2019年01月31日

とにもかくにも随時、24時間スピード違反を取り締まって欲しいね!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-kurumans-bus_all

Yahoo:「「勘違いはしないで!」 静岡県警高速隊に聞いた「新東名 最高速度120km/h区間」道路の走り方

最高速度が120km/hになっても、「120km/hで走りなさい」ではない

 新東名高速道路の「新静岡〜森掛川」間の約50kmが、日本の道路としては史上最高速度120km/hに引き上げられることになりました。すでにこの区間は2017年11月1日から110km/hの試行に入っており、速度に由来する事故が多発するなどの大きな問題もなかったことから、いよいよ道路本来の設計速度である最高速度120km/hに引き上げられることになったのです。これまで日本の道路では誰も経験していない未知の世界、速度120km/hの道路はどのように走れば良いでしょうか。

最高速度の規制が緩和される新東名を写真で見る

 3月1日から最高速度が120km/hに引き上げられる新東名「新静岡〜森掛川」間は、そもそもなぜ、この区間だけが最高速度引き上げの対象となったのでしょうか。理由は、新東名自体が設計速度120km/hの高規格高速道路で全般的に渋滞の発生が少なく、死傷事故率が低いという背景があります。

 そしてとくに「新静岡〜森掛川」間は、「3車線の割合が高い」「1km当たりの交通事故率が低い」「霧や大雨など視認不良時による最高速度の規制実施が少ない」などの理由で、試行区間にふさわしい条件を備えていると認められたことで、2017年11月1日より、最高速度110km/hに引き上げる試行が実施されていました。そして同じ区間で3月1日よりいよいよ、本来の設計速度である速度120km/hに引き上げられるわけです。

 管轄の静岡県警高速隊に、この区間を走る上での注意点、ドライバーが気をつけるべきことを教えて頂きました。

――いよいよ最高速度が120km/hに引き上げられますが、どんなことに注意すればよいですか?

 勘違いしないでいただきたいのは、この区間においては法律上、最高速度120km/hを許容するという意味なので、『この区間は120km/hで走りなさい』ということではありません。周囲の交通に注意をしながら、安全な速度で走行してください。最高速度の規制は緩和されますが、速度違反、車両通行帯違反、煽り運転などへの取り締まりは強化していきます。ドライバーは厳格な交通法規の順守と、正しい交通マナーのお願いします。

――追越車線を遅いクルマが塞ぐなどして走りにくい場合はどうしたらいいですか。あまり近づくと、「あおり運転」になりますよね?

 はい。その状況では『あおり運転』として取り締まりの対象になる場合があります。ですが、道路交通法(車両通行帯)第二十条に『車両は車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない』とあるように、追越車線を走り続けることは『車両通行帯違反』です。追越し車線は追越しのためだけに使える車線ですから、使い方については厳格に守っていただきたいですね。

試行区間で実際に110km/h巡航できたのはわずかな時間

 2017年11月1日以降、筆者(加藤久美子)も新東名の試行区間は、上下線合わせて20回以上走っていますが、毎回この区間がとても楽しみです。合法的に110km/hを出せるのは少し開放的な気分にもなり、なかなか爽快です。車線もほとんどが3車線で路肩も広く、物理的にも精神的にも走りやすい道路でもあります。

 しかし、実際は50kmの全区間を110km/hで巡航できるわけではありません。50kmという距離は100-110km/hなら、約30分で走り抜ける距離ですが、30分ずっと110km/hで走れることは奇跡に近いでしょう。走行車線を走る遅い車を追い越そうと追越車線に入っても、今度は制限速度80km/hの大型トラックがゆっくり走っていてそのトラックを追越すのも一苦労です。前述したように、接近しすぎて『煽り運転』として取り締まられたらたまりません。
大型トラックは約90km/hでリミッター作動!

 ところで、なぜ大型トラックは追越車線で明らかに後ろから車が接近しているのに、走行車線に車線変更せず、追越車線をマイペースでゆっくり走るのでしょうか。もちろん、乗用車や大型バスが110km/hのところでも、大型トラック(大型トレーラーも同様。以下同)の最高速度は80km/hに定められているから、ということも重要な理由の一つでしょう。

「トラックは大きくて重いからスピードが出ないんでしょ?」と思われた方、たしかにそれもあります。ですが、もっと根本的なことは、スピードが出ない、のではなく、出せないことにあります。大型トラックは約90km/h(メーカーによって多少の幅があります)で作動する速度リミッター(速度抑制装置)が作動することが主たる理由なのです。

 同じ大型車でもバスの法定速度は100km/hで新東名の試行区間では、現在110km/h、3月1日からは乗用車同様、120km/hに引き上げられます。そして意外なことにリミッターは自主規制(装着はほとんど無し)となっています。

 余談ですが、乗用車は普通車(国産車)が180km/h、軽自動車が140km/hでリミッター作動となりますが、実ははこちらも自主規制なので解除しても違法とはなりません(保安基準とは無関係なので車検でもチェック無し)。

 大型トラックの場合は、道路運送車両の保安基準第8条で定められているためリミッターを外すことは道路運送車両法違反となります。

 なお、新東名ともう一か所、東北道の花巻南IC〜盛岡南IC間の約30kmでも2017年12月から最高速度110km/hの試行が実施されています。こちらもやがて120km/hに引き上げられるかもしれませんね。


120km以下の遅い車が追い越し車線を走ってるのが悪いって論調が出てきて、通行帯区分の違反だという指摘になってるけど

実際高速を走っていて感じるのは、煽ってくる車は制限速度一杯で走っていても煽ってくるということ
つまり制限速度以上で走りたいから、煽ってくる方が多いと思いますよ
それにその煽った車が走行車線に戻ることはまずないですし(笑)。制限速度以上でずっと走り続けるわけですから

だから、ドラレコで撮影してどんどん晒せば良いと思うのです

邪魔だどけってやってる奴の顔の醜悪さったらないですよ


なので、警察が厳密に取り締まるというなら通行帯区分も取り締まるのは結構ですけど
やっぱりスピード違反を取り締まる方に力を入れた方が得点を稼げて良いと思います

そして将来的には、くどいけど
AI採用で、道路で指定された速度以上にスピードが出せないように車に制限をかける方法を義務化して欲しいです


それにしても、そんなに速いスピードで走って恐怖感とか感じないんでしょうか?バカだから感覚が麻痺しているんでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-kurumans-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:57| 東京 ☔| Comment(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。