2019年12月29日

弁護士の言いぐさに腹が立つhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000003-tncv-l40

Yahoo:「死刑執行 福岡市 一家4人殺害の中国人・元留学生 遺族「無念は晴れない」

16年前に一家4人の命を奪った事件。

突然の「死刑執行」の知らせに、遺族は複雑な胸中を打ち明けました。

【被害者の遺族 梅津亮七さん(93)】
「もう何年になるね、10何年20年になるね」

「長かったね…もう死刑終わっとると思ってた」

【森雅子法相】
「本日、ウェイウェイの死刑を執行しました」

「慎重な上にも慎重な検討を加えた上で、死刑の執行を命令した次第です」

死刑が執行されたのは、中国人の元留学生・魏巍死刑囚(40)。

確定判決によりますと、魏死刑囚は2003年、ほかの中国人2人と共謀して福岡市東区の松本真二郎さん(当時41)夫婦と、11歳の長男、8歳の長女の一家4人を殺害し、現金などを奪いました。

1審と2審で死刑判決を受けた魏死刑囚。

最高裁が2011年に魏死刑囚の上告を棄却し、死刑が確定していました。

【森雅子法相】
「何ら落ち度のない4名もの尊い人命を奪った結果は、極めて重大」

「命を奪われた被害者はもちろん、遺族にとっても無念この上ない事件だと思う」

事件の犠牲となった、松本千加さんの父親の梅津亮七さん。

娘夫婦と孫たちを奪った魏死刑囚の刑執行にも、「無念は晴れない」と話します。

【梅津亮七さん】
「なんて報告するね、嬉しかちゃ言われんめーもん、本当歯がゆかったろうっち言うかね」

「死刑になってよかったねって言われんよ…」

「本当にかわいそうと思ってね…俺がおったら殺させんとになって思って」

一方で、魏死刑囚の福岡高裁での裁判を担当し、確定判決後に手紙のやり取りをしていた徳永響弁護士は、「深く反省していて死刑が相当な人間と思わなかった。死刑が執行されてしまったことについては、今後議論が必要だと思う」とコメントしています。


ま、法の通りに判決が出た半年以内に執行すれば良いんですけどね
何年もほったらかしにしているのは謎
とはいえ、法相も人の子、執行させるのも度胸がいるのかもしれないですが
でも、それが大臣としての職務なのですから、サクサクお願いしたい


で、末尾のクソ弁護士の発言
被害者のこと、またこの事件にショックを受けた人も見ることを踏まえれば良くも言えたものだと感心します
人を馬鹿にするのもいい加減にしろって思いますね
こんなクズ死刑以外に何があるのかって?

反省すれば死刑を回避して良いんでしょうかね?やったことに対する責任をしっかりとるしかないでしょうに


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000003-tncv-l40


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。