にいた同級生6人も先生らに知らせなかったことを知り、7人を別室に呼び出して頭を1発ずつたたいた。7人にけがはなかったが、市教委は「市立桜宮高の体罰自殺問題を受けて、暴力に頼らない指導を目指す中、
管理職が手を上げた責任は重い」として懲戒処分とした。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130801-OYT1T00277.htm


この校長の行為のどこが悪いのかわからない
ここまで体罰に過敏になる必要一切無いと思いますね

こんな事をやっているからクソガキがつけあがり、大人に刃向かうようになったり
はては犯罪者が横行することになるのでは?

しかるべき事として認められてい良い行為だと思いますね
子供を甘やかしすぎでしょう
ナイフを持って脅すような子供は一発殴っても足りないくらいですよ
駄目なものは駄目と大人がしっかりとした態度をとらないとだめ
叱った大人が処分されたら、そのガキは自分の行為は問題なかったと勘違いしますがな
馬鹿だなぁ


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:体罰
posted by ! at 19:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

親は何をしていたんだろう?>子供たちがトンネル内徘徊で事故死http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130721-00000249-yom-soci

Yahoo:「道に迷い線路歩く…トンネルで少年はねられ死亡

>21日午前1時頃、大阪府柏原市国分のJR関西線高井田―河内堅上(かわちかたかみ)間にある芝山トンネル(長さ約200メートル)内で、大阪市東住吉区に住む16歳の少年2人が、JR難波発王寺(おうじ)行き普通電車(6両)にはねられた。

 一人は全身を強く打ち約4時間後に死亡、もう一人は右足を骨折する重傷を負った。乗客200人にけがはなかった。

 柏原署によると、当時、2人を含む少年ら計13人(12〜16歳)がトンネル内を歩いていた。付近の山で遊んでいたが道に迷い、線路を伝って帰ろうとしていた途中だったという。避難スペースなどに逃げ込んだ少年は無事だったが、外に出ようとした2人がはねられたという。

 現場は、奈良県との境に近く、JR高井田駅から約1・5キロ東。


そんな遅い時間に子供がプラプラしているなんて駄目でしょ!

親はいったい何をしていたのか?
最近の子供は結構携帯を持っているはずだけど連絡できなかったのか?圏外??

なんにせよ深夜徘徊を許しちゃう親は駄目ですよ、本当に
遊ぶなら自分で稼ぐようになってからです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130721-00000249-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事故の相手が気の毒すぎです>小六無免許運転で重体http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130720-00000038-mai-soci

Yahoo:「<交通事故>小6男児が原付き運転して衝突、重体 神戸

>20日午前5時50分ごろ、神戸市垂水区小束山(こづかやま)本町3の市道交差点で、同区の会社員、●●●●さん(52)運転の乗用車と、同区の小学6年の男児(12)が運転する原付きバイクが出合い頭に衝突した。男児は頭を強く打って病院に運ばれたが意識不明の重体。●●さんと同乗の家族4人にけがはなかった。

 兵庫県警垂水署によると、男児は無免許でバイクにはナンバープレートがなかった。ヘルメットはかぶっていたという。現場は信号のある交差点。乗用車は左から来たバイクと衝突したといい、バイク側の信号は赤色点滅で一時停止義務があった。同署は男児が運転していた経緯やバイクの所有者を調べる。

 菊地さんは「突然バイクが飛び出してきた」と話しているという。


盗んだバイクで走り出す?(薬中の歌ですが)
小六の無免許につきあわされてしまった方があまりに気の毒ですね

小学生が無免許運転という違法行為をしなければ、この方はこんな目に遭わなかったし、名前をさらされることも無かったと思いますよ、本当に気の毒

小六の親御さんは事故相手に謝罪した方が良いような気がしてなりません

ですんで転載時に、記事から名前を消去



ブログランキング にほんブログ村
ラベル:無免許 小学生
posted by ! at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

学校外のことまで学校に責任を持たせるのはやり過ぎだ!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000120-san-soci

Yahoo:「練馬切りつけ 敷地外は想定せず…学校の安全対策、なお課題

>「学校内の不審者対応マニュアルはあるが、学校外で起きた場合は…」。東京都練馬区教委の岩田高幸教育総務課長(57)は、そう言って言葉を濁した。

【フォト】練馬切りつけ 逮捕の男、自宅で奇声も

 練馬区内の小中学校でもマニュアルを作成していたが、今回のように学校敷地外で発生した事案は想定していなかった。

 今回は警察からの一報を受けた区教委が近隣の小中学校12校に児童、生徒を校内にとどまらせるよう指示。発生から約40分後に解除した。岩田課長は「学校敷地外での対策も検討したい」と話す。

 区教委によると、東京23区のうち21区では、不審者情報などをただちに学校の保護者にメールで知らせる緊急一斉メールの配信システムが導入されている。練馬区では9月から導入する予定だったが、大泉第一小ではPTAが独自に実施しており、この日午後2時半ごろに配信されたという。同小では5月30日にも男が大声を上げて校内に入り込むトラブルがあった。

 文部科学省は、地域住民に安全対策のポイントを指導する「スクールガード・リーダー」に警察官OBらを委嘱する事業を展開。平成24年度は全国に約1700人を配置しているものの、防犯態勢は自治体によって異なり、校外の安全対策になお課題は残る。

 東京都教委によると、渋谷区などでは全小学校に民間の警備員を配置しているが、練馬区ではシルバー人材センターに委託し、児童の登下校の安全確保に当たる「学童擁護員」と呼ばれる誘導員を各校に2〜4人程度配置。「地域でばらつきがある」(都教委)のが現状のようだ。


学校に何かと責任を押しつける傾向がすごく強くなってきたような気がします
アレルギー問題とか給食の問題とか、この安全対策に対しても求め過ぎじゃないでしょうか?
学校は学びの場であって、子供たちのための総合福祉施設じゃないと考えているのですが?

