2020年01月11日

介護士の人権を守らなければ第二、第三の事件が起きるだけですよhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000001-kana-soci

Yahoo:「不適切拘束の疑い複数 やまゆり園後継施設の運営見直し 検証委

神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」の後継2施設の運営主体見直しを巡り、同園の支援実態を検証する委員会は10日、県庁で初会合を開いた。昨年12月時点の利用者について過去5年分の支援記録を調べる中で、不適切な身体拘束が疑われるケースが複数あったと指摘した。

 検証委は非公開で行われた。終了後に会見した委員らによると、会合では入所者を施錠した部屋に長時間閉じ込める事案を2件確認。「身体拘束の要件と照らし合わせ、必要性が疑われる」とし、今後詳しく調査する。行動を制限する手袋をはめたり、車いすをベルトで固定したりする手続きもみられ、各利用者の症状などに応じた適切な支援だったか慎重に調べる。

 会見で、委員長に就いた国学院大教授で弁護士の佐藤彰一氏は「利用者が人間らしい生活を送れているか、福祉の観点から検証する」と強調。元毎日新聞論説委員の野澤和弘氏は「被告のゆがんだ障害者観は、福祉現場で働く中で形成されたのではないか」との見方を示し、「根本から検証していきたい」と述べた。

 黒岩祐治知事は報道陣に「検証によって県のこれまでの対応も問われる。課題を全部洗い出してもらう」と語った。

 検証委の指摘を受け、同園の入倉かおる園長は神奈川新聞社の取材に、「職員も拘束要件を意識するよう心掛けている。委員会から指摘があれば、当時の状況を改めて振り返る」と語った。


別に介護の現場に限らないですけど、教師や保育士も同じ事なので

施設や行政、人権団体が障害者の人権だけでは無く
介護士や教師、保育士の人権も大事だとしなければ
第二、第三のヤマユリ事件が起きるだけだと思うんですよ

過酷な現場で受けるストレスがマックスに達したとき、適切な処置が無ければ暴発するだけのことなので
もっともストレスがたまらないように現場が良い状態になるようにされていればいいんですけどね

被介護者にやりたい放題やられて、それに対して仕返しはまずいけど何らかの処置が無ければ
いずれは介護の現場を離れる、ならまだマシですけど
暴発する人だっているのですから、拘束することを是とするくらい大した問題じゃ無いでしょう

利用者が人間らしい生活を送れるかどうかと同じように介護者も人間らしい生活が出来るようにするのが検証委が見なければ駄目だと考えます

なぜか障害者>健常者という図式になっていて非常に不快です
ちゃんと仕事をしている人ほど壊れていくのは、そういうことでしょうに
人権人権騒ぐならすべての人が納得する形にしなければ駄目
特定の連中だけが満足する形に納めたら、除外された人に不満がたまるだけだし、そういった中で暴発が起きるんですよ
不平等な人権意識が巻き起こした事件だと言っても良いんじゃ無いですかね?


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。