2019年12月28日

どっちにしてもマスコミが被害者を晒し者にしたってだけのことでしょ?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00010001-kytg-soci

Yahoo:「【#実名報道】京アニ事件、実名匿名に政治家の「介入」

京都市のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、36人が死亡した事件は、京都府警が全犠牲者(後に死亡した1人を除く)の実名を報道機関に発表するまで40日を要する異例の展開をたどった。表向きの理由は「遺族や会社側の意向を丁寧に聴き取り、葬儀の実施状況を考慮し、広報のタイミングを慎重に検討してきた結果」。内実はどうか。一連の取材から浮かび上がるのは、警察庁や政治家の意向に翻弄(ほんろう)された府警の姿だ。

京アニ事件の安否情報発表の経緯が判然としない中、ある人物の発言が物議を醸した。

8月29日、超党派の「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」(MANGA議連)の役員会が東京都内で開かれた。同議連は麻生太郎副総理が最高顧問を務め、議連会長の古屋圭司衆院議員(自民党)は、警察庁を管理する国家公安委員会の委員長を務めたことのある人物だ。

古屋衆院議員は報道陣に「菅義偉官房長官に『警察は遺族の了解を得ない限り、葬儀が終わるまで実名公表は控えてほしい』と要望していた」などと、首相官邸に働きかけていたことを明かした。警察庁からも「実名公表については一定期間ということで、十二分に配慮した」との趣旨の報告を受けたと語った。どう異例なのか。
【#実名報道】京アニ事件、実名匿名に政治家の「介入」

警察制度の中立性と政治
違った京都府警の当初スタンス

京都府警は従来、殺人や交通死亡事故が起きると、記者クラブ加盟社に対し、犠牲者名を速やかに情報提供してきた。遺族が公表を拒んだ場合、加盟社への提供資料の紙に「ご遺族は匿名を希望されています」と書き添えてある。

京アニ事件では勤務中の社員が犠牲になった。大半が映画やテレビ作品のエンドロール(終幕)で氏名が紹介されていた人たち。京都府警内では当初から「犠牲者を匿名にする理由が見当たらない」「京アニ事件を例外扱いすれば、過去の事件対応と整合性が取れなくなる」との声が大勢を占めていた。府警は事件発生翌日の会見で、DNA鑑定などで遺体の身元特定を慎重に進めているとし、「しっかりと確認できれば発表したい」と理解を求めた。

早期発表に前向きな姿勢を見せていたのは、府警だけではない。記者会見を控えた事件発生の翌朝、警察庁刑事局から京都府警刑事部に一本の電話が入っている。「(犠牲者の氏名は)事案の重大性に照らすと、発表したほうがいい」。当初の警察に犠牲者の氏名発表を長引かせる意図がなかったのは明白だ。

風向きが変わったのは、会見3日後の7月22日。京アニが府警に対し、実名公表を控えるよう求める要請文を出した。「被害者の実名が発表され、報道機関により報道された場合、被害者やご遺族のプライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がございます」と記されていた。

「意向」で白紙になったスケジュール

京都府警は実名公表に反対する京アニ側に対して配慮を示しつつ、早期発表の方針を堅持していた。犠牲者の氏名を7月29日に発表する方針も決めた。報道陣に対応できる会議室を確保し、迎えた当日―。スケジュールは白紙となった。

「警察庁マター。自分たちの判断を超えている」
「警察庁も単なるパイプ役。国会議員の意向が影響している」
「当の国会議員が海外視察に出るなどして、根回しが完了しないようだ」

以後、京都府警幹部からはこうした発言が相次いだ。8月1日、発表延期の理由を尋ねる記者に対し、捜査1課長は「私は答えを持っていない」と話していた。府警が犠牲者10人に限っての氏名を報道機関に伝えたのは、この発言からわずか25時間後だった。

京都府警が事実上、発表スケジュールに関する決定権を持たされていなかったのは明らかだ。残る25人が公表されたのは、1回目の犠牲者発表からさらに25日後の8月27日。この際も、府警はお盆前に発表する方針を固めながら警察庁の了解を得られず、発表を先送りしている。

「匿名にするとさまざまな臆測が飛んだり、誤った事実が流れたりする。結果、被害者や遺族の名誉が傷つけられる懸念があった」。府警が犠牲者の実名を明らかにした理由は明快だった。一方、発表が遅れた理由については「関係方面との調整」などと、あいまいな説明に終始した。
マンガ議連による異例の要請とは

