2020年05月24日

愚かな親のために、周囲の子供たちが不幸なことにhttps://news.yahoo.co.jp/articles/4a29d7ed4fbb24586af7033ed549dea5e6647841

Yahoo:「なぜ、重度の知的障がいがある息子を普通の小学校に?葛藤の末に両親が出した答え

年齢や障がいの有無に関わらず、住み慣れた地域で誰もが暮らせる「共生社会」実現に向けた取り組みが動き出している。

富山県でも、障がいがありながら地域で生きたいと願う家族がいる。 自閉症と重度の知的障がいがある子どもを育てる家族の1年を追ったドキュメンタリー。その願いをかなえたいと奮闘する家族を支えるものとは。 前編では、障がいのある子どもがどう学び、社会と関わっていけばいいのか。息子の未来を思う母親の奮闘を負った。後編では、通学する小学校から突き付けられた現実と決断、そして息子の未来を思う家族の思いについて迫っていく。(以下略


親のエゴで、周囲が不幸になっていってるんじゃないですかね?

共生といったところで、無理なものは無理だし、健常者が負担してやらなければならないことには変わらないし、
あれこれ主張されても困るんじゃ無いですかねぇ

同じクラスの子供たちはどんな風に感じてるのやら
もしも障害児にかかりっきりになれば、自分たちの学習は置き去りにされるわけで迷惑でしか無いと思うんだけどね
困ったものだと思いますよ

また、記事には出てきてないようだけど長男の子はどうなんだろう?
親が死んだあとすべてを任されるんでしょうか?
納得ずくなら良いけど、自由には生きられないだろうなぁと思うと、気の毒だなぁとしか思えません

共生とかいって、たかってるだけになってるようにしか見えないんですが
一般の子供たちの権利はどこかへ行ってしまってるようで、変な話だなと思います


https://news.yahoo.co.jp/articles/4a29d7ed4fbb24586af7033ed549dea5e6647841


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | 異常なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。