2005年06月20日

人権擁護法案反対集会

発表では、2000人規模で集まったそうです

平沼議員さんら、反対派の議員も集まって
>平沼氏は「法案の問題点が改められなければ承認できない」として、「人権侵害」の定義のあいまいさや、救済機関となる人権委員会の権限が強すぎる点、人権擁護委員に国籍条項がない点−、などの問題点を指摘。「国民のすべてが納得し、国民のすべての人権が擁護されるようにするのが政治家の責任だ」と述べた。

結構報道陣も集まったようですが、報道したところは少ないようで残念。国民全体に関わることなんだからきちっと報道して欲しいものです

産経新聞:「人権擁護法案、2000人反対 都内で集会、平沼元経産相ら出席

別途、
サイドバーの人権擁護法案に反対リンクの先々で集会の様子のレポがあがっています、ご覧くださいませ
posted by ! at 17:25| 東京 ☔ | TrackBack(1) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

国家破壊工作開始
Excerpt: 人権擁護法案の施行により、政治家や偽人権擁護派を名乗る工作員により国家破壊工作が
Weblog: えぇそうかな?
Tracked: 2005-06-21 12:11