2018年11月14日

EU脱退のめどがたったようでめでたいhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000005-asahi-int&pos=4

yahoo:「英国とEU、離脱条件に事務レベルで合意 閣議で協議へ

英国の欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、離脱条件などを定めた協定案について、英国とEUが事務レベルで暫定合意した。英首相官邸が13日、明らかにした。メイ英首相は14日午後(日本時間同日深夜)、臨時の閣議を開き、協定案の承認をめざす。ただ、英国内では反発の声が強く、メイ氏の方針がそのまま認められるかは不透明だ。

 英国は2019年3月末にEUを離脱することが決まっている。離脱協定で正式合意できれば、英国とEU加盟国双方の経済・社会の混乱を避け、秩序だった離脱の実現に一歩近づく。一方、「合意なし離脱」となれば、混乱が拡大するおそれがある。

 EU側も、本部のあるブリュッセルに駐在する加盟各国の大使が14日に会合を開く予定だ。英・EU双方の政府レベルで承認が得られれば、25日にも開かれるEUの臨時首脳会議で正式に合意する可能性が出てきた。

 メイ氏は14日の閣議を前に、13日夜から閣僚を個別に官邸に招き、交渉官レベルで暫定合意した協定案の説明を始めた。ただ、メイ氏の離脱方針に反発する複数の閣僚が辞任を検討しているとされ、閣議でスムーズに承認されるかは不透明だ。


良くも悪くも一発勝負の国民投票で、脱退が決められたんですから粛々と進めるしか無いでしょう
EUに所属していたら国家主権も何もかも失っていって、
あげくに迷惑外人まで押しつけられるんですから脱退に決まって良かったんじゃ無いかと自分なら考えますね

で、移民受け入れを積極的に進めていたドイツも、ようやくメルケルさんが脱落することになって、方向変換できるようになっていけたら良いなとは思いますけど
受け入れてしまった結果失われた国民生活の安心安全を取り戻すのは到底不可能でしょう


まぁ日本も同じようなもので、やっかいなものが住み着いていて、安心安全はあってないようなものです
ゲリラ、テロリストを受け入れちゃっているようなものだから、いつどうなるかわからないんですよね


というわけで、国家の連合なんて良いことないし
人々の行き来が自由っていうのは危険の裏返しなので
やめた方が良いって話です

議会もごねてないで、まず国民生活の安心安全を確保することを優先すべきでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000005-asahi-int&pos=4


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:イギリス EU 脱退
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。