学校外のことは、親、地域、警察などでカバーするしかないんじゃないですか?
もしくはスクールバスで自宅へ直接へとして、その後は自宅内に引きこもってもらう。自宅であっても危険である可能性は強いですけどもね!いっそ子供たちを監獄へ入れて大人になるまで保護し続けますか?

とにかく物騒な世の中になったんだなと言わざるを得ませんがね

それから学校の人員では校内だって完全とは言えませんし、求めすぎないようにするか
相応の対価を支払って守ってもらうようにするか、いずれかではないでしょうか?
ものには限度ってものがあると思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000120-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:学校 安全対策
posted by ! at 16:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

給食関係者が気の毒だから、もう止めようhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000044-asahi-soci

Yahoo:「給食のプラムの種が詰まり死亡 札幌の小2男児

>札幌市教育委員会は27日、同市南区の市立南小学校(中島啓子校長、224人)で、特別支援学級の2年生の男子児童(7)が給食で出たプラムをのどに詰まらせ、死亡したと発表した。

 同市教委によると、男児は午後0時55分ごろ、給食で配膳されたプラムの種についていた果肉を食べようとして誤って種をのみ込み、のどに詰まらせて呼吸困難に陥った。プラムは直径約4センチで、種は直径1・5センチほど。男子児童には知的障害があったが、食事は自分でできていたという。

 教室には当時、この男児を含む特別支援学級の児童4人と、担任の30代の男性教諭と20代の女性教諭の計6人がいて、机を寄せて給食を食べていた。男児のすぐそばに座っていた女性教諭が男児の様子がおかしいのに気づき、男性教諭が職員室に知らせに走ったという。


ガタガタ言われていて本当に給食関係者が気の毒に感じます。この際給食は止めて食事に関する責任は親に戻すべきじゃないですか?

何から何まで配慮しなければならないなら流動食とかにしちゃうとか
もしくは食事に関しては親の責任で問題ないものを用意してもらうとしないと給食関係者・・・学校がすごく気の毒に感じます

そこまで学校側が責任を負わないといけないのかなぁ
何か違うような気がしてなりません。学校は福祉施設じゃないと思うのですがねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000044-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:給食 事故死
posted by ! at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

学校が悪いというのは気の毒http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/139382

”ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ”:「サッカーゴール倒れ高3重体 体育の授業中、固定せず 茂原樟陽高校

28日午後0時5分ごろ、茂原市上林の県立茂原樟陽高校グラウンドで、体育の授業を受けていた同校3年の男子生徒(17)が、倒れてきた鉄製のサッカーゴール(幅約7・2メートル、高さ約2・4メートル、奥行き約1・6メートル)の下敷きになった。男子生徒は顔を強く打ち、あごの骨などを折り意識不明の重体で、ドクターヘリで木更津市内の病院に運ばれた。茂原署は業務上過失傷害容疑も視野に事故原因を調べている。

 同署などによると、当時は約20人の生徒が試合形式でサッカーの授業を受けていた。サッカーゴールはグラウンドに固定されていない可動式で、男子生徒は事故の直前にサッカーゴールにぶら下がっていたとみられる。

 2004年1月に静岡市内の中学校で男子生徒=当時(14)=がサッカーゴールの下敷きとなった死亡事故以後、県教委はサッカーゴールの転倒防止策を講じるよう県内の公立学校などに要請していたが、事故が起きたサッカーゴールは土のうやくいで固定する措置をしていなかった。

◆4月から安全対策怠る
 事故を受けて、同校の斉藤郁夫校長や県教委の担当者が記者会見を開き、遅くとも4月ごろから可動式のサッカーゴールを固定する安全対策を恒常的に怠っていたことを明らかにした。


固定をしない学校が悪いというのも一理あるかもしれませんけど、

サッカーゴールにぶら下がっていたという時点で、生徒の非が大きいと思いました

そういうお馬鹿なことをした時点で自業自得やろって思うのです



それともやっちゃいかんと先生に言われないとわからないのかな?


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

バカなことを決めていますね>無意味な正座は体罰とかhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000029-jij-pol

Yahoo:「「無意味な正座」は体罰=部活動指導ガイドライン策定―文科省

>学校の運動部活動の指導方法について検討してきた文部科学省の有識者会議は27日、指導名目の体罰を防ぐためのガイドラインを策定した。体罰に当たる事例として、「長時間にわたる無意味な正座」や「水を飲ませず長時間ランニングさせる」などを例示している。文科省は6月にも全国に配布する。
 ガイドラインは、まず運動部活動が学校教育の一環として行われるもので、勝利や技能向上だけを目指すのではなく、豊かな学校生活を送るために重要だと定義。外部指導者らと連携して適切な指導体制・計画をつくるよう求めた。
 その上で、体罰に当たる行為として、殴る蹴るやパワーハラスメントに当たる発言のほかに、限度を超えて肉体的、精神的負荷を課すことなどを列挙。正座やランニングに加えて「受け身ができないように投げる」などを例示し、「指導者と生徒との間で信頼関係があれば許されるとの認識は誤り」と指摘した。
 ガイドラインは、大阪市立桜宮高校の体罰自殺問題を受け、3月から弁護士やスポーツ界の有識者9人で検討してきた。座長の友添秀則早大教授から受け取った下村博文文科相は「各学校で活用してもらい、部活動現場から体罰が根絶されるように努力してまいりたい」と述べた。
 

なんというか体罰をしなくても良いレベルに仕上げてから学校など世間に子供を送り出すべきだとは思うんですよね
程度の低いのが外へ出てくるから教師が親の代わりに躾をしなければならなくなって、現場が大変な事になってしまいます
ただ一部教師の中にも程度の低いのが混じってしまっているというのもあるわけですが
思い通りに行かないから殴るとか、そういうのはあってはならないこと

やってはいけないこと、許されないことをやったものには、
相応の罰があることは必須だとは思いますけどね
悪いことをしたら長時間の正座でも何ら問題は無いと思います。罰則を与えなければ悪いという認識も出来ないのでは?これと同列に水分補給しないでランニングが語られるのは変だなぁと思いますけどね


