2018年10月14日

国防は国が決めることだし、どうしようも無い話だと思うんですけどねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000051-jij-pol

Yahoo:「辺野古移設めぐり平行線=玉城沖縄知事、安倍首相に協議の場要請

沖縄県の玉城デニー知事は12日、首相官邸で安倍晋三首相と就任後初めて会談した。

 米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する立場を伝え、協議の場を早急に設けるよう要請。首相は辺野古移設を引き続き推進する考えを示し、要請にも明確な返答をせず、会談は平行線に終わった。

 会談には菅義偉官房長官も同席。玉城氏は先の知事選の結果に触れた上で、「沖縄の声に真摯(しんし)に耳を傾け、安全保障の負担は全国で担うべきだとの認識の下、早急に話し合いの場を設けてほしい」と求めた。

 玉城氏によると、首相は「政府の立場は変わらない」と強調。県との協議に関しては「沖縄の振興、子供の貧困など共通する課題は協力してやっていきたい」と述べるにとどめた。
 

国=地方じゃ無いわけで
国を守るために基地が必要と判断され、しかし自衛隊だけでは間に合わないので
米軍が来ているってだけのこと(自衛隊だけでなんとかなれば良いんだけど憲法云々かんぬん)

沖縄県知事が誰であれ、国防に対して要望したところで国の対応が変わるわけ無いし
国政選挙で国防は不要って訴える政党が政権与党になれば話は変わるかもしれないけど、それは無いでしょうし

県知事選の結果が国の専権事項に影響するわけも無いでしょう

それよりも沖縄県知事は選挙公約を守って、国から金を貰うことが無いようにすべきじゃ無いですか?
当選してわずかで公約を反故にしているようでは、全然意味ないでしょうに?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000051-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。