2020年01月12日

追随するところが出てくれば良いんだけどhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000010-jij_afp-int

Yahoo:「チェコ首都プラハ市、台北と姉妹都市へ 中国は「信頼できないパートナー」

チェコの首都プラハのズデニェク・フジブ(Zdenek Hrib)市長(38)は12日付の独紙に寄せた論評で、中国を「信頼できないパートナー」だと非難すると同時に、台湾の台北市と姉妹都市関係を結ぶ方針を明らかにした。

 チェコのミロシュ・ゼマン(Milos Zeman)大統領が対中関係の親密化を目指して活動しているにもかかわらず、プラハ市と中国は対立しており、フジブ市長のコメントはその論争を再燃させるものだ。

 海賊党(Pirate Party)に所属するフジブ市長は、独週刊紙ウェルト日曜版(Welt am Sonnta)への寄稿の中で、中国は「怨恨(えんこん)に満ちており」、チェコの世論に影響を及ぼそうとしていると述べた。

 2018年11月に就任したフジブ市長は、昨年10月に中国の北京市との姉妹都市関係を解消したことについて、説明を試みてきた。プラハと北京の姉妹都市関係は2016年に結ばれたが、論争の的となっている中国のいわゆる「一つの中国」という主張について、フジブ市政下のプラハ市は支持しない方針を示し、姉妹都市関係を解消した。

 フジブ市長は、チェコ政府に「チベットと台湾の独立に反対する」ことを強いる合意には署名できないと述べ、代わりに13日に台北市と姉妹都市関係を締結する方針を明らかにした。「そうすることで、パートナー都市の一つを失ったが、別の一つを得ることになった」と記した。

 このまま進めば、大方では中国への打撃になるとみられている台湾総統選での蔡英文(Tsai Ing-wen)総統の大差での再選から数日後に、プラハ市は台北市の姉妹都市になる。

 フジブ市長は、中国との外交・経済関係の断絶を主張しているわけではないと強調する一方、欧州の民主主義諸国に対し「このように危険で信頼できないパートナーと同盟を結ぶこと」について、真剣に考えるよう呼び掛け、「脅威や脅迫を前にして、自らの価値観や誠実さを放棄しないよう皆に求める」と訴えた。
【翻訳編集】 AFPBB News

チェコやプラハ市の事情については知らないんで、この記事についてだけで言うと
良く言ったという印象

特に赤字の部分は、支那が他国に強要していると聞くところなので、だから台湾と国交を結ぶ国は数少ないらしい、英断ということになりますね
なんにしたって支那は覇権主義で共産党による一党独裁国家
この時代において、周辺国を占領下に納めようとするろくでもない国です
他国へ移民を出して、内部から切り崩そうとしてるし、長期的に世界征服を企んでいるイヤらしい国ですな
アメリカにだって支那系アメリカ人は増えているし、いずれは支那系アメリカ人大統領も生まれて日本に敵対するようになるかもしれませんね
アメリカの純粋な白人の皆様には民主主義の牙城を守っていただきたいものです
支那共産党に負けたら人類はお終いです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000010-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:36| 東京 ☁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。