体罰の仕方の加減については、やっぱり子供のうちからケンカするとかそういう経験を積んでいないからわからないのかなぁ

小さい頃からあれはいけないこれはいけないというのを積み上げていくと、おかしなコトになっちゃうような気がします
あれこれ経験して、身体でいろんな事を知っていると良いものになっていくんじゃないかなぁ

なんちゅうか子供が子供を教育しようとするから無理があるのかもね

そして、こういうのがあると子供の側が、教師に嫌がらせをしやすくなるのよね
子供に教師が舐められるようなことも起きて、本当にやっかい

詰まるところどうすりゃいいのかわからない(笑)
親の問題にしようかと思いましたけど、その親も子供みたいなのが増えているから、困っちゃいますね
団塊の世代ジュニアとか、その子供とかひどいらしいじゃないですか

大人が大人らしくしっかり分別を身につけていること
子供は子供なりにしっかり躾けられていること

難しいな(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000029-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

跳び蹴りは悪いとは思いますけど、授業中歩き回る生徒は問題じゃないんでしょうか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00000038-sph-soci

Yahoo:「学校サポーター、小6男児に跳び蹴り

>奈良県の公立小学校へ県教育委員会が学校運営補助のため派遣した20代の学校サポーターの男性が、小学6年の男児に跳び蹴りしてけがを負わせていたことが25日、県教委への取材で分かった。県警中吉野署も保護者から被害届を受けて傷害容疑で捜査している。

 県教委によると、男性は18日午後の音楽の授業中、男児が音楽室を出て廊下を走りだしたため、部屋へ戻そうと追いかけた。男児が言うことを聞かないため、走りながら後方から男児の腰に跳び蹴りした。男児は1週間のけがをした。

 男性は19日、校長と男児の担任教諭とともに保護者や男児に謝罪。「大変なことをしてしまった」と反省し、退職届を提出した。県教委では調査した上で処分を決める。

 学校サポーターは、暴力行為やいじめの早期発見のため、おもに問題行動の多い学校に勤務して教員を補助する奈良県の制度。資格や経験は不問としており、今年度は50人の配置を予定している。男性は今年4月に就任したが「熱心に指導しており、学校関係者からの信頼も厚かった」と県教委は話している。


むしろ授業中プラプラするような悪党を矯正しようとしていたことを考えれば、手段はちょっとという点もなきにしもあらずですが、おおむね問題ないのではないかと

あまりにも暴力に過敏になりすぎて本質を見逃しているんじゃないでしょうか?
注意すべき事を注意しようとしての結果で原因はクソがきにあり
辞職する必要なし

教育委員会は寛大な処置をすべきでしょう
逆に生徒の両親が、この若者に対してご面倒をおかけしました、と謝罪すべきです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130426-00000038-sph-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル: 体罰 学級崩壊
posted by ! at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

学校、先生に食事の責任を押しつけるのは止めよう>アレルギー問題http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000170-sph-soci

Yahoo:「調布市、小学校給食で牛乳アレルギーまた除去忘れ

>東京都調布市の市立柏野小学校で、牛乳にアレルギーのある1年生の男児(6)が、給食の際、誤って配食された牛乳を摂取していたことを、市教育委員会は22日発表した。男児にアレルギー反応などのショック症状はなかった。

 市教委によると、18日の給食では男児分を除いた牛乳が用意されたが、担任の30代の女性教諭が給食当番の児童に指示をせず、確認もしなかったため、児童全員に配られた。その後、女性教諭が自分の分が足りなかったため、男児に配られていることに気づいたが、男児はすでに瓶入りの牛乳(約200cc)3分の1を飲んでいたという。

 18日は今月入学した1年生の初めての給食で、学校側は児童の保護者と、牛乳を除去することを事前に確認。女性教諭にも伝えられていたが「牛乳を除去することを忘れていた」という。

 調布市では、昨年12月に別の小学校で乳製品にアレルギーを持つ5年生の女子児童(当時11歳)が、給食でチーズ入りチヂミを食べた後に死亡する事故が発生。3月に調査報告書をまとめ、再発防止に取り組んでいる最中だった。


給食の問題とは言え、学校、先生に責任を求めるのは無茶というものだと思います
例え六歳でもこれから先ずっとついて回る問題なのですから、自ら気をつけること
食べて良いもの悪いものを親が子供に教え込むべきだし、
それが出来ないなら食べて良いものだけを親が持たせるべきではないかと思います

一律給食では生命は守りきれないことがわかってきたのですから給食を止め、親の責任で子供の食事を用意することを求めるべきでは?子供の命を守るのは親の責任
少なくとも成人するまではね

それをしないのは怠慢というものではないでしょうか?
そして先生が悪いと言っている連中は、その辺をどう考えるのでしょうか?

教師には他にやるべき事がありますし、生徒の個人個人の身体の事情まで気を回すのは無理というものではないでしょうか?
再発防止策とかいう前に給食廃止、弁当にしましょう


正直そういう子供への責任を考えると父親か母親が家庭にいて子供の身の回りを考えられる状況を作った方が良いと思います。共稼ぎは子供のためにはならないと思いますね
片方の収入で家庭が維持できるような社会へなってほしいな


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000170-sph-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

教師をこき使いすぎでは?>食物アレルギー対策http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130421-00010002-sanyoiryo-hlth

Yahoo:「学校給食始まり不安… 子どもの食物アレルギーは文書で情報共有を

>新学期、食物アレルギーのある子どもと保護者にとって給食のスタートは不安もあるだろう。昨年12月には東京の小学校で、乳製品にアレルギーのある女児が給食を食べた後、アナフィラキシーショックで亡くなる事故もあった。こうした中、総社市などの医師でつくる吉備医師会が対策に力を入れている。同会の上田美子医師(清音クリニック副院長、小児科)に家庭、学校へのアドバイスを聞いた。

 「大切なのは情報共有とコミュニケーション」。上田医師は強調する。アレルギーの原因は乳製品や卵、小麦、魚介類など人によってさまざま。症状も十人十色だ。このため、保護者はわが子のアレルギーについて文書で学校へ伝えるよう勧める。

