2019年09月05日

議員の育休は有権者を馬鹿にした行為https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190903-00000068-ann-pol

Yahoo:「「小泉進次郎の育休とは…」 永田町では賛否両論

小泉進次郎議員が育休宣言をしたことで永田町に賛否両論が吹き荒れています。

 進次郎議員が悩んでいます。先月、滝川クリステルさんと結婚。来年1月にパパになることから育児休暇の取得を検討しているとのことですが…。
 悩んでいるのは国民の理解を得られる育休です。ところが、永田町ではまだまだ賛否が分かれています。折りしも11日には内閣改造が行われます。当選4回、自民党の厚生労働部会長を務める進次郎議員は、入閣してもおかしくない状況ですが、育休について総理官邸関係者に聞くと…。
 官邸関係者:「育休取ろうとしてるんでしょ?だったら閣僚はできないよね。大きな声では言えないけれど育休は『あり』だと思う。だってニュージーランドの首相が産休を取っているんだよ。議員の産休育休は世界のスタンダードなんだよ。でも日本はまだまだ遅れているもん」
 その一方でこう話す政府関係者も。
 政府関係者:「『閣僚が育休』の方がインパクトあるでしょ。しかも進次郎議員なわけだから。『育休推進』にこれほど強いメッセージはないよね」
 3日は何も話さなかった進次郎議員。育休の行方に注目です


議員とか行政の長とかが休んじゃ駄目でしょう
期間限定とはいえ、有権者が全権を預けたわけですから
休んでいたら、なんのために選んだのかわかりませんよね

休むなら、いったん引退し、再度有権者の判断にゆだねるべきでは無いでしょうか?
企業などで働いているのとは違うのです
立場をよくわきまえるべきじゃ無いのかねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190903-00000068-ann-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。