2017年06月22日

ロシア間違ってないでしょ?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000008-jij_afp-int

yahoo:「欧州人権裁、ロシア政府に賠償命じる 同性愛の宣伝禁止法を批判

欧州人権裁判所(European Court of Human Rights、ECHR)は20日、同性愛のプロパガンダ(宣伝)を禁じているロシアの法律はホモフォビア(同性愛嫌悪)や偏見を助長する差別的なものだとして激しく批判した。

 同法は未成年者に対する「非伝統的な性的関係の奨励」に罰金を科している。また、同性愛関係と異性愛関係が同等だと述べることも犯罪と定めている。

 同性愛者の人権擁護活動家3人が、ロシア国内の学校と子どもの図書館、当局の庁舎の前で同性愛は異常なことではないと書かれた横断幕を掲げて罰金刑を受けた。3人は上訴して憲法裁まで争ったが敗訴し、2009年と12年に欧州人権裁に訴えていた。

 欧州人権裁は、3人が受けた罰金刑は欧州人権条約(European Convention on Human Rights)の表現の自由と差別に関する規定に違反していると判断し、ロシア政府に損害賠償の支払いを命じた。金額は3人のそれぞれについて8000ユーロ、1万5000ユーロ、2万ユーロ(約100万円、約190万円、約250万円)。欧州人権裁は、ロシアの反同性愛法は同性愛に対する「偏見を増幅させ、同性愛嫌悪を助長」しており「民主的社会の価値観とは両立しえない」とも指摘した。

 判決を受けてロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相はモスクワ(Moscow)で記者団に対し、3人は同性愛者であることを理由に罰金刑を受けたのではないと指摘し、「われわれは、何者かがわが国の未成年者にこの(性的)指向を押し付けるのを望んでいないだけだ」と述べた。欧州人権裁は、ロシア政府は未成年者が他人の影響を受けて同性愛者になると主張したが、その「科学的な根拠」を示すことができなかったと指摘していた。

 ロシア政府は上訴する方針。法務省は、ロシアの立場を法廷で説明する準備を進めていると発表した。

 ロシアでは1993年に同性愛が合法化されたが偏見は根強く、人権活動家らは同性愛者に対する虐待が多くみられると主張している。


Euは何様?
ロシア間違ってないでしょ?

ダメなものはダメといて何がダメなのか?
本当におかしな世の中になったものだ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000008-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
タグ:ロシア EU
posted by ! at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

多数者への差別だよねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00010003-saitama-l11

yahoo:「議場ほぼ満席…LGBT公表の入間市議が初登壇、市長「理解すべき」

性的少数者(LGBT)であることを公表し3月の入間市議選(埼玉県入間市)で初当選した細田智也市議(25)=民進の会=が14日、市議会6月定例会の一般質問に初登壇した。「LGBTへの理解を市民にどう深めてもらうのか」。田中龍夫市長らにただした。

 細田さんは20歳の時、性同一性障害と診断を受けた。帝京大在学中の2015年4月に性適合手術を行い同年6月、女性から男性に戸籍変更した。市議選を通じて、性的少数者をはじめ、障害者や高齢者も1人で悩みを抱えず、相談できるような制度構築の必要性を訴えた。

 一般質問ではLGBTに関連する項目に絞り約50分間、質疑を行った。田中市長は「LGBTを人権問題と捉え、理解を深めるべき課題と感じている」と答弁。今後、全職員を対象とした人権研修にLGBT研修を組み入れる考えを語った。

 また同市の小中学校では使用されていない男女混合名簿の導入を求めた。西沢泰男教育長は「男女混合名簿の導入も選択肢の一つだが、学校現場の実態から考えると、さらに研究する必要もある」と導入に慎重な姿勢を示した。

 議場の傍聴席約60席は、ほぼ満席となった。同性愛者だと公表している東京都中野区議の石坂わたるさん(40)=2期目=も傍聴に駆け付け、「細田さんはしっかり質問できていた。ご自身も心の痛みを経験し、人の苦しみが分かると思うので、今後の活躍に期待したい」と話していた。

 細田さんは「(初登壇に)緊張したが、これからもLGBT支援に向け、市議会で理解を求めていきたい」と質疑後、晴れ晴れとした表情を見せた。


反社会的行為なんですし理解しなければいけないというのは、多数者、ノーマルへの侮辱、差別でしかないんじゃないの?

社会は親から子へ、子からさらに孫とか子々孫々へとつなぐことで維持されるわけで
そうじゃないことを拒否しちゃったような連中は、そういう社会の恩恵を受けるだけの存在なんですし、助けてくださいと懇願するならまだしもねぇ

精神障害として治療を行い、持って生まれた体を当然とできるように矯正すべきだと思いますよ
そうでなければ体がかわいそうだと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00010003-saitama-l11

ブログランキング にほんブログ村
タグ:LGBT 反社会的
posted by ! at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

異性同士じゃなければ子供できないじゃん>アホか?https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00000087-sasahi-life https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000000-kobenext-l28

yahoo:「あるレズビアンカップルが子どもを愛して育てるまで〈AERA〉

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとってLGBT。性的マイノリティーを表すために生まれ、定着しつつある言葉だ。たしかに一定の理解は進んだ。だが、LGBTとひとくくりにすることで、塗りつぶされてしまった「個」や思いがあるのではないか。性的マジョリティー側は「わかったような気持ち」になっているだけではないのか。AERA6月12日号の特集は「LGBTフレンドリーという幻想」。虹色の輝きの影で見落とされがちな、LGBTの現実に迫る。

 異性同士でなければ、子どもを持つ権利はないのか。家族と子どもを願う権利を誰が否定できるのか。当事者たちはパートナーシップのその先を、すでに歩き出している。
以下略

yahoo:「性別変え2児授かった男性 講演で苦難の人生告白

性同一性障害のため戸籍を女性から男性に変更し、結婚後に非配偶者間人工授精で2児を授かった兵庫県宍粟市の前田良さん(34)が8日夜、小野市王子町のコミセンおので講演した。第三者との人工授精でもうけた子との父子関係を巡って最高裁まで争う中で、闘いが家族の絆を深めたことを振り返りながら「性同一性障害でなければ妻と子どもには会えなかった。今は本当に幸せ」と話した。(笠原次郎)
以下略

どうあがこうと自然界において異性の組み合わせ以外で子供をなすすべはありませんよ
たまたま人類は科学力を持って変態にも子供が持てるようになっちゃってるようですが倫理的にも自然法則で考えても異常なことでしかないです

そもそも精神がゆがんでいて、持って生まれた体を否定するような障害者を治療もしないでいる方がおかしいでしょ?持って生まれた体に合わせるように精神を治療してあげるべきなのです
で、性転換手術をしたところで見た目は改造できても、子供を持つための手段まで改造できないでいるのですから、どれくらい異常なことをしているのか自覚し、悔い改めるべきでしょうよ

女性から男性へ改造しても精子を作り出すことはできないし
男性から女性に改造しても子宮は持てないし、卵子を作り出すことはできない

ばかばかしいことです

もしかしたらいずれは科学力を持って可能にするかもしれませんが、今でも科学は神の領域を侵してますけど、絶対にやってはいけないことだと考えます。研究すらしないことを科学者の良識に期待するばかりです
万が一のときは神罰が下ってほしいね!!!

治すなら体ではなく、心でしょ?考え違いも甚だしいです


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00000087-sasahi-life
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000000-kobenext-l28

ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

射殺で良かったんじゃない?>イスラム教、ホモ行為をむち打ちhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-35101348-cnn-int

yahoo:「同性愛で有罪、男性2人に公開むち打ちの判決 インドネシア

インドネシアの中でも保守性の強いアチェ州で17日、イスラム法(シャリア)裁判所が同性愛の男性2人に対し、公開むち打ち85回の刑を言い渡した。

むち打ち刑を言い渡されたのは、同州の州都バンダアチェに住む20歳と23歳の男性。同地のイスラム法執行当局によると、3月に地元の自警団によって逮捕され、同州のイスラム法に違反したとして有罪を言い渡された。

裁判官は判決の中で、「被告人は同性愛行為で有罪が立証された」「正当化できる根拠も、許すべき根拠も見つからなかった」と述べ、刑罰を言い渡した。

公開むち打ち刑は、バンダアチェ市内のモスク(イスラム教礼拝所)で執行される予定だという。

人権団体によると、近所の住民らがアパートの1室に踏み込んで、2人が裸でいたところを携帯電話のカメラで撮影。この映像が地元メディアを通じて広まった。

LGBT活動家や人権団体は今回の判決を強く非難している。ヒューマン・ライツ・ウォッチは先週の時点で、「この2人の若者は、ただ自分たちの人生を生き、プライバシーが尊重されることを望んでいたにすぎない」と指摘し、ジョコ大統領は2人を赦免すべきだと訴えていた。

インドネシアはイスラム教徒が多数を占める国の中でも比較的穏健な国として知られ、他の州では同性愛が罪に問われることはない。しかし専門家によれば、同国は保守性を強めつつあり、首都ジャカルタでは大規模な反LGBTデモも展開されていた。


外部からの圧力、干渉が増えたことで先鋭化するのはしょうがないでしょうね
イスラムという文化に外からあれこれいうのは良くないんじゃない?
良くも悪くも中からの変化がなければどうしようもない

いやならイスラム教を捨てて、許してくれるところへ行くしかなかったんじゃないの?
やれば罰を与えられるとわかってやったんだから同情の余地なし

西欧風の人権思想を無理矢理当てはめるのもどうかと思う、って事です
キリスト教の傲慢といいますかね
でも、キリスト教も原則同性愛は認めてないはずだけど

同性愛がはびこるとか、世の中狂ってきてるよなぁ
子孫を残せない組み合わせが許されるとか生命としての自己否定
詰まるところ人類の終焉が近くなってきているのか・・・おぞましいことだ

あー気持ち悪い


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-35101348-cnn-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むしろこういう活動が嫌悪感を増させているhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000067-reut-int

yahoo:「国際反ホモフォビアの日、各地で集会やキャンペーン活動

「国際反ホモフォビアの日」の17日、世界各地で同性愛に対する嫌悪(ホモフォビア)をなくすための集会やキャンペーンが展開された。LGBT(性的少数者)の権利を擁護する活動家らは「Kissathon」と名付けられたイベントを開催、参加者らがキスを交わすなど各地でさまざまな活動が行われた。


認めろって活動が許されるなら、
逆に嫌だという意見表明が認められてしかるべき
なのに、嫌だといえば差別だのヘイトだの袋だたきにされる人が結構いる
そんなんだから理解が進むわけもない

社会の片隅で勝手にホモってればいいのに、表舞台に出てきて普通だと認めろという
ふざけんなって感じ

社会は夫婦から生まれた子供、またその子供と面々と受け継がれることで継続してきたもの
それを拒絶した存在に同様の権利が与えられるわけがない
なのに同じだと言い張る根性が許されない

社会を継続発展させるのは、子供を産み育てるごく普通の夫婦によってのみ(病気、障害は除きますよ)
よって、社会とすれば子を産み育てている夫婦を一番大事にしなければいけない


逆に結婚しないというのも反社会的な行為といってもいい
そうならないように国は若い男女の結婚を勧めるために尽力すべきなのに、女性を輝かすとか言って働かせることばかり進める。アホだと思う。子供がいなければ社会は、国は存続できない。そのことを一番の重要事項とすべきだ


というわけで、
ホモだの同性愛だのっていうのは、社会から追い出すべきなのです
多様性だろうが何だろうが、社会が維持されて初めて許されるたぐいのことでしかない
自然権では無いと思いますね(個人の感想です(笑))

むしろノーマルな人たちに許しを請うて生かしてくださいとお願いすべき案件でしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000067-reut-int


ブログランキング にほんブログ村
タグ:ホモ
posted by ! at 20:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

良いぞもっとやれ!?チェチェンで同性愛者拘束https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000030-jij_afp-int

yahoo:「チェチェンの同性愛者迫害疑惑、調査求めた活動家ら一時拘束 ロシア

ロシア・北カフカス(North Caucasus)地方のチェチェン(Chechnya)共和国で男性の同性愛者たちに対する迫害が行われていると報じられた問題で、検事総長に調査を求める陳情書を提出しようとした人権活動家5人が11日、モスクワ(Moscow)で一時拘束された。

【関連写真】解放後にインタビューに応じるサフロノフ氏

 拘束された活動家の一人、ニキータ・サフロノフ(Nikita Safronov)氏がAFPに明かしたところによると、イタリア国籍の活動家を含む5人で検事総長のオフィスへと歩いて向かっていたところ、警察により拘束されたという。

 サフロノフ氏は5人が同日中に拘束を解かれたことを明かした上、「検察当局がチェチェンのLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)に対して犯罪捜査を行っているため、陳情書と集まった署名を携えていた」と語った。

 モスクワの警察、および検察当局からのコメントは得られていない。

 5人は200万人の署名が集まったことを象徴的に表すためとして、大きな空箱10個を携え、検事総長のオフィスに届ける予定だったという。


迫害?
反社会活動家の除去でしょう
署名なんて燃やしちゃえば良い


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000030-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

入れ墨は反社会行為でしょう>肌に傷を入れるんだから医療行為と見なして良いと思いますhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000084-mai-soci

yahoo:「<大阪・入れ墨事件>彫り師「タトゥーはアート」と無罪主張

◇大阪地裁の医師法違反事件 弁護側「医療行為に当たらず」

 医師免許を持たず客に入れ墨(タトゥー)を施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁であり、増田被告は「タトゥーはアートであり、犯罪とされることには納得できない」と無罪を主張した。

 入れ墨が、「医師でなければ行ってはならない」と医師法が定める医療行為に当たるかどうかが公判で争われるのは初めて。

 検察側は冒頭陳述で、入れ墨は感染症やアレルギー症状を起こす可能性がある医療行為だと主張。増田被告が経営するスタジオにカビが繁殖し、施術前にアレルギーの有無を確認するテストをしていなかったとして、「保健衛生上の危害が生じる恐れが高かった」と指摘した。

 一方、弁護側は「医療行為は病気の治療や予防であって、タトゥーは含まない」と反論。明確な禁止規定がないのにタトゥーを取り締まるのは、犯罪の対象や刑罰を法律で定めるよう求めた憲法の「罪刑法定主義」に反すると主張した。また、増田被告は衛生に十分配慮し、客のクレームもなかったと指摘した。

 増田被告は彫り師に特化した認可・登録制度を整備するよう国に求める活動をしており、昨年5月までに約2万5000人分の署名を集め、国会に提出した。閉廷後に記者会見した増田被告は「安心してタトゥーのカルチャーを楽しめるような制度作りを目指したい」と話した。


入れ墨なんてどう考えても反社会的な行いであって、
芸術だなんてちゃんちゃらおかしい
外道、人の道を外れた連中がやることであって、まっとうな人間がするもんじゃありません

他の国ではどうか走りませんが、日本ではそうい受け止め方をされてきたわけで、そうそう意識が変わるものじゃないでしょ

それに体に傷を付けるのですから、医療行為と見なすべきでしょう


しかし、悪徳を進んでやりたがる人の感覚は理解しがたいなぁ
アホとしか言いようがない
銭湯で入湯を認めないのは本当に助かります。一般人からかけ離れた存在は隔離するに限ります


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000084-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

弱者という立場、差別をされているという立場を利用していて胸くそ悪いhttp://www.sankei.com/affairs/news/170419/afr1704190022-n1.html

産経新聞:「「同性愛者」アウティングは違法行為か 一橋大生自殺訴訟、原告側が争点・双方の主張説明

同級生に同性愛者であることをアウティング(公表・ばらし)されたことが原因で一橋大学法科大学院生だった長男=当時(25)=が自殺したとして、東海地方に住む両親が同級生と一橋大学を相手取り計300万円の損害賠償を求めている訴訟で、原告側が19日、記者会見を開き、これまでの訴訟で判明した事実や訴訟の進行状況、今後の訴訟方針などを明らかにした。

「隠しておくの無理」

 訴状や訴訟で明らかになったところによると、長男は平成27年4月、友人だった法科大学院の同級生に「好きだ。付き合いたい」などとインターネット無料通話アプリ「LINE」を通じてメッセージを送った。同級生は「付き合うことはできないが、これからも良い友達でいたい」などと返信した。

 その後も長男は同級生を食事や遊びに誘った。同年6月、同級生が、長男もメンバーである友人同士のLINEグループに「俺もうお前がゲイであることを隠しておくの無理だ。ごめん」とのメッセージを投稿したため、友人内に長男が同性愛者であることが発覚。その後、長男は大学側のハラスメント相談室や法科大学院の教授に相談していたが、同年8月、クラス全体のLINEグループに「〈同級生の実名〉が弁護士になるような法曹界なら、もう自分の理想はこの世界にない」「いままでよくしてくれてありがとう」などとするメッセージを投稿し、校舎から飛び降り死亡したとしている。

原告側によると、同級生側は「告白を断ったのに、長男からいろいろな連絡があり、精神的に追い詰められた。長男を避けるために友人グループからも距離を置かざるを得なかった。自分の苦しい状況を他の友人に理解してもらうためには、ああしたメッセージを送らざるをえず、正当な行為だった。また、長男から打ち明けられた内容を、他人に話してはいけないという法的義務もない」と主張。学校側は「自殺は同性愛を苦にしたもので、“人知の及ばないこと”だ。大学側の対応に問題はなかった」とし、ともに請求棄却を求めている。