 総社市教委は吉備医師会の協力で、独自の連絡書と緊急時対応表を用意。原因食品や緊急時の連絡先、かかりつけ医などを保護者と主治医が記入し学校に提出する。同市内の小中学生の3%弱に当たる約150人が利用している。

 さらに、担任教諭や給食担当職員とこまめに連絡を取り、信頼関係をつくるよう保護者に呼び掛ける。

 学校はどう備えればいいのか。「緊急時も考え、担任教諭だけでなく、全ての教職員が食物アレルギーのある子のことを知っておく方がいい」と上田医師。緊急時対応表などは担任が持つだけでなく、職員室や保健室にも置くと周知できる。また、配膳時はミスを防ぐため、子どもだけに任せず複数の教諭で確認する。

 それでも、誤食した場合は「迅速な対応が大切。救急搬送など必要な処置がすぐできるよう職員であらかじめ役割分担を決め訓練してほしい」と訴える。

 アナフィラキシー症状を緩和する自己注射薬「エピペン」の処方を受けている児童も増えているが、「いきなり使うのは難しい。学校で講習会を開くなど、使い方を練習しておく必要がある」。保護者も子どもに薬の必要性を理解させ、注射への恐怖心を取り除いておく。

 児童や保護者が誤食と同じくらい心配しているというのが周囲の受け止め方。「なぜ除去食なのか、担任教諭が他の児童にも説明し、クラスで理解してほしい」と上田医師。さらに「原因食品として多い卵や牛乳などは減らしていくことも将来的には考えてほしい」と提案している。


学校に任すというか担任に任すのは無茶だと思うんですけどね
何でもかんでも担任にというのは、教師の仕事を増やすだけで気の毒な気がします
どうしてもというなら専門職を置いてチェックしてもらうようにしなければ荷が重すぎじゃないでしょうか?
もちろん人件費は増えますけど命大事ならしょうがないんじゃないですかね?

もしくはやはり給食をやめて、弁当持参にすべきでしょう
子供の生命は親がまず責任を持つべきではないかと


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130421-00010002-sanyoiryo-hlth


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

教育勅語を復活させたらいいと思うのですがhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000011-mai-pol

Yahoo:「<文科省>道徳に教科書導入へ 教員免許は創設せず

>政府が推進する「道徳の教科化」について、文部科学省の検討案が17日、判明した。来年度は、現在使われている副教材を同省が全面改定し「教材」として利用。文科相の諮問機関「中央教育審議会」での議論を経て、15年度以降は、民間が参入した検定教科書を作成、学校で使用できるようにする方針だ。特定の教員免許は創設せず、研修を受けた上でどの教員も教えられるようにする。検討案は今後、有識者による懇談会で審議される。

 下村博文・文科相が毎日新聞の取材に明らかにした。

 現在、道徳は学習指導要領の中で「総合的な学習の時間」などと同じ「教科外活動」に位置づけられている。小中学校で週に1時間設けられているが、算数など教科の補習時間に充てられることもあり、教える時間が確保されていない点が指摘されている。

 07年の第1次安倍内閣でも、道徳の教科化が打ち出されたが、中教審の中では慎重な意見が多く、見送られた経緯がある。

 下村文科相によると、新教科「道徳」は現在と同じ週1時間とし、当面は文科省が作成した副教材「心のノート」を全面改定した教材を用いることとするが、地元教委などが作成した副読本の追加利用も認める。2年目以降について下村文科相は「他教科の教科書と同じように民間が参入する検定教科書も考えられる」と述べ、教科書会社に「道徳の教科書」の作成を促した。

 下村文科相は「特定の価値を押しつけるのではなく、学習指導要領のコンセプトに合った偉人伝などを入れて、親も読みたくなるような教材を作り、家庭でも学べる環境を作りたい」とした。

 また、「道徳の教員養成をやるとすると、大学のカリキュラムも必要となり、10年かかる」と道徳の教員免許創設には否定的な見解を示し「(道徳の)免許がなくても、研修を受ければ教えられるようにしたい」と話した。


今日本の中心となる考え方は何かなぁと思ったりします
宗教が中心にある国ならその信仰心が規範となって、生活にメリハリを付けるような作用があって、道徳心を付けているのではないでしょうか?今の日本にそういうものがあるのかなと

社会へ出て、ルールというかやって良いこと悪いこと、大人としての心構えとか
そういうのが道徳かな?という印象


ところが、戦後自由の権利がどうこうといって、それが幅をきかせて好き勝手をやっても良いという風潮がありますけど、それが今の日本の社会の凋落を進めているのではないかと感じます


自制する心がなければ、みんな好き勝手をしてまとまるものもまとまらず社会にとっては良いこと何一つありません。自制心は何か高い位置にあるものがなければ作用しないのではないのかなと思うわけです

それについては、神様に罰せられるとか、お天道さんが見ているからとか、そういうのがあったような気もしますが、今の日本じゃ通用しないようです

これじゃ困ると
学校で道徳を教えなければならないほど、異常事態というわけではないでしょうか?


明治期にも似たような時期があって、それで教育勅語が作られたと聞きます
この際教育勅語を復活させて暗唱させたらいいと思います。原文ではわかりにくいでしょうから、現代風にしたもので良いと思います

別に変な事は書いてないですし、むしろ良いことが書いてあります
是非ご検討を


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000011-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

ネットの使用環境とマスコミの記事の書き方http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130408-00000720-yom-soci

Yahoo:「新手口の自販機荒らし、中高生に口コミで拡大

>自動販売機に内蔵されたリモコンを不正操作して缶ジュースを盗み出す新手の自販機荒らしが、東京都内の中高生らの間に口コミで広がり、今年初めまでの約2年間に中高生ら計33人が窃盗容疑などで摘発されていたことが、警視庁への取材でわかった。

 遊び半分で一度に100本以上を抜き取った悪質なケースもあり、業界団体は、再発防止に向けて対策に乗り出した。

 捜査関係者によると、新手の自販機荒らしは、2011年6月〜昨年10月、品川、大田、板橋、北の4区と、府中、調布、八王子の3市で計31件発生した。機械前面の一部をこじ開け、作動確認や温度調整のため内部に設置されたリモコンを抜き取り、不正操作するという。現金などは盗まれていない。同庁で捜査を進め、うち18件に関与したとして、今年初めまでに、中学生19人や高校生10人ら少年少女計33人を窃盗や器物損壊などの容疑で逮捕、補導するなどした。

 このうち府中市の中学生ら少年少女10人は、昨年8月29日未明、たまり場にしていた公園内の自販機から、一度に缶ジュース141本を抜き取った容疑で摘発された。余ったジュースは、路上にたたきつけて遊んでいたという。大田区では、高校生ら5人が駐車場内の自販機から59本を盗んだ容疑で摘発された。


口コミとか超ローカル的な伝わり方は制限できないですけど、
ネットによる拡散、マスコミが犯罪手口を詳細に報道するとかは止めさせられると思うんです
そのあたり、是非ご健闘願いたい

未成年のネット利用の制限と犯罪に関わるような内容を書き込んだ場合は取り締まることが出来るようにしてほしいし、
マスコミが犯罪の解説をする際に、手口を詳しく報道しすぎていると感じてます
それなら模倣犯が出やすいのも当然かと。いくらマスコミを信用しない人が増えてきているとはいっても、まだまだ序の口くらいでしょうからマスコミの報道のあり方について何らかの制限をすべきでしょう。報道の自由かといって犯罪の手口を広めるのは違うだろうから


また、自動販売機とか
人の善意をアテにしたシステムも終わりなのかなと思わなくもないです
田舎で、野菜とかを置いて、お金を置いていってくださいという売り方がありますけど
お金が増えなくてものがなくなっているケースがあるとか無いとか
まともな神経を持った人が減っているのかなと思わされるような事が色々でてきてます
システムを構築する際に、人は悪いものだということを前提にして構築していかないと損をする人が増えるばかりのような気がします

自動販売機にしたって、悪意を持った連中に負けない構造にしておかないと盗まれるばかりで大変ですよ?


それから、こういう連中は更正の余地があるとかそういうことはなくていいですから
しっかり大人として裁いてやってください。少年法なんて糞食らえ!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130408-00000720-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

警察は逮捕すべきだろ?なにしてんの?>佐賀の暴力事件

”痛いニュース(ノ∀`)”:「「親に言うと、体調がもっと悪化するぞ」 凄惨ないじめ受けた中学生、脅し取られた70万円は母親の入院費用だった…佐賀

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ :2013/03/23(土) 19:00:49.65 ID:???0
佐賀・鳥栖市の中学校で同級生からいじめを受けた中学1年の男子生徒(13)の両親が21日夜、会見し、約70万円を脅し取られるなどしたいじめの実態を明らかにした。

被害者の両親が提供した自宅の防犯カメラの映像には、被害者に同級生がエアガンを突き付ける様子が映っている。被害者の両親や鳥栖市教育委員会によると、いじめは去年4月の入学後から半年間続いた。同級生13人から暴行された他、現金約70万円を脅し取られた。現金は母親の入院費用で、
加害者側の生徒らは「親に言うともっと具合が悪くなるぞ」と口止めしたという。

母親は会見で、「もしかしたら具合が悪くなって、入院したらいけないと思って言えなかったと(息子は)
泣きました。入院代になるかもしれないお金をとってごめんと謝ったので、何も言えなくなりました」と話した。

生徒たちが通う中学校では22日朝、修了式が行われ、校長がいじめがあったことを伝えたという。
http://news24.jp/articles/2013/03/22/07225292.html


1 名前:可愛い奥様:2013/03/22(金) 15:14:59.37 ID:tZfSVhPi0
佐賀県鳥栖西いじめ事件(恐喝暴行障害)まとめ【拡散推奨】

・13人の生徒が関与していることが判明
・加害生徒らは学校や公園などで、大勢で男子生徒を殴る蹴るなどの暴行
・カッターナイフを首もとに突きつける
・包丁を投げつける
・エアガンで撃つ
・殺虫剤を顔面にかける
・1回1000円程度から数万円まで総額約70万円を脅し取られた(そのお金は母親の入院費用)
・きっかけは恐喝の加害者が女の子をエアガンで打っていじめてたのを注意したことらしい
・男子生徒は昨年10月から登校しておらず、現在は心療内科に通院している
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000623-yom-soci
http://mainichi.jp/select/news/20130321k0000e040188000c.html


やはりいじめじゃなくて強盗傷害と言っても過言じゃないですよ
さっさと逮捕して懲役を科すべきじゃないの?
もちろん少年法の適用は無しって事で(少年法は早いうちに無くすべきですから)

そして、このお子様達の親は何をやってるの?謝罪くらいはした?
お金はもちろん色々込み込み三倍返しはしないとね。他に慰謝料とか裁判所の判断次第で+アルファですね

とにかく被害者が自殺する前に発覚して良かった
逆に加害者を厳しい仕置きが必要。親にも何らかのペナルティを加えてやっても良いくらい

親の出来次第でこれだけ凶暴化しちゃうのですから
親世代への教育が何かしら必要かもしれませんね。最低限のモラルを教えてやらないとこういうバカがますます増えるでしょうし、それらがそのまま社会に出るようなことになれば日本社会が支那朝鮮みたいに劣化してしまいます


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:暴力 いじめ
posted by ! at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

こういうのをぶん殴れない教師は気の毒だと思います>成敗しろよ!!headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000513-san-soci …

Yahoo:「金髪注意され「むかついた」 教師暴行の中学生を逮捕

>染めた金髪を注意されたことに腹を立て教諭の胸ぐらをつかんだとして、埼玉県警武南署は6日、暴行の現行犯で埼玉県川口市の市立中学生の少年(15)を逮捕した。同署によると「指導にむかついた」と供述している。

