2017年11月26日

企業と自由業、そして行政では大いに違うと思いますよ>子連れ会議是認の動きhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00010003-bfj-sci&p=1

yahoo:「「#子連れ会議OK」の輪が広がる 熊本市議の子連れ出席をうけて

11月22日に開会した熊本市の定例市議会で、緒方夕佳議員が生後7カ月の長男を抱いて議場に入った。しかし、子どもを連れての出席は認められなかった。この問題をうけ、Twitterではある動きが起きている。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】
そもそも議場でなにが?

そもそも熊本市議会の規則では議員以外を傍聴人とし、傍聴人は議場に入ることはできない。

毎日新聞によると、緒方議員は妊娠がわかった2016年から、議会事務局に子どもを連れての本会議出席や、市議会への託児所設置を求めていた、と説明。前向きな回答がなく、今回の行動に踏み切ったとしている。

行動の理由については、NHKに対し「子育て世代の代表として、子どもと一緒に議会に参加して発言できる仕組みを整えるよう主張したかった。子育て中の女性が活躍できるような市議会になってほしい」と説明した。

緒方議員は、議長に退場を促されたが聞き入れず、協議に入った。結局、同伴は認められず、子どもを友人に預けて出席。子どもが議場に入ったことではなく、開会を遅らせたことを理由に、処分が検討されている。
「子連れ気にしませんよ」 Twitterで動きが

これをきっかけにTwitterでは著名人を中心にある動きが広がってる。「#子連れ会議OK」だ。

自身との打ち合わせや会議などの場に、子どもを連れてきても構わないとする「宣言」だ。

宣言は、映画監督の紀里谷和明氏から始まった。

「この際だから言っときます。紀里谷と仕事をされる方はどなたでも子供連れてきてもらって結構です。打ち合わせ、インタビュー、撮影、全く気にしませんので、お気軽に^_^」

このツイートに作家の乙武洋匡さんは「本当に素敵だなあ。二番煎じだろうが何だろうが、私も乗っからせてください」と反応。

「紀里谷さんのこの“宣言”、本当に素敵だなあ。二番煎じだろうが何だろうが、私も乗っからせてください。私との打ち合わせやインタビューなど、すべて子連れ可ですので、どうぞご遠慮なく!」

漫画家の瀧波ユカリさんもツイートした。

「『子連れで会議OKとかそういうことが横行したら社会が立ちゆかなくなる!』って不安ベースで考えるんじゃなくて『それが明らかにだれかを傷付けたり不幸にするわけじゃないならやってみよう。やることでわかることが必ずある』って希望ベースで考える世の中になっていくといいな」


問題提起していた駒崎弘樹さんも

今回の件をうけ、認定NPO法人「フローレンス」代表理事の駒崎弘樹さんは「赤ちゃんを市議会に連れ込むことは、悪いことなのか?」などを執筆し、問題提起してきた。

駒崎さんも「この輪が広がりますように」と呼びかけた。

「映画監督の紀里谷さん、作家の乙武洋匡さんが「子連れ会議OK宣言」をした。僕もそれに続きたいと思います。外部の企業や個人・団体の皆さん、僕との打ち合わせ・取材・講演等には子ども連れ、完全にOKです。この輪が広がりますように。#子連れ会議OK」

「#子連れ会議OK」の動きについて、駒崎さんは「これまで当たり前だとされていた抑圧を『実は違うんじゃない』と照らし出す必要性があると思う」とBuzzFeed Newsの取材に語る。

影響力のある人たちの動きに「心強く思いました」とした上で、かつてアメリカで公民権運動のきっかけの一つを作ったローザ・パークス氏を引き合いに出し、こう訴える。

「『バスを降りろ』という白人運転手に対し、ローザ・パークスが『降りません』と言い放ち、投獄されるという『パフォーマンス』がなければ公民権運動の広がりはなかったでしょう」

「同様に、誰かが異議申し立てをした際に、それを受けて社会側がアクションを取り、これまで当たり前だとされていた抑圧を『実は違うんじゃない?』と照らし出す必要性があると思います。ローザ氏の異議申し立てによって、黒人への差別構造が照らし出されたように」

「#子連れ会議OK」は徐々に広まり、「素敵な輪が広がってる!」「0歳児ママにとっては、このタグまじありがたいわぁ…」などの声も見られる。
「不安ベースではなく、希望ベースで考える世の中に」

駒崎さんは「不安ベース社会から、希望ベース社会へ。『とりあえずやってみる』が社会にアップデートをもたらす。そう思いますね」とも話す。

願うのは、子育てしづらい社会が少しでも変わることだ。最後にこう語る。

「『なんで子連れで会議しちゃダメなんだっけ』『本当にそれって失礼なの?』『別に良くない?』。こういう問いを広げていき、社会的な行動変容をもたらしていくべきだと思います」


少子化のご時世、子育てをしている親が大事にされることは良いことだと思いますけど
だからといって何をしても良いということはないし、子連れでもどこへ行っても問題ないということはないのでは?
まず子供の健康第一に考えればいっては行けない場所ってものもあるだろうし
危険な場所とかいろいろ考えられるでしょう
一律で考えることはできないはずです

また、自由業の人はいろいろ自由がきくのかもしれませんが、企業とか公的機関ではなかなか融通が利くものじゃないです。限られた時間の中で結果を出すことが求められますし、
そもそも職場に子供を連れて行くのはなんか違うと思うんですよね

コメントにあったんで、なるほどと思いましたが、
子供が許されるなら徘徊老人を職場に連れて行っても問題なさそうですね
そういう切り分けがきちんとできずに権利だけを振りかざすような、ばかげた社会はごめんですね

TPOに応じた行為が求められるのは当然ではないかと思います
職場に子供を連れて行くことが許されることかどうか?
それで仕事の効率が落ちたら、それでいいのか?
落として良いなら、徘徊老人を連れてきて、面倒を見ても問題ないってことにもなるし、
なし崩し的に会社組織が崩壊していくのが目に見えてきます

優しいことがいいこととはかぎらないんだけどなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00010003-bfj-sci&p=1


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

2017年11月24日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

2017年11月23日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

2017年11月22日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

2017年11月21日のつぶやき






posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

2017年11月20日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

2017年11月19日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

2017年11月18日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

2017年11月17日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

2017年11月16日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

甘やかしてきたツケではないか?>引きこもりなどhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00149707-diamond-soci

yahoo:「親が高齢で急死、取り残された「引きこもり」息子・娘の切ない末路

● 親亡き後に真の苦難が…… 引きこもり当事者の「80-50」問題

 引きこもる子と親の高齢化が進み、親亡き後に残された子が、情報やノウハウのない中で課題を解決できずに生きていけなくなる。親子が80代(70代)と50代(40代)を迎え、万一の事態になって直面する、そんな「80-50(70-40)」問題が最近、注目されるようになった。

 30になる前に会社を辞めたまま仕事に就けず、20年近く引きこもってきた40代後半の男性は、今年に入り、80歳近くになる父親と母親が相次いで病気で急逝。1人暮らしになった男性の元には、父親名義の持ち家とローン、1000万円ほどの貯金が残された。

 しかし、長年社会との関係性を遮断してきた男性には、亡くなった親の介護や病院への支払い、年金や貯金、借金の精算などの対応、土地や建物の名義変更などの手続きができず、孤立を深める中で生活に行き詰まった。

 早くに実家を飛び出し、自立していた兄は、家の支払い手続きや遺産相続などを拒否。残された男性は、親の葬式にも姿を現さず、親戚と言えども、引きこもっている息子のいる自宅には入れなかった。

 唯一の全国引きこもり当事者団体である「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の元には、こうした「80-50」問題の末路に直面し、残された子がどうすればいいかわからなくなっているという相談が、数多く寄せられるようになった。

 冒頭のケースも、たまたまこれまで親を介護してきたケアマネジャーからの連絡で、KHJ家族会が関わり始めたものだ。

 KHJ家族会の専門スタッフが男性の相談に乗って見立てたところ、もともと生きる意欲を失っていた男性は、持ち家の名義を変えて売却するよう勧めても、別の場所での賃貸生活へと環境が変わることを望まなかった。また、名義変更しなければ、固定資産税や光熱費などを支払わなければならず、1000万円を超える貯金があったことから、生活保護を受けることもできずにいた。

 こうした相談への対応が増えてきていることから、KHJ家族会は関連団体として、新しい社会資源である一般社団法人「OSDよりそいネットワーク」(池田佳世理事長)を10月に立ち上げた。OSDとは、「親(O)が死んだら(S)どうしよう(D)」と思い悩む、ひきこもり家族のリアルな声から生まれたものだ。

「そういう発想のなかった親たちが、子どもを残して亡くなっていく。一方で、最近は自分の老後を心配して、“自立支援”を謳う暴力的手法の団体に飛びつく親も増えています。こうした団体は主に営利が目的で、『お金を残してどうするんですか?』『生きてるうちに何とかしなければ……』などと親の不安を巧みに煽るんです」

 そうKHJ家族会のスタッフは、眉をひそめる。

 冒頭の男性は、家族会のスタッフが諸々の手続きに寄り添い、名義変更した自宅を担保に社会福祉協議会から資金を借りるリバースモーゲージを活用することにした。そして、「いつか働かなければ……との思いはある。いろいろ片付いたら、一緒にハローワークに付いてきてほしい」とスタッフに明かすようになったという。

● お金を残せばいいわけではない 寄り添う人こそが必要

 「お金の相談をするのではない。大事なのは、家族の目線で子どもとどう生きていくのか、親が元気なうちに、子どもと一緒に考えていくことなのです」(家族会スタッフ)
 
 つまり、親がお金をどんなに運用して残したとしても、子どもに生きる意思や能力がなければ生きていくことができない。あるいは、残された子どもはお金を使い切って、固定資産税などが払えなくなるという悲しい末路に至る事例もある。

 OSDでは、12月2日の午後1時から東京都豊島区生活産業プラザで、「よりそいネットワークでできること」という社会福祉士による基調講演と、臨床心理士、産業カウンセラー、ファイナンシャルプランナー(CFP)、司法書士、不動産鑑定士、一級建築士、税理士、保険CFP、不動産コンサルタント9人によるパネルディスカッションを開催。それぞれの立場から、具体的に直面しているケースごとに、できることを一緒に考える。会費は無料で、定員150人まで。
 
 一方、引きこもる当事者の目線から考えようという「親の老化や死後について情報や感情を共有するひきこもり当事者たちのミーティング」も、11月18日午後2時から、東京都練馬区内で開催される。

 主催するのは、ぼそっと池井多さん(ペンネーム・55歳)。大学卒業後、内定を得ていた大企業の入社式の直前になって身体が動かなくなり、30歳の頃から引きこもってきた。

● 漠然とした不安を抱えず 当事者同士で情報交換を

 会を開くきっかけは、10月に都内で開催された対話の場「第31回ひきこもりフューチャーセッション庵―IORI―」で、女性当事者が自らの体験からテーマオーナーを務めた「親が亡くなった時の手続きどうしたらいい?」に参加したこと。ぼそっとさんの親も80歳代になり、自分の問題として考えさせられた。

 「こういう話題は、日常会話の中でなかなか出せない。改めて、こういう機会を設けないと、みんな話ができないのではないか。だから、自分にとって、とてもいいテーブルだったんです」

 テーブルで発言していたのは、ほとんどが当事者。漠然と不安に思っていたものの、誰もが具体的に考えることを避けていた。

 「私の印象は、情報の側面と感情の側面があって、実務的な情報面でもニーズがあるし、不安などの感情面での共有も必要だと感じました。『親亡き後、引きこもり続けるには、どう生活していけばいいのか?』という問いもたくさんありました」

 参加者たちからは、スピンオフ座談会を行おうという声も高まったことから、実験的にミーティングを企画したという。会費は無料。安心の場をつくるため、完全申し込み制にして、参加申し込み者に会場名を知らせる。また、あくまで当事者のためのミーティングであることを了承してもらえれば、家族や一般の人が参加しても構わないという。


親が生きていれば、引きこもっていてもなんとかなるのかもしれないけど
じゃぁ死んだらどうするって考えなかったのかな?
死んだ後、誰に面倒を見て貰うつもり?
兄弟とか甥、姪に見て貰えると思ってるなら大甘でしょうね

一人で生きていけるように訓練しなければダメだと思います
何かあったとき国にたかるのは止めてほしいなぁ
本当に困ってる人にこそ使って欲しいお金を、引きこもりに使うなんてもったいない

似たようなのに障害者があるけど、これも障害者の面倒を見させるために弟、妹を作る事例があるとか聞きますけど、事実なら地獄よね。自分の障害はパァで面倒を見るために生きていくなんてバカバカしいでしょ
そうならないように親が始末付けていくべきですね
障害は障害だから保険とか何か手段はあるかもですけどね

引きこもりはなんとしてでも外で生きていくための訓練をどんな手段を使ってでも行っていくべきでしょう
結局困るのは自分なんだし、そうならないように奮起すべきだ


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00149707-diamond-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民間企業なら無条件で懲戒解雇でしょ?>日馬富士https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171116-00000060-nnn-soci

yahoo:「日馬富士、周囲に「引退だけは避けたい」

大相撲の横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行事件で、鳥取県警は、現場とみられる飲食店関係者への事情聴取などの捜査を進め、今後、日馬富士、貴ノ岩の双方からも事情を聞く方針。福岡・太宰府市の伊勢ヶ濱部屋前から藤田レポーターが伝える。

 まず1つの動きとして、16日午前11時すぎ、日馬富士がこれまで移動する時に使っていた車が横付けされた。部屋の関係者とみられる人が運転してきていて、一時、日馬富士がどこかに移動するのかと緊張が走ったが、6時間をむかえる午後5時現在も止められたままだ。

 暴行事件を起こした日馬富士は、16日も姿を見せていない。一言話を聞こうと、15日よりも多い50人ほどの報道陣が部屋の前で構えている。

 また、午前10時前には伊勢ヶ濱親方が部屋から出てきて車に乗り込んだ。その表情は、鋭い目つきだった15日と比べると少し疲れた表情にも見えた。報道陣の問いかけに対し、「何も話すことはありません」と細い声で答え、九州場所に向かった。

 鳥取県警は、横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩をビール瓶で殴るなどしケガをさせたとして、傷害の疑いで捜査。現場とみられる飲食店関係者への事情聴取などを行っている。

 日本相撲協会の春日野広報部長は日馬富士と貴ノ岩について「九州場所を休場しており事情聴取など本場所中の捜査協力に問題はない」との見解を示していて、警察も今後、双方から事情を聞く方針。

 また、関係者によると、今回の件について日馬富士は「日本の角界にこれからも貢献したい、引退だけは避けたい」などともらしているという。


やったことが事実なら無罪放免で相撲界に残れると考えられるのは変だなぁ
普通に考えれば懲戒解雇、追放でしょう

それとも相撲界では、すでに残れるように手配がついてる?
そんな相撲界ならつぶれてしまえって思いますね


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171116-00000060-nnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:04| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日のつぶやき












posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

警察は相撲協会をはじめとして徹底的に調べるべきhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000019-sanspo-spo

yahoo:「日馬暴行で激震…相撲協会、トラブル1週間知らず

大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の宴席で、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に暴行を加えて大けがを負わせていたことが14日、分かった。

 「場所中に申し訳ない」。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は言葉を振り絞るように言った。「今までいろいろな講習会を開き、脇を締めていたつもりだけど残念だ」。

 事件が表面化したこの日朝、協会は緊急に幹部を招集。九州場所を開催する福岡国際センターで対応を協議したほか、伊勢ケ浜親方らから事情聴取も行った。春日野広報部長によれば、理事長の指示で協会内の危機管理委員会を招集。外部理事を含め10人程度で調査を開始するとした。

 ただ、日馬富士に対する処分や調査結果は九州場所中に出ず、事実関係が判明するまで先送りされる見通しだ。疑問点は多く残っている。日馬富士は場所前に起こした問題を抱えたまま、2日間も土俵を務めた。トラブルがあったのは10月26日で、貴乃花親方は同月下旬には鳥取県警に被害届を提出していたが、協会側に報告はなかったとされる。

 協会側によると今月2日に県警から連絡を受け、初めてトラブルの存在を知った。鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が3日に伊勢ケ浜、貴乃花両親方に電話で事情を聴いたが、いずれも「分からない」との趣旨の返答だった。初日を翌日に控えた11日の臨時理事会では話題にも上らなかった。ある古参理事は「こんなことに時間を割いていられない」と話し、力士間の単なるトラブルとの認識だったようだ。

 協会は、委員長を務める高野利雄外部理事(元名古屋高検検事長)らによる危機管理委の調査を踏まえて事態の収拾を図る方針だ。


ビール瓶で殴るとか殺人未遂でしょ?
それが協会に報告されてなかったって考えられないなぁ、そんな重大事
事態を軽く見ていたならあまりに不見識。過去にあったことをすっかり忘れているようだ
逆にもみ消すつもりだったなら、隠蔽体質が変わってないってこと
どちらにしても相撲はもうダメかもしれない

また、即座に日馬富士は当然協会から除名処分でしょ?殺人未遂なんだから
横綱の品位とかそういうことを飛び越えて、すでに人として終わってる
そういう処分などが即座に出ない当たりダメなんだよなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000019-sanspo-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日のつぶやき














posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

相撲界は全然改まってなかったのですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000118-jij-soci

yahoo:「傷害事件で立件も=日馬富士暴行問題で―鳥取県警

大相撲の横綱日馬富士(33)による暴行問題で、被害届が鳥取県警に出され、同県警は14日までに事実関係を確認するために捜査を始めた。

 診断書では頭の骨を折るなどしており、故意に暴力を振るい、けがをさせたなら傷害事件として立件される可能性もある。

 関係者によると、日馬富士は10月下旬、鳥取市での秋巡業中、酒席で口論となり、同じモンゴル人力士の貴ノ岩に暴力を振るったとされる。貴ノ岩は日本相撲協会に「右中頭蓋底骨折などで全治2週間」との診断書を提出した。

 貴ノ岩側が被害届を県警に10月下旬に提出したとされる。県警は被害届について「個別の事案についてはお答えできない」としている。

 警察当局者は「暴力は許されない。被害者、加害者双方から聴取し、事実関係を確認した上で、所要の捜査を進めていくことになるだろう」と話した。


こんな重大事件を起こした横綱がしれっと今場所で相撲を取っていることで、相撲協会が全然改まってないことがわかりますね
警察沙汰になっているのに、協会が知らないってことはないでしょ?

国技と言っても、もはや心技体をそろえることはできないようですから、止めた方が良いと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000118-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日のつぶやき






posted by ! at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

暴走車両の止め方を規定すべきではないか?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171113-00000045-nnn-soci

yahoo:「制止振り切り逆走、信号無視…車暴走1時間

愛媛県松山市で、乗用車が警察の制止を振り切り、逆走や信号無視を繰り返す様子をカメラがとらえた。この車は約1時間にわたって暴走し、13日午後、逮捕された。

 松山市内の国道を暴走する乗用車の前の部分は壊れ、タイヤはパンクしている。男は窓を開けたまま平然と逃走を続ける。男は何度も逆走や信号無視を繰り返しながら逃走。商店街の中にも逃げ込んだ。

 警察によると、男は事故を起こした後に逃走したとみられ、松山市内中心部を約1時間にわたって暴走した。そして、午後3時前、男が他人の車に乗り込もうとしたところを、警察が取り押さえ、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕した。車の後部座席には高齢の女性が同乗していた。

 警察は男の身元などを調べている。


暴走する車両を止める手段を開発すべきでしょ
パトカー体当たりはパトカーが気の毒なので、
何かしらの停止させることができ、中の運転者を死なせない程度にショックを和らげる仕組みを備えた車両の開発はできないですかね?暴走車の運転手の逮捕が優先ならば

もしくは狙撃を含めた強制的な停止方法を真剣に考えるべき
もちろん射殺することで無制御状態になるので、それが元で事故を誘発することがあってはならないことですがね

でなければ、巻き込まれ事故など余計な事故が増えるばかりで良いことがないんで警察では暴走車を止める手段を決め、それにそって強制停止をかけてほしいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171113-00000045-nnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:48| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

2017年11月11日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

2017年11月10日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

2017年11月09日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

2017年11月08日のつぶやき






posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

2017年11月07日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

2017年11月06日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

2017年11月05日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

2017年11月04日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

2017年11月03日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

2017年11月02日のつぶやき






posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする