2020年06月06日

安倍総理が一番尽力していたんだし>拉致問題https://news.yahoo.co.jp/articles/34382ac95ae0378a7c1d4422851aa64f4f8a43d3

Yahoo:「安倍首相、拉致進展なく「断腸の思い」 横田滋さん死去で

安倍晋三首相は5日夜、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの帰国を果たせないまま、父滋さんが死去したことを受け、「断腸の思いだ。本当に申し訳ない思いでいっぱいだ」と述べた。

その上で「拉致被害者の帰国を実現するため、あらゆるチャンスを逃すことなく、果断に行動していかなければならない」と改めて決意を示した。東京都内の私邸前で記者団に語った。

首相は「滋さんとは本当に長い間、ともに闘ってきた」と述懐。2002年の拉致被害者5人の帰国時を振り返り、「写真を撮っていた滋さんの目から涙が流れていたことを今でも思い出す。滋さんがめぐみさんを抱きしめることができる日が来るよう全力を尽くしたが、首相として実現できなかった」と悔やんだ。

死去の一報が流れたのは、首相が執務を終えて首相官邸を出る直前だった。首相はこの際、記者団の問い掛けに答えなかったが、私邸へ帰宅後に取材に応じた。

滋さんは「拉致問題の象徴」(外務省幹部)とみられてきただけに、拉致問題解決を最重要課題と位置付けてきた政権内には衝撃が広がっている。2月には拉致被害者有本恵子さんの母、嘉代子さんも亡くなっており、進展の糸口をつかめない首相に対する批判が強まる可能性もある。
 

まともに対話できない犯罪者と交渉して結果を出すなんて難しいよな
そんな中でも少なくとも5人の拉致被害者を休出したのは安倍総理をはじめとする当時の政権の人たちだったわけで
安倍総理が現在批判をされるのは狂ってると思いますね

拉致被害者が帰ってきてからでも、拉致問題は無いとか主張している連中もいたわけで
そんな連中が安倍総理を、この件で批判しているのはもう異常では無いかと

社民党、共産党はもちろん立憲とかにも拉致問題は無いと言っていた連中いたんじゃ無い?
なんでしれっと安倍総理を批判しているのやら


拉致問題が認識される前から、関わって活動していた安倍総理が何もしてないって不思議なことをおっしゃる人がいる不思議


5人の方が帰国してから後は、確かに結果は出てないけど、
それは日本に北朝鮮に対して、力を行使できなかったから
はっきり言ってしまえば日本国憲法が存在するから国民を救出できなかった、それに尽きるんじゃ無いかな?
故に、それも含めて安倍総理が憲法改正に力を注いでるのは当然のことなんだろうと思います

安倍総理が、自衛隊が国外で難に遭った国民を救出する活動を堂々と出来るように、憲法を変えようとするのは当たり前のことだろう
反対するのは北朝鮮に関わっている連中で、日本の国益よりも北朝鮮の国益の方を優先する連中だと考えても良いのでは無いかと
でなければ同胞たる日本国民の難を無視するわけ無いと思いますので

また在日朝鮮人の存在が、拉致問題の障害となっていることも大きな問題ですね
在日が、この問題を差別だと主張して、やりにくくしているのではないかと
在日朝鮮人全員帰還させて、拉致被害者全員を帰国させたい


https://news.yahoo.co.jp/articles/34382ac95ae0378a7c1d4422851aa64f4f8a43d3


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:21| 東京 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。