 逮捕容疑は6日午後0時半ごろ、川口市内の中学校の廊下で、頭髪を注意した男性教諭(59)に怒り胸ぐらをつかむなど暴行したなどとしている。


個人の嗜好とは言え、金髪など染めるのは本当に下品で下卑た行為ですよ
ミュージシャンとかサッカー選手などにもいますけど、子供にとって誤った行為の元になるので止めて欲しいですね

こんな事で警察を呼ぶなと書き込んでいる阿呆がいましたけど、ほんまにアホでしょ
教師がこういうバカを指導する際に殴れずに、言葉だけで何が出来るのか?
教え諭すことが出来ないレベルになっているなら、警察呼ぶしかないでしょうね
まして、下手なことをしたら、子供が頭を金髪に染めるのを止めることが出来ない親なら、教師側が下手なことをするより、警察沙汰にしないと他の生徒への悪影響が懸念されますし・・・

腐った林檎が一個あったら他への影響が怖いじゃないですか

そうなる前に取り除く、それしかないでしょう


子供のうちから髪の毛を染めるなんて、将来どうなるかわからないのかなぁ
一時の過ちで禿になることを進んでやるなんてバカすぎでしょ(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000513-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:金髪 指導 教育 教師
posted by ! at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

日本も落ちぶれたものですね>いじめの責任は家庭に有りと法律に記載案headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130304-00001727-yom-pol …

Yahoo:「いじめ防止、家庭も責任…自民が基本法案明記へ

>自民党が今国会への提出を目指す「いじめ防止対策基本法案(仮称)」の修正案が4日、明らかになった。

 保護者に子どもが他人をいじめないよう指導する責任があることが新たに盛り込まれた。

 修正案は、保護者について「子の教育について第一義的責任を有する。いじめを行うことのないよう監護する子の規範意識を養うための指導などを行う」と明記。いじめ対策を学校や教員に任せるのではなく、家庭も責任を負うことを強調したものだ。また、教育再生実行会議が第1次提言で道徳教育の充実を求めていることを踏まえ、学校、教員に対して、「全ての教育活動を通じた道徳教育の充実を図る」ことを加えた。

 一方、原案では、いじめを「心理的、物理的な攻撃で、攻撃を受けた児童・生徒が心身の苦痛を感じているもの」と幅広く定義していたが、党内から「ささいなトラブルまでいじめと拡大解釈される恐れがある」との声が出たため、修正案では「継続的に行っている」ことを条件として加えた。


子育ての責任は、親にあるのは当然のこと
だから、こういうことをいちいち記載しないとなら無いくらい日本の家庭環境、教育環境が悪化しているということですね
なんというか、最近はやりのDQNネーム?あんな馬鹿げた名前を付けたり、子供のうちから髪を染めさせたりとか親としてどうよ、というレベルのバカ親が増えているから、こんなことを国で決めないとならないって事なんですよね。戦後親子関係を壊すなどどうしようもない左巻き系の思想が席巻したことが主因でしょう


ですので、やはり教育勅語を学ぶ時間を作るべきなんでしょう
これは親子ともどもの方が良いかもしれませんよ


もちろん具体的な方策も早急に立てなければならないかもしれませんが、そのよりどころとなる中心線としてそのような理念を大事にしなければなりません

親がしっかりと親らしくするための環境を整えていくことも重要
社会で子育てを支援するということは、子は親が面倒を見ますけど、その親のバックアップを地域ですれば良いという事じゃないかなと思いました
子供自体を地域が社会が面倒を見るというのをサヨクは好きなようですが、子の面倒を見るのは親しかないですよ。親が育てないで誰が育てます?

家庭が崩壊すれば地域の崩壊につながり、ひいては国の崩壊につながります
日本はいよいよまずいところに近づいているのかもしれません

だからこそ、特に教育面において戦後レジュームからの脱却を図り、日本の再生を進めなければならないのです

サヨクはイヤでしょうけどねぇ
大事な場面で安倍総理が出てきてよかったですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130304-00001727-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはつらいけど、良い授業では?鳥を育てて解体zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130305-00000306-bjournal-bus_all …

Yahoo:「女子高生が鶏を育てて解体して食べる 「命の授業」は残酷か?

>ーー『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』(共にテレビ東京)『情熱大陸』(TBS)などの経済ドキュメンタリー番組を日夜ウォッチし続けている映画監督・松江哲明氏が、ドキュメンタリー作家の視点で裏読みレビューしますーー。

今回の番組:2月24日放送『情熱大陸』(TBS)

 カメラは鶏の首を持ち、ナイフを刺す生徒たちの表情を追う。嗚咽し、涙を流す少女たち。覚悟を決めた力強い意志を感じさせる男子生徒。そして、順番を待ってはいるものの、一歩を進めることさえ困難そうな塚本さん……。

 この日の『情熱大陸』は福岡県立筑水高等学校の真鍋公士教師が主役だが、ディレクターの視点は彼女に向いていた。真鍋教師を軸に進めつつも、彼女の成長もしっかりと追う。そのように構成することで、番組の視点が視聴者に近くなる。そして首を切られる鶏を一切、映すことなく、しかしそれを見る生徒たちの表情を捉えることで、制作者が何を伝えたいのが明確になった。

 このクラスでは食品流通科一年生の授業として毎年「命の授業」が行われている。鶏の受精卵を生徒一人ずつが飼育し、成長したそれを自らの手で解体し、食べるのだ。命の尊厳を肌で感じる授業はメディアにも取り上げられ、文部科学大臣奨励賞を受賞した。

 だが、一方で批判もある。

 学生にそんな残酷なことをさせなくても、という意見だ。しかし真鍋先生には直接体験することでしか伝えられない教育がある、と確信している。でなければこのような授業を16年間も続けられるはずがない。三カ月の最後、生徒たちは二つの選択を選ぶことになる。工場に出荷するか、自らの手で解体をするか。受精卵に名前を付け、愛着のある「子」を自らの手で「殺す」のには並大抵の覚悟ではないはずだ。

 産まれた時から側にいて、今も安心して腕の中にいる鶏の命を選択するという授業。僕は『情熱大陸』という番組を通し、傍観する立場にいるが、ここに映る被写体たちの気持ちを思うと苦しい。しかし、それも想像でしかない。

