2019年02月07日

児相職員を志望する人が減らないと良いね!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000045-asahi-soci

Yahoo:「児相、心愛さん虐待リスク上昇知っていた 会議録も存在

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、県柏児童相談所が昨年2月末の会議で、虐待のリスクが高まったと認識しながら心愛さんを自宅へ帰すことを了承していたことが7日わかった。柏児相からこれまで「ない」としてきた会議録が見つかり、その中に記載されていた。柏児相は書類への記録や管理が「ずさんだった」と認めた。

 柏児相は2017年11月、小学校のアンケートで「父親からの暴力」を訴えた心愛さんを一時保護したが、12月末、父親の勇一郎容疑者(41)の親族宅での養育などを条件に保護を解除。昨年2月28日、柏児相の「援助方針会議」で、心愛さんを親族宅から自宅に戻すかどうかを話し合った。

 見つかったのは、この会議録でA4判1枚の書類。

 心愛さんへの虐待のリスクを評価する「緊急度アセスメントシート」と「リスクアセスメントシート」が添付されていた。緊急度は一時保護の解除時と同じで、上から3番目の「B」だったが、虐待の程度やリスクを「はい」「いいえ」など4択方式で評価する質問表で「はい」の数は解除時よりも増えていたという。虐待リスクの上昇を知りながら、帰宅を認めた形だ。


公務員ってのは決められた法や条例、予算以上の出来ないわけで
それを超えてやってしまえば、かえって罰せられる事になるし、無理強いは良くないなぁと思う
こういうバッシングが続けば、産科医、小児科医のなり手が減ったように児童相談所を死亡する人も減ってしまうんじゃないのかなぁと懸念します。もっとも事業仕分けなどで予算が削減され人員も予算も削減されてるわけで、どうにもならない状態になっているンみたいだけどね

それでもなんとかしろって声が出るのが怖いよね
国民のブラック思考が

そんなら地元の政治家に声かけてこういう施設への予算を回せって声が出てきて然るべきなんだけど
職員への非難しか聞こえてこないのは非常に残念


なんにしたって親権とか人権とか、そういうものを根本的に考え直さないと
児童相談所などに出来ることは限られていると思います
そもそも刑法などで異常なまでに加害者が守られている国です、虐待親が子供より優遇されていても不思議じゃないと思いますね

加害者をもっと強く罰せよって声が、法学者などに届かないと
加害者の人権ガーで押し返されている現状をなんとかしないと
虐待親から子供を守れないと思うなぁ

加害者<被害者という認識が出来る国になると良いですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000045-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。