2019年03月28日

医師が職場放棄することになっても文句は言えないなぁ>残業上限年1860時間とか無茶すぎhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000050-jij-pol

Yahoo:「医師残業上限、年1860時間=過労死ラインの倍に−厚労省検討会

厚生労働省の医師の働き方改革に関する有識者検討会は28日、2024年度から医師に適用する残業時間規制に関し、一部の勤務医の上限を年1860時間(休日労働を含む)まで認める報告書を大筋でまとめた。
 
 この上限は月換算で155時間となり、いわゆる「過労死ライン」(複数月平均80時間)の2倍近くになるため、対象者については連続勤務時間制限などによる健康確保措置を義務付ける。

 報告書によると、一般の勤務医の上限は一般労働者と同水準の年960時間とする。一方、地域の医療提供体制確保の必要性からこれを超えてしまう医療機関の勤務医のほか、一定期間に集中的な診療を必要とする研修医や高度な技能の習得を目指す医師は年1860時間まで容認する。 


ちゃんとした診察、治療などを受けためと考えれば
この残業時間の設定はふざけんなと言うことになりますね
しっかりと休息をとった上で医療行為を行って欲しいと考えるのが普通の人では無いか?
こんな無茶な設定をしなければならない医療の現場を正そうとしないのか?
国民の健康を真剣に考えていないということがよくわかる

ただ医師を増やそうにも少子化でどうにもならないってのもあるんだろうなぁ
なんで子供を増やそうとしないんだろう?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000050-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:49| 東京 🌁| Comment(0) | 生命に関わる問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。