 僕は、卒業生の会話が印象的だった。ある女性は、学生の頃に妊娠し、周囲からは出産を反対されたが、「鶏の解体を経験したからこそ、堕胎という考えには至らなかった」と子供を抱きながら言う。「こんな時、真鍋は思う。自分のやり方は間違っていなかった」ーーそう、ナレーションが補足をするが、その思いは居酒屋で学生時代の彼女の写真を見つめ、笑う表情で十分に伝わった。

 塚本さんは餌を上手く食べられない鶏の面倒を見る。養鶏場ならば切り捨てられてしまう、弱い命かもしれない。しかし、自ら名前を付けた命だからこそ助けられる。数カ月後には「食べられる」命だが、今はまだ違う。か弱い鶏を集団から離し、個別に餌を与える。一生懸命に食べる小さな鶏。その一生懸命な姿をカメラはローアングルで撮影する。

 夕方、女性たちが「お友達つれてきた」と笑い合い、地面に直座りするさりげないカットがある。そこに重なる「学んでいるのは飼育だけではない。生徒たちは自分たちが生きている意味さえ突きつけられる」というナレーション。鶏も彼女たちの周囲を歩き回り、真鍋先生も加わる、よくある高校の放課後の風景だったが、何かかけがえのない瞬間を切り取っているようにも見えた。

 いよいよ鶏を解体する時が近づいてきた。塚本さん自ら解体することに同意した。真鍋先生は「自分がかわいがってきたんだから、最後まで面倒をみてやろう」と思ったのではないか、とこれまで見てきた生徒と重ねて分析する。

 冒頭にも書いたように、鶏の首を切る瞬間は、人間たちのアップで捉えられた。制作者はここまで丹念に真鍋先生と生徒たちに寄り沿い描いてきた。だからこそ彼らの苦しさが伝わる。しかし、この授業は命を頂き、調理するまで続く。真鍋先生が皮を剥ぎ、生徒たちは「おぉー」と驚きの声をあげる。スーパーや食肉店で見慣れた「肉」に変わると、生徒たちも仕事に没頭し始める。

 真鍋先生は「必ず」という言葉を強く発する。

「人間は残酷で、必ず食べなきゃ生きていけない」「君たちが今、生きてるのも両親がいるからだ。それを絶対忘れちゃいけない」

「絶対」という言葉も、軽々しく使われてはいない。本当の事実だけを指す時に使う言葉なのだ、と思った。

 番組は、塚本さんの作文で締められた。

「この命の学習を通して一つ一つの命の重さはもちろん、隣でずっと声をかけてくれた友達の大切さを改めて知る事ができました」と。命を扱うからこそ、それだけでない様々なことに気づける、そんなことを僕も気づいた。

『情熱大陸』のテーマ曲もいつもよりスローテンポで叙情的な雰囲気だった。番組スタッフも様々な発見があったんだろう。僕には真鍋先生と生徒たちへの感謝のように思えたのだが、考え過ぎだろうか。
(文=松江哲明/映画監督)


子供のうちに経験しておくべき事でしょ?
命を食べて、自分の命を生かしているという現実を知る大切な授業だと思います


現代の日本は生と死がかなり明確に切り離されていて、死と出会う場面が非常に少なくなっていると思います。あまりにも死をタブー視しすぎて先ほどの救急医の問題じゃないですが、死について変な方向に感情的になりやすくなるのはそのせいじゃないかと感じるくらいです

戦前くらいでも自宅で鳥をしめることがあったのは農家くらいだったかもしれませんが、それでも肉を自宅で用意することがあったのが、今では直接死を見ることなく、スーパーですでに肉になった物体だけという状況では、「命を頂く」という事は理解しがたいでしょうし、ですから食前の「頂きます」という言葉の意味もまともに理解されないのかもしれません

だから、授業の一環でそういうことが出来るのなら、お願いしたいものですね
命を奪うという意味がわかれば、いじめの問題の解決の一助にもなるかもしれません

橋下の阿呆じゃありませんが、事が全て簡単にリセットできるわけ無いですからね
ゲームとかで簡単にリセットすれば最初から出来るという認識を持っちゃうと、取り返しのつかない事って事もわからないのかもしれません


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130305-00000306-bjournal-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:教育 生命
posted by ! at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

借りたから返すのは当然のことなんだけどな>奨学金問題

Yahoo:「「金融事業化」する日本の奨学金制度 「返済できない若者」が急増

>生活苦から学生時代に借りた奨学金の返済に困っている人が増えている。不景気で就職難やリストラなど働く環境が悪化していることが影響しているとみられる。なかには、奨学金の返済遅延が足かせとなって、夢をあきらめたり、結婚ができなかったりする若者も少なくない。この問題に詳しい弁護士は「日本の奨学金制度の抜本的な改善が必要だ」と指摘している。

奨学金事業を請け負う日本学生支援機構の資料によると、奨学金の返済が遅れている要返還者と未返還者を足した人数は、2004年の198万人に対して2011年が334万人と、7年間で130万人以上も増えている。奨学金を返せない人は、ここ数年で急増しているのだ。

奨学金には、返還義務のない「給付型」と卒業後に返還義務が生じる「貸与型」の2種類があるが、日本では全体の約9割が貸与型だとされる。しかも無利子ではなく、「有利子」の貸与型を利用せざるを得ない学生が多いのが、日本の特徴だ。日本学生支援機構による奨学金では、有利子が7割を超えている。

「日本の奨学金制度は『金融事業化』してしまっている」と指摘するのは、奨学金問題に詳しい岩重佳治弁護士だ。「欧米では奨学金とは給付型のことを指し、貸与型については『学資ローン』と呼んで区別している」と語り、日本は本来の奨学金制度とは違う方向に進んでいると批判する。

