2018年12月22日

運転手さんの相続者まで訴えられるのは気の毒だなぁhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000186-kyodonews-soci

Yahoo:「軽井沢バス事故で運行会社を提訴

長野県軽井沢町で2016年1月に大学生ら15人が死亡し、26人が重軽傷を負ったスキーバス転落事故で、犠牲者の遺族らが21日、バス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)と同社の高橋美作社長らに損害賠償を求める訴訟を長野地裁に起こした。

 原告は、遺族でつくる「1.15サクラソウの会」の代表で、次男の寛さん=当時(19)=を亡くした大阪府吹田市の田原義則さん(53)らを中心に参加した。事故による学生らの逸失利益や、家族を失った遺族としての精神的苦痛などに対する慰謝料を求める。

 ほかに提訴した相手は同社の当時の運行管理者、死亡した運転手の相続人。


そういう運行をさせていたんだから、会社と経営者本人が訴えられれば良いと思うんですがね
運行管理者も運転手もむしろ被害者かなと思ってます
なので、訴えられたのはちょっと気の毒かなと感じるところ


なんというか、安くなければいけないという風潮が、企業の安全軽視につながっていると思いますんで
削れるのは人件費とかそういうところですからね
結果がこれな訳です
高度な技術を持った人は高いって事ですよね

だからといって事故を起こして良いって事も無いのですが


しかし、安全が欲しければ相応の経費はしっかり払いましょうって事です

ハイリスクハイリターンでしょう
ローリスクでハイリターンを望む日本社会はものすごくゆがんでいると思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000186-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。