「加害行為で違法」

 原告側は19日の会見で、「同性愛者であるとアウティングすることは長男への加害行為であり違法だ。大学側も『長男個人の問題』と解釈するだけで、適正な対応を取らず、自殺を招いた責任がある」と指摘。その上で、「同性愛者が苦しまざるを得ないのは、同性愛者個人の問題ではなく、同性愛者を差別する社会の問題だ」などと訴えた。

 最大の争点は、アウティングは違法行為なのか−という点。その他の争点として、同級生によるアウティングは正当だったかや、大学側の対応は適切だったかという点も問われている。

原告側は今後、アウティングの違法性を立証するため、「同性愛者であることをアウティングされると、日本は不利益を被る社会だ」とする趣旨の専門家の論文や関係者の証人尋問を証拠申請するとしている。

 一方、この訴訟をめぐり、原告側を支援する団体は5月5日午後3〜6時、明治大駿河台キャンパス(東京都千代田区)リバティタワーで集会を開く。参加費無料。自身が同性愛者だと公表している鈴木賢・明治大教授が基調講演するほか、パネルディスカッションが行われる予定。問い合わせは、なんもり法律事務所(電)06・6882・2501。


被告、同級生は、この記事の通りなら
ただのとばっちりじゃないですか?
どう考えても月とまとわれて迷惑を受けていたので、ただの被害者でしかない
こんなのがマイノリティ、差別を受けているという立場を利用した嫌がらせというか、そんな程度の話だと思いますよ

ますます同性愛者を不愉快に思えるようになりました

異性であろうが同性であろうが、断られたら普通それでおしまい。いつまでもつきまとうのはルール違反でしょう。で、明らかにしたら当てつけに自殺ってことかな?つきまとわずに引いていれば、それ以上事は明らかにされなかったはず。自爆だと思いますよ

にしても、普通の人が同性愛の人の告白されたら普通に不快ですね
いつまでもつきまとわれたら、そりゃ嫌な気分はハンパ無かったことでしょう
本当にお気の毒なことだと思います
で、こんな裁判を起こされてどこまでも不快な連中ですねー


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

肉体上の性別の通りに心を持ちましょう(笑)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000045-reut-int

yahoo:「タイの徴兵検査、トランスジェンダーの苦悩にタイの徴兵検査、トランスジェンダーの苦悩に

タイの娯楽産業では欠かせない存在のトランスジェンダーたちだが、この時期になると彼女たちを悩ませるある問題が訪れる。それは21歳を迎えたタイの男性が必ず出頭しなければならないタイ軍の徴兵検査だ。

タイでは戸籍上の性別を変えることは認められていない。そのためトランスジェンダーのカンフィチャ・サンスクさんは、男性たちに混ざって検査を受けなければならなかった。

サンスクさんは「公的な書類上、男性と記録されているというだけで、徴兵検査の会場に来なければならない。一つだけ良いことは、私たちが徴兵免除を求めることができる規定があることだ」と話した。

だが、徴兵免除を受けるためには屈辱的な過程を経なければならない。性転換手術を行ったことを医師が検査で確認するのだ。

軍は、トランスジェンダーにはプライバシーの保護を行っていると主張する。しかし、トランスジェンダーの権利擁護団体は当局に対し、戸籍上の性別の変更を認めるなどして、彼女たちが屈辱を受けなくても済むよう求めている。


心がゆがんでいるだけ
肉体が持って生まれた性別を素直に受け入れるように矯正してあげましょう

世界中で人間の心が狂い始めているのでしょうか?
おかしいのが増えすぎ
ゆがんだ精神を治療する方法を早く確定しないと、人類が滅びの道を歩んでしまいますよ

神様人類に仕込んだ壮大なバグかもしれません
バグを仕込んでシステムの停止を図っているのかも
人類滅亡への道を歩ませるため?
正常に男と女が結ばれて子をなし未来へつないでいくのが、普通の人類
そうじゃない、同性同士がくっつくという異常事態が増殖したら人類おしまい
バグは消し去るのが一番!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000045-reut-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

意義はないけど、異議はある>同性カップルが里親https://news.yahoo.co.jp/byline/komazakihiroki/20170406-00069611/

yahoo:「日本初、男性カップルの里親誕生の意義と今後の課題
本文はコピペしません

子供のためにならない、ゆがんだ存在に子供を預けるなんて愚行中の愚行
そんなもんを親代わりにするなって思いますよ

そんな門を親代わりにするのは、子供にとって虐待以外何物でも無い
つくづく馬鹿なことをやったものだなぁって思います

親になれるのはどう考えても男と女の組み合わせだけです
同性では親にはなれません
自然界の摂理でございます

道から外れた存在は道から外れているのですから、近づく必要ないのに
なんで取り込んじゃうんでしょうかねぇ
道がゆがむだけでしょうに
ばかばかしい

子を持てないものは生き物として歴史を作れないのですから
要するに社会の継続性に寄生するだけの存在
論外でしょう
ひたすら気色悪い、それだけです


https://news.yahoo.co.jp/byline/komazakihiroki/20170406-00069611/


ブログランキング にほんブログ村
タグ:ホモ ゲイ 里親
posted by ! at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

人倫にもとる行為やろ>男性カップルが里親とはhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000039-asahi-soci

yahoo:「男性カップルが里親に 大阪市、全国初の認定か

保護者がいなかったり虐待を受けたりして家庭で生活できない子どもを育てる養育里親として、大阪市が男性カップルを認定していたことが分かった。厚生労働省によると、同性カップルによる里親は全国で初めてのケースとみられる。

 認定を受けたのは、大阪市内に住む30代と40代の男性のカップル。昨年12月付。国が定める里親の要件は同性カップルを除外していない。2人は2015年、「里親になりたい」と市の児童相談所に相談。児童福祉施設で子どもと接する実習を受け、審議をへて認定された。現在、養育里親として子ども1人を育てている。

 市は認定理由を「社会的養護への理解があり、経済的な安定性もある。実習で見た子どもとの関わり方も問題ない」と説明する。

 養育里親は養子縁組を目的とせず一定期間子どもを育てる制度。養育里親の要件は、児童の養育について理解・熱意や豊かな愛情がある▽経済的に困窮していない▽研修を修了している――など。

 15年3月現在、全国で里親を委託している3704世帯のうち、夫婦が3216世帯、ひとり親が488世帯となっている。


親を選べなかったですかねぇ
お気の毒様と言うほかはない

タイトルの通り人倫にもとる行為だと自分は思う
それ以外にはない


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000039-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
タグ:里親
posted by ! at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

首相夫人は私人、辻元は議員だから公人、確かに違う問題だhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000552-san-pol

yahoo:「辻元清美氏 民進党が産経新聞に抗議文「首相夫人とは事柄の本質異なる」

森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。

 辻元清美議員に関わる報道記事について

 貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、「3つの疑惑」として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した。

 しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。

 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。

 安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる

 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する。


安倍総理夫人は、あくまでも私人ですし
逆に辻元は議員という立場があり公人ですよね
であるなら、より厳しく見られるべきは公人たる辻元であって
首相夫人ではないはず

今のところ首相夫人には様子が怪しいというだけで犯罪を行ったという証拠がないのですから当然ですね
逆に辻元はいろいろ問題が出てきているのですから、いっそ証人喚問した方がいいと思いますし
必要に応じて警察、公安の出動が必要じゃないですかね?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000552-san-pol

ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市幹部が市民を恫喝したらダメでしょう>武雄市ツタヤ図書館問題https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000021-asahi-soci

yahoo:「「ツタヤ図書館」批判の投書、市幹部らが投稿者宅を訪問

レンタル大手「ツタヤ」を展開する会社が全国に先駆けて指定管理者を務めている佐賀県の武雄市図書館に関して、市民が市の施策を批判する投書を新聞にしたところ、「事実誤認」があるとして市幹部らが投稿者や家族を訪問した。市議会一般質問でも市議が投稿者を個人情報を交えて批判。こうした直接の働きかけについて「圧力になりかねない」「反論は紙面ですべきだ」という指摘がでている。

 投稿者は「市図書館・歴史資料館を学習する市民の会」代表を務めている同市の70代男性。市図書館の郷土史の展示スペースのあり方などについて市政を批判する内容で、3月4日付の佐賀新聞に掲載された。

 市こども教育部は、内容の数カ所が市の見解と異なり「事実誤認」だと判断。3月6日に水町直久理事ら3人が男性宅を訪れた。男性は「一部説明不足や数字の誤りはあったが、自分の主張に間違いはない」などと話したという。翌7日には諸岡隆裕・こども教育部長が男性の家族の職場に行き、投稿内容について説明した。

 水町理事は「説明不足の文章で、みなさんが勘違いされても困る。知っている仲なので、直接会って我々の考え方を理解して頂きたいという思いだった」。諸岡部長は「ご家族とは仕事上で付き合いがある。市議会の一般質問の中で話題に上がる可能性があるともお伝えした。ご家族は恐縮されていた」と話す。

 9日の市議会一般質問では、山口昌宏市議が投書を「あることないこと書いてある」と批判。市側に対応などをただした。山口市議は男性を名字で挙げたうえで、家族について職業や、仕事柄、市図書館にも縁があることに触れ、「そういう中でこの投稿は通常ありえない」「当たり前のことを書かないで、皆さん方に迷惑をかけている」などと男性を批判した。

 山口市議は取材に「事実誤認について市民に知らせるためには、公の場でしっかりやった方がいいと思った。圧力ではない」と説明。「新聞にも出ているので名字は言ってもいいと思った。家族のことは多くの武雄市民が知っているので問題ない」と話した。

 投稿した男性と家族は、市側の訪問について「圧力とは感じていない」という。ただ、市議の発言については、男性は「家族は関係ない。何でそういうことを議会で言うのか真意をはかりかねる」と話す。

■「圧力」「紙面で反論を」識者

 佐賀大の畑山敏夫教授(政治学)は「市職員が投稿者や家族を訪問するのは、一般的に圧力となることが考えられる」と指摘する。「事実誤認と言うのであれば、市は読者に伝えるためにも同じ紙面上で反論すべきだった。こういった前例があると、市民は気軽に投稿したり、市を批判したりしにくくなる」

 畑山教授は市議については「議会で取り上げるにしても、個人を名指しして批判する必要はなかった。家族への言及も含め、配慮がない」と苦言を呈する。


そもそも図書館を民間に任せた時点で市の失敗なんですよね
公共施設の役割、図書館の役割を理解しないまま民間に託せば問題が起こることくらい、少なくとも市長になる人とか市の幹部の人とかわかっていそうなものですが
この武雄市はそうではなかったらしく、結局導入し紛糾し続けているそうな

ツタヤ図書館、蔵書を適当に処分して町の記録とかそういう資料を破棄していたと聞きます
いや、図書館ってそういうものを保存しておく場所でもあるわけでしょ?
国会図書館ですら、漫画を含めていろんな資料を多額の金を出して収集しているわけで
ツタヤがやっていることって図書館ではなく貸本屋程度のことしかしてないわけです


で、そういうことを批判すると市の幹部が恫喝に来るというおまけ付き
武雄市、元市長が気の触れたことをしてからずっとおかしいままのようです
単に田舎町ってことじゃないのかな?思い通りにならないと力尽くで従わせるって、田舎者がやることじゃない?ヤクザって言う方が正解かしらね?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000021-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

それはダメだろ>女子大に心は女とやらの入学を検討https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000070-asahi-soci

yahoo:「「体は男、心は女性」入学可能に? 日本女子大が検討へ

日本女子大学(東京都文京区)が、男性の体で生まれたが、女性として生きるトランスジェンダーの学生を受け入れるかどうかの検討を新年度から始める。体の性別を入学の前提にしてきた女子大だが、さまざまな性のあり方への認識が広がる中、生物学的に男性に生まれた人にも門戸を開く可能性が出てきた。

 伝統校の日本女子大が議論を始めることで、他の女子大に影響を与える可能性もある。文部科学省と同大は「他の女子大で、同様の動きがあるとは聞いていない」としている。

 検討のきっかけは2015年末、神奈川県に住む小学4年生の保護者からの問い合わせだった。この児童は戸籍上は男子だが、性同一性障害と診断され、女子として生活している。同大や付属校の入試の出願資格には、「女子」との規定があるが、同大付属中の受験を希望していた。

 これを受け、同大は16年8月、付属の幼稚園、小・中・高校、大学の学部代表らで「LGBTに関する検討プロジェクトチーム」(座長・小山(おやま)聡子副学長)を設け、議論した。「多様な学生を受け入れるべきだ」という積極論の一方、「学生や生徒、保護者、教員の理解が浸透しているとはいえない」などの慎重論もあり、同年10月末、現段階では受け入れは難しいと結論づけた。

 だが同時に、まず大学で受け入れをめぐる検討を先行させることも決め、11月に保護者に伝えた。新年度に学内に会議を設け、すでにいる性的少数者の支援も含め、受け入れの可否を検討する。女子大の中には、戸籍の性別を女性に変更すれば入学できるところもあるが、20歳以上や性別適合手術などの要件があり、ハードルが高い。女子大が仮に受け入れを決める場合には、医師の診断など具体的な要件をどうするかが課題になる。

 米国の女子大の中には、男性として生まれても女性と自認していたり、女性として生まれたが女性とも男性とも自認していなかったりする「多様な女子」を受け入れるところがある。

 小山副学長は「『女子とは何か』の判断基準の検討は、女子大の価値や存在意義を考えることに重なる。社会的な弱者を支え、多様性を重んじる米国の女子大の方針はすばらしいと思うが、まず、学生や保護者らの声を聞き、多角的に議論したい」と話している。(編集委員・氏岡真弓、杉山麻里子)


普通にあり得ないでしょ
普通の学生の親御さんもかなり抵抗があるんじゃない?

良識でダメだと判断しましょう

多様な女子って何?
女は女としての肉体を持っているだろうし
男は男としての肉体を持っているだろう
そうじゃないというのは異常なだけで治療すればよい


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000070-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

不法滞在だし、男同士で夫婦とか馬鹿だとしか言い様がないhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000002-asahi-soci

yahoo:「「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ

日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。

 原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。

 男性は翌年、エイズウイルス(HIV)への感染が分かり、パートナーの励ましのもとで治療を続ける。一方、パートナーが抑うつ的になって働けなかった時期は男性が家計を支えるなど、お互いに精神的な支柱となってきたという。

 男性はビザが切れた94年から不法滞在だったが、同性愛に理解のない母国の家族とも疎遠で、日本で息を潜めるように暮らし続けた。2013年になって、HIV感染者を支援する団体の代表を介して性的少数者の人権問題に取り組む弁護士とつながり、不法入国や不法滞在でも特別の事情があれば認められる「在留特別許可」を求める方向で相談していた。

 だが入国管理局への出頭を準備していた昨年6月、職務質問で不法滞在が発覚し、逮捕された。特別許可も下りず、東京入管は昨年11月に退去強制令書を発付。いつ強制送還されてもおかしくない状態という。

 特別許可が下りなかった理由は不明だが、法務省のガイドラインは許可すべき要素として日本人との結婚を挙げており、男性側は「同性カップルゆえに夫婦同然の関係が考慮されなかった」と主張。訴訟では、入管側の裁量権逸脱を認め退去強制令書の発付処分などを取り消すよう求める。

 同居を始めて23年がたち、パートナーは50代後半になった。異性カップルだと、事実婚でも退去強制処分が取り消された判例は少なくないという。男性は「2人で年を重ねてきた。彼は私の家族。日本で一緒に、静かな老後を迎えたい」と訴訟に期待を託す。


法の下の平等を訴えたければ法を守っていないとね
不法滞在をしておいて、何を言うのかと(笑)

さらにいえば、同性で夫婦とか気持ち悪い
認めてくれる国へ行けばいいと思いますよ
日本は今のところ認めてないし、今後も認めてほしいとは思わない
ノーマルな国でありたいものです

裁判所がまともな判断を下すことを切に願う


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000002-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
タグ:不法滞在
posted by ! at 20:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

気違い沙汰だ>女性デーで刺青http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-10001671-bbcv-int

yahoo:「タトゥー入れる募金活動 国際女性デーに米ワシントンで

今月8日の国際女性デーに合わせ、米ワシントンでタトゥーを入れるイベントが開かれ、大勢の女性が列を作った。タトゥー店の収益は非営利団体「プランド・ペアレントフッド」(家族計画連盟)に寄付された


なんと言ったらいいのか
要するにアホかバカか、キチガイか、と

刺青と国際女性デーと寄付のつながりがさっぱりわからん
外人とわかりあうっていうのは無理だよ
全然ダメ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-10001671-bbcv-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

長岡京市の情報漏洩事件>怖いねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000079-mai-soci

yahoo:「<長岡京市>市民相談内容、他人に撮影させる 職員厳重注意

京都府長岡京市は10日、市のホームページに寄せられた「市民相談」の内容を、職員が市内で事業を営む男性に見せ、撮影させていたと発表した。相談には投稿者の名前やメールアドレスも記載されており、市は「情報管理について配慮に欠けていた」として、この職員を厳重注意した。

 市によると、相談は2015年3月に市人権推進課宛てに届いた。市内で高齢介護事業をしている男性を中傷する内容で、特に対応をとらなかったが、その後にこの男性が「ヘイトスピーチの被害を受けている」と同課を訪問。「市で把握している関連情報がないか」と問われ、対応にあたった職員が、相談をプリントアウトした紙を見せ、撮影させたという。

 この男性が今月8日になって、撮影した画像を自らのツイッターに投稿し発覚。市は男性に投稿の削除を依頼したが、相談を寄せた人物とは連絡が取れないという。【木下訓明】




(以下についているコメントも参考に)

Togetterまとめ:「長岡京市の企画部人権推進課から個人情報が流出したらしい

というわけで関わったのは、有田参議院議員の弟の有田和生とのこと
まぁそういう輩ってことですね

報復のために情報を引き出したわけですから、犯罪として裁かれてもおかしくないと思うのですが?
故に長岡京市の処分もおかしいと思いますが
長岡京市の市長、中小路健吾氏(リンク先はウィキペディアの該当ページ)は元民主党、さもありなんということでしょうか?

相談した投稿者が消されてなければいいですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000079-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

夫や子供が本当に気の毒ですね>男と女違う生き物なのになぁhttp://www.asahi.com/articles/ASK2S7G82K2SUTIL06H.html

朝日新聞:「「主人」や「嫁」という言葉は賞味期限 川上未映子さん

 3月8日は国際女性デー。作家の川上未映子さんは、4歳の息子さんに「男女のフェアネス」を徹底して伝えているといいます。そのわけは――。

いま4歳の息子は、3歳の頃から「男は強くて女は弱いんだよね」とか「男は女を守るんだ」とか言うようになりました。そういう価値観を外でがんがん仕入れてくるんです。その都度、一つひとつ「違うよ」と解除しています。

 おなかが減るのに男も女も関係がないように、悲しいやうれしいに男も女も関係がないように、強い弱いに男や女は関係ない。その時、余力のある人が弱っている人を助けるだけ。男でも弱っている人がいるし、女でも強い人もいるよ、と。

■女性はアプリみたいな存在

 日本では、社会のOS(基本ソフト)が男性だとしたら、女性はアプリみたいな存在。小さい頃からそういう構図が内面化されつくしていますよね。

 例えばブラジャーをつけるにしても、学校で私が言われたのは「男子生徒が落ち着いて勉強できなくなるから、つけるように」と。性被害にあっても、「隙があった」「挑発的だった」とか。女には主体性を与えられない。これでは女性が女性の身体を持っているだけで駄目なのだと、否定されているようなものです。

 私たちに与えられた将来の夢は、恋愛や結婚や母親になるだとか。もちろんどれも悪くないけど、「総理大臣になる」とかはなかった。

 でも、私がそういう違和感を言語化できるようになったのは、20代になってからでした。

■男女のフェアネス、息子に徹底

 いま親になり、まだまだ同じようなことが繰り返されているんだなあ、とあらためて感じているところです。子ども番組でも最近は、例えば仮面ライダーもピンクを着るし、プリキュアみたいに女の子が戦うというのもあるから、ジェンダーフリーを意識したようなものは出てきている。でも、やっぱり息子は「女は弱い」みたいなことをふとしたときに言ってきます。

 解除しても解除しても、モグラたたきのようで本当にトホホですが、男の子だから、今の社会でいえばやがてシステムの側にいく。だから、男女のフェアネスということは徹底して伝えています。

 先日、「配偶者に主人や嫁という言葉を使うのはやめよう」とコラムで書きました。パートナーとは対等な関係であるべきなのに、なぜ主従関係や属性を表す言葉がいまだにこんなに使われているのか、と。

 稼ぎの多さとか専業主婦だからとかは関係ない。家庭に主従の構図があるのはおかしい。主人なんて言わず、嫁なんて呼ばずに、フェアであるべきです。

■まず家庭の中を変えよう

 でも、ママ友たちの話を聞いていると、おなじくらいの時間外で働いていても、夫は自分のほうが稼ぐという理由で、家事や育児の負担の多くを妻が引き受けることになる。キャリアをストップさせるのも、ほとんど女性。社会設計がそうなっているせいで、男性も女性も、そういうものだと思うようになる。家事も育児も大変な仕事なのに、稼ぐほうが、経済を握っているほうが偉いということになる。おかしいと感じても、言えなくなっていく。

 私たちがまずできることは家庭の中を変えること。「お父さんは外で働いているから」と家では家事をしなくていいのか、夫婦がお互いの仕事や立場にフェアな敬意を持つのか。それを見て子どもは育ちます。

 「呼び方なんてたいした問題じゃない」と言う人もいる。でも言葉って本当に大事。男性でも女性でも、配偶者を「これ」とか「おまえ」とか呼ぶようになってきた時から、DVとかそういう関係が作られていくんですよ。主人とか嫁とか呼ばれていると、そういう関係性が内面化されていく。だから言葉の力を馬鹿にしてほしくないんです。

 もう2017年なのだから、これまで当たり前に使われてきた言葉の賞味期限を見直していかないと。「女子力」なんかも、女性を都合よく扱うための言葉としか思えない。

■男も女も、解放を

 最近は、こうした違和感をSNSで共有できる。自分の考えを言語化したり、闘い方や自分の守り方が分かったり。それはすごくいいことだと思っています。女の子たちには、何かおかしいなと思ったら目をそらさずに、その違和を言語化して考えて、と伝えたい。自分の人生を作り上げていくのは自分自身。主体性を持って生きて欲しいです。

 大人たちは、「女だから」なんて性別をたてにとって女の子に限界をつくらないでほしい。「女の幸せは結婚と出産」とか言うのもやめて。自分の人生は自分で決めるんだよと、そんなふうに男の子にも女の子にも、ひとりの「人間」として話をしてほしい。

 日本ではなぜか否定的にとらえられることがあるけれど、私はフェミニスト。専門的な教育を受けたわけではなく、自分で学んでたどり着いた自分の立場だと思っている。上智大の三浦まり先生が言った「性差別主義者でない人はみんなフェミニストだ」という定義に賛同します。

 男性も「男らしくあれ」とか「男は稼いでいくら」とか、そういうものから自由になってほしい。戦いごっこに興味のない男の子だって、強くない男の人だって、当たり前にいる。男も女も、もう、望んでいない「らしさ」から解放されましょうよ。(聞き手・三島あずさ)


一対の生き物ですからねぇ
それぞれにそれぞれの役割が与えられてますよね
たまに逆転している人もいるかもしれませんけど、
男には男の役割
女には女の役割というのが設定されていると思いますよ

なのに、同じだと言い張る人たちってなんなんでしょうね?
どうあがいても男の体は捨てられないし、女の体も捨てられない

生き物として、そして社会制度としての分化を無視して何を言ってるのでしょう?
夫や息子が本当に気の毒に感じます。こんなめんどくさいのと一緒なのは自分だったら勘弁ですね

なんにしても息子さんは外界で外界のルールをきちんと学んでくるので、その板挟みになっていずれは母親を恨むことになるんじゃないですか?圧倒的に外界の情報の方が大きいのですから
それでも母親として子供を支配し続けるのかねー
夫はそれでよければそれでいいんでしょうけど(笑)


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

そりゃ異端者だもんな>生きづらい性的少数者http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000010-asahi-soci

yahoo:「性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」

若い世代ほど差別的な発言にさらされていて、親へのカミングアウト率には地域差がある――。日高庸晴・宝塚大教授(社会疫学)の調査で、性的少数者の生きづらさの実態が浮かんだ。回答者は約1万5千人。日高氏によると、性的少数者全般を対象にした調査としては国内最大規模だという。

 調査は昨年7〜10月、ライフネット生命保険の委託で実施された。性的少数者向けのインターネットサイトにバナー広告を掲載するなどして、47都道府県の10〜94歳から回答を得た。

 「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。


異常なものは異常なんだし
それはどうしようもないことでしょう

普通っていうのは、
この社会において社会の継続性を維持するために必要なことをしている人たち
つまり、ごく普通に男女が結びついて子を成し、次世代につなげている人たち
それ以外の性愛を求めるのはすなわち異常ということになるわけです
他の考え方もあるかもだけど

それら合わせて、ろりこんとか少年愛とか死体と楽しんじゃう連中とかと同じで
異常なのです

それらを軽蔑する人がいるのも当然だと思うし、やむ得ないことでしょう
どうしようもないよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000010-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

言論統制を推進して恐怖政治へ》川崎http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00016053-kana-l14

yahoo:「川崎市がネット上の差別書き込み削除要請へ

川崎市は28日、ヘイトスピーチ対策としてインターネット上の差別書き込みの削除要請をプロバイダー(接続業者)などに行っていくことを明らかにした。市人権施策推進協議会の提言を受けたもので、今春にも横浜地方法務局川崎支局と協議を開始し、連携して取り組むとしている。

 市議会第1回定例会の本会議で民進みらいの織田勝久氏の代表質問に唐仁原晃・市民文化局長が答えた。

 市人権・男女共同参画室は「デモや街宣で行われるヘイトスピーチ同様、ネット上の書き込みも人権侵害を引き起こしており、自治体として対策は必要」と説明。すでに市職員が、ネットモニタリングを行いネット掲示板管理者に削除要請をしている広島県福山市と、民間団体と協力し地方法務局を通じて対策に取り組む兵庫県尼崎市を視察したという。

 今後、対象となる文言に関する基準作りやモニタリングの手法、市民から差別書き込みの情報提供を受ける仕組みなどの検討を重ねていく。当面、地方法務局への情報提供を先行し、基準を設けた後、独自に削除要請を行うことを想定している。

 昨年6月施行のヘイトスピーチ解消法は差別的言動の根絶に向けた施策を国と自治体に求め、衆参両院の付帯決議ではインターネット対策の実施がうたわれている。川崎市は昨年12月の市人権施策推進協議会の提言を受け、今月10日にフェイスブックを開設し、啓発動画などの発信を始めている。


基本、外人が多いところ
特に支那人、朝鮮人が多いところでは
日本人の言論の自由が認められないことが多いですよね!
怖いことです

EUみたいに外人を排斥しないと日本人の自由の権利が徐々になくなってしまいますね
真剣に考えるべき時ではないでしょうか?
日本は日本人のもの、日本人のために存在します


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00016053-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

やりすぎなんだよね>何でもかんでも配慮すべきって考えがおかしい>アメリカトイレ心の性http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170223-00000044-nnn-int

yahoo:「「心の性に応じたトイレ使用」指針を撤回

アメリカのトランプ政権は22日、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の生徒らに、心の性に応じたトイレの使用を認めるよう指示したオバマ政権時代の指針を撤回した。

 オバマ政権時代の去年5月、アメリカ政府は「トランスジェンダー」の子どもが心の性に応じたトイレを使えるようにすべきとする指針を全米の公立学校に向けて出していた。しかし、トランプ政権は22日、この指針を撤回し、どのように対応するかは州や地元政府などが決めるべき、と発表した。

 「トイレで性犯罪が起きる危険がある」などと反発していた保守派に配慮を示したとみられる。

 オバマ政権時代の方針を転換する今回の発表に対し、ワシントンのホワイトハウス前では「トランスジェンダー」の権利を訴える人たちが「大統領よ恥を知れ」、「トランスジェンダーの子どもを守れ」などと抗議の声をあげた。


トイレとか外見で判断できる性で利用するようにしておかないと
変質者とかそういう類の連中と区別がつけられないから、至極当然の処置だと思いますよ
オバマがあまりにも優しすぎたしやりすぎた
結果普通の人たちに嫌な思いをさせるレベルを超えてしまっただけのこと
その反動はしばらく続くでしょうし、そうでなければいけない

影の存在を表に出すことほど愚かなことはない

一般人と同じように扱うっていうのはないと思いますよ
治安維持の上で、どっちを取るかと言ったらノーマルを取らないと変だし

心っていうのは健全な肉体の上に成り立つわけで、肉体と不一致なら肉体に合わせるのが当然であろう
性器を取るなどして無理やり性別を変更した歪んだ肉体で、どこがまともだというんだ?


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170223-00000044-nnn-int


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

社会の片隅にいるならいいと思うよhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010003-saitama-l11

yahoo:「誇れる…川口の同性カップルが結婚式「大切な人に承認してほしい」

埼玉県川口市の男性2人が18日、神奈川県横須賀市で結婚式を挙げる。会社員佐藤潤さん(34)と会社員内田直紀さん(27)の選んだ挙式スタイルは参列者に誓いを立てる人前式。「神様からバチが当たってしまったかもしれないけれど、せめて大切な人たちに、自分たちの関係を承認してほしい」。そんな思いから約4年半の交際期間を経て、2人が求める幸せの形を探っていこうと、新たな人生に歩みを進める。

 2人が知り合ったのは2010年。SNS(会員制交流サイト)を通じて、佐藤さんの元に内田さんからメッセージが届いた。「実は男性が好きなんです。駄目なやつなんです」。佐藤さんは「駄目じゃないよ」と返信。周囲にゲイであることを打ち明けていなかった内田さんは当時の心境を「安心した」と振り返る。共通の趣味だった音楽を通じて交流が続き、12年に交際が始まった。

 「直紀に会うまで自分を守ろうとして、人を信じようとしなかった」。失恋を経験し、生涯のパートナーを見つける気持ちは芽生えなかったという佐藤さん。だが、内田さんと過ごす時間が増える中で、心に変化が生じた。「穏やかな直紀には、汚い部分を含めて託せた。この人と生涯添い遂げたいと心から思えた」

 昨年2月から同居、自然と互いに結婚を意識した。式場に選んだのは横須賀市の海と木々に囲まれた自然豊かな場所。「初めて、幸せと報告できる日が来ました」。式場が決まると、佐藤さんは母親宛ての手紙につづった。家族や友人約35人の前で晴れ姿を披露する。

 近年、性的少数者の人権を訴えるため、レズビアンやゲイらLGBTの人がパレードを行うなど、啓発活動が各地で行われている。だが、佐藤さんは「ゲイが嫌いな人はそれでいい。僕にだって嫌いなものはある。多様性を認め合うことより、境界を取っ払うボーダーレスを求めたい。いつか、LGBTという言葉がなくなることが幸せだと思う」。式にはあえて、ゲイを好まないという友人も呼んだ。

 同性婚を認めていない日本では、法的な保障はない。ただ佐藤さんは「自分たちの力で手探りでも前に進んでいければ」と話す。正式な書類の取り交わしはできないが、役所でもらった婚姻届に互いの名前を書き記した。妻と書かれた文字には斜線を引いて夫と直した。婚姻届は部屋に大事にしまってある。

 「かつては普通であることに憧れていたけど、佐藤潤としての生き方をやっと誇れるようになった。自分たちなりの幸せの形を、心の形を見つけていきたい」。挙式当日、佐藤さんは大切な人たちの前で思いを伝えるつもりでいる。


結婚というのは社会を維持するために必要な仕組みであるので、
そうじゃないものに権利などが与えられるわけないですね
(ただし当然障害などで子供を得られない夫婦は別ですよ)

同性愛ははっきり言って異端であるし、不愉快だし、キショイ存在
それでも存在しちゃうのはどうしようもないのかもしれない。だから社会の片隅でひっそりとしていてくれるならいい。社会を維持するために頑張っている人たちの邪魔をしたり、同等の権利をよこせと不当な要求さえしなければ存在してもいいんじゃないかなと考え方は切り替えてあげようかなとは思う


普通の人とそうじゃない人が分かり合えるっていうのは神様でも無理だと思います
持っているもの、目指しているものが違うから


ブログランキング にほんブログ村
続きを読む
posted by ! at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

国保の対応の方がおかしいでしょう>性同一障害通名使用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000009-mai-soci

yahoo:「<性同一性障害>社会保険は通称名認めず 国保と対応に差

心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の人が保険証で通称名を表記することについて、自営業者が加入する国民健康保険で厚生労働省が「保険者の判断で可能」と認める一方、会社員が加入する社会保険で認めていないことが分かった。GIDの当事者は「保険の種類で通称表記の可否が異なるのはおかしい」と国に公平な対応を求めている。

 神奈川県在住で戸籍上は男性だが女性として生活する40代の会社員は今月1日、京都市で自営業のGID当事者の通称表記が認められたことを知り、加入する健康保険組合を通じて同省関東信越厚生局に問い合わせたところ、「(通称表記は)認められない」と言われた。

 同省は毎日新聞の取材に「国民健康保険は市町村の住民基本台帳に基づき保険証を発行している。住民基本台帳に登録した外国人は保険証で通称を使ってもいいという通達を2011年に出し、GIDに準用した。社会保険は基本台帳に基づかず、通称表記ができるとの判断に至っていない」と説明。「今後、可能とするかどうか検討したい」とする。

 15年にGIDと診断された会社員は「仕事や日常生活では(女性として)問題なく生活できているが、病院などで本人確認のために戸籍名をフルネームで呼ばれるのは苦痛だ」と苦悩を明かし、「国保と社会保険で区別する理由はない」と話している。


自分の名前が苦痛とか、本当に性根が腐っているのですね
身体についていけない心の治療を早くするようにお勧めしたい

とにかく保険証も身分証明書の一つです
本名を掲載しないで何を掲載するというのか?
本人確認ができなくなるじゃないですか?
それでいいのかな?公式文書をそういうふうに歪めて

特別扱いされたくて、いろんなわがままを言ってきますけど、公式の身分証明書までそんなふうにおかしくしないでほしい

そこまで社会が配慮しなければならない理由ないです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000009-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

