2018年11月06日

いくら困っていても、他国へ押しかけるのはおかしいhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000016-jij_afp-int

yahoo:「中米移民集団、メキシコ市で再結集図る 国境付近の米兵 約4800人に

米国を目指す中米からの移民集団(キャラバン)は5日、仮設の保護施設となっているメキシコの首都メキシコ市のスタジアムで休息を取り、今後の前進に備えて再結集を図り態勢を立て直している。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は中間選挙を前に移民を非難するツイッター(Twitter)投稿を続けている。また米国防総省の発表によると、メキシコ国境付近に配備された米兵は同日現在で約4800人になった。

 移民集団は暴力がはびこるホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの国民を中心に約5000人からなり、米南部の国境に迫っている。当局によれば、移民らは今後数日かけてメキシコ市に結集し、北上する旅を続けるとみられる。

 当局は市東部のスタジアムに大規模な移民収容施設を設置し、食料と水を提供。4日には第1陣の移民470人がこのスタジアムで一夜を明かした。

 5日夕の時点で約4000人の移民がスタジアムに到着。メキシコ国家人権委員会(CNDH)は、同国中・東部で小規模のグループに分かれた移民集団の再結集が進む中、さらに1000人が7日までに到着するとみている。

 標高の高いメキシコ市では夜間の気温が12度前後まで下がる。移民らはスタジアムのグラウンドやセメントが打設された観覧席にテントを張り、その中で眠っている。

 10月13日にホンジュラス北部サンペドロスラ(San Pedro Sula)から始まった旅の移動距離は1600キロメートルを超えており、移民の中には風邪を引いている人や足を痛めている人が多い。

 夫や義理の姉妹と旅をしているホンジュラス人のカルラ・メンブレノ(Karla Membreno)さん(23)はAFPに対し、「眠れなかった。風邪で一晩中せきをしていた」と語る一方、「強くならないと。神様が進み続ける強さを与えてくださる」と決意を示した。

 米民主党は国境への派兵をトランプ大統領による政治工作と批判している。国防総省は派兵の費用は公表できないとしている。米中間選挙の投票が翌日に迫った5日の時点で、カリフォルニア州に約1100人、アリゾナ州に約1100人、テキサス州に2600人の計約4800人が展開している。

 同省のボブ・マニング(Bob Manning)報道官(大佐)は、国境地帯に配備される兵士は同日中にも5200人に達すると説明。また、約7000人の現役兵が国土安全保障省に対する「即時」の支援に備えていると述べた。


ものには限度ってものがありますがな
例え移民の国でも際限なく入り込まれたら社会の運営に支障を来すわけで、お断りするのは当然のことでしょうね
しかし、お断りすることを差別だとかいって非難するおかしな人たちがいるわけで、アメリカ大統領も大変だなぁと思います

なんにしても無理なものは無理と武力を持って入り込んでくるのを阻止するのは国防上当然のこととと考えますけど
どうなるかなぁ

この手の問題を解決するためには、原因であるその国の治安の悪さを世界各国が乗り込んでいって鎮圧するして社会を組み直すしかないのかもしれませんね。受け入れることだけが解決策ではなく出てこなくてもいいようにするしかない。それまでの間受け入れるかどうかは、その受け入れ国の判断によるべきだし、受け入れないからといって非難するのはおかしいでしょう

受け入れろという人が自費でもって、国家や社会に迷惑をかけない範囲でやる分には良いんじゃ無いでしょうか?
居候を未来永劫面倒みきれる人はいないでしょうけど

日本も安易に外人を受け入れるなんて言っちゃいけないし、現時点でもなし崩し的に入れてきちゃっているけど
そのせいで日本社会が本格的に異常を来す前に強制帰還させないと駄目だと思います
だいぶ狂ってきて来ているとは思うけどね
外人に甘すぎる国民性を正さないと!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000016-jij_afp-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:40| 東京 🌁| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。