2019年02月13日

地方行政が国政に影響を及ぼしちゃいけないもんな>県民投票は意味ないよねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000012-ryu-oki

Yahoo:「なぜ辺野古県民投票? 結果が出たらその後はどうなるの?

全国を通じても2例目となる14日告示の県民投票は、条例で「普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋め立てに対し、県民の意思を的確に反映させること」が目的に据えられている。


 選択肢は埋め立てに「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で、自分の考えに最も近い選択肢の記載欄に「○」を書く方式だ。全国の住民投票では投票率が50%に満たないと開票されない場合もあるが、今回の県民投票は条例で「結果が判明した時は速やかに告示しなければならない」と知事に公表の義務を課している。

 さらに3択のうち、最も多く得票した選択肢が投票資格者総数の4分の1に達した場合は「知事はその結果を尊重しなければならない」とも定めている。同時に、知事が首相と米国大統領に結果を通知することも条例で決められている。

 県民投票の結果を通知された日米両政府に法的拘束力が生じるわけではなく、埋め立て反対の民意を突き付けられても工事を止めるとは限らない。埋め立て賛成が多かった場合は「お墨付き」を得たとして政府は工事を続行する見込み。


辺野古に反対という意見が多かったとしても意味ないでしょう
国政に影響を及ぼすのは国政選挙の結果のみ

沖縄で辺野古反対が多いとしても、他の県などで賛成多数なら成立してしまうだけのことだし
そもそも沖縄自体が狙われている以上どうにもならないと思うんですよね
支那の脅威をもっと知ることが大事でしょう
支那周辺の少数民族がどんな目に遭っているか、もっと知られるべきですよね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000012-ryu-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:31| 東京 ☁| Comment(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。