2013年07月05日

父親が誰でもかまわないけど、結婚無しで産むのはふしだらと思いますhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130704-00000011-pseven-spo

Yahoo:「安藤美姫“娘の父”南里康晴とは2年前から交際 新生活も開始

>フィギュアスケーターの安藤美姫(25才)が7月1日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のインタビューで、今年4月に女の子を出産していたことを明かした。現時点では結婚しておらず、父親にも触れなかったが、スポーツ紙関係者は「子供の父親は南里さんですよ」と話している。“南里さん”とは、元フィギュアスケーターの南里康晴(なんりやすはる・27才)のことだ。

 今から2年前の夏の終わり、女性セブンが2人のデートをキャッチしている──。東京・明治神宮の参道をゆっくり歩く一組のカップルがいた。ふたりは手をつないだまま原宿へ向かって歩き、今度は表参道でウインドーショッピング。

 途中ケータイを取り出すと顔を寄せ合ってふたり撮り。そして人目を気にすることなく、そのまま彼女が彼に「チュッ」とキスするシーンも…。それが安藤美姫と、当時つきあい始めたばかりの南里のデート現場だった。

 南里は、福岡県内にある明太子メーカーに所属していたため“明太王子”と呼ばれていたイケメンだ。すでに愛娘との3人での生活もスタートさせている。ママになった安藤は、これまでやらなかった筋力トレーニングを始めるなど、ソチ五輪に向け新たなスタートも切った。

 4日発売の、女性セブン7月18日号では、2年前にキャッチしたふたりのツーショット写真を掲載。仲良さそうに寄り添うラブラブな姿を確認できる。


縁あって、子をなすまでになって事ですし、めでたいことだとは思います
ただ、プライベートに関することですから父親が誰であろうと知った事じゃないですが
結婚しないで産むに至るのはやっぱり下品だと思うし、シングルマザーをいたずらに褒めるばかりというのはいかがなモノかなと思いますね

社会の根幹をなすのは夫婦、そして子供
その片割れがおざなりになっているのはおかしいし、秩序を揺るがすことで良いことだとは思いませんね
確かに法とかで規制されている事じゃないですが、それでもおかしいものはおかしいと思います
昨今、出来婚を是とする風潮になってましたが、まだ結婚するだけマシでした

が、そこに至らないことまで是とするのは反社会行為ではないのかなと考えるわけです
少子化対策として、産みたいなら産ませればいいというのは、それはおかしな考えだなと思いますよ
父母あっての子供。それは結婚というシステムがあって、子供が確定するわけですから、父親不在というのはいささかデタラメが過ぎるというものじゃないのかなぁ

他の国でやっているから良いではなく、基本は基本として抑えておきたいものですがねぇ・・・
福島みずほみたいに家族解散式とか、家族をあまりにおざなりにしている連中は推しているようですが、でも、それでいいのかな?って考えてしまいます。困った時に最終的に頼れるのは家族だけだと思いますけどもね

それをおざなりにして、よしとするのは異常です
母親のエゴが優先されて、子供がおざなりになっているような気がしてなりません
親がちゃんとしてないと子供がかわいそうでしょうが


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130704-00000011-pseven-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・家庭に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親の責任は確かに大きいですよね>自転車事故で賠償命令http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000003-asahi-soci

Yahoo:「親に9500万円賠償命令 少年が自転車で人はねた事故

>自転車で女性(67)をはねて寝たきり状態にさせたとされる少年(15)=当時小学5年=の親の賠償責任が問われた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「事故を起こさないよう子どもに十分な指導をしていなかった」と判断。少年の母親(40)に対し、原告の女性側と傷害保険金を女性に支払った損保会社に計9500万円を賠償するよう命じた。

 判決によると、少年は2008年9月22日夜、神戸市北区にある坂をマウンテンバイクで時速20〜30キロのスピードで下っていた際、知人の散歩に付き添い中の女性に衝突した。女性は頭の骨が折れ、現在も意識が戻っていない。

 判決は「少年の前方不注意が事故の原因」と認定。少年側は「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定したが、判決は母親が唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかったと判断した。そのうえで、女性が事故に遭ったために得ることができなくなった逸失利益や介護費などを考慮し、母親には女性側へ3500万円、損保会社へ6千万円の賠償責任があるとした。(


親の責任は確かに大きいですね
子供に関して全責任を負うのですから、こういう判断がなされてもしょうがないでしょう
とにかく気をつけろと言い続けるしかないですし、自らも保険に入って万が一に備えるしかないと思います
そんなところを考えるとシングルマザーとか褒めそやすものじゃないなぁと思いますね。実際無理だもの

また、道交法が最近改正されてますけど、自転車に関する部分、免許必携とか年に一回講習を受ける機会を設けるとか、自転車に関する法への教育を義務づけるようなシステムを作っていかないと、子供だからしょうがないとかそんなバカな言い分が通らないようにしておかないと、最終的に親が馬鹿を見る羽目になってしまうかもしれません。親が言うだけではなく行政からも厳しい指導が行くようにしておくべきではないでしょうか?

自転車は凶器になることが認識されている以上、その扱いに関して免許が必要だと自分は考えますよ


また、損害保険会社への支払いっていうのは一瞬どういうことかと思いましたが、
被害女性が契約していた保険会社がすでに払っておいた分を
加害者と認定されたことで、母子に支払う義務が発生したということと理解しました
ちょっとわかりにくいかも(笑)

この判断、厳しいけど現状ではこうならざるを得ませんね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000003-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・家庭に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

今からでも遅くはない女性手帳(それに類するものの)の実現をhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130625-00000030-jnn-soci

Yahoo:「初産平均年齢 初めて30歳超える、少子化社会対策白書

>今年の少子化白書がまとまり、第1子を出産した母親の平均年齢が初めて30歳を超えるなど、「晩婚化」や出産の高齢化があらためて指摘されました。

 25日に政府が閣議決定した今年の少子化社会対策白書によりますと、2011年の平均初婚年齢は夫が30.7歳、妻が29.0歳と、それぞれ前の年より0.2歳上昇しました。

 第1子を出産した母親の平均年齢も2011年に30.1歳と、初めて30歳を超えました。これは1980年の26.4歳と比べると、3.7歳も上昇しています。

 また、未婚者のうち、「一生結婚するつもりはない」とする男性は2010年の調査で9.4パーセント、女性は6.8パーセントと、いずれも過去最高となっています。

 内閣府は「経済的な理由から結婚や出産に踏み切れない人が増えているのではないか」と分析しています。(25日13:13)


経済的なこと
将来への不安とか
いろいろなことが考えられますでしょうけど
やっぱり女性の社会進出がよろしくないのでは?と考えます
もちろん旦那の収入が低いから女房が働きに出ざるを得ないというのもありますでしょうけどね。結果男性の職場を女性が奪った結果給料も下がったというのもあるのかな?

先の記事じゃないですけどコストカットを推し進めた結果ですかね?


どう考えても生き物の身体の仕組みとして考えれば産める年齢には限界があるので、それを踏まえて人生設計をせざるを得ない訳で、自分のやりたいことをやる前にやらなければならないことを順番に考えれば、若いうちに安心して結婚出産に迎えるように社会の方向性をただしていかないと駄目でしょうね
その目安として、女性手帳(類するもの)は世に出した方が良かったんじゃないかなぁ。官が違いをした人たちのバカな反対によって少子化対策も何歩も交代した感じ
女の人たちしか産めないわけですし、産むのがイヤとかいうのは女性自身の存在価値を自ら否定している感じ


サヨク連中が日本を駄目にする前に人口が減って、日本終了になるような気がしてきました
悪い方へ悪い方への・・・悪循環が酷くなってきているので、何かスイッチを入れて切り替えないと本当に駄目だと思います

副作用も大きいかもだけど、強烈な薬を処方しないと日本自体が生きながらえなくなるのでは?どんな薬が良いのかは何とも言えないけど、

女房が外で働かなくても良いように、旦那には一家を養えるだけの給料を支給、
それに尽きると思います


子供を十分育てたら女性も働く機会が出てくればいいのでは?

仕事より、子供を育て上げる方が重大な使命だと思いますよ
仕事ができても子供がいなければ、不完全でしょうね
(ただし肉体的に子供を得られない人は除きますよ、念のため)

生き物って、基本子孫を残すために必死になるけど、いくら人間が進歩したといっても、そういう面が失われたら退化したとしか思えないです


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130625-00000030-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・家庭に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする