2005年06月06日

変だよねぇ

時折引用させていただいている、自民党議員さんの柏村さんのサイトにて人権擁護法案に関する動き。こうやって経過を見せていただけるのはありがたいことです
柏村議員さんのページ「2005.06.06  人権擁護法案は通すわけにはいきません


しかし、そちらのページで見る限りかなりの報道陣が来ているはずなのに、ほとんど報道されていません。やっぱりおかしいですよね?良いにしろ悪いにしろ郵政関連法案以上に生活に関係して来るであろう法であるのに、郵政は連日報道がありますけど、人権擁護法案はほとんど触れられていません。どうなっているんでしょうかね?

やっぱり可能な限り国民には内緒で、ひっそりと成立させてしまいたいんじゃないかなぁ。知ったら普通に反対でしょ。いい加減な内容だもの。おかしいものはおかしい

人の内面に関わることなのだから、より慎重にじっくりとすべきこと。幾重にでも解釈する人次第なんて言うものを裁判所のコントロール無しに運用可能な法なぞ、愚の骨頂。この世に送り出して良いものではない。また、火急を要するものに関しては現行法に手を加えるなどして個別に対応すれば良いことではないでしょうか?


また、この法案をベースにビザの免除、外国人参政権などの緩やかな日本乗っ取りプランが実行される可能性もある。決してあり得ないことではない。これはオランダの一件を見ればわかるんじゃないだろうか?外国人を差別するのは良くないことではある。しかし国民並みの権利を与えることはない。以前にも上げたがゴッホの血縁者が移住してきたイスラム過激派に殺害された一件があります「テオ・ファン・ゴッホの暗殺:オランダが得た教訓


こんな感じである。差別ではなく最低限の区別は必要なはずだ。しかし、人権擁護法案導入後に、外国人の人権を守るために外国人参政権をという動きにもつながっていく可能性があり、最終的には上記ゴッホの件とは違った形で日本の文化風習が壊されていく恐れがあります

一定の境界線は必要です。人権を守る方法は別にもあり、この法案では悪意を持った存在に便利すぎて危険。対象を絞り込んだ法を整備することで、人権は守られるべきなのです

現人権擁護法案に反対!
posted by ! at 17:33| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック