2005年06月11日

単なるコピペ(人権擁護法案絡み)

335 :日本を護れ!6/19日曜日 1230〜1600 日比谷公会堂に集合だ!:2005/06/11(土) 06:14:44 ID:GwctuTV8

 人権擁護法案、これの裏に隠れてセットになっているのが「脱北者支援法」「ビザ免除」「外国人参政権
これらは全部繋がっているんだよ。
 つまり売国勢力による日本の実質植民地化への流れは、売国法案可決に関する議題をスムースに進めるために、
まず最初に「人権擁護法」が必要だというわけ

 なぜ急いでいるかというと、朝鮮半島の有事(北は戦乱の可能性、南は経済破綻の可能性)が目前に迫っている
ということと関係してる。南北統一も視野にあるだろうしね。
 実は、朝鮮半島から大量の政治難民/経済難民が日本に押し寄せることが、すでに大前提になっているんだよ。
そうしないと、南北統一しても共倒れだし、財政の問題は如何ともし難い。

 それと、急いでいるもう一つの理由が、インターネットを通じての世論の変容なんだ。
 歴史問題、教科書問題で必死に正常化を阻止する動きがあるのもこれが原因
。ネットの言論を封じ込めることは
とても難しいし、日本人が真実に目覚めるきっかけになるからね。
 既に洗脳が解けはじめ、不特定多数の人々が意見を交換しあうような環境が強力に広がりを見せている現在、
この機を逃したら、真実に目覚めた国民からの逆風が吹き荒れる。法案を通すには今しかチャンスは無いわけだ。
 それに、ムチャクチャでもなんでも、ゴリ押しで人権擁護法案を成立させてしまえば、あとは「差別」をたてに
「脱北者支援法」「ビザ免除」「外国人参政権」
の成立なんざ赤子の手をひねるようなものだし、インターネットも
規制して反対意見を「差別的意見」ということで封殺できる

 この法案は、日本が奈落の底へ落ちる最初の一歩になるのは間違いないよ。だからこそ古賀はじめ、売国政治家は
異常なほどの必死さを見せているし、創価、総連、解同は、強力に各所に圧力をかけているわけだ。
posted by ! at 17:22| 東京 ☔ | TrackBack(2) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

恐怖の人権擁護法案
Excerpt: 人権擁護法案について
Weblog: 超絶!日本徹底改修宣言!
Tracked: 2005-06-13 16:45

6月19日 日比谷公会堂での人権擁護法反対集会に参加してください!
Excerpt: 名前だけの「人権」擁護法、実体は現代日本における人権弾圧法が、成立の危機にあります。野中の最後っ屁、古賀誠が推進者。靖國問題にはさまざまな意見はあると思うのだが、とりあえず言論の自由でしょ。 愛読..
Weblog: 小泉首相の8月15日靖國神社参拝公約実現を求める国民集会
Tracked: 2005-06-16 04:57