2019年04月10日

緊縮を望んだ国民とそれを煽ったマスコミの責任では無いか?>ある学者の自死https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000009-asahi-soci

Yahoo:「文系の博士課程「進むと破滅」 ある女性研究者の自死

大きな研究成果を上げ、将来を期待されていたにもかかわらず、多くの大学に就職を断られて追い詰められた女性が、43歳で自ら命を絶った。

 日本仏教を研究してきた西村玲(りょう)さんは、2016年2月に亡くなった。

 04年に博士(文学)に。05年、月額45万円の奨励金が支給される日本学術振興会の特別研究員に選ばれた。

 実家で両親と暮らしながら研究に打ち込み、成果をまとめた初の著書が評価されて、09年度に若手研究者が対象の賞を相次いで受賞。恩師は「ほとんど独壇場と言ってよい成果を続々と挙げていた」と振り返る。

 だが、特別研究員の任期は3年間。その後は経済的に苦しい日が続いた。

 衣食住は両親が頼り。研究費は非常勤講師やアルバイトでまかなった。研究職に就こうと20以上の大学に応募したが、返事はいつも「貴意に添えず」だった。読まれた形跡のない応募書類が返ってきたこともあった。

 安定した職がないまま、両親は老いていく。14年、苦境から抜け出そうと、ネットで知り合った男性との結婚を決めた。だが同居生活はすぐに破綻。自らを責めて心を病んだ。離婚届を提出したその日に自死した。

 父(81)は、「今日の大学が求めているのは知性ではなく、使いやすい労働力。玲はそのことを認識していた」と語る。

 90年代に国が進めた「大学院重点化」で、大学院生は急増した。ただ、大学教員のポストは増えず、文科系学問の研究者はとりわけ厳しい立場に置かれている。首都圏大学非常勤講師組合の幹部は「博士課程まで進んでしまうと、破滅の道。人材がドブに捨てられている」と語る。


学問に金を出す余裕の無い日本
少子化もあるけど、そういった意味でも日本の将来は厳しいなぁと感じます
社会からどんどん豊かさが消えている

その辺については緊縮、予算削減、効率化と言ったキーワードを望んだ国民とそれを煽ったマスコミの責任じゃ無いでしょうか?


金を使わなければ、社会で金が回らないし、金が回らないとみんなが貧しくなる
そういうことだと思います
国、行政が無駄を省けば、それだけ社会に出る金が減るだけのこと
結果みんなが苦しくなっているのに、それでも緊縮を望む人がいることに驚きます

たとえば橋下みたいなのが文化には金を出さないとか言ったよね
大阪で維新が勝ったけど、それが全国に波及すれば国の崩壊をさらに加速するだけ
大阪はかなり酷いことになっているらしいよ、維新のせいで


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000009-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:19| 東京 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。