2019年08月29日

こういう経験を積んで、国土の対災害のための強靱化プランを策定し、実行していくべきhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00010010-nishinpc-soci

Yahoo:「病院の孤立続く、周囲には異臭 自衛隊が救助開始 佐賀

九州北部を襲った記録的な大雨から一夜明けた29日、佐賀県大町町の順天堂病院は冠水による孤立状態が続いた。水が徐々に引き始めた同県武雄市では、住民たちが自宅の片付けに追われていた。

 病院の一帯はダムのように水に漬かり、患者や職員約200人は取り残されたまま。近くの鉄工所から流出した油を含んだ水も流入し、周囲には異臭が漂っていた。

 海上自衛隊が午前7時ごろから、ゴムボートによる救助活動を開始。国土交通省九州整備局も、1分間に10〜30トンを排水できるポンプ車9台を稼働させてオイルフェンスで仕切られた部分から水を抜き取った。薬剤師の男性(71)は「先週から病院近くの薬局で働き始めた。何か手伝うことがあればと思って来たが、そんな事態ではなかった」と病院を見つめた。

 住宅の多くが一時孤立状態となった武雄市北方町では、田んぼや道路に水が残る。同町芦原の会社員松尾浩樹さん(58)は、シャベルで縁側の土砂を取り除いていた。自宅前の道は茶色い水で覆われ、深さは大人の膝下くらい。道路と田んぼの境も分からない。

 勤務先の工場は土砂崩れで変電設備が損壊し、操業再開のめどが立たないという。今の場所に家を建てて22年。「これほどの雨は経験がない。また大雨なら、もうかなわん。やんでほしか」。黒雲で覆われた空を見つめてつぶやいた。

 佐賀市中心部では、店主らが営業再開の準備に追われた。同市白山2丁目の「白山ドリア・クリム」では、従業員総出で朝から家具を運び出し、床にたまった水をかき出した。店長の神代貴子さん(43)は「掃除や消毒などやることは多いが、きれいに掃除して新たな気持ちでお客様を迎えたい」と話した。


ここ数年、国内各地でこのような甚大災害が起きているわけですが
経験値を少しは積めたんじゃ無いかなぁと

それらにもとづいて現在災害が起きていないところであっても対策案をまとめて、国土強靱化策を進めていくべきじゃないでしょうか?
たぶん数年単位で立案していかないとならないかもしれないし、公共事業として何年もかかる工事になるかもしれないですし
急ぐべきだと思いますよ。もちろん国家事業として地方自治体任せでは無く、国が建設国債とかどんどん発行して仕事を進めていくべきです
とにかく災害が起きにくい街作りを急ぐべきです
また避難場所としての箱物もいくつか作っておくべき、整備しておくべきじゃ無いですか?


甚大な災害を少しでも起こさないようにすることが肝要であって、金がうんぬんじゃないでしょ?
災害が起きて、結局その復興に金がかかることを踏まえれば、先に出すだけだし、被害が出ない、少ない分マシでしょうに


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00010010-nishinpc-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。