2020年06月27日

支那は民主主義の敵だ!、ということhttps://news.yahoo.co.jp/articles/cd3089025288f04f29ad0eea7bcab12df98c3fb5

Yahoo:「英国は中国との対決姿勢にかじを切ったのか

中国が、香港の統制を強める「国家安全法制」の新設を決定したことを受け、香港の旧宗主国・英国が対中姿勢を硬化させている。香港返還に当たり、「1国2制度」を50年間保障することで中国と合意した英国では、中国政府が進める近年の香港への統制強化に対し、少しずつ懸念が募ってきていたが、香港の高度の自治を危うくする法制の新設決定で不信感が一気に噴出した形だ。


世界征服を企む支那共産党は、民主主義の敵、世界平和の敵って事を
世界各国で共通認識として、世界から排除するべく動くべきでは無かろうか?

支那など、共産系の国はヤバい存在だということを誰もが承知しなければならない!


https://news.yahoo.co.jp/articles/cd3089025288f04f29ad0eea7bcab12df98c3fb5


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。