子孫を作れないのだから、すぐ無縁墓地だねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000039-mai-soci

yahoo:「<東京の寺>同性パートナーも同じ墓に…LGBTに寄り添う

◇「多様な性受け止めたい」

 同性のパートナー同士で一緒の墓に入りたい−−。昨年再興400年を迎えた東京都江戸川区の證大(しょうだい)寺が、こうした願いに応えていこうと性的少数者(LGBTなど)に寄り添う寺づくりを進めている。寺を挙げて僧侶のLGBT研修なども始めており、当事者から「寺院業界は体質が古いイメージがあるので、多様な性を受け止めようという取り組みはインパクトがあり、とても勇気づけられる」と期待の声が上がっている。

 證大寺ではこれまで、永代供養墓を除き非親族同士の埋葬を断ってきた。しかしここ数年、友人や内縁関係でも同じ墓に入りたいという希望が寄せられるようになってきた。

 「今まで断ってきた中にはLGBTの人たちもいたかもしれない」。井上城治住職(43)は、寺が新しい弔いの形に対応できていないと自覚し昨年10月、千葉、埼玉両県で運営する霊園の一角に、従来の制限を外した墓「&(安堵(あんど))」を整備した。「家」の墓ではなく、守っていく子孫がいないことも考えられるため、死後一定期間たつと永代供養墓に合葬する契約だ。

 こうした取り組みを通じて「寺は本来、だれもが集いやすい場でなくてはならない」(井上住職)との意識が僧侶や職員の間に広がり、LGBTの抱える課題に真摯(しんし)に向き合おうと決めた。

 1月末に開いた内部研修会には僧侶7人と職員11人が参加。講師は、企業のLGBT研修などを手掛ける「レティビー」(東京都千代田区)の榎本悠里香社長(27)が務めた。

 自身もレズビアンであることをオープンにして活動している榎本さんは、以前に結婚式場のスタッフから「同性婚を認めれば、動物や物とも結婚できるのかと、際限がなくなるのでは」と言われ傷付いた経験などを語った上で「LGBTといっても、どうしたいのかは一人一人異なる。その人が求めていることに寄り添った対応を」とアドバイスした。

 今月9日にも中高年のLGBT当事者数人を招き、僧侶らとの意見交換を行う予定だ。同寺広報担当の船井隆作さん(43)は「保守的な存在の寺が、全体でLGBT対応や意識改善に取り組むのは全国的に見て珍しいはず。老いや死を見据えたLGBTならではの『終活』相談にも応えられるよう学びたい」と話す。【篠崎真理子】


子孫を確保できないんだから、すぐ無縁墓地で墓じまいをせねばなるまいて
無駄やないの?


あとリミッターをつけておくことで社会は維持されて来たわけで、
それを外してしまったら、おかしくなるばかりでしょう
なんでも多様な生き方を認めるべきというのは愚策でしかない


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000039-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村


タグ:無縁墓地 LGBT
posted by ! at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

こんな反社会、反倫理の基地外が都知事候補にならなくて良かったなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000066-sph-ent

Yahoo:「石田純一、小倉優子夫の報道に「妻妊娠中の不倫はルール違反」

俳優・石田純一(62)が3日、東京都知事選出馬騒動が明けて4週間ぶりにレギュラー復帰した大阪・ABCテレビの情報番組「おはよう朝日です」の生放送で、第2子を妊娠中のタレント・小倉優子(32)の夫の不倫報道についてコメントした。

 「不倫は文化」発言で知られる石田だが「ルール違反もありますよね、不倫の中でも。妊娠中はマズイ」と、小倉の夫のヘアメイクアーティスト・菊池勲氏(45)を批判した。

 この日発売の「週刊文春」は、菊池氏が、小倉が所属する事務所の後輩のモデル・馬越(うまこし)幸子(25)と不倫していると報じた。


ひとたび婚姻関係になったら、浮気なんぞ人としてあり得ません
自身がやっているからこその発言でしょうけど
こんな反倫理、反社会の下衆が東京都知事選に出てこなくて良かったなぁと思います
立候補するだけでも東京の恥だろって思いますよ

モラルがないままに都知事として仕事が出来るわけ無いでしょうに


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000066-sph-ent


ブログランキング にほんブログ村
タグ:石田純一
posted by ! at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

政治的っていうかカルト利用じゃないかな?福島県を放射脳が利用しているhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00000059-san-l40

Yahoo:「政治的主張に福島を利用するな 地元分断するメディア 「はじめての福島学」著者・立命館大准教授開沼博氏語る

東京電力福島第1原発事故について、データを使って冷静な議論のベースを提供する『はじめての福島学』の著者で、立命館大准教授の開沼博氏(32)が産経新聞の取材に応じた。「原発をめぐる議論が政治問題化されていることが、地元の課題解決を妨げている」と訴えた。(九州総局 高瀬真由子)

                  ◇

 平成23年3月、福島第1原発事故が発生しました。発生直後から、現実の福島と、イメージで語られる福島にあまりに差があり、地元に対する偏見があると感じてきました。

 福島の問題は政治問題化されています。

 政治問題化とは、例えば「原発反対」という自分の政治的な主張を強化するために、「福島はこんなにひどい」ということです。最初から答えありきで、福島を利用しているのです。

 福島県では、事故の影響で人口が減り続けているとか、原発周辺で放射線が漏れ続けているというイメージを持っている人もいるかもしれません。ただ、データを見れば、そうではないことが分かります。

 にも関わらず、こうしたイメージの結果、変なデマが流布することは、福島の人たちに対する差別にもつながる。「福島は汚れている」と言われたときに、言い返せる言葉やデータを福島の住民は持たないといけないし、外から福島を語るときは、データを根拠にしなければいけないんです。

 ■フクシマの牽強付会

 また、福島原発を語るときに、片仮名の「フクシマ」が使われることがあります。全国の新聞データベースで検索し、「フクシマ」の登場回数を調べました。いつが多かったと思われますか?

 平成23年8月に、その表現の山ができているんです。

 8月つまり、原爆をめぐる記事で、被爆の影響を語る際に無理やり「ヒロシマ」や「ナガサキ」と結びつけているんですね。

 福島の被災者は往々にして、「あなたは原発について賛成ですか、反対ですか」と問われることがあります。要するに、どっちの立場なんだと踏み絵を踏まされるんですね。その暴力性も目の当たりにしました。

 原発について「問題ない」とか「過剰に危険をあおるのは間違っている」というと、中傷や罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせられる状態がずっと続いている。逆に「問題がある」といえば、「正義」の側にいるものとしてカリスマ視されるのです。

 原発立地地域の内側でみえる風景と、外から見る景色は違っています。

 原発の地元は地域産業の意義や、リスクについてもしっかり考えて、長年、議論してきた。自分たちが都市部に電気を送っているという使命感もあります。福島に限らず、九州の立地自治体でもそうでしょう。

 外部の目線では、こういう点を無視し、地元でも原発賛成、反対があるという二項対立で語られる。

 地元は原発推進派も反対派も、そんなに距離はありません。課題解決のため、地元で調整や努力をしている。ところが、活動家やメディア、研究者ら外部の人間が、原発に賛成か反対かという議論を持ち込み、地域を分断している。そう感じます。

 福島で生きている人を何も見ていないかのような報道です。これに地元では、憤り始めた人もいます。

 福島について、ファクト(事実)を知りたいと思っている人は多くいます。

 事実を切り出す際に重要なのは、課題解決や教訓を残すために、重要な事実であるかです。その対にあるのが、とにかく責任追及という姿勢です。

 政府や企業が悪いか否かといったことは、政治的な議論になり、不健全な状態をつくります。

 原発推進だろうが、反対であろうが、原発の廃棄物は、現にあるものは処理しないといけない。その課題は全員で共有できるはずです。しかし、処理について語ろうとすると「お前はそうやって原発を推進しているんだろう」と言われてしまう。

 避難している人を元のコミュニティーに戻そうという議論をすれば、「現地を安全だと思っている=原発推進」とレッテルを貼られる。

 しかし、現実はどうでしょうか。避難先の生活で生活習慣病にかかり、亡くなる人が多くいます。命を守るためには、帰還の議論をしなければならない。

 ■誤解の押し付け

 報道や発信の際には、こうした課題整理のための材料を提供するという視点が大事です。

 「福島の子供は外で遊べずかわいそう」といったステレオタイプの誤解を押し付けず、事実をちゃんと見ていくことが、本当に困っている人を助けることにつながります。

 「住民対行政」「住民対企業」といった対立は不毛です。冷静に議論するには、第三者が入り、議論をサポートすることが重要だと思います。原発の安全性、ごみの問題、雇用の問題、議論することは多くあります。

 「あなたは再稼働についてどう思いますか」と、対立をあおるやり方は、違うと思います。

 賛成派が主催する賛成派しかいない会合や、反対派だけの活動集会をやっても議論は前に進みません。

 推進、反対いずれも考え方が極端な人は(議論の場から)お引き取りいただくことが重要です。右でも左でも極端な人の信念、信仰心は、議論をしても変わりません。

 そうじゃない中間層が話し合い、みんなが納得できる落としどころは何なのか考えていく。そういう人が、地域のために何が必要か語り合う場をつくっていくことが、課題解決につながります。


放射脳カルトを一掃して初めてまともな議論ができるんじゃ無いですか?

原発についても、たいていの人はいずれはなくしましょうって考えなのですが
その過程において使えるものは使って、次へつなげるって考え方が多くを占めるんじゃ無いかと思いますよ
じゃないと再生可能エネルギーでは、大量かつ安定的に供給できないんだし
火力では、その燃料を輸入するのはなかなか大変だし、大量に使うことで他の国へ迷惑をかけることにつながりますし、火力だけって訳にもいかないのも事実で
新技術が確立するまでは原発をやむ得ずつなぐって考え方が現実的だと思うのですが

カルトの人たちはその理想実現のためにとにかく原発はダメとするから、現実味がなく受け入れられないって事なんですけどねぇ・・・

政治っていうのは理想を思い求めつつ、理想と現実をつじつまを合わせる技術だとお紋ですよ
理想だけでも現実でも成り立たないです
理想論だけを言っていれば良い連中は消えて欲しいなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00000059-san-l40


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

司法のお墨付きもついたようだし、汚らしい不法占拠地を早く撤去させようhttp://www.sankei.com/affairs/news/160801/afr1608010002-n1.html

産経新聞:「脱原発テント、撤去命令が確定 経済産業省前、市民団体側の支払額は3800万円」

東京・霞が関の経済産業省の敷地内にテントを設置して脱原発を訴えている市民団体のメンバーに国が立ち退きなどを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は市民団体側の上告を退ける決定をした。立ち退きと過去の土地使用料約1100万円の支払いに加え、実際に立ち退くまで1日当たり約2万1千円の制裁金支払い(間接強制)も命じた1審東京地裁判決が確定した。決定は7月28日付。

 制裁金を含めた市民団体側の支払額はこれまでに計3800万円余りとなっている。判決確定を受けても市民団体側が自主的に立ち退きをしない場合は、国が東京地裁に強制執行を申し立てることで、撤去に至る。

1審は経産省敷地内へのテントの設置により歩行者の通行が妨げられるほか、防災上の危険もあるなどとして、「国が明け渡しを求めることは権利の乱用にあたらない。原発への意見表明の手段はほかにもある」として、国の請求を認めた。2審東京高裁も「表現の自由を超えている」として、市民団体側の控訴を退けた。

 経済産業省は「極めて妥当な決定。被告らが最高裁決定を厳粛かつ真摯に受け止め、直ちに本件土地を明け渡すことを強く求める」とのコメントを発表。一方、市民団体側代理人の河合弘之弁護士は「脱原発の闘いの正当性が認められず、誠に遺憾である。テントの人たちは最後まで闘い、任意で立ち退くことはしない」とコメントした。


逆だったら、そんなことを言わないでしょうね
最高裁で判断がでたのに退かないとか、どれだけ図々しいのか
まぁがんばったけど機動隊という権力の象徴にどかされるという絵を描きたいんでしょうね
そして、自分たちは国家権力に虐げられているという大義名分を得たいわけです
ホントに汚らしい連中ではないでしょうか?
実際汚いと思いますけどね

まぁ外道どもの描くとおりにするのは嫌でしょうけど、強制退去させるしかないでしょう
ま、きちんとお金を取り立てればとりあえずは良いんじゃ無いかな?


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

実弾を使えばよかったのに>トルコで変質者(ゲイ)のパレードにゴム弾使用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00010008-afpbbnewsv-int

Yahoo:「トルコ機動隊、「ゲイ・プライド」パレードにゴム弾使用

トルコ・イスタンブール(Istanbul)で26日、毎年恒例のイベント「ゲイ・プライド(Gay Pride)」のパレードが、当局の禁止令が発令される中で開催され、機動隊が催涙ガスとゴム弾を使用して解散させる事態となった。この騒動で、同性愛を公言しているボルカー・ベック(Volker Beck)氏らドイツの議員2人が一時身柄を拘束された。

 イスタンブールでの「ゲイ・プライド」パレードは、12年にわたって続く毎年の恒例行事だが、トルコ当局は今月初め、警備上の懸念を理由にパレード開催の禁止を通達。同性愛者の権利向上を訴える活動家たちから怒りの声が上がっていた。

 禁止令にもかかわらずパレードには若者ら200〜300人余りが参加。現場の警察官はAFPカメラマンに対し、米国人フリーランスカメラマン1人を含む12人が拘束されたと明かしている。


変質者だからしょうが無いんでしょうけど
何で定められたルールを守れないんでしょうかねぇ
人(生き物)の道を外れた存在だから、人が定めたルールを守れないんでしょうね
ホントにどうしようも無い連中だ

実弾を使って処理してもよかったかもと思います
まー周りから、いろいろ言われることになるでしょうけど
愛があれば何をしても許されると思っているのかねぇ
そんなわけ無いのに・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00010008-afpbbnewsv-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

法王が聖書を否定したらダメでしょ>同性愛は罪なんだからhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000021-jij_afp-int

Yahoo:「「キリスト教徒は同性愛者に謝罪するべき」、ローマ法王

(更新)ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は26日、キリスト教徒とローマ・カトリック教会は同性愛者の人々に対してこれまでの待遇を謝罪し、許しを請うべきだと語った。

 フランシスコ法王はアルメニア訪問を終えて帰国途上の機内で、ドイツ人のラインハルト・マルクス(Reinhard Marx)枢機卿がカトリック教会は同性愛者の人々への対応を謝罪する必要があると述べたことについて同意するかと記者団から問われ、次のように答えた。

「われわれキリスト教徒には、謝らねばならないことがたくさんある。今回のこと(同性愛者の待遇)に限らないが、私たちは許しを乞わなければならない。謝罪するだけでなく−−許しを」

 さらに法王は「そうした状態(同性愛)の人が善良な人物で、神を求めているとしたら、その人を裁く資格が私たちにあるだろうか」と付け加えた。

 この発言は、バチカンがフランシスコ法王の下で同性愛者のコミュニティーに対し、より融和的なアプローチを取ろうとしている可能性を初めて示唆したととらえられるが、教会内の保守派からは直ちに批判の声が出ている。

 法王はまた、「カトリック教会が謝罪すべき対象は、傷つけられてきた同性愛者たちだけではない。貧しい人々や、搾取されてきた女性たち、労働を強いられてきた子どもたちにも、教会は謝らなければならない」とも述べた。


ダメな法王ですね
早いうちに交代させないと


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

自分が間違っているなんて思わないんだろうねぇ>離婚前に夫以外の子供を作る方が異常http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000007-asahi-soci

Yahoo:「嫡出否認できるのは夫だけ DV被害女性「違憲」提訴へ

生まれた子との間に「親子関係がない」とする「嫡出(ちゃくしゅつ)否認」の訴えを夫しか起こせない民法の規定は男女平等などを定めた憲法に違反するとして、兵庫県内に住む60代の女性らが来月にも、国に損害賠償を求めて神戸地裁に提訴する。娘や孫の「無戸籍」状態が続いたのは、この規定が原因と主張する。

 代理人の作花知志(さっかともし)弁護士によると、この規定の違憲性を正面から問う訴訟は例がないという。

 提訴するのは女性と娘、2人の孫の計4人。訴状などによると、女性は約30年前、夫の暴力から逃げて別居し、離婚が成立する前に別の男性との間に娘を出産した。男性を父親とする出生届を出したが、法的には「夫の子」となるため受理されず、無戸籍の状態に。その後に夫と離婚した。娘が無戸籍だったため、その子である孫2人も無戸籍となった。

 民法774条では、「自分の子ではない」と主張する嫡出否認の訴えは、夫だけが家庭裁判所に起こせると定めている。ただ、子の出生を知ったときから1年以内しか起こせない。

 妻が父子関係を否定するには、親子関係不存在確認の訴えを起こす方法があるが、夫婦の実態がないことなどを証明する必要がある。また、子が実の父親に認知を求めることもできるが、原告の女性の場合、離婚後に裁判官から「元夫の話を聞く必要がある」と言われた。元夫との関わりを絶っていた女性はこうした手続きを断念し、娘は無戸籍が続いたという。


己が不貞を働かなければよかったんでしょ
不倫して、夫以外の子供を産むことに抵抗はなかったのか?
そんなわがままな奴のために行政が動く必要は無い
まして違憲でも何でも無い
ただの自分勝手

民法が時代にそぐわないという馬鹿がいますけど、それ以前にルールを守れって事です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000007-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする