2019年02月19日

何を最優先として行動するか、ですよね>いじめ防止法で大事なことhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000552-san-soci

Yahoo:「大津いじめ事件できっかけの「いじめ防止法」 実効性強化へ改正の動き

平成23年に大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した事件は、25年に施行された「いじめ防止対策推進法」成立のきっかけとなった。同法は小中高校と高等専門学校の対応として、道徳教育の充実や早期発見のための措置、相談体制の整備などを明示。しかし、同法の施行後もいじめを苦に児童生徒が自ら命を絶つケースが相次いでおり、現在は実効性を強めるための法改正に向けた動きが出ている。

 同市の事件では、いじめを放置する形となった学校や市教育委員会の対応が問題視された。これを受け、いじめ防止法では、いじめを一定の関係にある他の児童や生徒の行為とし、「心理的または物理的な影響を与え、心身の苦痛を感じているもの」と定義。心身に深刻な危害が及んだり、長期欠席を余儀なくされたりするような事態を「重大事態」として、学校や自治体に調査と報告を義務付けているほか、警察への通報も促している。

 それでも、いじめによる被害が後を絶たず、学校や教育委員会の隠蔽(いんぺい)体質が浮き彫りになるケースが続いている。今国会では、教員らに対し、いじめの疑いを把握しながら放置することを改めて禁止し、不適切な対応があれば懲戒処分対象にすることなどが盛り込まれた議員立法の「いじめ防止対策推進法改正案」が提出される見通しだ。


暴力事件、刑事事件なのに
いじめだという言葉で矮小化している限りは減らすことも出来ないと思いますよ

学校関係者、政治家も面倒がらずにきちんと子供同士での暴力事件に真剣に向き合うべきだ

学校内で暴力事件を発見したとき、教師が自分の評価の低下を恐れて報告出来ないままにならないようにするとか
学校内で処理しようとしないで、即座に警察沙汰にして刑事事件としてしっかり裁けるようにするとか
被害者も教師ではなく刑事事件の専門家たる警察へすぐ届けるとか
そういう風にしていくべきでしょう

教師も親が絡んできて、扱いづらいでしょうから警察へ引き渡すべきです
とにかく大事なのは登校したらいじめられるという憂鬱な気分になる状態から、被害者の子供を解放することじゃないの?
いじめている方の子供の人権なんて二の次。被害者の人権を守ることが一番重要ではないでしょうか?

理由もなく気に入らないというだけで暴力行為始められるのが人間じゃないですか?
人間誰もが善の属性だなんて無いと思う
駄目なものは駄目と叩き込まなければ悪くなる一方だと思う
被害者が死を選んで取り返しのつかないことになる前に、隔離、止めさせるべきだ

そのためには教師も親もいじめを軽視せず暴力事件刑事事件としてすぐ警察に任せることではないか?
少年法が邪魔するなら少年法を廃止して、本当の意味で子供を守ることを出来るようにすべきだと思う

いじめは犯罪だという認識にならなければ
犯罪行為を犯したら、当然罰せられるということです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000552-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:43| 東京 🌁| Comment(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。