2019年12月24日

このまま日本終了のお知らせですか?>少子化加速https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00000031-asahi-soci

Yahoo:「出生数、初めて90万人割る 19年、見通しより早く

国内で2019年に生まれた日本人の子どもは86万4千人になり、統計を始めた1899年以降で初めて90万人を下回るとの見通しを24日、厚生労働省が公表した。前年より5万4千人少なく、親になる世代の人口が減っていることが大きく影響しているという。これまで国立社会保障・人口問題研究所は、90万人を下回るのは20年と推計しており、見通しを上回るペースで少子化が進んでいる。

 厚労省が人口動態統計の年間推計を公表した。死亡数は、戦後最も多い137万6千人(前年比1万4千人増)。出生数から死亡数を引いた「自然減」は51万2千人(同6万8千人増)となり、初めて50万人を超える見通しだ。人口の自然減は13年連続となる。


このまま減っていく上に、外人の受け入れをしている限り、
近い将来、日本終了のお知らせが出てくるのは間違いないんじゃ無かろうか?
外人に乗っ取られて、国が無くなるとかホントイヤな未来かもね

何にしたって子供を産む人がいなければどうしようもないわけで
国は子供を育てる家庭を最大限の支援をしてほしいものですが

国ってのは国民の意思で動くわけで、無駄遣いをするなという国民の要求に従っているので
財政出動はあまりしないだろうし、まして子育て支援を真剣にやることはないでしょうね
残念ながら

国民が考えを切り替えて、財政出動を望むようにならないと事態は好転しないでしょうなぁ


このまま行けば、スポーツにしても、科学にしても国際舞台で日本が脚光を浴びるだけの人たちが出てくることは激減していくでしょうね
母数が減る以上、どうにもならないことですよね

また自分勝手に子供を産まない権利を行使する人たちがいるようだけど
国を維持するためにはそんな権利は無いって風に社会全体が考えなければ駄目だと思うし
子育て世帯と子供を産まない権利を行使する連中が同等って事も無いとおかしい
産みたくても、病気とか障害駄目とか、収入面でどうにもならないとか、そう言うのは別にして
自分の意思で産まないことを選択するような連中は社会の敵として認定していくべきだよな

子供がいなければ国の維持が出来ないし、国の維持が出来ないって事は
豊かさを享受することも出来なくなるって事なんだし


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00000031-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。