2019年06月04日

で、誰が片付けるの?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000057-jij-soci

Yahoo:「「やりたいことあったろう」=子どもの声消えた現場−川崎殺傷1週間、絶えぬ献花

川崎市多摩区でスクールバスを待つ私立カリタス小学校の児童ら20人が殺傷された事件から1週間を迎えた4日、現場となったバス停付近は静かな朝を迎えた。

 同校では休校が続き、事件前に響いていた児童の声は聞こえない。「やりたいことがあっただろう」「悲しい気持ちは変わらない」。献花に訪れる人は今も絶えないが、多くの人々の心に刻まれた傷は癒えない。

 同校の卒業生戸田高志さん(23)は事件の発生時刻、現場で手を合わせた。同じスクールバスで通学する後輩が巻き込まれたと聞き、ショックを受けた。「どうして罪の無い子どもが狙われたのか」。問い続けるが答えは出ない。

 通勤で毎日現場付近を通るという川崎市多摩区の会社員岩崎由紀子さん(48)は「悲しい気持ち、居たたまれない気持ちは変わらない」と打ち明ける。日常の一部だったバス停に並ぶ児童らの姿が見えなくなったことについて「ただただ衝撃で寂しい気持ち。もう通らない方がいいのかなとも考えた」と話す。

 事件後は朝と夜の行き帰りに毎回、現場で手を合わせているという。「もう2度とこんな事件を起こしてはいけない。安らかに眠ってください」と祈っている。

 現場近隣に住む女性(79)も献花した。事件を聞き小中高生の孫3人のことが頭に浮かび「とてもひとごとでは居られなかった」と振り返る。「幸せに生きるはずだっただろうに」。手を合わせながら被害者の冥福を祈った。


ま、一過性のブームだと思いますんで、献花する人も絶えるだろうとは思いますけど
それまでの間、捧げられた供物の始末を誰がしているのかなって思いませんかねぇ
亡くなった人を悼む気持ちは大事だとは思いますけど、その場所は他の人にとっては生活する場所でもあるので、単に邪魔ということもありますし、コメントを見ると新築中の住居もあるそうですね。こりゃ住めないよなぁって感じます

被災地に折り鶴を送るバカ同様に、周囲への迷惑を考えて、自己満足のために行動することを止めるべきじゃないでしょうかね
冥福を祈るのは心の中でも出来るわけですし、どうしても形にしないと気が済まないんでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000057-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。