2019年01月11日

駄目なものは駄目

Yahoo:「「自分はLGBT」8.9%=同性婚賛成は8割近く―電通調査

電通は10日、「自分は性的少数者(LGBT)だ」と考える人の割合が8.9%に上ったとする調査結果を発表した。

 2015年調査の7.6%から上昇した。同社は「LGBTに関する情報の増加と理解の進展が背景にある」と分析している。

 欧米を中心に広がる同性婚の合法化には、78.4%が「賛成」または「どちらかというと賛成」と答えた。また、働いているLGBTに対し、同性カップルに配偶者手当を支給するといったサポート制度が職場にあるかどうかを聞いたところ、54.5%が「ない」と回答。「十分なサポート制度がある」は5.5%にとどまった。

 調査は昨年10月下旬、インターネットを通じ、全国の20〜59歳の6万人を対象に実施した。 


性的嗜好なんて流行り廃りじゃないから、自然界にもそういう規格外がいるんだなって事でしょう

で、結婚ですけど
社会システムの一環として考えれば、社会の存続にプラスかマイナスかって事で判断すべきであり
社会存続のためと考えれば、子孫を作り残していく男女による結びつきだけがプラスゆえ結婚として認められるべきであり
同性婚は論外なので、社会制度として考えれば認められないと考えるのが正統ではないかと

人類社会の存続を考えれば、そりゃ自然形態の中にはそういうのはいるかもしれないけど
優先的に認められるものではないということで良いんじゃ無いですか?
男女の結婚は生物として子孫を残すことが最優先課題なんですし、優遇されるのは当然ではないかと


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000119-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:09| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。