2019年02月05日

国、国民への迷惑行為を阻止するために必要な処置>戦地への出国禁止https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000139-kyodonews-soci

Yahoo:「内戦取材の常岡さん「出国禁止」 イエメンに渡航を計画

内戦が続くイエメンを取材するため現地に渡航しようとしたフリージャーナリスト常岡浩介さん(49)が外務省から旅券返納命令を受け、出国を禁じられたことが4日、分かった。常岡さんが明らかにした。外務省は今回の渡航計画にない別の国から入国禁止を受けたことを理由としたが、憲法が保障する海外渡航の自由に関わるだけに命令の適否が問われそうだ。

 旅券法は渡航先の法規で入国を認められない場合、返納を命じることができるとしている。返納命令書は2日付。常岡さんは1月にイエメン入りしようとした際、経由地のオマーンで入国を拒否され強制送還された。今回はスーダンを経由の予定だった。


自由の権利は無制限に与えられるものではない

他の国民に悪影響を及ぼすなら停止されても問題はないです
戦地を取材しなくても国民全体には何ら悪影響を及ぼさないでしょうから

一匹のの売文屋が戦地で拉致誘拐され、身代金が国へ要求され、命を守るため支払われ
日本国民を誘拐すれば金となるという図式が成立するようになれば、他の戦地へ行くつもりのない国民が巻き込まれることなどを想定すれば、国が駄目だと判断するのも当然ですよね

何でもかんでも自由の権利の侵害で済ませれると思うなよ
売文屋の売名行為とかホントに迷惑


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000139-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:03| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。