2019年01月05日

母国へ逃げ帰れば請求出来ない可能性が高いから、その場で確実に請求出来る手段を! https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000000-mai-soci

Yahoo:「診察時の通訳費を加算 訪日客に「医療」以外を転嫁へ 厚労省目安

厚生労働省は、通訳の確保など医療行為以外のコストのかかる外国人の診察に関し、コスト分を患者に転嫁できるよう算定の目安を定める。訪日客など外国人患者は今後も増える見通し。同省は、医療機関の経営への影響などを考慮。今年度中に、患者にコスト分を請求する際の算定方法などの具体例を示す。

 厚労省が「月50人の外国人患者のある中規模病院」を想定し、医療行為以外にかかる追加コストを試算したところ、「ウェブサイトの多言語対応など初期費用」に50万〜200万円、「通訳や外国語対応できる看護師の確保など運営費」に年1800万〜2600万円がかかる。患者1人当たり3万〜5万円に相当する。

 だが、厚労省の調査(2016年)によると、8割の医療機関が外国人患者に追加コスト分を請求していなかった。一方で通常の医療費の2〜3倍に設定しているケースもあり、国民生活センターに「喉に刺さった魚の骨を大学病院で取り除いてもらったら5万円近くも請求された」と中国人からの苦情が寄せられた。

 4月には外国人労働者受け入れを拡大する改正入管法の施行も外国人患者増加の要因になりそうで、同省は、放置すれば地域医療の混乱を招きかねないと判断。患者の理解を得られるような方策を示す。追加コストに基づく患者負担の積算方法を示すことなどが想定される。【熊谷豪】


確実に支払ってもらえるシステムを作らないと、日本の医療機関が泣き寝入りさせられることが増えると思いますので
国はしっかりとバックアップしてやってほしいですね

加えて救急車の使用方法についても、これは国民も同様ですけど、タクシー代わりに使えば罰金とかペナルティを加えるべきでしょうね
支払えないなら(刑務所内で)働いて返してもらって、その後は強制送還、再入国禁止で良いでしょう
貧乏外人が出稼ぎに来る場所ではないってしておかないと、日本国内が荒らされてしまいます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000000-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。