●返済に苦しむ人への「支払督促」が増えている

岩重弁護士によると、もともと奨学金事業を担っていた日本育英会から日本学生支援機構に引き継がれた2004年以降、奨学金が「金融事業」と位置づけられ、その後、金融的手法の導入が進んだという。奨学金に占める有利子の割合や民間資金の流入が拡大。返済金の回収も強化され、2010年度からは返済が滞れば、滞納者として「全国銀行個人信用情報センター」に登録されるようになった。

回収の強化といえば、近年、裁判所を使った「支払督促」を申し立てられる奨学金滞納者が急増している。2004年にはわずか200件だった支払督促の申立件数が、2011年には1万件と、この7年間で50倍に拡大しているのだ。

この背景について、岩重弁護士は「最近は債権管理部ができたり、債権回収会社を利用したりするなど、回収が徹底されるようになった。おそらく、財務にかなり焦げ付きがあり、回収強化に乗り出したのだろう」と推測する。その上で「本来であれば、雇用情勢が悪化しているのだから、救済手段の強化や制度を柔軟化するなどの対応を取るべきだが、そこの見極めができていないため悲劇が起きている」と苦言を呈した。

返還猶予制度の運用にも問題があるようだ。日本学生支援機構の奨学金には返還期限を猶予する制度がある。岩重弁護士は、この制度について「非常に厳しい要件が課されている上に、運用上も様々な制限が課され、申請方法なども複雑で不明瞭なため、制度を利用できない返済困難者が多い。返還猶予制度はもっと柔軟に分かりやすくするべき」と指摘する。

●返済に困っている人が利用できる「救済手段」

返還猶予制度を利用できない返済困難者はどうすればいいのだろうか。「自己破産や個人再生などの債務整理手続きがある。お金のない人は法テラスを利用して、費用援助を受けながら、専門家の支援を受けるという方法もある」と岩重弁護士はアドバイスする。

また、人によっては時効が成立している場合もある。「返済期日から10年たつと債務の消滅時効が成立し、支払わなくてもよくなる」。ところが、時効についての知識がなく、「時効成立を知らないで、払い続けている人がいる」という。

奨学金を返せない若者が増えている現状を打破するため、岩重弁護士は全国の法律家や学者らとともに2013年3月31日、「奨学金問題対策全国会議」(仮称)を設立する予定だ。全国会議では、返済できないで困っている人の救済に個別で取り組む。

一方で、奨学金制度の抜本的な改善を求める運動を展開し、給付型や無利子の奨学金を増やすことなどを目指していく。岩重弁護士は「当事者にも声を上げてもらって、国民的議論にしていきたい」と話している。


借りた以上返すのはどうしても当然のこと
こればかりはどうしようもないでしょ

ただ、不景気とかそういう事態があったのは自身の責任じゃないでしょうから、何らかの救済処置は必要かもしれません。しかし、借り逃げが許されるのはおかしい。時効とか納得いかない。返すべきは返さないとおかしいよ!

それから給付型貸与型のこと
給付型は国が出す以上、相応の学力、将来性がある学生だけを対象にすべきであり、誰でも良いということはあり得ない。それじゃ上級学校全てが義務教育化しちゃいますか?そこまですることはないでしょう。国を支える人材育成のためならともかく、奨学金に値しないような学生に金を出すことはないでしょう
一種の投資なのですから、無駄金を出すことはないと考えます
その人が育ち社会へ貢献するようになって、奨学金が生きてくるのではないでしょうか?
奨学金を使って、ものにならなかったら意味ないです


それから、借金する際に、それはどうしても必要なのか?返済するアテがあるのかどうか
自分でよく考えるということを奨学金を受ける際に教えてあげることも大事ですね
自己破産がどこまで許されるのでしょうかねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000301-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:奨学金 借金 返済
posted by ! at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供をしっかり躾けよう

Yahoo:「第三者組織が解決を=いじめ対策で提言―教育再生会議

>政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は26日午前、首相官邸で会合を開き、いじめ・体罰対策の提言を安倍晋三首相に提出した。1月に発足した同会議による最初の提言となる。学校で解決できない重大ないじめは、第三者的な組織が解決を図るよう提案。いじめ問題の本質的な解決のため、道徳を教科化して充実させることも盛り込んだ。
 首相は会合で、「提言は教育再生実行の第一歩だ」と述べ、下村博文文部科学相に「スピード感を持って取り組むように」と指示した。
 提言では、いじめの定義や発生時の対応などを定めた法律の制定を要請。いじめを発見した教職員や保護者らは、学校や教育委員会などに速やかに通報し、解決できない場合は、第三者的な組織が相談を受け、解決する仕組みの導入を提唱した。学校による実態把握のための定期的な調査を必須とすることも求めた。
 

明治期にもこういう風にモラルが悪かった頃があって、それをきっかけに教育勅語が生まれたとか。ならばもう一度教育勅語を学ぶ時間が合っても良いとは思いますね


子供なんて、ブレーキのきかない車みたいなものですから
暴走したらどうにもならないので、ブレーキを付けるための躾けは絶対必要でしょう
何でもかんでも思い通りにならないことをホントは両親が教えるべきでしょうが、より強力に教えていく必要性はあると思います

そして、それが道徳だとは思います。なので、教育勅語を中心に噛んで含めて教えられる教師が必要ですね


それでも起きちゃった場合の対処が難しいですよね
基本いじめられた側が優先されますけど、いじめられている側が絶対正しいとは言えないですし・・・

それと子供たち、だけに限らないにしても、そのやりとりを監視するシステムをどういう風にするか?四六時中監視をするわけにはいかないですし、その隙間の中でいじめが発生したら教師の対応が遅れるのは必至。ガードマンとかを設置するしかないのかな?
教師が全部対応するわけにはいかないですから

昔はいじめはなかったと言う人はいますけど、実際どうだったのかなぁ

それと、近所にカミナリ親父っていましたよね
悪いことをした子供をどんどん叱る近所のおっちゃん
そういう人がいなくなったのも原因か?
下手に叱ると親に逆ギレされるし、最悪訴えられるとかでしょ?
やっぱり親が悪くなったということかな?
叱れない親が増えれば、駄目な子供が増えるのもしょうがないか・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000042-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする