2005年07月08日

警察を訴える方が間違い

>事故は、昨年6月22日夕に発生。倉吉市内の国道179号で、ヘルメットをかぶらず蛇行運転をしている少年を、パトカーの倉吉署員が見つけ、停止を求めたが、従わなかったため追跡。少年が対向車線に入った後も追いかけた。その後、少年は乗用車と衝突、意識不明の重体となった。

これで、
警察へ損害賠償を求めるんだとか。こういう事例が年々増えているような気がしていますが。そもそもヘルメットをかぶっていなかったことは違法じゃないのかどうなのか?そして警察から逃げようとしたことを問わないのは間違いではないのか?

逃げなければ、重い障害を背負わないですんだのではないのか?そこから考え直すべきじゃないかと思いますね。親御さんとしても、お子さんが障害を持ってしまったことは非常につらいことでしょうけども、悪いことは悪いと言うことを教えていなかった事を反省すべきではないかと思います

警察を訴えるなんてとんでもないと思います

読売新聞:「県に賠償求め提訴
posted by ! at 19:11| 東京 ☔ | TrackBack(1) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

逆ぎれイクナイ
Excerpt:  ヘルメットをかぶらずミニバイクを運転中、パトカーに追跡され、乗用車との衝突事故を 起こし、意識不明となった東伯郡内の少年(18)と両親が「執拗(しつよう)な追跡が 原因」などとして、県を相手に、損失..
Weblog: アバンギャルドな日常
Tracked: 2005-07-10 10:42