2018年10月01日

民意とはいえ、支那に沖縄を売り飛ばそうとしているのが知事になるとはねぇhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000005-ryu-oki

yahoo:「翁長さんの魂継ぐ 沖縄知事当選の玉城さん 未来のため「体張る」

激しい選挙戦を繰り広げた沖縄県知事選挙は30日、翁長雄志知事の後継として「辺野古に新基地を造らせない」と訴えた玉城デニーさん(58)が新基地建設の是非を明言しなかった佐喜真淳さん(54)に大勝した。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市の辺野古新基地建設を拒む県民の意思が明確に示された。玉城さんは涙を浮かべ「新基地建設を止めることが未来の子どもたちにできる、私たち責任世代の行動だ」と呼び掛け、「翁長知事の遺志を継いで、私も体を張って主張する」と魂の継承を力強く誓った。
 辺野古新基地建設阻止を掲げ当選を果たした玉城さん。午後9時半すぎ、当選確実が報じられると、那覇市古島の教育福祉会館に集まった支持者から、悲鳴のような歓声と割れんばかりの拍手が湧き起こった。「これ以上の辺野古新基地建設は認めない。『道理』を止めてはいけない。崩れても、折れてもいけない」と決意を新たにした。

 午後7時58分に支持者が待つ会場に到着した。妻の智恵子さん(59)らと緊張した面持ちで席に着き、数回深呼吸した。複数の報道機関が当選確実を報じたのを受け、湧き起こった「デニー」コール。盛り上がりは最高潮に達した。支持者らと人さし指と小指を立ててポーズを取った後、カチャーシーを舞い、孫の笑茉ちゃん(2)を抱きかかえて喜びを表した。

 急逝した翁長知事が生前に残した音声で、後継に玉城さんの名前を挙げたことを受け、出馬を決心したのが8月末。4期目途中で衆院議員を辞し、1カ月余りの短期間の中、選挙戦に臨んだ。「イデオロギーよりアイデンティティー」と、翁長知事の姿勢を継承して支持を広げた。

 伊江島出身の母と米海兵隊員の父との間に旧与那城村で生まれた。母子家庭で育ったことや産みの母と育ての母の2人の母がいることなど、自身の出自も語りながら「一人も取り残さない社会をつくる」と訴え、沖縄中を駆け巡った。

 「わったーや、勝っちゃんどー」。支援者に向かって深々と頭を下げ、感謝した。「政府と対峙(たいじ)することの難しさは考えていない。われわれの民意に沿って政府が判断すればいいことだからだ」と力強く語ると、拍手と指笛が鳴りやまなかった。

 県内外で多くの関心を呼んだ県知事選。玉城さんの元には、報道関係者が120人以上集まった。


まぁそういうことですが

他の政策にしても、旧民主党が政権を奪取したときのようにできもしないことを並べているけど
大丈夫なのかしらね?4年の間に沖縄県がどうなるのか見物です

民意っていうのが絶対正しいって事は無いのは、旧民主党政権が出来たとき以来、思い知らされたこと
暴走することはあっても、絶対の善では無いんですよね
民意を示したとか、某新聞とかいってるんでしょうけど、その民意が正しいって事は無いです、残念ながら

なんにしても少なくとも現代の70〜80代くらいが世間から退場するまでは、この日本の悪夢は続くので
沖縄の世代別の投票先を見る限り、若い世代のガマンは続きそうですね
それまで、日本がもてば良いんですが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000005-ryu-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。