2018年11月20日

そんなら給食を止めてお弁当持参にしよう>給食の完食指導問題https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000030-jij-soci

Yahoo:「給食完食、強要やめて=相次ぐ不登校、訴訟も―支援団体に1000人相談

小中学校で教員に給食の完食を指導されたことがきっかけで不登校や体調不良になったなどの相談が昨年5月〜今年9月、支援団体に延べ1000人以上から寄せられていたことが19日、分かった。

 完食指導が訴訟に発展した例もあり、支援団体は「給食は本来、楽しく食べて、食事の大切さを学ぶ場。強制は絶対にやめて」と訴えている。

 支援団体は一般社団法人「日本会食恐怖症克服支援協会」(東京都渋谷区)。昨年5月に協会を設立した山口健太代表によると、相談は無料通信アプリ「LINE(ライン)」などを通じ、最大で1日20人から寄せられ、9月末までに生徒や保護者ら延べ1000人に上った。生徒や保護者らが集まって悩みを共有する場も毎月設け、東京や大阪、愛知など6都府県で計17回開いた。

 相談内容は「完食指導に我慢できず、小学3年から不登校になり、対人恐怖症になった」「幼稚園登園を渋るようになった」「野球部での食事指導で、1年間吐き続けた」などさまざま。転校を余儀なくされた例もあった。

 給食指導をめぐっては、当時通っていた小学校で教諭に牛乳を無理やり飲まされ心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し、不登校になったとして、今年4月に男子中学生と両親が静岡県長泉町に慰謝料を求める訴訟を起こしている。

 同協会への相談者は、過去の完食指導がきっかけで人前で食事ができなくなった20、30代が全体の8割を占め、うち7割が女性という。

 指導の背景には食品ロス削減の観点もあるが、山口代表は「残飯ゼロは理想だが、問題は進め方だ。子どもはそれぞれ食べられる量が違う上、『食べろ』と言われるとますます食べられなくなる」と強調。「食べなければ、好き嫌いをなくすきっかけすらなくなる。適切な量を楽しく食べる環境をつくってほしい」と話している。 


子供にご飯を食べさせるのは親の責任
というわけで、給食を止めてお弁当持参にすれば良いと思うし
ちゃんとお弁当を持ってこれない子供の親は子供を放置したとして何らかの罰則を規定すれば良いんじゃ無いでしょうか?
まぁ無茶な話だけど


理想的なものとしたら、やはり子供と食事をする時間を親がとれるように社会が子育て世代に融通を利かすようにしたいよね
職場が、親子揃って食事を出来るように早い時間に退社出来るようにする
それを国が義務づけて欲しいところ
長時間労働廃止に向けても良いきっかけになると思うんだけどね

給食を続けるとしたら、それぞれの食べる量、食べるのに必要な時間
今給食の時間がどのくらいか知らないけど、食べるのに時間がかかる子供いるんだろうし、低学年のうちはたっぷり時間をかけて食べられる余裕を持たせてやった方が良いんじゃ無い?いずれ社会に出ればゆっくり食べる余裕なんてなくなるけどね
給食デビューに向けて、家庭での食事の取り方を仕込んでおくことは重要だろうなとは思いますが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000030-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:19| 東京 ☁| Comment(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。