MANGA議連はなぜ、実名公表を一定期間、控えるよう首相官邸や警察庁に要請したのか。

発言の真意を確かめるため、京都新聞社の府警サブキャップが9月6日、衆院第2会館を訪ねた。MANGA議連会長の古屋衆院議員は「まずね、驚愕した。京アニは極めてクオリティーの高い会社。とてもいい作品を作っている。世界のマンガファンに大きな影響を与えている。え、あの京アニがと、本当に驚いた」と語り出した。

「わたしは元国家公安委員長だから、(放火事件発生日に)すぐ警察に聞いた。そしたら『相当な火災です』と。消防議連の会長もしているから消防庁にも電話して。すぐ(MANGA議連)アドバイザーの桶田大介弁護士に電話した。『これはえらいこと』『古屋先生、そうですよ』ということで」

事件発生時点で桶田弁護士(東京弁護士会)は京アニの代理人ではなかったが、後に同社の代理人に就き、マスコミ対応などに当たった。 実名公表を控えるよう古屋衆院議員らMANGA議連が申し入れたのは7月26日。府警が実名発表を予定していた日の3日前だ。

「これはMANGA議連としてすぐに動かないといけないと、申し入れをした。桶田弁護士も現場のこと分からないから、数日間はそういう状況が続いて。やっと、ある程度分かってきて」

日本アニメにおける京アニの功績を語る古屋衆院議員。匿名要請の経緯をさらに尋ねた。

「メディアが聞きたがるのは分かるけど。遺族の心情をしっかり考えることも必要と判断し、警察に申し入れた。犠牲者の名前は葬儀が終わってから公表された。警察は知る権利にも配慮して、バランスを取ったということじゃないですか」
警察庁が説明する「個別案件」

京都新聞社は警察庁に以下の質問書を送付した。

―警察庁から京都府警に対し、犠牲者氏名の発表に関し、何らかの指示(「遺族の了承が得られなければ、氏名公表すべきでない」「葬儀が終わるまで氏名公表すべきでない」など)を出した事実はありますか?

これに対し、警察庁は「被害者の氏名などの発表は、各都道府県警察において、犯罪被害者等基本計画に記載されているとおり、個別具体的な案件ごとに適切な発表内容になるよう努めているところであり、お尋ねの件についても、京都府警察において、被害者の御遺族の御意向を踏まえ、適切に判断するべきものと考えています」と回答した。事件事故ごとに、都道府県警察が判断する、 ということだ。2005年に閣議決定された犯罪被害者基本計画には「報道の自由、国民の知る権利を理由とする実名発表に対する要望を踏まえ」とも明記されている。
【#実名報道】京アニ事件、実名匿名に政治家の「介入」

京アニ放火殺人事件の現場で献花する山本順三国家公安委員長(7月22日)

MANGA議連役員会の翌日、複数社の府警担当記者から見解を尋ねられた捜査1課長は、警察庁との間で調整を続けた事実を認める一方、「警察庁が(議員や議連、官邸と)どんなやりとりをしているかは詳しく知らない。うちが議員や議連、官邸と直接話をすることもない」と述べるにとどめた。

具体的な事件の内実や被害者を知らない政治家が都道府県警による個別事件に介入することは、公正であるべき警察の権力行使をゆがめる危険性をはらむ。古屋衆院議員らの意向が、京都府警の判断に どれだけ影響を及ぼしたのかは分からない。ただ、前例のない発表スタンスは、議連の申し入れが作用したようにも映る。

◇この記事は京都新聞と神奈川新聞、Yahoo!ニュースによる連携企画記事です。大きく報道される事件が発生するたび、氏名や顔写真の報道を巡って議論が過熱しています。なぜ、実名報道でメディアとユーザーは対立してしまうのか。考えるヒントとなる記事を不定期で連載します。


メディアが一律に被害者の実名報道をしないって確定すれば、対立は無いと思いますけどね
逆に加害者の実名報道を原則行うって決めれば、ユーザーからほめられると思います
そういうことですよ


ある事件では実名報道をしない、この事件では実名報道をするって、一貫性が無いから嫌われるだけのこと
要するに被害者の名前を高く売れる場合には、平気で売り払う
それがマスコミって受け止められていることに大いに反省して、実名報道を一律禁止すれば良いんですけどね

プライバシーに配慮するって発想が被害者には適用しなくて、加害者には適用されている不可解な状況を改善したら良いと考えます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00010001-kytg-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。