2021年01月24日

高齢者が働かないとならないのが異常>高齢ドライバー問題https://news.yahoo.co.jp/articles/8f4d17dd2ba783f84dda9403e75532f731be31b0

Yahoo:「増える運転手の急病事故 免責に高い壁、高齢化リスク 問われる事業者の責任

タクシーなどの職業運転手の体調が運転中に急変し、事故を起こすケースが後を絶たない。今年に入っても東京都渋谷区で、くも膜下出血を起こしたとみられる70代の男性運転手のタクシーが暴走し6人が死傷した。運転手の高齢化が進む中、事業者の責任は増しており、国はハード・ソフト両面で対策を急いでいる。

■意識もうろうと
渋谷区笹塚の国道20号で1月4日、タクシーが歩行者を次々とはね、中央分離帯にぶつかりながら100メートル以上暴走する事故が発生した。警視庁によると、タクシーは信号を無視して横断歩道に突っ込んだとみられ、はねられた女性(49)が死亡。子供を含む5人が重軽傷を負った。

ドライブレコーダーの記録などから、タクシーは事故直前に蛇行運転などを繰り返し、男性運転手(73)が意識もうろうとなっていたことが判明。くも膜下出血を起こして意識を失っていた可能性がある。

警視庁は男性の回復を待って事情を聴く方針だが、捜査関係者によると、男性にくも膜下出血に直接つながる持病は確認されず、業務開始前にも明確な発病の兆候はなかったという。

■事業者に重い責任
今回のような運転手の体調急変に伴う事故で、被害者への補償はどうなるのか。交通事故に詳しい加茂隆康弁護士は「病気の発症を予見できたかどうかが焦点となる」と説明する。

加茂氏によると、事前の健康診断などで正常な運転ができなくなるような疾病を発症する可能性を認識していたのに運転した場合、運転手の過失が問われるが、健康診断などで問題がなかった場合、「刑事責任の観点から本人の過失を問うのは難しい」という。

民事の観点からも、発症を予見できなかった場合は運転手本人に損害賠償を請求するのは困難。ただ、タクシーやトラックなどの事業者が人身事故を起こせば、雇用する事業者(運行供用者)に賠償が課される可能性がある。

通常、事業者は一般的な保険会社に加入しようとすると保険料が高額になるため、複数の会社などが集まり「共済協同組合」を設立し、交通事故の賠償対応に当たる。免責されるには、運転手と車の保有者が運行に関して注意を怠らなかった▽被害者や第三者に過失があった▽自動車に欠陥がなかった−などの要件を満たす必要があるが、加茂氏は「証明は至難の業。会社側の責任は免れないだろう」と指摘する。

事業者に課せられるのは被害者への補償にとどまらない。仮に運転手の点呼や健康診断などを行っていなければ、事業停止などの行政処分が下される可能性もある。

■高い平均年齢
全国ハイヤー・タクシー連合会によると、令和元年のタクシー運転手の平均年齢は男性が60・0歳、女性が54・3歳。全産業男性労働者(男性43・8歳、女性41・8歳)はもちろん、営業用バス(男性50・8歳、女性44・7歳)や営業用大型トラック(男性48・6歳、女性46・1歳)と比べても高く、今回のように70代も珍しくない。

国土交通省によると、タクシーやトラックなどの職業運転手が運転中の体調悪化により事故を起こしたり運転できなくなったケースは、平成25年は135件だったが30年には363件と3倍近くに増加。このうち死傷者を伴う人身事故も30年に18件発生している。

厚生労働省の患者調査(29年)をみると、突然体調が悪化する恐れがある心疾患や脳疾患の推定患者数は、60歳以上になると急激に上昇する。国交省は、職業運転手の健康管理に関するマニュアルをたびたび改定。定期健康診断による疾病の把握や脳血管疾患、心臓疾患の検査推奨などを事業者に求めている。

ただ、体調急変リスクを完璧に事前把握することは難しい。自動車メーカーや関係省庁などは、運転手の異常を検知し自動で減速・路肩退避するなどの安全支援システムを搭載したASV(先進安全自転車)の研究を急いでいる。

国交省は現在、ASVや運行管理の高度化につながる機器を導入するバス、タクシー、トラック運送事業者への補助金交付事業も実施しており、普及を促進させたい考えだ。


タクシードライバーとかバスとか運送用のトラックとか
なんにしても仕事の報酬の安さが問題じゃないですかね?
安くてきつい仕事に若い人が就くとは思えないですし
まずそこが問題

まぁ、自由競争の結果、安い金額でなければ受注できない現状ではどうしようもないのかもしれませんが


緊縮財政を求める国民の要望の結果だからどうしようもないですね(笑)

余裕を持ってお金を使わないといけないのに、使わない方向へ舵を切って数十年
その弊害がこういう形で



また、少子高齢化が進めば、なおのことこういう状況はもっと悪化するのでは?
現役で働く世代が減っていけば、高齢者の労働力を求めるしかないですし
少子高齢化がさらに進めば、年金が上がるわけないですよね


国はもっとやらないことがあるのに、無能の野党のおかげで与党もおかしくなってしまって政治不全
困ったものやで


https://news.yahoo.co.jp/articles/8f4d17dd2ba783f84dda9403e75532f731be31b0





ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。