2019年09月02日

法治国家を捨てたみたいですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000051-asahi-soci

Yahoo:「同性パートナーに在留特別許可 「ありがとう、日本」

法務省は2日までに、在留資格がないまま日本人の同性パートナーと17年間同居していた関東に住む東南アジア出身のトランスジェンダーの女性(58)に対して、在留特別許可を認める決定をした。この女性は男性として生まれ、法律上は男性同士のカップルとなる。弁護団は、「同性パートナーに在留特別許可が認められたのは、3月の台湾人男性に続き2例目とみられる」という。

 トランスジェンダー女性は1981年、エンターテイナーとして興行ビザで来日。93年に在留資格を失った後、日本人の男性会社員(67)と出会い、2002年から同居している。13年、女性は肺がんの手術を受けたが、健康保険がないため、医療費は男性が負担してきた。

 将来への不安が募り、16年には、パートナーシップ合意契約と遺言の公正証書を作成。17年3月、東京入国管理局に出頭した。今年8月14日、「定住者」として在留特別許可が出た。

 2日、都内で開かれた記者会見で、女性は「ありがとう、日本」と感謝を述べ、「健康保険にも加入できてうれしい」と涙をぬぐった。弁護団の熊沢美帆弁護士は、「入管に出頭した際、日本人の配偶者用書類で対応された。婚姻同然の2人の関係が大きく評価された」とみる。

 法務省出入国在留管理庁は、「素行や生活スタイル、社会への定着性や人道的な配慮など、これまでの在留状況を総合的に判断した」としている。(杉原里美、板橋洋佳


同性なんちゃら以前に
不法在留とか、違法行為を見逃して
在留許可を出しちゃうとか、法治国家を捨ててしまったんでしょうか?
非常にゆゆしき事態では無いかと考えます

法より人情を優先させたら、法の存在価値がありませんね
取り消して退去命令を出し直すべきでじゃないでしょうか?

でないなら法を捨てるべきでしょうね

そのうえで家族でも何でも無い関係性で、在留を認める必要性があるのか?
本当におかしくなってしまったなぁと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000051-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。