2008年02月17日

ウララは生きているんですかね?

11月にNPO法人として認証されて登記もなされているのにもかかわらず、ホースセラピーとやらの動きは全くなし

以前からささやかれているウララ死亡説が現実味を帯びてきているように感じます

競走馬生活引退後のハルウララの生活を保障するという約束の元で「無償」で受け取ったそうですから、どんな状況にあるのかをきちんと公表する義務があると思うんですけど、どうなんでしょう?

ただ、馬主さんが言うだけではなくて、高知競馬関係者などが確認に行って欲しいですね。でないとメンコを取ったら素人にはウララかどうか確認する術がないですから、DNA鑑定とかして本物かどうかチェックして欲しいです

今までの馬主さんの行為を考えたら、このくらいの処置は当然でしょう
posted by ! at 22:24| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ハルウララ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック