2016年09月01日

国民に仇なす不良外人に退去命令を出すべし>和歌山県太地町http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000100-san-soci

Yahoo:「和歌山・太地町でイルカ追い込み漁解禁 反捕鯨団体の妨害警戒

和歌山県太地町沖でイルカや小型クジラの追い込み漁が1日解禁され、早朝から漁船12隻が太地漁港を出港した。

 米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が南極海における日本鯨類研究所の調査捕鯨への妨害行為を行わないとした合意を受け、反捕鯨活動家が太地町に集中する可能性が懸念されている。

 この日は、出港前から付近で反捕鯨活動家とみられる外国人数人が漁船をスマートフォンで撮影する光景も。反捕鯨活動家とみられる外国人が乗った水上バイクが帰港途中の漁船に接近し、警戒していた田辺海上保安部のゴムボートが間に入る場面もあった。


国内で、外人に好き勝手やらせては駄目でしょう
長期間太地町の人たちに嫌がらせをいろんな形で続けているだけでも異常事態だというのに何もしていないのはおかしいですよ。治安維持ができていない

きちんと対処し、国外退去させるべきです


また海保の人も気をつけてほしいです
ゴムボートに水上バイクって、下手をしたら死にますよ
銃で適切に対処したら良いと思います。射殺で良いと思うんですけどねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000100-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 捕鯨関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

違う文化に文句をつけるのは駄目ですよ、とhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00000065-nksports-soci

Yahoo:「イルカ漁問題へ“反論”映画 監督「対話の契機に」

米ニューヨーク在住の映画監督、佐々木芽生(めぐみ)さん(53)が、和歌山県太地町を舞台に捕鯨やイルカ漁を題材としたドキュメンタリーを製作中だ。反捕鯨団体シー・シェパードの標的にされて世界から批判された問題。日本から有効な反論を発信し「文化の衝突」に一石を投じる。

 イルカ漁をめぐる問題では、日本動物園水族館協会が5月、追い込み漁によるイルカ入手の禁止を決めた。日本側は「日本の食文化だ」と主張するが、反対派と議論がかみ合わず、感情的な対立が深まっている。佐々木監督は「この映画を健全な対話が生まれる契機にしたい。主張を押し付けるものにはしたくない」と強調する。制作の発端は、同じく太地町を舞台にしたアカデミー賞作品の映画「ザ・コーヴ」(10年)。イルカ漁を批判的に描き、世界に衝撃を与えた。

 10年から5年間、太地町を約20回訪れた。追い込み漁にも同行し、町民生活やシー・シェパードの活動、IWC総会なども取材。映像素材は200時間を超えた。映画製作が海外で報じられると、シー・シェパード創設者が中止の“圧力”も掛けてきたという。 佐々木監督にとってクジラ・イルカ漁問題はあくまでも入り口。双方の主張の背景にある価値観や文化の違いを浮き彫りにする。「見る人の立場によって賛成にも反対にも見えるかもしれない」。理性的な対話への道を開きたいという。取材撮影を6月に終え、編集作業に入った。来年初頭、海外映画祭のプレミアム公開を目指す。【斎藤暢也】

 ◆佐々木芽生(ささき・めぐみ)1962年、札幌市生まれ。青学大文卒。87年に渡米、NHKニューヨーク「おはよう日本」キャスターなどを務めた後、映画監督として独立。08年映画「ハーブ&ドロシー」でハンプトン国際映画祭の最優秀ドキュメンタリー作品賞。


文化が違うって時点で、話し合いはたぶん無理に近いとは思います
互いに感情的になって反目し合うだけかなと
ただ、理性があれば互いに不干渉が良いって事になるんじゃないかなぁ
違うって事は、気に入らないってことになるし、不愉快な事になりますな
見ない聞かないが、一番争いにならないなーとおもいます

まー今回シーシェパードが調査捕鯨船を攻撃する
太地町に入り込んで住民に嫌がらせをするなど、大変大きな迷惑をかけてきています
ならば、こういう反論を出す機会を持っても良いと思います
言うことをいわなければ、あっちは受け入れたことにしてしまうでしょうからね
ですんで、この映画とともに日本国内に入り込んでいるテロリストを追い返して欲しいねぇ


イルカを殺して食べることをかわいそうだで片付ける人がいますけど
でも、生きる以上何かを殺して食べることには変わりは無いので、その辺を考え違いしない方が良いと思います
動物でも植物でも、どっちにしたって命を奪うのです
だから”生命をいただきます”といって食べるんです
かわいそうだから殺さない、
何とも思わないから殺してもいい
っていうのは人間の傲慢です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00000065-nksports-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 捕鯨関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

生命への差別を平然と行うんですね>この辺白人とは相容れないなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000043-jij-asia

Yahoo:「コアラを安楽死=反対世論盛り上がらず―豪

オーストラリア南東部ビクトリア州政府は、ケープオトウエイ国立公園でコアラが増え過ぎ餓死の恐れがあるとして、31日までに少なくとも48頭の間引きを実施した。豪メディアが報じた。
 動物保護団体は「国のシンボル、コアラを救え」と反対していた。ただ、反捕鯨では結束する豪国民も、コアラ処分反対の世論は盛り上がらなかった。豪各地では、カンガルーの大規模な間引きも定期的に行われている。
 州政府は25日、コアラの健康調査を近く実施する方針を説明していた。これまでに226頭を調べたところ、48頭は健康状態が悪く、「これ以上の苦痛を避けるため」安楽死させたという。食べるユーカリの種類が異なるため、別の森や動物園へのすみ替えはすぐには難しい。
 州政府は2013〜14年にも、コアラ約700頭を極秘に殺処分した。コアラは国内の大半の地域では絶滅が危惧され、手厚く保護されている。 


クジラを食べると烈火のごとく怒る連中が
コアラには冷淡なんですね
そんな印象しか無いです

これだから、世界中の人と多様な生き方を認めるなんて無理なんですよ
イヤなものはイヤってことでどうにもならないのです

だから、世界中でお互いに不干渉にするのが一番良いと思うんですけどね
なぜか知らないですけど、干渉しあってもめ事を作るのが好きな人がいるのが不思議でなりません

オージーいくらコアラを殺そうと知ったことでは無いですが(しかも無意味に)、逆に日本人が食べるためにクジラを殺しても文句を言うなと、思いますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000043-jij-asia


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 捕鯨関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

他国からの圧力で日本文化が消されるとかおかしいhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150516-00000094-san-soci

Yahoo:「追い込み漁のイルカ入手続行か中止か、水族館苦悩 日本協会

■通告受け入れなら「捕鯨も影響」

 日本伝統の追い込み漁で捕獲したイルカの入手を続行するのか、それとも世界動物園水族館協会(WAZA)の改善通告に従ってやめるのか。日本動物園水族館協会(JAZA)と加盟する水族館などが揺れている。続行ならWAZA除名となり、海外との動物のやり取りに支障が生じる。やめれば今後、イルカを調達できずにショーなどができなくなる園も出る恐れがある。JAZAは会員の意見を集約して多数決を取り20日に結論を出す。

 「イルカショーを前提に成立している水族館は岐路に立つことになる」。マリンピア日本海(新潟市)の加藤治彦館長は、通告に従う結論になった場合を危ぶむ。マリンピアでは、漁を行う和歌山県太地町からイルカ3頭を購入し飼育。イルカを展示している施設では繁殖も目指しているが、繁殖専用のプール建設などに加え、技術力も必要になる。「一朝一夕でできるものではない」と訴える。

 JAZAによると、イルカの寿命は約30年とされ、改善に従ったとしてもすぐにショーができなくなるような事態にはならないが、戸惑いは隠せない。おたる水族館(北海道小樽市)の伊勢伸哉館長は「方針も定まらない」。関東地方の水族館の担当者も「結論を待つしかない」と話す。

 多数決での結論決定に疑問の声もある。JAZAの加盟は、動物園が89施設に対し、水族館は63施設。イルカの飼育は約30施設にとどまる。除名となると、WAZAが扱う血統などの情報が得られなくなるほか、海外との交渉の場も少なくなる。キリンなどの動物の入手が厳しくなる中で特に動物園にとっては大きな痛手となる。「結論は明白。水族館側は不公平感をぬぐえない」。ある水族館の担当者は漏らす。

 日本の伝統文化を否定することにつながりかねないとの懸念もある。

 イルカの入手方法にWAZAが横やりを入れ始めたのは平成16(2004)年。台湾の年次会合で非難決議を決めたが、この際、事前にJAZAとの議論もなく採決方法も投票は行われず拍手のみだったという。

 その後、JAZAはWAZAの提案に応じる形で食用と展示用とで漁を分けたり、狙う群れも小さいものにしたりと、イルカの負担軽減に努めてきた。ただ、満足な説明の場も与えられないまま、今年4月に会員資格停止が決定。岡田尚憲事務局長は「まさに、寝耳に水で残念だ」と話す。

 決定の背景には、動物愛護団体からの圧力が見え隠れする。16年の非難決議では太地町のものではない残忍な古い追い込み漁の映像が使われた。その後、太地町の漁を隠し撮りして批判的に描いた映画「ザ・コーヴ」の影響でイルカなどの保護が活発化した。

 こうした愛護団体の動きに合わせ、イルカ輸入を禁じる国も相次ぐ。太地町捕獲分のうち25年は172頭を販売。うち国内の水族館に回ったのは約20頭で、大半はWAZAに加盟しない中国や韓国などに渡った。

 米国では約20年前から、イルカの捕獲はやめ、繁殖による手段を取る。JAZA関係者によると、30年以上飼育するシャチの解放を求めたりするなど運動は激化している。欧州でも繁殖が基本で、豪州など展示自体をやめる国も出ている。岡田事務局長は「論点が違う問題から漁が否定されていると感じる」と話す。ただJAZAはWAZAから離脱しないとの選択が多かった場合は、通告に従い漁での入手をやめるという。

 甲信越地方の水族館長は「通告を受け入れると、これまで正当だとしてきた主張が崩れ、捕鯨などにもしわ寄せが出る」と指摘。その上で「太地町の漁師に手のひらを返したように『あなた方は残酷なことをしている』ということにもなる」と話した。


イルカ漁のやり方について他国からとやかく言われる筋合いでは無いと思います

わざわざそれを他の、水族館に絡めて日本国内である意味分裂させるような汚いやり方で日本文化を消し去ろうとするのは許されないと思いますけどね!

なんでイルカやクジラについて、日本がとやかく言われないとならないのでしょう
これこそが日本文化への差別では無いですか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150516-00000094-san-soci

ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 捕鯨関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

日本入国の敷居を高くしよう>まずやって欲しいのは在日の資格剥奪とシーシェパードの国外退去http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1827733.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「【画像】 イルカ漁に抗議するため和歌山に居座るシー・シェパードの悪質な行動を記録した写真がネットで拡散中

1 名前:もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★:2015/02/04(水) 12:24:10.22 ID:???*.net
イルカ漁に抗議するため和歌山県太地町に居座るシー・シェパードの悪質な行動を記録した写真がネットで拡散中
イルカ漁で知られる和歌山県太地町でこれを妨害しようと常駐しているシー・シェパードの行動が現地の方によってTwitterで拡散しています。

シー・シェパードは2010年からクジラの町として知られイルカ追い込み漁でも話題の和歌山県太地町に常駐していますが、現地で悪質な行動を取っているとしてTwitterでその様子が次々と撮影され、拡散しています。

ネットにその様子が掲載されるのは以前からですが、ここ数日、ますます拡散の度合いが高まっているようです。
http://www.buzznews.jp/?p=3052


在日朝鮮人とこいつらを追い出せたら、割と平和に近づくと思いませんか?
こういう国民の日々の生活を脅かしている連中に何も出来ない政府に対テロリスト戦略が打ち出せるとは、実は無理だと思ってます

冗談抜きでここまで入り込まれて、国民の生活に危害を加えているのに
何の対処もしないとかアホでしょ?
あらゆる手段を使って国外退去させて、二度と敷居をまたがせないようにするのが政治では?
そして調査捕鯨船にぶつかってくるなら、海上自衛隊の艦艇を随行させて攻撃するなりすべきではないかと思いますよ?

クジラをイルカを食ってどこが悪いの?
他の命を奪って生きる以上、生命の重さに不公平があってはいけないと思いますね!
だからこその「(生命を)いただきます」、です


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 捕鯨関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

悪意を持って入館しようとする連中を断って何が悪いのか?>クジラ博物館http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140606-00001613-bengocom-soci

Yahoo:「「反捕鯨のかたは入館できません」 クジラ博物館の対応は「憲法違反」なのか?

「捕鯨のまち」「イルカ漁のまち」として知られる和歌山県太地町。この人口3000人あまりの小さな町が揺れている。観光施設「町立くじらの博物館」に入館拒否されたオーストラリア人女性らから、慰謝料約670万円を求める訴訟を起こされているためだ。

朝日新聞によると、このオーストラリア人女性はイルカ漁に反対する団体のメンバー。今年2月、博物館を訪れたとき、「反捕鯨のかたは入館できません」と書かれた紙を職員から示され、入館を拒否された。女性らは「(入館拒否は)憲法14条が禁じる人種差別にあたる」「思想・良心の自由も侵害している」と主張しているという。

一方、博物館長は「町の文化や財産、産業を守るため。差別ではない」と反論している、と報じられている。捕鯨・イルカ漁をめぐっては、賛成派と反対派の対立がエスカレートしがちといえるが、今回の問題をどう見ればよいのだろうか。日弁連憲法問題対策本部の委員をつとめる森一恵弁護士に聞いた。

●「精神的な自由」の問題は、厳格な検討が必要

「今回のケースでは、太地町が、『反捕鯨』の立場の外国人を対象として、入館を拒否しています。裁判所では、博物館が拒否した理由・目的と、拒否した手段の妥当性の2点が、厳格に検討されることになります」

「原告は、次の2点を主張しています。

(1)人種・信条による差別を禁止し、法の下の平等を保障した憲法14条に反するのではないか

(2)思想・良心の自由を保障した憲法19条に反するのではないか

これらは『精神的自由』と関連する問題になります」

精神的な自由は、誰にも保障されているので、入館拒否の理由にはならない気もするが・・・

「したがって、『町の文化や財産、産業を守るため』という入館拒否の理由が、本当に必要なものであったかどうかを吟味しなければなりません。

これは、私個人の意見ですが、この博物館が捕鯨の歴史や文化を展示していることから、『町の文化や財産、産業を守るため』という拒否した理由は、妥当なものだったと考えます」

●入館時の立ち入り方が争点のひとつ

では、拒否した方法・手段の妥当性については、どう考えるべきなのだろうか。

「『反捕鯨』の立場の外国人を対象として入館を拒否するという手段が、必要最小限度のものだったかどうか、判断しなければなりません。

ここでは、原告らが入館しようとした際の立ち入り方が問題となるでしょう。また、入館拒否以外の手段を取ることができなかったかどうかといった、個別具体的な事情を考慮して判断することになります」

確かに、たとえば普通の入館者として秩序を守って静かに入館したのと、捕鯨反対のプラカードを持ってシュプレヒコールをしていたのとでは、大きく判断が分かれそうだ。

「はい。これは、憲法問題を含む難しい問題です。意見が分かれるでしょうので、裁判所の判断が注目されます」

捕鯨問題では、国内でも様々な意見があるだろう。ただ今回は、捕鯨問題だけでなく、憲法の問題という視点も加えて裁判ウォッチしたいものだ。


外人によって、日本の一つの文化が侮辱されているのに
自由の権利も何もないと思うのですがね

むしろそういう連中の入国を認めちゃった入管、政府の判断が甘かったと思いますよ
ある意味日本国内で政治活動を行っているわけですから、退去命令を出すべき案件じゃないかと考えなくもないです


差別でも何でもなく国益を守ることが優先されるべきだと考えます
日本の文化が気に入らないと考える外人連中が差別を盾に、日本の文化へ影響力を及ぼすのは悪いことだと考えますね!
そのために国境の壁はあるわけですから

日本文化と相容れない人たちと日本文化を守りたい人たちの間に、一つの区別をつけるだけのことです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140606-00001613-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 捕鯨関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする