2020年01月18日

日本の法を守ろうとしない外人が存在することを明確にしたhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000226-kyodonews-int

Yahoo:「「逃亡は年末の休暇時期狙った」 ゴーン被告、スペイン紙に語る

前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告は、レバノンへの逃亡時期を昨年末にした理由について、日本の休暇時期を狙ったと明らかにした。17日付のスペイン紙パイスがインタビューを報じた。

 ゴーン被告は年末を選んだ理由を問われ「(日本の)人々はリラックスし、休暇を取り、スキーに出かけたりする時期だからだ。良いタイミングだった。逮捕されたときは驚かされたが、出国では彼らを驚かせた」と答えた。


外人が日本の法を守る気が無く、さらには都合が悪くなれば日本国外へ脱出し、法の裁きから逃れることも選択肢の一つとして持っていることを明確にしてくれたんじゃ無いですか?

もちろんまともな外人さんも存在するかもしれないけど、そういう内面を見分ける手段が無い以上
一律で、外人を厳しくチェックし続けるしか無いと考えるわけです
日本国内の治安を、無防備に晒すことは無いでしょう
外人とは一線を画すべきですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000226-kyodonews-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:外人 治安
posted by ! at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。