2019年06月10日

今の社会レベルを維持したければ人口減に歯止めをかけることに真剣にならないとhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000084-jij-soci

Yahoo:「出生率1.42、3年連続減=18年生まれ最少91万人−人口減さらに加速・厚労省

厚生労働省は7日、2018年の人口動態統計を公表した。

 1人の女性が生涯に産む子どもの推計人数を示す「合計特殊出生率」は1.42で、前年を0.01ポイント下回り、3年連続で低下した。

 出生数は91万8397人で3年連続で過去最少を更新し、死亡数は戦後最多の136万2482人だった。死亡数から出生数を差し引いた自然減は44万4085人と初めて40万人を上回り、人口減少はさらに加速している。

 合計特殊出生率は、15〜49歳の年齢別出生率を合算した数字。年齢層別で最も高かったのは30代前半で、20代後半が続いた。40代以上は前年より増えた。


手遅れ状態になってますけど
とにもかくにも今の日本の豊かさを維持したければ子供の数を確保しなければどうにもならないわけで
国は真剣に施策を実行していくべきだと思いますけど、何でやらないんだろう?
日本が無くなっても良いと思っているのか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000084-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:少子化
posted by ! at 21:02| 東京 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。