2019年01月17日

別に不当じゃないしhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000094-mai-soci

Yahoo:「同性婚希望カップルが婚姻届提出 不受理の見通し、今後一斉提訴

同性同士が結婚できないのは憲法が定める法の下の平等に反するとして国に裁判を起こす予定の横浜市の女性カップルが16日、同市内の区役所に婚姻届を提出した。現行は国内のどの自治体も同性婚を認めておらず、届け出は不受理となる見通し。この2人を含む複数の同性カップルが2月に東京、大阪など4地裁で一斉提訴する。

 婚姻届を提出したのは、会社員の中島愛さん(40)とドイツ出身の専門学校生のクリスティナ・バウマンさん(32)。2人はドイツで出会い、2013年から日本で同居。同性婚を認めているドイツでは18年9月から婚姻関係にあるが、日本ではバウマンさんが配偶者ビザを取得できないこともあり、留学ビザで滞在しているという。

 提出後に記者会見したバウマンさんは「病気になって学校へ通えなくなったり、今後仕事が見つからなかったりしたら、帰国しなければならない。日々不安で緊張する」。中島さんは「私たちだけでなく、社会で不当に扱われている仲間や家族のため(原告として訴訟に)参加した」と語った。【藤沢美由紀】


結婚を称するに値しない存在だから、結婚を認めないわけで(笑)

法の下に平等と言っても社会にとって意義があればということじゃないですか?
野放図に平等が認められるとは考えられないです

社会ってのは未来へと続くことに意義があるわけで、病気や障害などを除いて、あえて子を作らない未来のない連中に存在価値はない
権利の要求などせずに社会の片隅にいれば良いのにね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000094-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:同性婚
posted by ! at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。